インフィニティ。 インフィニティ リンクル セラム

インフィニティ、2020年半ばにグローバル本社を香港から横浜に移転

インフィニティ

Q60 に市場向けの高級車ブランドとして設立された。 設立当初は流通システムの不備から販売は低迷したが、とのアライアンス発足後の体制下においては、高価格・高付加価値型車両中心のブランドとしての販売網整備と車両のデザインの改良等が行われた。 その後、(日本名:)のヒット などもあった。 を含む北米への展開に続き、に、翌に、に、に、におよび、2008年からは市場へ参入。 には に上陸し、展開国数は40カ国を超えた。 4月、ルノー及び日産ととの間で、小型車向けに共通した新設計思想の採用、高効率のとの共用化および小型領域での協業など、幅広い分野での戦略的な協力に関する契約を締結。 インフィニティ向けにダイムラーAGよりディーゼルエンジンとガソリンエンジンの供給を受け、には欧州向けのにダイムラーAG製のディーゼルエンジンが搭載され、には引き続きQ50にガソリンエンジンが搭載された。 2010年8月にはチューニング部門である、 IPL が設立され、同年12月よりチューニングカーの販売が開始された。 2012年4月、本社機能を香港に移転。 日産ではこの移転により「日産本社の意向に束縛されないブランド展開」を打ち出すと同時に「発の高級車ブランド」との姿勢を鮮明に示すことを狙っていた。 しかし、半ばにその本社機能を香港からへ移転する事が発表された。 日本国内での展開 [ ] インフィニティ設立に伴い、フラッグシップ車のを日本市場では「」として発売された。 2013年11月、のフルモデルチェンジとしてQ50の日本販売を2014年2月下旬に開始するに当たり、フロントグリルにインフィニティエンブレムを採用すると発表した。 2月には、フーガのマイナーチェンジ版の販売開始にあたって、同様にインフィニティエンブレムを採用した。 ただし日産は、「世界水準で創られた高級車としての証しとしてであり ブランドそのものの日本投入を意味しない」としており 、独自の販売チャネルは設けず日産の既存の販売網で販売し、車名も「日産・スカイライン」「日産・フーガ」のまま変わらず、また車体リアガーニッシュ部分に「SKYLINE」「FUGA」の車名が刻まれている。 ただし、初代Q45が各種広告や車体に日産のロゴを入れ、既存の日産車の車種階層に組みこまれていたのに対し、Q50およびQ70では日産のCIを一切出さず各種広告では「NISSAN MOTOR CORPORATION」の表記とし、既存の日産車のラインナップと一線を引き「インフィニティブランドとしての扱い」をアピールした。 両車の発売当時のキャッチコピーは「 さあ、日本のプレミアムを騒がそうか」だった。 2015年12月に両車種の一部改良が行われたが、当初はフロントのみであったインフィニティエンブレムがリアにも装着され、Q50およびQ70の外観に更に近づくようになった。 とはいえ、Fセグメントセダンのフラッグシップモデルである「日産・シーマ」に関しては日産エンブレムのままであり、グローバルで見たインフィニティブランドとしての高級車でなく、日産という会社においての最上位車である印としている。 その後、スカイラインが2019年7月のビッグマイナーチェンジでインフィニティエンブレムが廃止され日産のCIに変更され、各種広告においても日産のCIが登場した。 フーガも2019年12月のマイナーチェンジでインフィニティエンブレムが廃止され日産のCIに変更された。 、がインフィニティの各車の日本国内での並行輸入販売を開始。 ベースは北米仕様車で灯火類などを国内の法規に合わせての販売となる。 欧州市場での展開 [ ] 欧州市場向けの生産については時点では主にイギリスの工場で、(車)、(車)を生産、欧州市場に供給していたが、欧州市場の販売量は高級車市場の競争激化の中で低迷。 2019年、日産は2020年代前半までに欧州(西欧)市場からの撤退を表明している。 特徴 [ ] M35 HYBRID(2010年) 高級車ブランドとしてはスポーティさを強調している。 2004年のI35の販売終了以降、しばらくは全ての車種の駆動方式がないしFRベースのとなっていたが、2012年にを採用したが登場したため、現在はFRの車種を中心としつつもの車種が一部混在している。 デザイン上ではオーセンティックな面を強調し、ラグジュアリーでスポーティ、かつクラシカルな要素も持ち合わせたスタイリングが特徴とされる。 具体的には、ダブルアーチフロントグリルやダブルウェーブインテリアなどが共通して採用されている。 ブランド名・エンブレム [ ] 「 INFINITI」は、無限を意味する。 綴りは、の「INFINITY」ではなく、の「INFINITI」である。 この名称は7月に決定された。 エンブレムは「無限の彼方へと向かう開けた道」と「」を表している。 車種 [ ] 市販車種一覧 [ ] 車種 初登場年 現行型 備考 生産工場 発表 マイナーチェンジ セダン Q70 1990年 2010年5月 (4代目) の最上級セダン。 2013年12月、「インフィニティM」からネーミングを変更。 日本市場のみ「」として販売されている。 ラインアップはV6 3. 7Lを中心に、北米市場にはV8 5. 6Lを、欧州市場には V6 3. 5Lハイブリッドと製の2. 2Lディーゼルターボを設定する。 「Q70L」は北米・中国で販売されるロングホイールベース版である。 日産自動車 栃木工場 (栃木県) Q50 2013年 2013年8月 (初代) 2017年4月 グローバルDセグメントに属するプレミアムセダン。 日本市場のみ「」として販売されている。 エンジンは日本市場でも販売される直4 2. 0Lターボ、V6 3. 5Lハイブリッドに加え、 V6 3. 0Lツインターボを設定。 北米市場向けの同エンジンは出力違いで2種用意されて おり、トップモデルの「RED SPORT 400」では400HPに達する性能を有する。 また、欧州市場を中心に製の2. 2Lディーゼルターボも用意される。 「Q50L」はロングホイールベース版で中国市場専用モデルである。 Q50:日産自動車 栃木工場 (栃木県) Q50L:東風日産乗用車公司 襄陽工場(中国 湖北省) クーペ Q60 2002 2016年9月 (3代目) Q50をベースとした2ドアクーペバージョン。 先代モデルまでは、日本でも「」として販売されていたが、 現行モデルから海外市場専用モデルとなっている。 エンジンは直4 2. 0Lターボ、V6 3. 0Lツインターボをの2タイプ。 北米市場向けのV6 3. 0Lは、出力違いで300HP、400HPの2種のチューンを用意する。 両エンジンともにAWDが選択ができる。 日産自動車 栃木工場 (栃木県) ハッチバック Q30 2015年 2015年12月 (初代) 海外市場専用モデル。 主に、欧州およびアジア市場に投入される Cセグメントクラスのプレミアムコンパクト。 インフィニティのエントリーモデル との位置づけである。 3代目と基本コンポーネンツを共用している。 エンジンは、製の1. 5Lディーゼルターボ、製の1. 6Lターボ、 2. 0Lターボ、2. 2Lディーゼルターボの計4種から選択ができる。 のSUVラインアップ中、最大サイズとなるフルサイズSUV。 と多くの部分を共用して開発されている。 2013年7月、「インフィニティQX」からネーミングを変更。 V8 5. 6Lエンジンを搭載している。 主に、北米およびアジア市場に投入されている。 (福岡県) QX70 2003年 2008年6月 (2代目) - 海外市場専用モデル。 2013年7月、「インフィニティFX」からネーミングを変更。 ロングノーズ&ショートデッキのクーペ風デザインが特徴のクロスオーバーSUV。 欧州市場向けにはV6 3. 7LとV8 5. 6Lの2タイプを設定するが、 中国向けはV6エンジンのみの設定。 なお、2018年9月をもって北米市場での販売を終了している。 日産自動車 栃木工場 (栃木県) QX60 2012年 2012年4月 (初代) - 海外市場専用モデル。 2013年7月、「インフィニティJX」からネーミングを変更。 エンジン横置きFFベースのシャシーに、3列シートを備えたSUV。 エンジンは、北米市場向けにはV6 3. 5Lを、中国仕様には直4 2. 5Lハイブリッドを 搭載している。 主に、北米および中国・アジア市場に投入されている。 スマーナ工場 (米国 テネシー州) QX50 2007年 2018年1月 (2代目) - 先代は「」として、日本市場でも販売されていたが、 2018年にリリースされた2代目は海外市場専用モデルとなった。 世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」の搭載が特徴。 同エンジンは2. 0Lの排気量から268HPを発生。 CVTと組み合わせている。 なお、現行2代目から駆動方式をFRベースからFFベースに変更している。 主に、北米およびアジア市場に投入されている。 メキシコ日産自動車会社 アグアスカリエンテス第2工場 (メキシコ) QX30 2016年 2016年 (初代) 海外市場専用モデル。 Q30をベースとしたCセグメントクラスのクロスオーバーSUVである。 エンジンは、いずれもから供給される2. 0Lターボ、欧州市場のみとなる 2. 2Lディーゼルターボが用意される。 販売エリアを限定しているQ30と異なり、北米・中国でも展開される グローバルモデルとなっている。 サンダーランド工場 (英国) ESQ 2014年 2014年 (初代) - 中国市場専用モデル。 「」のインフィニティ版。 ジュークをベースにフロントグリル等、細部デザインを変更し、独自性を主張している。 6L 自然吸気、1. 6Lターボの2タイプを設定。 それぞれにCVTを組み合わせている。 (日本名: )• (日本名: )• (日本名: )• (日本名: ) モデル名 [ ] 2012年12月18日付のインフィニティプレスリリースで、2014年モデル以降の全商品ラインアップに適用する新ネーミング戦略の詳細が発表された。 プレミアム自動車分野でのプレゼンスをさらに拡大する計画の重要な一歩としている。 2014年以降のモデル名は、セダンとクーペおよびコンバーチブルモデルには「Q」、クロスオーバーとSUVモデルには「QX」が頭につけられ、続くグレードを表す二桁の数字とともに各モデルを表すことになった。 新ネーミング戦略によると、「Q」というネーミングは次世代インフィニティモデルのインスピレーションを付与するだけでなく、1989年にリリースした最初のフラッグシップモデルである『Q45』を想い起こし、そのパフォーマンスの歴史を際だたせると説明されている。 なお、従来ネーミングの数字として採用されていたエンジンの排気量や、4WDモデル、スポーツグレード、ハイブリッド、ターボモデルの表記は次の通りになる。 例:Q50の場合• V6 3. 7 AWD• 2 d• 0t 既存の車種名称は適応後次のように変更され、エンブレムについては、AWDのみトランクリッドに、排気量とHYBRIDの表記は、左右のフロントフェンダーに装着される。 「Q」セダンとクーペおよびコンバーチブルモデル• 「QX」クロスオーバーとSUVモデル• コンセプトカー [ ] Q60プロジェクトブラックS(2018年) インフィニティというブランドが発足する前に、Q45の前身となるコンセプトカー「CUE-X」が1985年秋ので公開された。 しかしながら、コンセプトカー「CUE-X」の特徴であったグリルレスのフロントマスクを初代「Q45」に取り入れたところ、高級車として斬新なデザインではあったものの、保守的な層の多いマーケットの中では不評となり 、マイナーチェンジではオーソドックスな縦格子デザインのグリルが装着されることとなった。 なお同車は日産ブランドの車種として日本市場にも導入された。 市販化されたコンセプトカー [ ] FX CONCEPT• 2001年1月、北米国際自動車ショーにSUVコンセプト「FX」を出展。 後に市販化されるクロスオーバーSUV FXの原型コンセプトカーであるが、全体的に平面的で無骨なデザインであった。 2002年1月、北米国際自動車ショーにSUVコンセプト「FX」のセカンドバージョンを出展。 後に市販化されるクロスオーバーSUV FXの原型コンセプトカーであるが、こちらは2003年に市販化されるモデルにもっとも近いデザインであり、前作にくらべよりスポーティーかつラグジュアリーになり、造形も抑揚のあるものとなった。 COUPE CONCEPT• 2006年1月、北米国際自動車ショーに「クーペコンセプト」を出展。 2007年秋に市販された新型Gクーペのコンセプトカーである。 基本的な造形は量販車に反映されたデザインであるが、フロントマスクやバンパー、ホイールなどのディテールが違うほか、ルーフ全面がガラスルーフになっていた。 全体的な仕上がりはまさしくコンセプトカーであった。 インテリアもコンセプトカー的な仕上がりで、細かいディテールは量販車とは違うものであった。 EX CONCEPT• 2007年4月、に「EXコンセプト」を出展。 2007年冬に市販された新型クロスオーバーSUV「EX」のコンセプトカーである。 「クーペコンセプト」に比べて、量販車をベースにデコレーションしたような仕上がりであった。 そのため、量販車と比べて違和感が少ない。 市販化されていないコンセプトカー [ ] この節のが望まれています。 2003年、北米国際自動車ショーにおいて初公開された4人乗りコンパクト3ドアハッチバック。 SUV、スポーツクーペとのクロスオーバーコンセプトカーの先駆けである。 スタイリングはロングノーズ、ファストバックシルエット。 ハイドロシステムにより50 の車高調整が可能、ドア開閉と同時に乗降に最適な高さに車高が下がるシステムを搭載。 開いた際は2,134 mmの高さになる電動ガルウイングドアを搭載し、VQエンジンをベースにしたV6 3. 5リットル DOHC 24バルブエンジンに5速ATが組み合わされている。 エンジンはフロントに搭載され、FMプラットフォームが用いられている。 駆動方式は四輪駆動で、ATTESA E-TSシステムが採用された。 2005年、北米国際自動車ショーにおいて初公開された3列シート6人乗りのSUVで、QX56ベースのミニバン、セダン、SUVを融合させたコンセプトカーである。 特徴としては3列目への乗降性を高めるために3列目部分に設置された観音開き式のドアがある。 そのためドアは6つあり、また、後方はルーフラインが高くなっており、3列目が高く設置されている。 また、16x6インチの掛け軸モニターと呼ばれる縦長のモニターが設置されており、インパネから3列目までセンタコンソールビームが延ばされている。 デザインは厚木市の日産デザインセンターで行われた。 このクラーザのデザインエッセンスの一部は、2010年にフルモデルチェンジされた2代目QXに活かされている。 2009年3月3日、にて世界初公開されたラグジュアリースポーツカーコンセプト。 エッセンスは、インフィニティの開業20周年を記念して企画された高級スポーツクーペのコンセプトカーで、同ブランドの精神や今後の方向性を提示するアイコンとしての役割を果たしている。 2011年3月、ジュネーヴモーターショーにて世界初公開されたエントリーラグジュアリーハッチバックコンセプト。 これまでの高級車のイメージにとらわれない、特に若い世代のドライバーに向けた、新しいラグジュアリーカーであり、全長4. 4mの取り回しの良いサイズのボディに、クーペのようなエレガントなスタイル、セダンのような快適な室内、ハッチバックの持つ合理性など、複数の異なった車型が持つ長所を備えている。 また、同コンセプトカーは、日本の伝統的な美意識やクラフトマンシップをモダンに再構成して表現している。 躍動的なボディデザインや、特徴的な三日月状のCピラーなどとあわせて、今後のインフィニティデザインの方向性を示唆している。 2012年3月、ジュネーヴモーターショーにて世界初公開されたレンジエクステンダー型3気筒エンジン搭載のEVスポーツ。 との協業により開発されている。 2012年4月、ニューヨーク国際オートショーにてインフィニティブランド初のゼロ・エミッションラグジュアリーセダンの生産モデルに近いコンセプトカーであるインフィニティ「LEコンセプト」を公開。 「LEコンセプト」の生産モデルは、今後2年以内に発売される予定とされた。 Q30コンセプト• 2013年9月、にて世界初公開されたコンパクトカー。 エセレアの発展モデルである。 2014年1月、北米国際自動車ショーにて世界初公開された中型スポーツセダン。 R35型のエンジンが移植されており、市販の計画が進められたが中止となった。 Q80インスピレーション• 2014年10月、パリモーターショーにて世界初公開された大型ラグジュアリーカー。 世界各地のインフィニティ・デザインスタジオによるコンペティションが行われ、北京のデザインチームが提案したテーマが採用案となった。 2014年12月17日に向けゲームタイトル『』にてダウンロード開始。 2015年4月、上海モーターショーにて実走行可能なフルサイズモデルが世界初公開された。 2015年5月19日、イギリスで開催された『』の発表イベントで欧州初公開された。 Q60コンセプト• 2015年1月、北米国際自動車ショーにて世界初公開された中型クーペ。 QX30コンセプト• 2015年3月、ジュネーヴモーターショーにて世界初公開された小型クロスオーバーSUV。 QXスポーツインスピレーション• 2016年4月、にて世界初公開された中型クロスオーバーSUV。 2016年10月、にて進化版となる QXスポーツインスピレーション2016が公開された。 QX50コンセプト• 2017年1月、北米国際自動車ショーにて世界初公開された中型クロスオーバーSUV。 Q60プロジェクトブラックS• 2017年3月、ジュネーヴモーターショーにて世界初公開されたスポーツクーペ。 チームとの協業で開発が進められ、F1マシン譲りの ERS が導入された。 QX80モノグラフ• 2017年4月、ニューヨーク国際オートショーにて世界初公開された大型SUV。 プロトタイプ9• 2017年8月、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスにて世界初公開されたシングルシーターの小型オープンスポーツカー。 最先端技術と伝統的技術の融合をテーマとし、発表当時は開発中の2代目のパワートレーンに、1940年代のレーシングカーをモチーフとする手作業によるボディが組み合わされた。 Qインスピレーションコンセプト• 2018年1月、北米国際自動車ショーにて世界初公開された中型セダン。 インフィニティの新しいデザイン言語を示唆するとともに、このモデルのプラットフォームをベースとする、インフィニティブランドでは初となるEVを近い将来に量産する計画が公表された。 モータースポーツ [ ]• webCG. 2006年12月13日. プレスリリース , 日産自動車, 2011年11月2日 ,• 日経産業新聞・2012年4月12日付 最終面• プレスリリース , 日産自動車, 2019年5月29日 ,• ロイター日本語ニュース トムソン・ロイター. 2013年11月12日. プレスリリース , 日産自動車, 2015年2月13日 ,• ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版 ダウ・ジョーンズ. 2013年11月11日. 日本経済新聞 2019年3月13日. 2019年3月12日閲覧。 - (2006年10月23日アーカイブ分) LIPPINCOTT• プレスリリース , 日産自動車, 2012年12月18日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2009年3月3日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2011年2月15日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2012年3月6日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2012年4月5日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2013年8月27日 ,• プレスリリース , 日産自動車, 2013年9月10日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2014年1月13日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 グランツーリスモ・ドットコム ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2014年12月17日. Response. イード. 2014年12月18日. Response. イード. 2015年4月21日. Response. イード. 2016年5月21日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 Autocar Japan ACJマガジンズ. 2015年1月6日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 Response. イード. 2015年3月3日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2016年4月14日 ,• プレスリリース , 日産自動車, 2016年4月25日 ,• プレスリリース , 日産自動車, 2016年9月29日 ,• INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2017年1月9日 ,• Car Watch インプレス. 2017年1月18日. Autocar Japan ACJマガジンズ. 2017年3月7日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 carview!. 2017年11月21日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 Autocar Japan ACJマガジンズ. 2017年8月12日. INFINITI DESIGN. 日産自動車. 2018年7月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2018年1月15日 ,• webCG. 2018年1月16日. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。

次の

インフィニティ (日産自動車)

インフィニティ

インフィニティ モーター カンパニーは、今後3年にわたるインフィニティブランドの電動化を念頭に、効率をさらに追求し、日産自動車との連携をより強化するための戦略計画を発表。 2020年半ばにインフィニティグローバル本社を、香港から日産の本社がある横浜に移転するとした。 同社は2012年から香港に本社を置いており、戦略計画の一環となる横浜への本社移転は「競争が激しく、混沌とした自動車産業において、事業全般にわたり効率を高める上でも非常に重要な移転」との位置付け。 今後、日本に拠点を置くグローバルデザインや研究開発、生産といったファンクションとさらに融合し、電気バッテリーの発展や電動パワートレイン「e-POWER」の搭載を推進していく。 なお、現在インフィニティの香港本社には180人の従業員が勤務しており、日本に移動しない従業員については、サポートを行なう予定。 戦略計画では、インフィニティの最大成長市場である北米と中国を引き続き優先するとともに、東欧、中東、アジア・オセアニア地域においても成長を目指すとした。 今後も独立性を保って事業展開し、ユニークで高品質なブランドアイデンティティーを極めていくと同時に、日産自動車とアーキテクチャやテクノロジー、事務管理部門といったファンクションを共有して経営効率を更に高めていくとのこと。 インフィニティはブランドの電動化を予定しており、ディーゼル車を廃止して最良のオポチュニティに資産を投入。 北米においてはSUVラインアップのさらなる充実を図り、中国においては今後5年間で新型5車種を投入し、販売の質と残存価値の向上を目指すという。 これらの計画は「プレミアムセグメントにおいて一番手のチャレンジャーになる」というブランドビジョンの一環としている。

次の

インフィニティ、2020年半ばにグローバル本社を香港から横浜に移転

インフィニティ

インフィニティが販売する全車種を一覧で紹介 日本展開を期待するかっこいい車種が勢ぞろい インフィニティとは日産が海外展開する高級自動車ブランドです。 その成り立ちは1989年11月にアメリカ市場でスタートしたのが始まりで、今では欧州市場、中国・台湾・韓国などのアジア市場、ロシア市場、オーストラリア市場など全世界40か国以上展開しています。 インフィニティは日本で馴染みのない名前かもしれませんが、2代目フーガは「Q70」だったり、12代目スカイラインセダンが「Q50」だったり、日本にもインフィニティと同じ車種が販売されています。 海外展開する日産の高級ブランド「インフィニティ」の全車種を紹介します。 日本に導入しい魅力的なかっこいい車種ばかりなのでぜひチェックしてください。 車名のQがハッチバックとセダンとクーペ、QXがSUVを意味していて、車名の横の数字が車格を意味しています。 また日本で生産して海外に輸出している車種が多いのも特徴です。 インフィニティQ30はメルセデスAクラスをベースにしたコンパクトハッチバック コンパクトハッチバックのQ30はインフィニティの入門モデル インフィニティQ30は最小クラスのハッチバックで、アメリカ市場では販売されず、欧州市場やアジア市場をターゲットにしています。 2015年から販売されたQ30はインフィニティの導入モデルでもあるため販売価格は中国市場限定のESQを除き最も安い21,300ポンド(日本円で約3,044,200円)からになっています。 日産はメルセデス・ベンツと技術提携していて、Aクラスをベース車両にして開発されたことからエクステリアやインテリア、骨格もAクラスを踏襲した設計で、完成度の高いコンパクトハッチです。 インフィニティQ30のスペック 全長 4,425mm 全幅 1,805mm 全高 1,475mm ホイールベース 2,700mm 販売価格 21,300ポンド(日本円で約3,044,200円) インフィニティQ50は日本でも高級スポーツセダンのスカイラインで販売中 日本では名車スカイラインの名を受け継ぐQ50 インフィニティQ50は日本でも12代目のV37スカイラインとして販売する高級スポーツセダンです。 日本で販売するスカイラインのエンブレムも日産からインフィニティに変更されています。 流れるような流線形のボディが特徴でシンプルながら高級感を感じる佇まいは日産の高級ブランド「インフィニティ」を体現するような代表的なモデルです。 本革を贅沢に使ったインテリアでドライバー満足度の高いモデルです。 インフィニティQ50のスペック 全長 4,785mm 全幅 1,825mm 全高 1,445mm ホイールベース 2,850mm 販売価格 35,550USドル(日本円で約3,933,400円) インフィニティQ60は唯一の2ドアクーペモデルで日本ではスカイラインクーペとして販売 2ドアスポーツクーペのQ60はかつて日本でもスカイラインクーペとして販売 インフィニティQ60は全モデルで唯一の2ドアスポーツクーペです。 前身モデルのインフィニティGは2015年に生産終了し、後継モデルとしてインフィニティQ60が2016年に誕生しました。 日本でも4代目スカイラインクーペ(2016年に販売終了)がインフィニティQ60で、曲線を使った丸みのあるボディラインが人気の車種でした。 3LのV6ツインターボエンジンは最高出力400hpを発揮、7速ATでスムーズな加速を実現するハイパワーマシンです。 スポーツクーペですが内装にもこだわり高級感を十分感じられるモデルです。 インフィニティQ30のボディを流用していて、Q30の車高を上げクロスオーバーSUVに仕立てたのがQX30です。 エクステリアやインテリアもAクラスを踏襲しているため質感高いオシャレな車内空間になっています。 パワートレインはダイムラー製2. 0Lターボエンジンと2. 2Lディーゼルターボエンジンの2種類を用意しています。 インフィニティQX30のスペック 全長 4,425mm 全幅 1,815mm 全高 1,510mm ホイールベース 2,700mm 販売価格 30,150USドル(日本円で約3,335,800円) インフィニティQX50の先代モデルはスカイラインクロスオーバーとして日本でも販売 スカイラインクロスオーバーとして販売したQX50は日本市場復活が望まれる インフィニティQX50は日産のスカイラインクロスオーバー(2016年に販売終了)として販売していたモデルで、2018年にフルモデルチェンジした2代目からは海外専売車種になっています。 エントリーSUVのQX30の次にあたる車格で、日本でも乗りやすいボディサイズや購入しやすい販売価格が魅力です。 日本には未導入の量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」を搭載した初めてのモデルで、インフィニティの最新技術を集めた贅沢なSUVです。 なおQX30が搭載する日産の新型エンジンのVCターボは、欧州をはじめ日本にも導入予定なので楽しみにしましょう。 インフィニティQX50のスペック 全長 4,695mm 全幅 1,900mm 全高 1,680mm ホイールベース 2,800mm 販売価格 36,550USドル(日本円で約4,043,900円) インフィニティQX60はインフィニティ初の3列仕様を採用したラグジュアリーSUV 3列シートを採用した初めてインフィニティモデルがQX60 インフィニティQX60はミドルシップSUVに位置する高級クロスオーバーです。 以前インフィニティにあったQX70が廃止され、後継モデルの位置付けにもなっていて、走破性とラグジュアリーのバランスが取れたモデルです。 インフィニティで初めて3列7人乗り仕様を設定した車なのでファミリー世代からも支持されています。 インフィニティのフラッグシップSUVのQX80はRV寄りの性能なので、使いやすさで言えばインフィニティでラインナップするSUVでも最高級の車格を持っています。 インフィニティQX80はフラッグシップSUVの名に恥じないフルサイズSUV QX80はフレーム構造を持つ本格的クロスカントリーモデル インフィニティのフラッグシップSUVがQX80です。 ボディサイズはインフィニティ最大で、全長5m、全幅も2m、ホイールサイズは標準で22インチを装備する圧巻の佇まいです。 フルサイズSUVになるため日本では扱いが難しいサイズかもしれません。 ランドクルーザーやパジェロなどにも採用するラダーフレーム構造で、悪路にも強いのが魅力です。 フラッグシップSUVらしく安全装備や快適装備をあますことなく採用しているため、販売価格もインフィニティが販売する車種の中で一番高額な65,400USドル(日本円で約7,236,000円)からになっています。 インフィニティQX80のスペック 全長 5,340mm 全幅 2,030mm 全高 1,925mm ホイールベース 3,075mm 販売価格 65,400USドル(日本円で約7,236,000円) インフィニティESQは日本でも販売するジュークと兄弟関係にある中国市場専売コンパクトSUV 中国専売車種のESQは日本でも販売するコンパクトSUVのジュークがベース インフィニティESQはラインナップの中では異色の中国市場で専売するコンパクトSUVです。 日本でも販売する個性的なSUVのジュークと兄弟関係にあり、エクステリアはフロントグリルやフォグランプなどを除きジュークとほぼ同じになっています。 販売価格はインフィニティブランドでは最も安い180,800元(日本円で約2,961,700円)からで300万円をきる価格はESQだけです。 ボディカラーはホワイト系とレッド系の2色で、2つのグレードで展開しています。 インフィニティESQのスペック 全長 4,170mm 全幅 1,770mm 全高 1,570mm ホイールベース 2,530mm 販売価格 180,800元(日本円で約2,961,700円) 2020年にはSUVクーペのインフィニティQX55が発売予定! 2020年発売予定のクーペSUV「インフィニティQX55」 流麗がルーフライン 2019年11月4日、インフィニティは新型モデルのSUVクーペ「QX55」のティザー画像を公開しました。 QX50が38,275ドル(日本円で約420万円)のため、価格設定はそれ以上となるでしょう。 QX55の生産は2020年の11月からスタートする可能性が高く、ライバル車種はBMW X4やメルセデスベンツ GLCクーペなど。 最高出力268ps、最大トルク380Nmを発生する2. 0L直列4気筒ターボチャージャーエンジンにトランスミッションCVTを組み合わせると考えられ、駆動方式は前輪駆動と4WDが用意されるとのことです。 COBBY本記事では、続報が入り次第、QX55に関しても解説していきます。 ゼドロ モータースがインフィニティG37をベースにしたスーパーカー「ノートリアス」を発表 ノートリアス フロントバイパーやリアディフューザーを備えておりG37の面影はほとんどない インフィニティが開発・製造したわけではありませんが、世界的にはインフィニティの車をベースに、スーパーカーを製作した例もあります。 2019年のドバイモーターショーには、レバノンに本拠地を構える自動車メーカーZedro MotorsがインフィニティG37(日本でのスカイラインV36型)をベースにしたスーパーカー「Notorious(ノートリアス)」を発表しています。 ヘッドライトやテールライトもオーナーの好みでカスタム可能 ノートリアスは、インフィニティG37と同様のV型6気筒ツインターボエンジンを搭載していますが、最高出力1250PSという驚きのエンジンチューニングを実行。 4秒という驚異的な速さを誇ります。 ノートリアスの価格は約700万円で、限定100台の販売です。 1億円越えが珍しくないスーパーカー市場においては、価格設定も好意的かつ驚きを持って受け入れられました。 日本に本格導入する日も近い?日産のインフィニティは無限の可能性がある インフィニティはアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界40か国以上で展開していますが、日本には本格導入さえていません。 トヨタの高級海外ブランド「レクサス」が2005年に日本で展開を始めたときには日産のインフィニティも日本上陸するのではないかという話もありましたが、未だに公式アナウンスはありません。 日産は2018年にフルモデルチェンジした車種がゼロ、2019年もフルモデルチェンジする車種は少ない見通しです。 また2018年にはウイングロードを廃止してステーションワゴン市場を撤退、「日本を軽視している」という意見もあるほどです。 海外で展開するインフィニティを日本に導入すれば日産の車種も増え、日産の評価も回復するかもしれません。 インフィニティの車種はどれもかっこ良いため、導入すれば人気になることは間違いないでしょう。

次の