ミッドサマーグロ。 ミッドサマーは怖いしグロいから年齢制限あり?グロシーンの感想・評価まとめ

【ミッドサマー】血の鷲(血のワシ)という処刑方法がグロすぎてやばい件!実在した拷問方法だった?

ミッドサマーグロ

あらすじ ・長編デビュー作「ヘレディタリー 継承」が高い評価を集めたアリ・アスター監督の第2作。 不慮の事故により家族を失ったダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人たち5人でスウェーデンを訪れた。 彼らの目的は奥地の村で開催される「90年に一度の祝祭」への参加だった。 太陽が沈むことがないその村は、美しい花々が咲き誇り、やさしい住人たちが陽気に歌い踊る、楽園としか形容できない幸福な場のように思えた。 しかし、そんな幸せな雰囲気に満ちた村に不穏な空気が漂い始め、妄想やトラウマ、不安、そして恐怖により、ダニーの心は次第にかき乱されていく。 ダニー役を「ファイティング・ファミリー」のフローレンス・ピューが演じるほか、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「パターソン」のウィリアム・ジャクソン・ハーパー、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールターらが顔をそろえる。 これはホラーか、芸術か?ジャンル映画の可能性を拡張した大傑作 まずは率直な感想を。 前作「ヘレディタリー継承」で現代ホラーの頂点とまで言わしめたアリ・アスター監督。 子供の頃、「リング」に怯えて未だにトラウマを持っている自分に、新たなトラウマを植え付けたのが今作。 「ヘレディタリー」では王道な悪魔払いホラーを撮っているように見えて、家族という逃れられない呪い、という世界中誰にも共通する恐怖を伝搬させた。 まだこちらの方が、分かりやすくホラー映画として見ることができただろう。 印象的な音の使い方もあって、映画ファン界隈では大きく盛り上がった。 ・・「コッ」 しかし今作はホラー映画を撮った監督とは思えないほど画面が明るく、 美しい花が画面を彩り、まさしく「異彩」を放つ作品が、今作「ミッドサマー」である。 物語的には、調子に乗ったアメリカの大学生が旅行先で痛い目に逢う、一種のジャンル映画のようにも見える。 もっと限定的に言うと、今作はまるでイーライ・ロス監督が得意とするようなプロットの作品にも見える。 監督自身が影響を受けたかどうかは分からないが、今作は非常に「イーライ・ロス」的な作品だと感じた。 しかし今作はイーライ・ロスのようなジャンル映画的な方向には舵を取らず、「サスペリア リメイク 」のような、分かりやすい答えを用意しないアート映画のようにも感じることができる。 宗教的なメタファーも多く含まれている部分からも、ミッドサマーはサスペリア リメイク と近い部分が多いと思う。 まとめると、イーライ・ロス的なジャンル映画のプロットを踏襲しつつも、作品が伝えたいメッセージや結末は分かりやすく伝えておらず考察のしがいがある、ジャンル映画とアート映画のバランスが非常に見事な作品だったと率直に思う。 ただ、ジャンル映画といっても今作は実に異彩を放つ映像が用意されており、ホラー映画とは思えないほどの美しい絵作り、謎解きの要素、複合的な宗教暗喩が含まれており、新たなジャンル映画の拡張が今作で達成されている。 ただ怖いだけじゃない、分かりやすくいえば深〜い内容が、鑑賞後も観客を引き付けるのだろう。 グロさの中にも旨みあり ネタバレはできないが、美しい絵作りとは全く対照的な地獄絵図が待ち受けているのが今作の特徴だろう。 それだけでも十分、価値はある作品だ。 ネタバレはできないが、普通はカットするような凄惨なシーンをじっくり見せてくれるのだから。 テレビはもちろん、並の映画じゃ絶対に見られないグロが満載である。 絶句に次ぐ絶句が、この一本に包まれている。 しかし、今作は残虐描写を目的化しているわけではない。 今作の残虐描写は、ホルガ の民に古くから伝わる儀式の恐ろしさと説得力を与えている。 また、キャラクターが見聞きしたものを直接画面に見せることで、キャラが感じる恐怖を追体験・共感できるのも魅力だ。 絶対にここから逃れられない恐怖を与えるためにも、見せしめのためにも残虐描写は必要だった。 なぜここまで激しい肉体損壊をあえて見せるのか、なぜこうも簡単に人間が破壊されるのか。 一体、監督はどんな性格なのか・・? と怖がる人もいるかもしれないが、本人は優しく穏やかな人柄のようだ(インタビューの音声や動画を見聞きする限り) 豆情報だが、アリ・アスター監督は「心気症」を患っており、死の恐怖が常につきまとっていたという。 逆に、人間が健康で問題なく生きていることが「奇跡」と捉えているそうだ。 キャラクターたちが無残に殺されて、肉体が壊れていくのは、監督にとってはごく当たり前な出来事として捉えている可能性がある。 それほど、人間が生きていること自体に不思議を感じている人なのだ。 そして、「アフター6ジャンクション」の監督インタビューにて、 「肉体は、無条件でいつか僕たちを裏切る」と話しているところからも、死や肉体損壊については確固たる思想を持ち合わせている。 残虐描写が作り手の実生活や思想に直結している作品も、なかなかないだろう。 本当に恐怖を感じているからこそ、あれだけ激しい肉体損壊が描写できるのだ。 ちなみに、ホルガに向かう途中、ウィル・ポールターは異様にダニを怖がったり、ライム病のくだりを話していたが、あれは監督自身の虫や病原菌に対する恐怖を反映したものらしい。 監督は撮影中、靴下を二重で履き、虫に刺されることを非常に警戒したという。。 考察:なぜ花が多用されたのか? 今作で使用されるガジェットとして、非常に印象的なのが色とりどりの「花」 美しい花がなぜ、ホラー映画とも取れる今作に多用されているのだろうか。 花はお祝いの時に使用され、今作の祝祭を表すにはピッタリなガジェットであるが、単に祝いを表すためだったのか? それ以外にも、花を多用した理由はあると思う。 一つは、女性を強調するために使われていると感じる。 アリ・アスター監督は「ヘレディタリー」でも、女性の方が超能力を持ち、災いを受けるように設計されている。 男性はただ、女性に降りかかる災難を傍観しているしかない。 また、花と女性は親和性があり、花を画面に含ませることで女性が中心の物語のように誘導することもできる。 二つ目は、ホルガに住む人間と花との関係性を見せるために、用いられたのだと感じる。 主人公たちが住んでいる街では巡り会えないような多種多様な花を見せることで、彼女らが日常的には出会えない、異世界的な世界観を花で構築している。 花をはじめとした自然は、ホルガに住む人間の代替物とも捉えることもできる。 この文脈を踏まえると、クイーンに選ばれたダニーは花で埋め尽くされ華やかに見えるが、彼女の顔は沈んでいる。 ダニーの体に花=ホルガの人間がまとわりつき、完全に拘束された状態であることを暗喩しているように見えて、仕方がないシーンでもある。 彼女はホルガから絶対に逃れられないことを示している。 ダニーの足元が木の枝に変わっているように見えたシーンも、ダニーが徐々にホルガに侵食されていることを暗示しており、これがラストシーンへつながる伏線だったのだと気づく。 直接的なセリフでは説明されないが、今作は多種多用な花の使い方が行われている。 分かりやすいのが 「祝祭」を伝えるための花の活用。 色とりどりの花で村を飾り、主人公たちを歓迎するという好意的な性格も持ち合わせいる。 また、ホルガに着くまでに一休憩する場面では、主人公たちが幻覚キノコを使ってトリップする。 主人公たちを文字通り 異国に「トリップ」させる効果もあった。 そして、きわめつけは 花を使って主人公たちに危害を加えるシーン。 ホルガの住民は、花によって幻覚効果を加えたり、精神異常をきたしたり、花を使って主人公たちを蝕んでいく。 ダニーの彼氏が喋れなくなるのも、視界がぼやけたり歪んだりするのも、全ては花の毒によって引き起こされている。 ただ、花の鱗粉は細かすぎて画面には見えず、まるでホルガの住民が魔法を使っているような印象を観客に与えられているのが、素晴らしい演出だと思う。 手をパン!と叩くだけでダニーの彼氏が意識朦朧とするのも、花の毒が起こしたものだろう。 普通のホラー映画なら銃や刃物が主人公たちに危害を加えるガジェットになる。 しかし、ホルガの住民は決して銃や刃物を人に向けない。 花を殺戮のガジェットとして使用したホラー映画は、そうそう観れるものではない。 考察:なぜ「9」ばかり出てくるのか? 今作で印象的に使われている数字の「9」 IMDbに「9」に関する考察が行われていたので、紹介すると・・ ・ホルガの祝祭は「9」日間続く ・「9」人の生贄が選ばれる ・ホルガのライフサイクルは18・36・54・そして72であるが、全て「9」の段のかけ算で構成される数字である。 この9の多用には、スウェーデンに浸透している 北欧神話が関係している。 北欧神話では「9」つの世界が存在し、オーディンは「9」日「9」夜、グーングニルに突き刺されていたという。 北欧神話にとって「9」は重要で、ホルガの信仰は土着的に見えて、北欧神話がベースになっているのだ。 ホラー映画なら「6」、キリスト教なら「7」など、映画と数字の関係は切っても切れないが、これほどまでに「9」を徹底して強調する映画も珍しいように感じる。 生まれ変わりを信じるからこそ、ホルガの人たちは心おきなく高所から飛び降りられるし、命を投げ出すことを厭わない。 本来であれば輪廻転生は仏教の考え方でありスウェーデンでは根付かない宗教思想であるが、ホルガという仮想の世界観だからこそ、複合的な宗教的価値観が見られる。 ここが映画の面白いところだ。 三位一体は、神様は「父なる神」、「子なるキリスト」、「精霊」の三つの形となって現れ、この3つが一体となって神となっている考え方である。 wikipedia 三位一体 ホルガの住民、「精霊」という言葉を使っていることからも、ホルガの儀式は 精霊を呼び出すものであり、そのために9人の生贄を捧げる仕組みになっているのではないかと感じる。 まとめると、ホルガが儀式で何をしたいのか、映画では詳しく説明されないが、紐解いてみると北欧神話やキリスト教など、実在する神話や宗教をベースにしていることがよく分かる。 それにしても、アメリカ人のアリ・アスター監督が輪廻転生という仏教的考えを取り入れたのが、とても意外性があって面白い。 その他小ネタ ホルガの住民が高いところから飛び降りるシーンや、主人公たちが他文化を受け入れられない様子は1947年の「黒水仙」を思い出す。 今作と同じく、現世とは隔離された空間、土着信仰による生贄や白装束、女性の夜這いなど、現代文明から取り残された人間たちを狂気的に描いている。 「ウィッカーマン」 1973 鑑賞! 白装束、花冠、女性の夜這い文化など、ミッドサマーと共通点が多数! ただ、こっちはキリスト教とドロイド教の比較がメインで、セリフからも宗教対立が明らか。 ウィッカーマンはキリスト教=現代文明とドルイド教=キリスト教以前の民族宗教との対比が明確であり、ミッドサマーのホルガが提示しているような複合的な宗教ではない。 ドルイド教はキリスト教以前にケルト人の間で信仰されていた民族宗教であり、ハロウィンやクリスマスの木など、現代キリスト教文化の元となっている宗教である。 ドルイド教はキリスト教の進出によって信仰が阻まれ、時には異教徒として魔女裁判など火あぶりにかけられることもあった。 ウィッカーマンのラストで キリスト教信者の警官が木人の中で火あぶりにされるが、これはドルイド教の儀式でもあり、キリスト教が行ってきた異教徒に対する火あぶりのカウンターにもなっている。 ドルイド教がキリスト教に復讐するようにも見えるラストであり、ドルイド教とキリスト教の二項対立がウィッカーマンである。 一方ミッドサマーは、特定の宗教に固定せず、北欧神話やその他宗教を交えて、ホルガ独自の架空の信仰を作り上げている点で斬新なのだ。 ただし、ウィッカーマンと全く関係がないかといえば、そうではない。 ラストシーンに9人の生贄を 火あぶりにするが、その中にダニーの彼氏が含まれている。 ダニーの彼氏の名前は 「クリスチャン」。 これはただの偶然じゃないだろう。 ダニーの彼氏を「クリスチャン」とすることで、ウィッカーマンにオマージュを捧げるだけでなく、今作はキリスト教という現代宗教・文明を真っ向から否定し、存在自体を消すことにも繋がっている。 そして、キリスト教を現在の時勢と捉えるならば、これを消去することでダニーが現在進行形で苦しんでいる両親・妹の死のトラウマを燃やし尽くしているようにも感じる。 さらに、 輪廻転生など死に対して肯定的な考えを持つホルガの考えを受け入れることで、ダニーは救われ、ラストは微笑んでいる。 アメリカ国内ではキリスト教が主流であり、生きづらさを感じていたダニーにとっては、これほどの救済はなかったのだろう。 彼女を救済するためにも、彼氏の名前はクリスチャンでなければいけなかった。 一見するとウィッカーマンと共通する点も感じられるが、きちんと女性の救済というテーマに向けて映画が作られている。 ちなみに、アリ・アスター監督は今作の製作が決定する前に恋人と別れており、恋人に起きた出来事や自身との経験を交えているとインタビューで語っている。 26追記 なぜ真っ白な光、白装束が必要だったのか? 今作で印象的だった なんか、各章でこんなくだりを言ってる気が.. のは、光の使い方。 光がまばゆく、ホラー映画には似つかない光。 個人的には、まばゆい 光はロングショットの多用と密接に結びついていると感じる。 ロングショットとは広角レンズを使って広い風景を撮るようなカットで、今作ではホルガ村に着いた途端、ロングショットが多用される。 ロングショットとは通常、広い世界を撮るために使われる。 街の風景だったり、自然だったり、そこがどんな環境かを表すために使われる。 ロングショットにも明確な被写体がいる。 しかし、今作はまばゆい光によって、コントラスト 光の明暗 が極端になくなってしまう。 雄大な自然が写っているのは分かる。 しかし、まばゆい光でどこか異世界のような雰囲気がある。 そんな異世界の背景に、白装束の村人が踊っている。。 白い背景・白い人・・・画面は極めて白っぽくなる。 背景とキャラの輪郭が曖昧になる。 この絵作りこそが異世界感を醸し出し、まるで今何を見てるか分からない感覚を観客に与えている。 極めて白く、そして輪郭が曖昧だからこそ、おとぎ話のようで。 でも実は凄惨なことが起こっていて。。 この絵と物語の対照的な関係こそが、今作の最大限の魅力と言っていい。 こちらはホラーではないが、今作と同様に絵と物語が対照的な関係になっている映画。 まとめ ホラーというジャンル映画に囚われず、アート映画としても十分過ぎるほどの輝きを放った本作。 新たなホラー映画の形を提示したとともに、監督の作家性を存分に発揮できたのも素晴らしい。 普段見ているホラー映画では絶対に味わえない要素が、この映画にはある。 ただグロいから、怖いからでは済まされず、後を引くのが今作の最たる魅力だろう。 何より、ここまで考察しがいのある映画に出会えたのも久しい。 普通の人とは「違った映画の見方」をすることで、「ここだけの」映画批評を記事にしています。 どんな映画にも必ず良い点はあり、積極的にフィーチャします。 それが正しい「映画の見方」だと思うからです。 ・記事タイトルに自分の着眼点を書いています。 ・映画の分析のために、独自に画像を作成しています。 ここが他の映画評論サイトとは違うポイントです。 出典さえ明記してくれれば転載OKです。 com アットを に変えてください.

次の

『ミッドサマー』はどれくらいグロいのか?映画ファンの感想まとめ!R15指定の理由やモザイク部分も解説

ミッドサマーグロ

ホラー映画 2020. 19 2020. 真昼間からグロテスクなことを臆面もなくやってのける事で、通常人間にあるはずの倫理規範を取り除きたい訳でしょ。 昼間の明るい太陽の下で、顔面に巨大なトンカチを爽やかな笑顔で振り下ろして頭蓋骨を粉砕させるシーンなんて、正にそうとしか思えない。 自分グロ耐性かなり強いけど、それでも一か所普通に吐きそうなくらいグロいシーンがあった。 日本版は規制なしで全部放送してくれるんだろうか・・・。 この方は、かなりグロい作品について耐性があるとのことですが、それでも吐き気を催すくらいにグロいシーンがある様ですね。 そもそもハンマーで頭蓋骨粉砕という時点でかなりグロい様に感じるのですが、それでも控えめな程に本作は過激なシーンが含まれる作品みたいですね。 ラベル名30代女性 前作品もそうだったけど、本作も、宗教との繋がりを感じた瞬間に急に気持ち悪くなった。 作品中は、男性器を隠しながら走り回るやつが居たり、老婆に腰振りを手伝わせたりと思わず笑ってしまうシーンもありますが、そもそもそうした環境に居る事が絶妙に気持ち悪かった。 この方は作品の気持ち悪さに注目してくれていますね! カルト作品であり、かつ宗教にも絡みつつ、コメディ要素も含んでいる中でかなり気持ち悪いと感じる方も多い様ですね! という訳で、ミッドサマーがグロいし気持ち悪いという口コミは本当なのかという疑問に関する筆者の考察ですが、間違いなくグロい作品だと思います! 作品のテーマである祝祭では、多くの方が犠牲となり、その犠牲の内容はかなり衝撃的なグロさを持ったものである様です! グロテスクなシーンに耐性の無い人、あとは食事の前後は観賞を控えたほうが良いかもしれませんね・・・。 また、グロテスクな要素だけではなく、説明しがたい不気味さや、回収仕切れない伏線の多さから、観賞しているこちらの頭が混乱してしまいそうになるといった声も聞かれており、どうやら気持ち悪いという点はそうした所からも感じられる様です! 私は個人的に、倫理規範を逸脱した作品は、非現実的過ぎて逆に面白いと感じてしまうので、これらの感想を踏まえて是非視聴したい作品だなと思いました! 30代男性 これまでのホラー映画は、暗闇に紛れて、来るぞ来るぞという煽りを入れて驚かす様な、言わば王道のホラー映画ばかりだった。 でも本作は、あえて暗闇を使用しない。 白昼堂々行われる狂った祝祭と、その中で繰り広げられる気色悪い宗教の様な人々。 彼らが示したのは、明るい光。 この映画を見た後から、何故か明るい場所が怖いと感じる様になった。 作品の冒頭にホラー要素を感じなかったのに、作品が終わる頃にはしっかりホラーの怖さを感じる事が出来た。 気持ち悪く、グロく、それでいて全く新しいホラーの要素を見させられて、さすがアリ・アスター天晴という気持ちになった。 この方は、本作を観た事で明るい場所が怖くなった様ですね。 そもそもミッドサマーは、これまでのホラーとは異なり霊的な物を見せようとしていません。 そこにあるのは、不気味な人間達の美しい祝祭の光景だけです。 明るい世界の中で、ただ幸せを求め続けた若者達の墓なくも残酷で、でもどこか魅力的で、例えようのない気持ち悪さを感じさせるのは、紛れもなく私たちと同じ人間です。 ミッドサマーの怖さは、そうした不気味な人間の模様に隠されているのかもしれませんね。 アリ・アスターの作品は、前作もそうでしたが普通のホラー映画とは異なり、見終わった後に『不快感』や『嫌な感じ』が残る映画です。 本作品も、ただの怖さではなく、そんなアリ・アスター作品特有の不気味さがホラーとしての怖さを引き立てているのではないでしょうか?.

次の

ミッドサマー (映画)

ミッドサマーグロ

ホラーといえば、暗いシーンだが? 「北欧という土地は、ホラー映画を撮るには最高の環境」だと私は思っている。 税金が高い国なので、製作費が悩みの種ではあるが。 冬が長い北欧では、日本と比べて街灯も少ない。 首都でさえも霧が立ち込めて、目の先に何があるのか見えないこともある。 自然が多いので、街から森や湖のある場所へと、すぐにアクセスすることも可能。 霧が立ち込め、雪で真っ白、空は真っ暗、人通りが少ない(山の中にいたら、あなたは一人で立っている)、雑音というような音もなく、シーンとしている。 そういう条件が無料で簡単に揃うので、怖いシーンを撮るロケーション探しは楽そうだ。 だが、アメリカ映画『ミッドサマー』(原題『Midsommar』)では、真逆の環境をうまく利用した。 あっぱれ。 冬とは正反対で、夏になると24時を過ぎてもずっと明るいのが、北欧の特徴だ。 ホラー映画といえば、暗いシーンが多いが、本作はずっと明るい場所で、血みどろのシーンが続き、泣き声と悲鳴が鳴り響く。 「うまく作ったものだな」、と思った。 現地に住む北欧各国の監督だったら、当たり前すぎる明るい夏をホラーに仕立て上げる発想は、沸きにくいだろう。 なにせ、長くて暗い冬の後にやってくる、とても短い夏は、北欧の人々にとって、お日様の光を浴び、肌を小麦色に焼き、フィヨルドや湖に飛び込む、恵みと幸せの時期なのだから。 ・・・・・ あらすじ Photo:Oy Nordisk Film Ab アメリカ人のカップル、ダニーとクリスチャンの関係は終わりの兆しを見せていた。 しかし、メンタルヘルス問題を抱えていたダニーの家族に、大きな悲劇が襲う。 絶望の底にいる彼女を今ひとりにするわけにはいかないと、クリスチャンはまだ別れを切り出していなかった。 早く、別れてしまえと、あきれる男友達。 クリスチャンは、男友達だけで、スウェーデンの夏至祭を体験しにいこうと計画していた。 内緒にしていた計画がばれ、渋々とダニーも連れていくことに。 スウェーデンの田舎に着くと、そこには奇妙な光景が待っていた。 どうして、夜になってもずっと明るいのだ? 花飾りを頭につけて、踊っている人々はなんだ? 体験したことのない環境とカルチャーに、若者たちは戸惑う。 そこには、女性たちからの誘惑の目線もあった。 平和そうな、夢のような出迎えだったが、悪夢の始まりだということに、彼らは気づいていなかった。 Photo:Oy Nordisk Film Ab ・・・・・ グロいシーンが苦手な人はやめておこう この映画のポスターを最初に見た時、題名からしても、私はスウェーデン映画なのかと最初は思った。 鑑賞前は、期待をしすぎて、がっかりしたくないので、事前に情報はあまり調べない。 予想以上に、変なシーンが多かったことにはびっくりした。 肉片が飛ぶ光景などが苦手な方には、本作はおすすめしない。 私はノルウェーで鑑賞したのだが、映画館では「15歳制限」がついていた。 悲劇、戦争、育児放棄、暴力、虐殺や性的描写があるホラー作品などに付き、12~15歳までは大人同伴なら鑑賞可能というカテゴリーだ。 私も、本来はホラー映画は悪夢を見るので避けるのだが、北欧各国で作品評価が高いこと、他の国が北欧の夏を舞台にすると、どういう世界観となるのか。 その興味があり、ちょっとびくびくしながら見た。 Photo:Oy Nordisk Film Ab ・・・・・ この映画、ホラー映画で肉片が飛ぶのだが、不思議な現象が観客席から起こる。 ネタバレとなるので詳しくは書かないが、見る人がたまに笑い始めるのだ。 夜中になってもずっと明るい。 北欧の夏を初めて体験するアメリカ人の驚きを、現地の人が笑うのは分かる。 しかし、後半の異教徒による不気味な儀式のシーンでも、観客席からは笑いが起こっていた。 ノルウェーの大手新聞社の映画批評では、本作に対して、「時に滑稽(こっけい)」と評価しているものが、ちらほら。 カルチャーが違うと、笑いのツボも異なる。 大爆笑している女性たちに、「おぉ、そんなに面白いか?」と私は「???」だった。 館内には、なぜか女性がたくさんいた。 ・・・・・ Photo:Oy Nordisk Film Ab 夏至祭というのは各地で催されるし、私が住んでいるノルウェーでも、フィヨルド沿いで、花飾りを頭にかぶり、女性たちは白い服を纏い、真夏の明るい夜を祝う。 それでも、隣国スウェーデンの夏至祭のほうが、さらに規模が大きく盛大なのは明らかだ。 スウェーデンの夏至祭は、だからこそ、「北欧の夏の夜の、素敵で不思議な現象」として、日本や国際メディアでも紹介されやすい。 ポジティブに、だ。 だからこそ、プラスのイメージが強い夏至祭を、ホラーの舞台にしてしまったアリ・アスター監督の想像力と才能はすごい。 ・・・・・ 失恋、カップルの価値観のすれ違いもテーマ Photo:Oy Nordisk Film Ab じわじわと気味の悪い展開、北欧の地での異教徒と、怖いだけじゃない。 本作では、失恋や別れ直前のカップルのすれ違いも描いている。 元カレとの失恋を引きずっている女性はすっきりすることもあるかもしれないが、うまくいっていない雰囲気があるカップルが一緒に見るには、あまりおすすめできないかも? ・・・・・ 日本では公開は未定のようだが、ホラー映画、異教徒、失恋、北欧スウェーデンというキーワードにピンと来る方は、どうぞ。 ただ、「ホラー映画」が好きな人だと、「これがホラー?」と拍子抜けすることもあるかもしれない。 本来の北欧の夏至祭とはどういうものなのか、ネットの画像検索で「北欧 夏至祭」、「sweden midsummer」などと下調べしてから見ると、監督が創り出した世界観がいかなる挑戦かが、わかるだろう。 Text: Asaki Abumi.

次の