シャーロック モリ アーティ。 『シャーロック』3話のネタバレ感想!モリヤ(守谷)=モリアーティ教授と推察!配役を予想

ミスシャーロックモリアーティは誰?登場するのかネタバレ感想!|アニメミル

シャーロック モリ アーティ

これは、シャーロキアン 熱狂的ホームズファン なら誰もが知っている説です。 もしホームズの物語が現実の出来事だったならば、その可能性はとても高いです。 ホームズには様々な矛盾が指摘されています。 例えば、ワトソンがモリアーティを知ったのは『最後の事件』なのに、それ以前の事件である筈の『恐怖の谷』で既に知っていたり、ホームズが失踪していた『最後の事件』と『空き家の冒険』までの三年間の間に、ワトソンと共に事件を解決していた等々、多数あります。 それらを合理的に解明していくと、そう結論が出ます。 詳しくは、高田祟文氏のミステリー『QED ベイカー街の問題』 講談社文庫 を参考にしてください。 しかし、ホームズはコナン・ドイルの創作した物語です。 現実の出来事ではありません。 ですのでこう言い換えても良いでしょう。 「果たして作者コナン・ドイルは、ホームズとモリアーティを同一人物として設定したのか?」 個人的には、それは無いと思います。 ホームズに何故多くの矛盾が存在するのか、それは 「ドイルはそんなつじつま合わせをしない程、ホームズに思い入れが無かったから」です。 ドイルは矛盾に気付いていたが、修正せず、読者に指摘させていたとも言われています。 ホームズはリアリストです。 探偵ですから当然です。 ですが、ドイルは神秘主義者でした。 特に晩年は心霊学に傾倒していきました。 そんな理由もあり、ホームズシリーズで人気を博したドイルでしたが、ホームズを辞めたくて仕方なかったそうです。 「モリアーティ」という名は、不仲だった母「メアリ」をもじった物だと言われていますが、 ホームズを殺すため 終わらせるため に登場させた、ドイル自身だったのかも知れません。 シャーロキアンによる作品には、確かにそういった設定であるものが見られます。 ただしあくまで解釈の一つであってそれが絶対に正しいというわけではありません。 そもそもシャーロック・ホームズのシリーズは作品それ自体が随所に不可解な点、矛盾する記述が存在します。 さらにワトスンが事件をありのまま書いているわけではないらしいことも伴って、ファンが様々な推測をする余地が残されているのです。 ですからシャーロック・ホームズとモリアーティ教授が同一人物という話もファンが生み出した空想の一つと考えたほうがいいです。 ちなみに邪道かもしれませんが、シャーロック・ホームズ=モリアーティ教授説は、作者であるコナン・ドイルの事情を考えれば否定できるとまではいかなくても、明確な根拠をもったものではなくなると思います。 コナン・ドイルはホームズ作品を書くのが嫌いであったという話はご存じですか。 コナン・ドイルはホームズものをあくまで原稿料が目的で執筆しており、本当に書きたい作品は別にあったという話です。 つまり、ホームズが嫌いだった作者はシリーズを終わらせる機会をねらっており、モリーティ教授はそのために作られたキャラクターなのです。 要するにモリアーティ教授はあくまでホームズシリーズを終わらせるためのものであり、コナン・ドイルは彼の存在について特に深い意味を与えていたわけではないのです。 もっとも、続編は書かないと言っていたドイルはのちに考えを改めてホームズを復活させていますし、執筆途中における作者の意図とシリーズが終了した後の読者の解釈というのはまったく別のものなので、この説を支持する支持しないは自由だと思います。 確かに一部のシャーロッキアンの間では、ホームズが失敗を糊塗する為に自作自演を行ったという説が古くから存在します。 モリアーティは元々存在しなかった、あるいはホームズによって影武者あるいは人身御供に仕立て上げられた、というものです。 敵を欺くにはまず味方から。 モラン大佐ぐらいを騙すのは彼にとってはわけもない事でしょう。 この他、モリアーティの正体はシャーロックの実兄マイクロフト・ホームズである、という説もあります。 分析・推理の能力では弟を遥かにに凌ぐマイクロフト。 彼に足りないのは行動力のみです。 実はそれを隠しているのだとしたら…。 いずれもファンによる仮説であり、公式のものではありません。 どちらの説でも、ワトソンによる目撃例が無い事が根拠のひとつとして挙がっています。

次の

ジャンプSQ.│『憂国のモリアーティ』原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ) 構成/竹内良輔 漫画/三好 輝

シャーロック モリ アーティ

— 2016 12月 22 8:13午前 PST 序盤にちょっと出てくるだけのはずが、製作総指揮のスティーヴン・モファットやマーク・ゲイティスがルイーズを気に入り、レギュラー出演することになったそうです。 ルイーズは他のキャストや、シャーロックファンたちからも好かれています。 メアリー役のアマンダ・アビントンとルイーズ Happy New Sherlock. — Louise Brealey louisebrealey モリアーティ役のアンドリュー・スコットとルイーズ Night night. Thanks for being so bloody lovely. — Louise Brealey louisebrealey シャーロック役のベネディクト・カンバーバッチとルイーズ Chris and Bessie in the pub… — Louise Brealey louisebrealey モリーもルイーズも可愛すぎますね。 みんなに愛されているモリー・フーパー役のルイーズ・ブリーリーについて、プロフィールや出演作などをまとめました。 スポンサーリンク ルイーズ・ブリーリーはどんな人? プロフィール• 名前:ルイーズ・ブリーリー Louise Brealey• 出身地:イギリス・ノーサンプトンシャー• — Louise Brealey louisebrealey イギリス・ノーサンプトンシャーで生まれ育ったルイーズの父親はセールスマンで、両親ともに面白い性格。 家族や親戚に芸能関係の仕事をしている人はいなかったそうですが、ルイーズは幼い頃から『演技をしてみたい』という気持ちがあったそうです。 しかし、人前で演じる自信のなかったルイーズは、 大好きな本を読んで、想像の中で登場人物になりきっていたそうです。 9歳ごろのルイーズ — 2016 11月 15 1:39午後 PST 他にも子供の頃には外交官や宇宙飛行士など、色々な職業に憧れていたルイーズですが、 10代の頃からは映画やアート、音楽などについての記事を書き、雑誌にレビューや特集記事を寄稿。 文学やジャーナリズムだけでなく、歴史も好きだったルイーズは、 ケンブリッジ大学で歴史を専攻、卒業後はアメリカ・ニューヨークで演技の勉強をしています。 若い頃のルイーズ Had to find some teenaged pictures of me for a thing. Not Sherlock. Pissing about in a pagoda with apple cheeks! — Louise Brealey louisebrealey 主な出演作 ルイーズは2001年、22歳の時に舞台女優デビュー。 ロンドンのロイヤル・コート・シアターで14歳の少女の役を演じ、高い評価を受けました。 そして、2002年からはBBCドラマ『Casualty』で2シーズンに渡って95話に出演。 Hope you have a lovely day! ルイーズは、2010年に『 SHERLOCK』のモリー役でさらなる人気を得た後も、女優業だけでなく、プロデュースや執筆も続けます。 2012年には子供向けコメディ『 チャールズ・ディケンズ・ショー』を共同プロデュース・執筆し、女優としても出演。 2013年には初めて脚本を担当した演劇『Pope Joan』が教会や劇場で公演されました。 2014年テレビドラマ「Ripper Street」 Look at the stethoscope on that. What a play. — Louise Brealey louisebrealey 2017年は、すでに放送された英ドラマ『SHERLOCK』のシーズン4と『Clique』のシーズン1に出演。 さらに今後放送予定のドラマ「Back」にもキャスティングされています。 結婚は?恋人はいる? SNSに姪っ子たちの写真をいくつか載せているルイーズですが、自身は結婚していないようです。 過去には、短編映画『I Want You』で共演したイギリス人俳優のブライアン・ディックと交際していたとされていますが、現在の恋人の有無は不明。 『SHERLOCK』に出演してからは熱狂的なファンが増え、 SNSを通して若い女性からも結婚の申込みが来るそうです。 大人気ですね。 See you next time… — Louise Brealey louisebrealey• 関連記事: まとめ• SHERLOCKでモリー役を演じたルイーズ・ブリーリーはキャスト&ファンから大人気• ルイーズは、ケンブリッジ大学で歴史を専攻し、その後女優になった• 女優業の他に、執筆やプロデュースなども行っている• 現在公表している恋人はいない スポンサーリンク•

次の

憂国のモリアーティ

シャーロック モリ アーティ

人物 [ ] がモリアーティを評して曰く、「彼は界のだよ、君。 の半分の悪事、ほぼすべての迷宮入り事件が、彼の手によるものだ」(最後の事件)。 21歳にしてに関する数学論文を発表し、の小さな大学(とされる)に数学教授の職を得て、『 ()』 というを発表するなどその才を発揮したが、同時に、犯罪者としての才も発揮し、それによって職を追われ、ロンドンで教師(army coach) となった。 教師の仕事はモリアーティにとって格好の隠れ蓑だった。 モリアーティはその天才的な頭脳を駆使して犯罪組織を立ち上げ、自ら手を出すことなく、手下に計画を授けることでその目的を遂げてきた。 容姿 [ ] ホームズはモリアーティの容貌についてこう述べている。 「彼はすこぶる背が高く痩せていて、白くカーブを描く突き出た額を持ち、深く窪んだ眼をしている。 ひげは綺麗に剃られ、青白く、苦行者のようであり、顔立ちにおよそ教授らしきものを漂わせている。 彼の背は長年の研究から曲がり、顔は前へ突き出て、のように奇妙に、いつでもゆらゆらと左右に動いている」(最後の事件)。 人脈 [ ] モリアーティの人脈は多岐にわたる。 作品内に登場した部下としては、ポーロック、大佐、フォン・ヘルダーの3人がいる。 彼らはモリアーティにや殺人技量、などをそれぞれ提供する。 情報網は緻密で、ホームズはそれを称して「千本もの糸を張り出したの巣の真ん中に動かないで坐っているよう」と言っている。 その情報を以てモリアーティは判断をし、作戦を与えるのである。 計画立案の見事さたるや、狙った獲物は必ず逃さないほどで、また、組織の巨大さにより計画が失敗しても、中心部にいるモリアーティらには全く嫌疑もかからなかった。 その才を発揮している例が、『恐怖の谷』のジョン・ダグラスの殺害である。 モリアーティは、から渡って来た復讐者に案を授けて実行させるが、それが失敗したのを見ると、またもや逃亡するジョン・ダグラスを自らの手下に暗殺させた。 この事件はモリアーティの手下の一人であるポーロックが、ホームズに殺人計画を手紙で告発しているが、この事件においても、モリアーティはホームズ以外の人物から嫌疑を掛けられることはなかった。 名前と兄弟 [ ] モリアーティ教授が初登場する「最後の事件」では、彼のファーストネームは明かされない。 しかし、教授の兄弟であるジェームズ・モリアーティ大佐(Colonel James Moriarty)が教授の名誉を回復しようと投書をしたことが、ワトソンが事件について語るきっかけになったと言及されている。 後に「空き家の冒険」で、ホームズが教授を「ジェームズ・モリアーティ教授」と呼ぶ。 教授のファーストネームが言及されたのは、作中でこの一度だけであり、奇妙にも大佐と同名である。 『恐怖の谷』では、ホームズの口から、教授の弟はイングランド西部でをしていると語られる。 駅長の弟に関しては原文で his younger brother とあり弟である事が明らかだが、大佐に関しては his brother という記述があるのみで、兄なのか弟なのかは不明である。 日本語版では、訳者により「兄」「弟」とが分かれ、上下の区別をつけず「兄弟」と訳している場合もある。 教授と大佐が同名のため、ジェームズ・モリアーティというのは複合姓ではないかと考えられている。 モリアーティというキャラクター [ ] ののそばにある、「ホームズとモリアーティの戦いの記念碑」 モリアーティがに転落死した後、モリアーティの部下がホームズの復活と共に駆逐される。 この点において、モリアーティは完敗である。 そして、ホームズは「空き家の冒険」の次作「ノーウッドの建築業者」の冒頭で「モリアーティを失って以来、この町はつまらなくなった」と述べている。 後に書かれた長編『恐怖の谷』においては、モリアーティはホームズと間接的に対決し、勝利を収めるが、これは「最後の事件」に臨む前の対決である。 モリアーティはドイルの母親であるメアリのスペルをもじって作り出した人物だといわれるが 、ドイルは実在した出身のでとロンドンを跨いだ犯罪ネットワークを築いて「犯罪界のナポレオン」と呼ばれた ()をモデルにしたと述べている。 モリアーティはホームズシリーズの読者に強い印象を与えたが、言及も含めての登場は6作品に留まる。 関連作品 [ ] モリアーティがその後のフィクションに与えた影響は大きい。 「一匹狼の名探偵を組織力で圧倒する『悪の権力者』」、「正体を現さず、自らは手を汚さない犯罪立案者」というキャラクター(ただし、実際のモリアーティは結局は正体を現わし、自ら手を汚してホームズと一対一で死闘までしている)は、のような「義侠心ある」とは一線を画す、「完全なる悪」として君臨し続けることになるのである。 舞台 [ ] 『』 が上演するミュージカル。 原作はの『(The Old Possum's Book of Practical Cats)』であるが、その中に登場するというキャラクターは、ホームズシリーズのファンであったエリオットがモリアーティをモデルに作ったものである。 映画・テレビ [ ] 『』() 映画。 エンドクレジットの最後に、作中の「ある人物」がモリアーティと署名するシーンが登場する。 『』() アメリカのSFテレビドラマシリーズ。 第29話「ホログラムデッキの反逆者」及び第138話「甦ったモリアーティ教授」で登場。 モリアーティ教授(の人格プログラム)が、その天才的な知性によって自分がプログラムに過ぎないことを知り、の外の世界に出ていこうとする話となっており、ホロデッキの抱える問題点を考えさせられる話となっている。 『 Hands of a Murderer』(、イギリスのテレビ用映画) 絞首刑直前で逃走したモリアーティが国家機密を盗み、それを解読するためにシャーロック・ホームズの兄・マイクロフトを誘拐する。 『』() 演じるのは。 の中学生時代を描いたもので、モリアーティをもじった「森脇教頭」という人物が登場する。 こちらは主人公の敵ではなく終盤で犯人グループに襲われそうになった古畑達を助け、なおかつ古畑に犯罪捜査のアドバイスを贈るという、刑事になった古畑にとって「最も影響を受けた人物」として描かれている。 『』 () 事件の黒幕として「ジム・モリアーティ」(英語版では『ジェームズ・モリアーティ』)が登場する。 原作と違い30代の風貌であり、天才でありながら退屈しのぎに悪をなすになっている。 『』 シーズン1中盤において、シャーロックホームズの恋人アイリーンアドラーを殺した犯人とされ、後半でモリアーティ自身がシャーロックに惹かれ、アイリーンの偽名で近づいた。 女のモリアーティとして初登場する。 『』() 顔が見えないため配役は不明だが、を雇って暗躍していた事が終盤に彼女自身から語られている。 『』() イギリス国内の連続爆破テロ、ヨーロッパ各地の犯罪事件の黒幕とされている。 映画の終盤、ライヘンバッハの滝でホームズと対決する。 『』() season18 第14・15話。 のロンドン研修時代の相棒である南井十が、滝に身を投じたと観られ、それぞれホームズ、モリアーティ、ライヘンバッハの滝のオマージュで「」をなぞっている。 アニメ [ ] 『』() 声優は。 緻密な犯罪計画を立案できる頭脳と非情な性格の持ち主だが、殺人はしない、ここぞの場面でドジを踏んでホームズにしてやられるなど原作に比べてかなりコミカルな描写が目立つ 『』() の犯罪王として登場する敵キャラクターのはモリアーティをモデルにしている。 『』() 声優は。 の森谷帝二という人物が登場するが、名前の由来はモリアーティ教授から。 コナン達からも「森谷教授」と呼ばれている。 『』 () 声優は。 コナン達が体験するゲームの登場キャラクター。 を手下にしていたが、悪目立ちしすぎたジャックを自らの正体を見抜いたコナン達に売った上に、囮としてジャックにの命を狙わせ、自らは手を汚さずに劇場の客席から高みの見物をきめこむ。 『』 () アニメ版において、最終話である第12話及びサマースペシャルのCパートにて「森・アーティ」というキャラクターが登場する。 漫画 [ ] 『』() (構成)、(漫画)による、モリアーティを主人公とした漫画作品。 人形劇 [ ] 『』() ホームズやワトソンが在籍するビートン校の。 学校を仕切る実力者で、左右バランスの異なる顔を持つ。 生徒たちに厳格で、マイペースなホームズを目の敵にしている。 サウンドドラマ [ ] 『モリアーティ教授の犯罪学講座』- () アニメ『』のサウンド・ドラマ。 モリアーティ教授が部下のトッドとスマイリーと共に、アニメ本編で登場した事件を取り上げながら犯罪学について講義する。 基礎理論編と実践武闘編の2部構成になっており、当初、LPで発売されたものは、それぞれ第3章まで収録されていた。 に発売されたベスト盤『名探偵ホームズコレクション』では、第1章のみが収録されている。 コンピューターゲーム [ ] 『』- () 声優は。 SONY PSP対応ゲームソフト。 シャーロックホームズJrやジョンワトソンJrの宿敵として登場。 車椅子に乗りスペルバウンドという暗黒組織を率いている。 『』 - (2017年) 声優は。 5部第1章「亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿『新宿幻霊事件』」のメインキャラクターであり、の要素を自ら組み込んだ重火器使い「新宿のアーチャー」として登場。 本作では論文『小惑星の力学』はアイザック・アシモフの解釈を採用し、惑星破壊の論文であるとされている。 ゲーム中でも惑星破壊計画を巡り、主人公たちと共闘、また敵対する。 モリアーティ教授は以前、ホームズの家庭教師をしていた普通の人物だったが、中毒のホームズに妄想で犯罪王に仕立て上げられてしまっている。 『犯罪王モリアーティの生還』『犯罪王モリアーティの復讐』(〜) - 文庫 イギリスの作家による、モリアーティを主人公とした連作。 『ドラキュラ紀元』() - 文庫 によるパラレル・ワールドを扱った小説。 モリアーティが重要なキャラクターとして登場する。 「世界一有名な諮問探偵」と「犯罪界のナポレオン」が誕生に至るまでの経緯を描く。 『』() - 文庫 の推理作家による、推理小説。 モリアーティを主人公とし、ホームズと共闘させている。 『』() - による、19世紀文学をクロスオーバーしたコミック作品。 モリアーティ教授が意外な形で登場する。 『』() - による短編集。 表題作に登場。 脚注 [ ]• 『小惑星の力学 The Dynamics of an Asteroid 』の内容に関しては、SF作家が自作『』シリーズ中の一編「終局的犯罪」において、「小惑星(群)を作り出すのに必要な力学」、すなわち普通の惑星、はっきり言えばを爆砕して無数の小惑星にしてしまう、世界を滅ぼす「終局的犯罪」の研究論文ではなかったかという、SF作家ならではの大胆な考察をしている。 原文は「and to come down to London, where he set up as an army coach」。 army coachは「軍人相手の家庭教師(個人教師)」や「軍隊関係の教師」などと翻訳されているが、の植村昌夫は19世紀末のイギリスにおける軍人や教育界の事情から「陸軍士官学校受験予備校の教師」と訳すべきだとしている(『シャーロック・ホームズの愉しみ方』平凡社新書、2011年、243-259頁)。 ただし、この植村の主張には、同じシャーロキアンで翻訳家であるから、当時の資料と照らし合わせてみても予備校形式だけではなく家庭教師もあるため既訳が必ずしも間違っているとは言えない、と真っ向から批判されている()。 ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、359-360頁• アーサー・コナン・ドイル『四つのサイン』小林司,東山あかね訳、河出書房新社、199。。 262-263頁(訳者によるあとがき)• Starrett, Vincent 1993. The Private Life of Sherlock Holmes. New York: Otto Penzler Books. 141. エリオットは1929年に『シャーロック・ホームズ短篇全集』の書評を書いている。 モリアーティとマキャヴィティは容姿の説明が共通し、どちらも「犯罪界のナポレオン」と評されている。 - 植村昌夫『シャーロック・ホームズの愉しみ方』平凡社新書、2011年、112-123頁 関連項目 [ ]•

次の