郵便局 払込 窓口 時間。 直方郵便局 (福岡県)

直方郵便局 (福岡県)

郵便局 払込 窓口 時間

平日 土曜日 日曜日・休日 郵便窓口 9:00〜19:00 お取り扱いしません お取り扱いしません ゆうゆう窓口 8:00〜20:00 8:00〜9:00/19:00〜20:00 8:00〜17:00 9:00〜12:30 貯金窓口 9:00〜16:00 お取り扱いしません お取り扱いしません ATM 8:45〜21:00 9:00〜19:00 9:00〜19:00 保険窓口 9:00〜16:00 お取り扱いしません お取り扱いしません 現在、窓口営業時間を短縮しております。 お電話のおかけ間違いにご注意ください。 通話料の詳細はガイダンスにてご案内しております。 郵便(ゆうゆう窓口) 直方郵便局 のお取り扱い 営業時間 平日 土曜日 日曜日・休日 郵便窓口 9:00〜19:00 お取り扱いしません お取り扱いしません ゆうゆう窓口 8:00〜20:00 8:00〜9:00/19:00〜20:00 8:00〜17:00 9:00〜12:30 現在、窓口営業時間を短縮しております。 土曜日、日曜日、休日にご利用になる場合は、お手数ですが、事前に郵便局までご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。 お電話のおかけ間違いにご注意ください。 通話料の詳細はガイダンスにてご案内しております。 郵便サービス全般について ご質問にオペレータがお答えいたします。 貯金・ATM ATMについてのお知らせ• 時間帯によっては、お取り扱いをしていないサービスがございます。 ・平日であっても、日曜日・休日の翌日の場合、7:00からお取り扱いを開始します。 ・連休の場合は、連休2日目から最終日までのお取扱時間は7:00〜21:00までとなります。 お電話のおかけ間違いにご注意ください。

次の

郵便局の窓口!振込のイロハ教えます!

郵便局 払込 窓口 時間

概要 [ ] 保管郵便物(不在持ち帰りや局留)の受け渡しのほか、の通常窓口が営業していない(窓口取扱時間外)や同一建物に通常の窓口が設置されていない郵便専業の郵便局ではの差出しや・類、の販売なども行っている。 全国各地における、かつての郵便事業会社の統括支店または支店だった郵便局に設置されている(ターミナル支店およびそれに准ずる分室は例外)。 国営時代には、全国のに設置されていたが、のまでに、旧公社統括センターがある郵便局を除き廃止された。 また、かつての郵便事業会社の支店・分室が併設されていない局にゆうゆう窓口が設置されていることもあった。 10月1日の日本郵便発足に伴って多少位置づけが変わり、の影響で分割状態にある郵便分室を除く分室設置のものを除き、旧郵便事業支店前身の局に併設ないしは単独で設置される窓口であるとともに、設置局は事実上の地域の基幹局扱いの位置づけとなっている。 ゆうゆう窓口の取扱業務 [ ] 郵便局により異なるが、ここでは主な郵便局の窓口での取扱いを挙げる。 なお、くじ付郵便はがき・切手(・や)の景品交換、はがき・切手の書損交換等は、各窓口とも受け付けていない。 通常郵便物・速達郵便物差出し・物差出し• 切手、収入印紙等の販売• (レタックス)• チルドゆうパックを含む• 物(物及び物)• 保管郵便物・不在留置郵便物・本人限定受取郵便物(基本型 )の受取(特定事項伝達型の本人限定受取郵便物の交付を含む)• 支店への申請・届出の受付• の設置• ただし、局の立地場所によっては、旧集配センター局だった集配局だけでなく、民営化前の時点で無集配局だったところでも、私書箱設置がある特殊なケースも存在する。 設置局・開設時間 [ ] 詳細は「」を参照 上述の外部リンクによってゆうゆう窓口の設置有無や開設時間を検索することが可能である。 開設時間は郵便局によって異なり、窓口に開設時間が記されている。 都市部の郵便局(県庁所在地の中央局など)では通常の郵便窓口も含めて郵便サービスが24時間開設であるところもある。 民営化による影響 [ ] 郵便事業時代 [ ] 2007年10月1日から、ゆうゆう窓口はが運営する事になり、不在郵便物の交付や郵便事業に関する各種申請届出は郵便事業会社が行っていた事もあって、ゆうゆう窓口が設けられている郵便事業会社の支店においては、その建物に併設されているの郵便窓口では不在郵便物の受け取りや各種手続きは出来ないとされた。 そのため、ゆうゆう窓口自体が最大24時間営業となり、郵便局の郵便窓口営業時間中であってもゆうゆう窓口が営業しているということになっていた(業務内容は時間帯によって差があるにしても、窓口自体は時間外のみの営業ではなくなったため民営化前の「時間外窓口」という概念は廃止された)。 ゆうゆう窓口のある郵便事業会社の支店においては、併設の郵便局会社における郵便窓口営業中は、ゆうゆう窓口では切手類の販売や郵便物の引き受けなど郵便局会社と重複する業務を扱わないため、郵便窓口営業時間中に不在郵便物を受け取ると同時に切手を買うなどの場合は、郵便事業会社のゆうゆう窓口と郵便局会社の郵便窓口との両方に並ばなければならなくなった(民営化に先行し、順次窓口の分離を実施した)。 なお、のひとつである「本人限定受取郵便物 特定事項伝達型」など、一部の特殊郵便に関しては、民営化後に「支店」での受取しかできなくなった。 これは、ゆうゆう窓口がその地域を統括する「支店」にしか設置されなかったことによる。 ゆうゆう窓口がない「集配センター」扱いの局では、土日祝祭日の荷物の受取や郵便物の発送はできない。 現在(日本郵便発足後) [ ] 2012年10月1日、郵便局株式会社が郵便事業株式会社をし、 日本郵便株式会社が発足した事により、これまでの郵便局株式会社及び郵便事業株式会社の両拠点とも原則「 郵便局」となったため、新仙台郵便局などの郵便単独拠点を除き再び「夜間窓口」の役割となったが、を除き、旧郵便事業支店前身の郵便局が「ゆうゆう窓口設置局」の扱いとなる。 日本郵便発足に伴い、事実上、分室を除き、集配業務の廃止イコールゆうゆう窓口の閉鎖という位置づけとなっている。 また情報通信へのシフト加速による郵便物取扱量減少により、地域区分局のみならず、集配担当局、旧集配センターに由来する配達専門局の業務整理統合も進められていることから、ゆうゆう窓口残置の郵便局でも通常窓口営業と併せた24時間受付を取り止める設置郵便局が更に増えている。 関連項目 [ ]• 註釈 [ ]• 基本型は配達は行わないため、集配担当のゆうゆう窓口に取りに行くのが原則。 ただし通知書に記載された方法での申し出により、一般の郵便局や他地域のゆうゆう窓口でも受け取り可能。 特例型は、基本型とは異なり、自宅への配達も可能だが、取りに行く場合は基本型と同じ方法になる。 ただし、受け取りの場合に提示が必要な本人確認書類が、基本型と特例型ではやや異なる。 外部リンク [ ]• この項目は、グループに関連した です。 などしてくださる()。

次の

郵便局の営業時間で振込は何時まで?ゆうちょATMでの振込なら何時まで?

郵便局 払込 窓口 時間

「払込」とは、加入者や送金をしたい者のお金を郵便振替口座に入金することを指す。 「振替」とは、加入者の口座から加入者が指定した他の口座へ預り金の送金をすることを指す。 「払出」とは、加入者の口座の預り金を払戻して、加入者や加入者の指定した第三者へお金を渡すことを指す。 加入者の手続き 本人払込み・本人払出し 郵便振替口座を開設した加入者本人(および、あらかじめ指定した代理人(これを代理署名人という))が、自分の郵便振替口座へ現金等を払込むことを「本人払込み」といい、自分の同口座から現金を払出すことを「本人払」という。 加入者以外の者が参加しないと各種手続を行なえないようにする参加署名人という制度がある。 加入者払込・払出局の指定(郵便振替口座) 郵便振替口座においては、予め加入(口座開設)の申込み時に、• 加入者が本人払込みを行う「加入者払込局」• 印鑑票を配置し、電信による払出し・振替を請求する「加入者払出局」(または「小切手払局」) として、希望する郵便局を一つ指定する。 どちらか一方のみ、または両方を指定できるが、両方を指定する場合は同一の一局となる。 なお、指定した郵便局以外では電信払出しの請求および加入者本人による即時の預り金払出し(加入者即時払)ができず、同じく払込みを行う場合は払込手数料が無料とならない。 新総合通帳の場合、このような指定や制限はない(持参した通帳で印鑑照合できるため。 キャッシュカードの暗証番号も同等。 なお、1,000万円を超えない限りには、貯金の預入・払戻の扱いで、同等の手続きを実現できるため、改めて新総合通帳で加入者払込や加入者払出をすることはあまりないが、貯金では不可能な10円未満の「預入」も、新総合通帳に開設した郵便振替口座を使った「本人払込み」であれば可能となる。 詳細は後述)。 本人払込み(郵便振替口座) 郵便振替口座の本人払込みは、加入者払込局の窓口において行う(無料)。 通常・電信扱どちらも利用できる。 用紙は窓口配布のものでよい。 払出局経由で申し込み可能な受取人払いの電信扱いのものでも対応しており、この場合も料金の負担はない。 払込書の依頼人欄には単に「本人払込」・「本人払込み」などと記入する。 本人払出し(郵便振替口座) 郵便振替口座からの加入者即時払は、加入者払出局に限られる(無料)。 用紙は窓口にて配布される。 受取人住所の枠に斜線を引き、同氏名欄に単に「本人払」と記入する。 加入者自身が払出証書の交付を受ける本人払は、通常現金払の例により請求する(無料)。 用紙は貯金事務センターから郵送交付を受けた払出書を用いる。 受取人住所氏名欄に単に「本人払」と記入する。 用紙の交付 郵便振替の送金用紙のうち、通常払出書・料金加入者(受入加入者)負担による用紙や、加入者から払込人に配布する払込書用紙は、あらかじめ所定の申込書に記名押印して郵便局に請求し、貯金事務センターから郵送交付を受ける。 用紙は無料である。 請求可能なものは、• 郵便振替払込書(払込人が料金を負担するもの)…1冊50枚単位• 郵便振替払込書(加入者が料金を負担するもの)…1冊50枚単位• 郵便振替電信払込請求書(加入者が料金を負担するもの)…1冊50枚単位• 郵便振替払出書(送金加入者が払出料金を負担するもの)…請求できるのは送金加入者のみ…1冊20枚単位• 郵便振替払出書(受入加入者が振替料金を負担するもの)…請求できるのは受入加入者のみ…1冊20枚単位 の5点である。 本請求書では、「郵便振替電信払込請求書(払込人が料金を負担するもの)」と、「郵便振替電信振込依頼書兼電信振替払出書(民間金融機関あて)」(用)は請求できないが、貯金窓口に常備されている(ただし、加入者が依頼を行った場合、当該郵便局の独自の判断で冊単位を請求することはあり、そのような場合の請求書の定めはない)。 このうち、通常払出と振替に用いる「通常払出書」は、口座番号と加入者があらかじめ印字された専用のものとなる。 加入者から多数の払込人に対して配布する利便のため、請求を行った加入者の口座番号・加入者名(単一の)がまとめて印字された通常払込書用紙を作成するサービスがある(有料。 料金は、申込人の口座から引落される。 引き落とし確認後に印字の上で加入者に送付)。 このほか、パソコンのフリーソフト・印判などを使い、口座記号・番号・名義・依頼人・金額・通信欄などを加入者自身で印字することも可能である。 また、貯金事務センターの承認を受け、所定の書式に従い払込書や払出書を私製することができる。 予め送金先加入者の刷り込まれたものや、を用いて検針員の携帯端末機から印字されるもの、コンビニ払用のを入れた上でコンビニ用領収書の短冊付きの3連式のもの、銀行振込両用のもの、および通知書・報告書片がついた4連式・5連式のものなどが発行されている。 ゆうちょ銀行移行後は、• 郵便振替払出書(送金加入者が払出料金を負担するもの)…請求できるのは送金加入者のみ…1冊20枚単位• 郵便振替払出書(受入加入者が振替料金を負担するもの)…請求できるのは受入加入者のみ…1冊20枚単位 は、サービスの廃止に伴い発行は行わない。 郵便振替電信払込請求書(加入者が料金を負担するもの)…1冊50枚単位 は、規格B列6番新フォーマットに変更されたため、従来の用紙は使えない。 また、から、各直営店・郵便局貯金窓口におけるの順次更新(切替前の店舗には、切替日が各々掲示されていた)に伴い、更新後の店舗では新フォーマット(「電信払込み請求書・電信振替請求書」という表題となり、で読み込む方式で紙面サイズも JIS規格でもある A列4番サイズに拡大された)となったため、民営化当初から発行されていた様式は、該当店舗では利用できないため、差替が必要。 なお、移行期間に、払出店ないしは管轄の貯金事務センターへの郵送請求を行った場合、払出店の現況に即した用紙が加入者に送付されるため、配布用などで利用する場合、他の直営店や郵便局貯金窓口では利用できないケースもあった(切替時期の遅い拠点が払出店の場合は、切替が完了するまでは、引き続き旧様式で配布されるので、他のCTM更新済み店では利用できず、新様式に書き直しをしなければならなかった。 逆も同様)。 当初の時点では、全拠点が、新CTMに即した新様式に入れ替わっているため、現状の用紙請求時は新様式が必ず送付される。 郵便振替払込書(払込人が料金を負担するもの)…1冊50枚単位• 郵便振替払込書(加入者が料金を負担するもの)…1冊50枚単位 については、裏面に貼付欄が設けられるが、従来の用紙も利用可能である(2014年4月の改正法施行に伴い、「3万円以上貼付」となっていたものが「課税相当額以上貼付」と改められているが、「3万円以上…」となっている様式も、印紙欄の無い民営化前の様式も当面利用可能としている。 実際の貼付対象は払込額5万円以上)。 なお、• 私製の郵便振替払込書(赤・青いずれも)は、印紙貼付欄が裏面にあるものを以前に配布を含め用いることが出来ないと規定されていた(ただし、承認申請自体は可能であった)。 こちらについては、ゆうちょ銀行で配布している一般のもの同様、移行措置として印紙貼付欄がないものも当面使えるとしているが、発行者には速やかに印紙欄のある様式に切り換えるよう呼びかけている。 新総合通帳への本人払込み• 新総合通帳の郵便振替口座へ本人払込みを行うことで「自動移替」が行われ、通常郵便貯金・通常貯蓄貯金へ預入となる。 本人払込みは備え付けの依頼書に通帳またはキャッシュカードを添え、窓口にて行う。 料金は無料で、払込金額は1円以上1円単位となる。 貯金は扱わないが振替は扱う簡易郵便局において、新総合通帳の郵便振替口座への本人払込み、本人払出しを振替業務として取扱うことがあり、その際、監督局(管轄集配局であることが多い)に電話して入力処理を代行してもらう必要がある。 監督局の貯金職員がこの処理を知らないことも多く、事前に監督局への連絡が賢明な場合もある。 通帳には代行局ではなく当該簡易局の郵便局番号(為替局番号)が印字されるため、局番号収集(旅行貯金)のため依頼するマニアも存在する。 通常扱 通常払込み 払込書を利用して相手口座に送金すること。 かつては処理を払込書の現物郵送によっていたことから数日とされているが、現在は蓄積オンライン送信により処理を行うことから、実際には2日ほどで送金先の口座に反映し、当日中に届く場合もある。 2014年からは、webでダウンロードできる代わりに紙の払込書を送付しない扱いが可能となった(ゆうちょダイレクトの契約を要する)。 相手の口座は郵便振替口座のみとなる。 おおむね、小額送金の手数料が民間金融機関における振込より安く、特に通信販売の決済によく用いられている。 郵便貯金の窓口の他、APMと、払込書の受付機能つきのATM(通称、ATMP)でも取扱可能であり、現金による払込みの他に、通常貯金や貯蓄貯金の通帳、キャッシュカードを利用して払込む事も可能である。 ただし、処理は挿入された帳票の現物により行うため、特殊な様式の払込書は窓口のみの扱いとなる(場合によっては、APM、ATMPでの手続き後、明細と機械に挿入できない部分の残りの様式を窓口に提出することで、日附印を押捺することが可能だが、手続き日当日のうちに、APMないしはATMPを利用したゆうちょ銀行店舗ないしは郵便局の貯金窓口に提出する必要があるため、いずれにしても、(ゆうちょ銀行店舗ないしは)郵便局の貯金窓口の開いている時間帯でなければ対応は不可能)。 料金を受取人が負担するもの(加入者負担・赤色用紙)と、払込人が負担するもの(払込人負担・青色用紙など)がある。 これは郵便振替口座加入者各々が用途に合わせて指定することが出来る。 ゆうちょ銀行移行後は、印紙税が賦課される関係で、利用時の料金の変更が伴うとともに、振替払込請求書兼受領証の裏面に印紙が貼り付けられる(払込金額が以前は3万円以上、現行は5万円以上の場合)。 移行後に配布される用紙の受領証の裏面に印紙欄があるが、印紙欄のない従前の用紙も同様に扱う。 料金加入者払の扱いについても同様)。 MT扱いの払込様式の左上には、20(加入者負担の場合は22)という数字が入っている(通常の様式は、00(加入者負担の場合は02)となっている)。 通常振替 郵便振替口座のみの取扱いで、自分の郵便振替口座から送金先の郵便振替口座に預り金を振替える。 郵便局窓口提出しても大量扱いに対応するために、受付郵便局から貯金事務センターに原票を郵送して、同施設において処理されるようになっている。 振替口座を持たない払込人の通常払込み料金に比べ、通常振替料金は一件15円と非常に割安である。 ただし、郵便振替払出書には加入者が自主的に控える部分があるが、受付局から加入者に交付する受付票や受付局の控えなどが存在していない。 このため、当該局やセンターの職員が受付けた払出書を等してしても、事務処理・郵送中等に紛失したり遅延しても、その事実の解明や追及ができないため、取扱には注意が必要とされていた。 なお、ゆうちょ銀行移行後は、振替口座においてこの取扱は行われない。 本人払込・払出についても、を利用する。 余談だが、インターネット上でのアフィリエイトゲートウェイやアンケートサイトなどで獲得したポイント・謝礼等を現金に換金ないしは受け取る際に、利用者に対して郵便振替口座を開設させ、そちらに送金するケースが見られたが、民営化でこの扱いが無くなり、存続した電信振替を利用した場合はサイト開設者側のコストがかえって割高になることから、主にへの振込に切り換えたところがほとんどである(利用者側からみても、指定した単一の郵便局(民営化後はゆうちょ銀行直営店ないしはの貯金窓口)でしか本人払出が出来ない事から、必ずしもメリットにはならなかったものの、使い方によってはこちらの方が良いケースも見られた)。 通常現金払 郵便振替口座のみの取扱いで、振替口座の預り金を払出し、相手方に払出証書を郵送する。 通常振替と同様に貯金事務センターに原票を郵送して処理される。 相手先は配達された証書と引換えに、全国の郵便局(貯金窓口)で支払いが受けられる。 なお加入者自身が無料で証書を受け取る事もできる(本人払)。 また、通常振替と同様の問題がある。 ゆうちょ銀行移行後の振替口座での取扱については、払出書用紙を用いた個別の取扱は行わない。 この代替として、ないしはで行う。 なお、 いわゆる、MT扱いの事。 ただし、時点では、データ伝送かに記録されたデータの提出で受付。 本来の意味でのMT とに記録されたデータでの提出は、旧前からの利用者のみ受け付けており、新規の受入は行っていない による予約扱いとしては、払出証書による扱いは継続されており、1件につき411円 2014年3月までは400円 かかる 申込は、払出店ではなく振替口座の原簿所轄担当の各で行う。 その場で受取相手へ郵送の手配を同時にする場合は、郵送料として、払出証書の額が10万円未満の場合は82円 同80円 、10万円以上の場合は392円 同380円、手続完了分までは290円 が別途かかる。 払込証書の有効期限は、や同様、発行日から6ヶ月だが、6ヶ月経過後も、発行日から起算して5年間は再発行手続きの上であれば、受取人は払込証書の金額を受け取ることが可能で、それを経過した場合は、払込証書記載の金額が、払出元の振替口座宛に返金される 料金及び郵送料は返金されない。 よって、受取人側の対処としては、普通為替証書や定額小為替の額面の受取とほぼ同じやり方となる。 どちらかと言えば法人を対象にしているサービスとなったが、貯金事務センターに提出するデータを作成する環境があれば、個人でも利用可能となっている。 簡易払 郵便振替口座のみの取扱いで、配当金等を、一時に多数の相手方へ「郵便振替支払通知書」(引換証書に相当)を送付して行う払出し。 簡易払を利用する加入者は、払出請求に先立ち「簡易払利用申込書」を提出し、予め郵便局長の承認を受ける必要がある。 料金が割安であるほか、郵便振替支払通知書への印紙貼付は不要であることから、株式・共済等の配当・割戻し金支払いに頻用される。 ゆうちょ銀行移行後は廃止され、「」で代替する。 ただし、株主配当向けのみ継続されることになり、1枚の配当金領収証 旧来の郵便振替支払通知書 で100万円までの額面とすることになった 一人の受取人で100万円を越える場合は、複数枚の領収証の発行となり、領収証の枚数分だけ料金が掛増しとなる。 また、領収証の発行受付は、東京でのみ受け付ける 即ち、簡易払の利用には、東京貯金事務センターが管轄する振替口座からの払出に限定される。 電信扱 電信払込み 送金先加入者の振替口座に、現金を瞬時に払込む。 払込み先の口座は「 ぱ・る・る」、郵便振替口座のどちらも取扱う。 払込人が郵便振替に加入していない(口座を持っていない)ときに利用する。 なお、郵便局の自動機での取扱いはなく、料金は通常払込みや民間金融機関(本支店宛)の自動機振込に比べ割高である。 本人払込については、新様式の「電信払込請求書・電信振替請求書」を利用する。 電信振替 新総合通帳、郵便振替口座の両方で可能であり、自分の振替口座から送金先の振替口座に瞬時に預り金を振替える。 APM・ATM( ぱ・る・る口座のみ)でも利用でき、料金は送金額にかかわらず窓口が140円、自動機による取扱いが無料 2016年9月30日まで 、「ゆうちょダイレクト」による取扱いは月5回まで無料、6回目以降から110円である。 「 ひとっとび送金」とは、「 ぱ・る・る」による電信振替の愛称である。 電信現金払 ぱ・る・る、郵便振替口座から送金額を払出し、相手先の居住地の郵便局へオンラインシステムを利用して送金する方法。 相手先が振替口座を持たない場合で、至急送金したい場合などに使われる。 相手先にはその旨通知文が配達される 配達されるのが証書ではないため、証書払とは異なることと、受取可能な窓口が、通知で指定される。 ゆうちょ銀行移行後は、窓口払のみ継続となった。 本人払出の場合は、新様式の「振替払出書」(3枚複写)を原則利用するが、様式の在庫が少ないことを理由に、従前の「郵便振替払出依頼書」(3枚複写)も利用可能である。 なお、直営店以外を払込・払出局として指定している場合は、場合によっては、即時に受け取れないケースもある。 料金は630円 2014年4月より648円 小切手払 加入者の郵便振替口座において、(「 振替小切手」と呼ぶ)を振出して行う払出し。 小切手払を利用するには原則保証人2名を伴う申込書を提出し、郵便局長の承認を受ける必要がある。 他に、郵便貯金やの払戻し、支払い金などについて、現金に代え、郵便局を支払人として振り出す「 貯金小切手」があるが、これは民間金融機関の「自己宛小切手」と同等の小切手である。 ただし、移行前に加入者が払い出したものは受取人側で換金できる。 自動払出預入 自動払出預入(じどうはらいだしよにゅう)は、送金人の郵便振替口座から、受取人の通常郵便貯金(新総合通帳でないものでもよい)へ送金する取扱い。 「払出し金を自動的に受取人の貯金へ預入する」意の呼称である。 自動払出預入には文書・磁気媒体による「通常扱」(自動払出預入に係る通常現金払)および電信による「電信扱」(同電信現金払)の2種類があるが、現在、通常扱は郵便振替口座から一度に100件以上の送金件数で利用するサービスであり、電信扱は新総合通帳( ぱ・る・る)から通常貯金1件を指定して送金するサービスとなっている。 なお、「電信扱」の料金は電信振替の料金より割高である。 自動払出預入は郵便振替口座からの払出し( ぱ・る・る、郵便振替口座とも)によるサービスであり、振替口座を持たない送金人が現金を払い込んで利用するサービスではない。 また、新総合通帳でない通常貯金へ、他の者が現金を直接払い込む制度はない。 ゆうちょ銀行移行後の振替口座においては、この取扱を行わない。

次の