仁 小出恵介。 小出恵介が太った原因は?噂の彼女は水川あさみなの?身長に大学は?

インタビュー[小出恵介さん]|TBSテレビ:日曜劇場「JIN

仁 小出恵介

これまでにも多くの作品でご一緒させて頂いている、綾瀬はるかさんや桐谷健太さんなどもいらっしゃいますし、スタッフも馴染みのある方が多いので、個人的には落ち着くチームなんですよね(笑)。 緊張感と朗らかさが程よいバランスで存在する現場で、大沢たかおさんや内野聖陽さんといった諸先輩方からも、日々たくさんの刺激をいただいています。 前作が好評だったので、どんな形であれ「続編が制作されるのでは」と予想していたこともあり、あまり驚きはありませんでした。 ただ、そう聞いて「(続編にも)自分の出番がちゃんとあるのかな…?」と不安になったりもしたのですが(笑)、自分の演じる橘恭太郎にもドラマチックなエピソードが盛り込まれていたので嬉しかったです。 以前はそんな恭太郎を演じていると「もどかしいな」と感じることも多かったのですが、最近では「それが武士の生き方というものなのかな」と思ったりもして、切ないですね。 (写真)こうやって幕末(江戸時代)を描いた作品に携わっていると、そこで生きていた人々の情熱を感じられて、すごく楽しいんですよ。 きっと誰もが懸命に生きていた時代だったと思うので、そこに溢れるパワーみたいなものを伝えられたらいいなと思っています。 なにもかもが自由な現代とは違い、江戸時代というのは本当にいろんな枷が存在していて、その中で生きるというのは非常に困難なことだったと思うんです。 特に、『武士』というのは常に死と隣り合わせで、ある種の緊張感を持って毎日を過ごしていたのだと思うんですけれど…そんな恭太郎たちの日常って、今を生きる自分には到底理解のできない「生き方」や「考え方」だと思うんですよね。 でも、こういった役を演じる機会をいただいた以上、少しでも恭太郎の気持ちに寄り添って演じたいなと思いますし、今の自分と照らし合わせながらいろいろ考えさせられつつも、楽しんでやっています。 ただ、『家族愛』の形というのもまた、現代とはかなり違うのだなと感じます。 つい200年ほど前のことなのに、女性は政(まつりごと)の道具とみなされていたような時代ですから、男性はもちろんのこと、女性も自分の思い通りになることが少なくて、随分と苦労しながら生きていた時代だったのではないでしょうか。 咲に関しては、兄として「不安」や「心配」を抱えていると思います。 仁先生には非常に感謝をしているし、信頼を置いていることには違いないでしょうけれど…(笑)。 幕府に仕える身としては、自分の居場所がどんどんとなくなっていくような感覚もあるでしょうし、「死に場所」を求めていくというか…。 徳川(幕府)に魂を捧げている以上、なにかしらの形で勤めを果たして散りたいとか、そんなことを考えてもいるのではないでしょうかね。 実際に、『大政奉還』が実現された際には、志半ばで道を失い、どうしたらよいのかわからなくなってしまった武士たちがたくさんいたと聞きますし…。 ラストに向けて、これまでとは違う恭太郎の一面をお見せすることができそうです。 いろんな人が、志半ばで倒れたり、散っていくと思うんですけれど…それが自分のためでなく「国のため」や「人のため」だったり。 それぞれが、自分の「大切に思うもの」のために命を懸けて戦う姿に、みなさんもきっと感動していただけるのではないでしょうか。 幕末を精一杯に生きる人々の生き様を、最後の最後までしっかりと受け止めてもらえたらいいなと思います。 見逃せない展開が待ち受けていると思いますので、ぜひお見逃しなくご覧ください。 新着情報 2011. 22 2011. 27 2011. 27 2011. 27 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 23 2011. 19 2011. 19 2011. 19 2011. 19 2011. 17 2011. 12 2011. 05 2011. 02 2011. 02 2011. 27 2011. 20 2011. 11 2011. 08 2011. 06 2011. 06 2011. 06 2011. 24 2011. 18 2011. 17 2011. 15 2011. 15 2011. 14 2011. 14 2011. 13 2011. 08 2011. 06 2011. 25 2011. 25 2011.

次の

コロナ禍の時代に問う、高度医療のパラドックス 一挙再放送『JIN

仁 小出恵介

第一印象、綾瀬はるかも小出恵介もとても若い! そんな二人が見せるSFファンタジーロマンス映画です。 サイボーグと人間は果たして心が通じ合うことができるのかどうか、という点にテーマを据えて物語は進んでいきます。 特にあのエンディングにおいては、サイボーグが見せる献身的な姿に感動させられ、思わず目頭が熱くなりました。 それにしても、東京を襲った大地震のシーンは凄くお金がかかっていて迫力満点でした。 この後、デレビドラマとして放送され大反響を呼ぶことになる「JIN ー仁ー」には主役の二人を始め、桐谷健太、小日向文世などのメンバーが出ていて、おまけにエンディング曲もMISIAが歌っているとのことで、この符号の一致はとても興味深いものがあります。 なお、小出は一度は役者として大きくこけてしまいましたが、今年(2020年)には舞台でカムバックするとのことで、再び元気な姿が見られることに期待したいです。 近年では「義母と娘のブルース」や「海街diary」などで、30代に相応しい役柄の演技を魅せてくれている綾瀬はるかさんですが、これは10年以上前の印象作。 当時22歳だった彼女の初々しさが全編に溢れていると思います。 クールな表情の中に時折現れる微笑み。 ツンデレ会話から滲み出る可愛らしさ。 大切な人を守るために見せる一途な佇まい。 私は、女優としての綾瀬さんが覚醒した作品はTVドラマ「JIN-仁-」だと考えていますが、それ以前の彼女も大変魅力的だということが改めて解りました。 その「JIN-仁-」でも共演している小出恵介さんとの相性も抜群だと思います。 今更ですが、この映画は「ターミネーター」の女性版ですね。 寝ずの番をして主人公をガードする姿は、正に大和撫子の鑑。 彼女がサイボーグだということを忘れて(笑)、感情移入出来てしまう秀作です! 綾瀬はるかがかわいい。 理想的なアンドロイド実写キャラクターだと思う。 たぶん綾瀬と綾波をかけてイメージさせてるんだろうと感じる。 冒頭からフィギュア出すし髪型も途中からどんどん綾波ヘアになってくし。 ちなみに、人間を改造したり一部が機械である人間を「サイボーグ」というので、完全ロボットである綾瀬はどちらかというと「アンドロイド」だと思うけど何のこだわりだろう?サイボーグて言いたいだけちゃうんか? 本 編 は 序 盤 か ら い き な り 不 快 感 無知なサイボーグが無銭飲食~万引きとかは構わない。 SFユーモアの範疇かつ必要ともいえる描写だから。 しかし、あきらかに一般人な男主人公がそれにつられて当たり前のようにリンゴ万引きを許容するシーンでまず「ん?」と不快感。 ・・・最終的にこの万引き無銭飲食女が未来の「ただの似てる女」という事が判明してさらに不愉快。 つまり普通の人間なのに窃盗無銭飲食万引きが普通の感覚という事だもの。 続いてペットとして飼っていたイグアナを翌朝ナベに入れて食べるシーン。 あえてこの表現をする必要性を感じない。 ただただ不愉快。 そして感動押し付けペラッペラシーン開始。 【第一章】軽薄なBGMに合わせて、当たり前のようにベランダから空き缶を投げ捨てるシーン。 あえてこの表現をする必要性を感じない。 軽薄な歌声で「かけがえのないキズナ~」とか言っちゃってるのがさらに不快さを増長させる。 誰だよ。 【第二章】いかにもなBGMに合わせて、時代考察のおかしい田舎の思い出で「あ、僕だ!」のシーン。 ここでもサラッと駄菓子を万引き。 …これいる? トドメに「あの頃はおばあちゃんと歩いてるのを見られるのがイヤで…(遠い目)」とか語る直後「おばあちゃーん」ダッシュで抱き着くおばあちゃん大好きっ子描写! ・・・えーっとコントかな?そのあと2人の顔ズームインしてくんだけど、男は言い訳出来ずひきつってて綾瀬はあきれて「・・・」になってるように見えるけど、それであってる?…ていうか村の人に見えてるのか見えてないのかはっきりしろよ。 郵便局員と神主にはガン見されてバアちゃんと過去の自分は目の前に居るのに見えてないとか設定破綻しすぎ。 【第三章】洋楽オッシャレドヤBGMに合わせて、学芸会みたいな学校立てこもりシーン。 あ、ちなみにその直前オシリに注射をぶっさすシーン・・・これいる? 誰の趣味?普通刺す直前でカメラカットすると思うけど、全部注入して抜き取るまで映すとか意味不明。 誰の趣味? んで、立てこもりシーン見て涙ぐんでるけど、お前みたいなクズが他人を思いやってるように見せても感動しないって思ってしまう。 そもそも何このMV(ミュージックビデオ)・・・気持ち悪いよ。 全く共感できない。 主人公がナチュラルにクズな必要性は全くない。 綾瀬に嫉妬させたくて他の女に手を出すとかはまあ表現として許せるけど、根本的な人間性が「民度の低い人種」というていなのが鼻につく。 これはユーモアというかブラックジョークですらなく、ただ不快でしかない感覚。 最終章での伏線回収はいいんだけど、くどい。 あのシーンもこういうことだったんだぜドヤ?がくどい。 連続ドラマでやるならいいけど2時間弱の映画なんだから「さっき見たよもういいよ」と思っちゃうくらいくどい。 この違和感の正体は最後エンドロールで発覚。 韓国人の監督さんだったのね。 いろいろ納得。 韓国批判ではなく、無銭飲食窃盗ポイ捨て等の感覚の価値観が違うからそうした演出に納得ということ。 アメリカ映画だってゲップの描写は日本の感性に合わないのと同じ。 あと韓流映画でよくあるパターンとして、一つの感動を押し付けて三つくらいの疑問や伏線や謎を投げっぱなしうやむやにするところがある。 ついでに、さりげなく綾瀬メイドの一人がコンスポーズ(朝鮮式挨拶)してたのもそういうことか?と勘ぐってしまうけどまああのポーズはすでに日本に悪浸透してるからやむを得ないか。 ーあと余談だけど「稲中」リスペクトなのか何なのか劇中にコミックスをわかるように写したり、出席とるときにヒロインの「岩下京子」の名前を言ったりしてる。 誰の趣味だろう笑 とにかく素直に感動できない映画。 エピローグとしては、あの時に戻って仲良く生きていくステキな2人を想像してねって事だろうけど、平気でポイ捨てして平気で窃盗して平然と生きていくのかなと思うと、もう最初のうちに死んどけばよかったのにと思ってしまう。 綾瀬ロイドがかわいいから最後まで見たけど、それもあって余計に本当に残念な映画。 この映画を高評価して感動してる人たちって、何か違和感ないのだろうか? きっと花火見に行って「すごい良かったね!感動した。 泣いちゃった。 」とか言いながら何のためらいもなくゴミ放置タバコポイ捨てしてるような人種なんだろうかね。 ナチュラル・クズはせめて映画でまで見たくないわ このタイトルを見て、これは名作、傑作かもと期待する人はいないでしょう。 内容はというと、やはりというか期待通りでした 笑 かといって見どころがないわけではなく、地震のシーンなんて結構迫力あったんじゃないだろうか。 でも、日本の関係者は「猟奇的な彼女」みたいな作品を今回も期待していたのに、 監督にしてみたら、思いのほか日本側のスポンサーがお金出してくれたんで この際以前からやりたかった金の掛かるSF作るか、ってな感じですか。 実質は星0だが、星4なのはやはり若い頃の綾瀬はるかを見れるから。 このころがピークかと思うほどのかわいさです。 これよりあとは頬がこけて一気に老けますから。 それとなんといってもメイキング映像が良い。 本編よりも 笑 本編よりも生き生きしてて笑顔もあり、まさに天真爛漫な22歳の綾瀬はるかが見れます。 メイキング映像を見る為だけに購入する価値あります。 涙に関するインタビューもよかった。 ちゃんと考えて芝居してるんだな~と。 あたりまえのことだけど。 返す返すも惜しいが、このころにもっと良い映画に出合えてたらと思う。 なぜ森下さんに脚本を頼まないのかなとも思うが、映画って監督のものだっていいますからね。 巡り合わせが悪いのか、こればっかりはどうにもね。

次の

シンゴジラ 地上波の小出恵介はカット?石原さとみの破壊力満点の英語がゴジラよりも話題に!|LDs

仁 小出恵介

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、春の連続ドラマが次々に撮影中断となりスタートも延期に。 その影響もあって、過去の名作ドラマの再放送が始まっている。 TBSが4月18日(土)から土日に一挙放送するのは、2009年と2011年に放送された『JIN-仁-』(TBS系)。 村上もとかの漫画を基に、大学病院勤務の脳外科医・南方仁(大沢たかお)が幕末の江戸の街にタイムスリップし、当時の人々を疫病や性病、ケガなどからを救う様を描く異色の時代劇だ。 この物語の一番面白いところは、21世紀の医療を身に着けた仁が、まだ西洋医学を信用していない江戸の人々にとっては魔術のようにも見える超先進的な治療法を施していくという、それまでの時代劇ではありえない設定。 もちろん治療効果はめざましく、仁は名医として認められていくことに。 また、劇中で仁が「(現代で自分が)手術を成功させてきたのは、俺の腕じゃなかったんだ。 今まで誰かが作ってきてくれた薬や技術、設備や知識だったんだ」と語る医学の偉大な進歩についてもひとつひとつ学べる。 同時に、仁はタイムスリップに付き物の「未来を知る自分が歴史を変えてしまっていいのか」という葛藤も抱えることに。 それゆえ、コレラや梅毒という病も、いったんは治療をためらうのだが、結局、目の前の患者を救うために現代的な医療を施して歴史を変えてしまう。 仁を認めて西洋医学所に迎えてくれた当時、最も優秀な蘭方医・緒方洪庵(武田鉄矢)も「仁先生の医術はすばらしいが、(画期的すぎて)恐ろしい」と言って危惧する。 このジレンマは、コロナ禍の最中にある私たちにもリンクする。 ここで唐突だが、東京大学の放射線科医、前田恵理子氏がFacebookにポストした文章を引用させていただく。 「100年前なら、こんなウイルスが流行っても、医療は当てにできず多くの患者さんが亡くなって数年で収束しました。 しかし、人類、とくに先進国は高度医療という魔法の力を知ってしまったために、『医療を崩壊させずにゆっくりじんわり集団免疫を獲得する』道を選ぶしか選択肢がなくなりました。 これはある意味、医療を諦めて感染爆発を許容するより困難な道のりです」(引用:前田恵理子氏のFacebookより) 高度医療は魔法の力。 仁がぶち当たるパラドックスは、まさに今、私たちが直面している問題でもある。 しかも、仁が「歴史を変えてしまう」のは医学の分野だけでなく、政治や社会をも含まれる。 仁が偶然、出会った土佐脱藩の浪士は、後に明治維新に向けて大働きをする坂本龍馬だった。 そんな龍馬が史実どおり暗殺されてしまうのかどうかというのも、大きなポイントになっていく。 さらには勝海舟、徳川慶喜、皇女和宮までが登場し、ダイナミックな歴史の動きが物語にスケール感をプラスする。

次の