エクセル ファイル パスワード 解除。 Excel(エクセル)へのパスワード設定・解除・忘れてしまった場合の対処法

Excel(エクセル)へのパスワード設定・解除・忘れてしまった場合の対処法

エクセル ファイル パスワード 解除

エクセルにパスワードを設定する方法 まずは、エクセルにパスワードを設定する方法です。 エクセルのメニューにある「ファイル」をクリックします。 情報にある「ブックの保護」をクリックします。 「パスワードを使用して暗号化」をクリックします。 ドキュメントの暗号化が表示されますので、好きなパスワードを入力して「OK」をクリックします。 パスワードの確認が表示されますので、先ほどと同じパスワードを入力して「OK」をクリックします。 ブックの保護が黄色くなり、「このブックを開くにはパスワードが必要です。 」と表示されたら、ファイルを上書きで保存します。 これでエクセルにパスワードが設定されました。 ファイルを閉じて再び開くと、パスワードが求められます。 先ほどのパスワードを入力すると、ファイルが開きます。 ここまでが、エクセルにパスワードを設定する方法でした。 エクセルに設定されたパスワードを変更する方法 ここから、エクセルに設定されたパスワードを変更する方法です。 パスワードの設定と同じ手順で、ドキュメントの暗号化のポップアップを表示します。 新しいパスワードを設定し、「OK」をクリックします。 パスワードの確認が表示されますので、同じパスワードを入力して「OK」をクリックします。 最後に、上書き保存をすればパスワードの変更が完了です。 ここまでが、エクセルに設定されたパスワードを変更する方法でした。 エクセルに設定されたパスワードを解除する方法 ここから、エクセルに設定されたパスワードを解除する方法です。 パスワードの設定と同じ手順で、ドキュメントの暗号化のポップアップを表示します。 パスワードを削除し、「OK」をクリックします。 ブックの保護が元どおりになったら(「パスワードが必要です」が消えたら)、ファイルを上書き保存します。 これでパスワードが解除されました。 ファイルを閉じて再び開くと、パスワードを入力せずに開くことができます。 ここまでが、エクセルに設定されたパスワードを解除する方法でした。 以上、エクセルにパスワードを設定・変更・解除する方法でした。 このやり方を覚えて、機密情報を送るときは、必ずパスワードを設定して送るようにしましょう。 お付き合い頂き、ありがとうございました!何かあれば、やまで。 #エクセルのスキルアップにつながる本はこちらを参考に。 #他にもエクセルの役立つ情報は知りたい方はこちらをどうぞ。

次の

【EXCEL】ファイルにパスワードを設定&解除&変更する方法~みんなのエクセル

エクセル ファイル パスワード 解除

本連載は、記事執筆時点で最新の状態にアップデートしたMicrosoft Office 2016をもとに制作しています パスワードを設定する手順 Excelで作成したファイル ブック に、関係者以外に見られたくないデータがある際は、パスワードを設定してファイルを保護するのが有効です。 間違った相手にファイルを送信してしまったり、悪意ある第三者にファイルを盗まれてしまった場合でも、パスワードを知っていなければファイルを開けないので安心です。 パスワードで保護されていないファイルでは、第三者にデータが書き換えられてしまうことも起こりうるので、重要なファイルはパスワードで守りましょう。 設定は「ファイル」メニューの画面から行います。 パスワードを設定したいファイルを開いたら、「ファイル」メニューをクリックします• 「ファイル」メニューの「情報」画面にある「ブックの保護」アイコンをクリックし、表示されるメニューから「パスワードを使用して暗号化」を選択します• 「ドキュメントの暗号化」画面が表示されるので「パスワード」欄に任意のパスワード すぐにわかるものは避けましょう を入力し、「OK」ボタンをクリックします• 「パスワードの確認」画面が表示されるので、「パスワードの再入力」欄に先ほど入力したパスワードをもう一度入力して「OK」をクリックします• 「ファイル」メニューの「情報」画面に戻ります。 「ブックの保護」欄に「このブックを開くにはパスワードが必要です。 」と表示されていれば設定は完了です• パスワードで保護したファイルを開こうとすると「パスワード」画面が表示されるようになります。 この画面で正しいパスワードを入力しないとファイルが開かないので、第三者に内容を見られる危険は少なくなります パスワード保護を解除する 取引相手などから送られてきたExcelファイルにパスワードが設定されているケースもめずらしくありませんが、頻繁に開いて編集するファイルの場合は、いちいちパスワードを入力するのが面倒に感じられることもあります。 こういうときはパスワードによる保護を解除するのも有効な手といえます。 ただし、当然ながらパスワード保護を解除したファイルは、第三者でも開けるようになるので、しっかり管理しなくてはなりません。 パスワード保護を解除するには「ファイル」メニューの「情報」画面を表示。 「ブックの保護」アイコンをクリックして「パスワードを使用して暗号化」を選択しましょう• 「ドキュメントの暗号化」画面の「パスワード」欄に入力されているパスワードを選択し、[Delete]キーを押して削除します。 「パスワード」欄が空欄になったことを確認したら「OK」ボタンをクリック。 予めご了承ください。 連載一覧 第75回 第74回 第73回 第72回 第71回.

次の

Excel の各種パスワードを突破する方法まとめ

エクセル ファイル パスワード 解除

エクセルは、計算はもちろん、グラフの作成と編集に優れており、大量のデータ(顧客リストなど)の処理にも優れているため、このようなトランザクションを処理する際にもExcelが使用されます。 現在では、ビジネスの仕事だけではなく、日常生活にも欠けない存在となっています。 仕事でよく使われるエクセルですが、大切なファイルはパスワードを設定して保存していることでしょう。 パスワードが不要となった場合、または、設定したエクセル パスワードを忘れてしまった場合に、どのようにパスワードを解除できるのでしょうか。 これから、Excel 2013でパスワードを解除する方法を解説していきます。 よく使われているエクセル2013のパスワードを忘れてしまったときの対処法についても紹介しますよ。 Excel パスワードの種類について Excel2013のパスワード解除方法について説明する前に、パスワードの種類について知っておきましょう。 パスワードにはいくつかの種類があります。 エクセル ファイルの開くパスワード ファイルを開くたびに、パスワードを入力するよう求められます。 読み取り専用パスワード ファイルを開いて中身を見るために必要なパスワードです。 書き込みパスワード ファイルの編集を行うために必要なパスワードです。 シート保護のパスワード Excelファイルでは一つのファイルに複数のシートを作成できます。 さらに特定のシートに対してパスワードを設定できます。 ブック保護のパスワード Excelファイルのブックにパスワードを設定することもできます。 ワークブックにパスワードを設定すると、他の人は非表示のワークシートを見ることができず、ワークシートを追加、削除、または移動できず、ワークシートの構造が保護されます。 それぞれのパスワードの解除方法について説明します。 Excel 2013でエクセル ファイルの開くパスワードを解除する エクセル ファイルにパスワードをかけていますが、パスワードを設定する必要がなくなった場合にエクセル パスワードをどのように解除すればいいでしょうか。 これから、Excel 2013で「パスワードを使用して暗号化」したファイルのパスワードを解除する方法を説明します。 ステップ1:パスワードをかけたファイルを開きます。 ステップ2:左上にある「ファイル」一覧をクリックします。 ステップ3:情報にある「ブックの保護」をクリックして、「パスワードを使用して暗号化」を押します。 ステップ4:ドキュメントの暗号化という小さなウィンドウが表示、パスワードの一覧にあるパスワードを削除して、「OK」をクリックします。 そして、ファイルの変更内容を保存します。 次ファイルを開く際に、パスワードの入力を要求しません。 Excel 2013で読み取り専用 パスワードを解除する これから、Excel 2013で読み取り専用パスワード ロックを解除する方法を紹介します。 ステップ1:パスワードで保護されたエクセル ファイルを開き、左上にある「ファイル」をクリックします。 ステップ2:「名前を付けて保存」を選び、ファイルの保存先を選択します。 ステップ3:ファイルを保存したところ、「ツール」をタブして、「全般オプション」を選択します。 ステップ4:読み取りパスワードを削除して、「OK」をクリックします。 これで、Excel 2013 ファイルの読み取りパスワードの保護を解除しました。 Excel 2013で書き込み パスワードを解除する エクセル2013で書き込み パスワードパスワードを解除する時には、上記の読み取り専用 パスワードを解除する手順とほぼ同じです。 ステップ1:パスワードで保護されたエクセル ファイルを開き、左上にある「ファイル」をクリックします。 ステップ2:「名前を付けて保存」を選び、ファイルの保存先を選択します。 ステップ3:全般オプションを選んだ後に、書き込み パスワードのところだけ削除します。 これでエクセルの読み取りパスワードの解除は完了です。 Excel 2013でエクセル シートのパスワードを削除する Excel 2013でエクセル シートのパスワードを解除するには、下の手順に従ってください。 ステップ1:Excel ファイルを開きます。 ステップ2:「校閲」を選び、「シート保護の解除」をクリックします。 ステップ3:パスワードを入力して、「OK」をクリックします。 これで、パスワードが不要な場合に、エクセル シートのパスワードを簡単に解除しました。 エクセル パスワードを忘れた場合に、解除できるの? エクセル2013のパスワードを完全に忘れてしまったときには、PassFab for Excelを使ってExcel パスワードのロック解除をしましょう。 は、エクセル パスワード向けのExcel パスワード 解除 ソフトとして、Excel 2013のパスワードの忘れ、パスワードの保護制限などで悩んでいたり、焦っていたりするときに、3つのステップでエクセル パスワードを簡単に見つけられます。 このはエクセル内のデータを安全に保護しながら、パスワードロックを解除してくれるので安心して使えます。 操作方法が簡単で分かりやすくて、パソコンが苦手な人でも手軽に操ります。 そしてスピーディにパスワード解除が出来ます。 ではExcel 2013のパスワードロックを解除する手順を説明します。 ステップ1:PassFab for Excelを起動して、「Excelファイルの開くパスワードを回復」機能を選択します。 ステップ2:「+」追加ボタンをクリックして、開くパスワードを解除するExcelファイルをインポートします。 ステップ3:自分の状況に合わせ、エクセル パスワード攻撃モードを選択し、「開始」ボタンをクリックしてExcelパスワードを分析します。 ステップ4:パスワードの分析作業が開始したら、数分後、Excel 2013の開くパスワードが見事に解析できます。 ヒント:Excelファイルが読み取り専用パスワード、ワークブックパスワード、ワークシートパスワードなどで保護されている場合、PassFab for Excelの「Excelパスワード制限を解除」機能を使用して、パスワード保護設定を直接削除することをお勧めします。 まとめ この記事に、エクセル 2013 ファイルの色んな種類のパスワードを解除する方法を紹介しています。 Excel パスワードの解除についてのことを困っている場合に、ご参考になれば幸いです。 Excel 2013 バージョンでエクセル パスワードを忘れて思い出さない時は、「PassFab for Excel」を利用すれば、excel パスワードを見つけてファイルのロックを解除することができます。 それに、操作はシンプルで、ソフトの画面指示もわかりやすいです。 コンピュータに苦手な方でもすぐに使用できるはずです。

次の