ポケットwifi 口コミ。 【レビュー】THE WiFiのメリット・デメリット・評判を解説~比較でわかった事実とは~

Mugen WiFiの評判からわかるメリットと注意点を徹底検証

ポケットwifi 口コミ

自分がWiMAXを契約すべきかわかる• 「UQ WiMAX」について、ネットに疎くてもすぐにわかる• 「光回線」と何が違うのかわかる• mobileなど他の「ポケットWiFi」と何が違うのかわかる 2. WiMAXで最も賢い契約方法がわかる• 「ギガ放題」「通常プラン」のどちらのプランを選べばいいかわかる• 端末は何を買えばいいのかわかる• どこで買えばいいのかわかり、「4万円も割高で買ってしまった」と後悔がなくなる 0. 1分でわかるUQ WiMAXポイント集 『UQ WiMAX』に関して、重要なポイントだけをご紹介します。 これらの内容は、次章以降で詳しくご紹介しますので、気になった部分を後ほど重点的に確認してみてください。 ポイント1. UQ WiMAXでできること 「UQ WiMAX」は、UQ社が提供するWiMAX通信サービスで以下の3つの特徴があります。 かんたんに、WiMAXがあるとできることを図にまとめました。 こちらは、実際の口コミ・評判とともににて詳しくご紹介します。 そして、インターネットといえば「光回線」「ポケットWiFi(Y! mobileなど)」もありますが、下記のような違いがあります。 なぜなら、UQ WiMAXには他の通信サービスと比べて、下表で示すような違いがあります。 そのため、結論としてWiMAXは下記の人におすすめといえます。 WiMAXがおすすめな人:下記の3項目にいずれも 該当しない人• 高画質の動画を月に5本以上見る• ビデオチャットを毎日行う• その点に関しては、 現在はそれを反省し、サービス自体の速度制限も緩和するなど圧倒的に改善されており、ポケットWiFi(WiMAXのような持ち運び型インターネット端末)の中では群を抜いて優秀です。 ポイント2. UQ WiMAXのプランで迷ったら|ギガ放題がおすすめ UQ WiMAXのプランは2通りで、「通常プラン)」か「ギガ放題プラン」で選びます。 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります• ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため、制限を気にせずインターネットを楽しめます 基本的には、大きく金額は変わらないので、ギガ放題の無制限プランが間違いなくおすすめです。 ポイント3. UQ WiMAXの端末(ルーター)選びで迷ったら|W06がおすすめ WiFiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては 「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で867Mbps)• 格段につながりやすい• 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能• 上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。 通信速度が最速 「W05」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が558Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。 WiMAXは当然ながら通信速度が最重要なので、この時点で選択肢は「W06」に絞られます。 「WX06」や「WX05」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。 ポイント2. 格段につながりやすい 「W06」は、基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が向上しており、つながりやすさが大幅に上がっています。 前代機種の「W05」にはない、以下の2つの機能が備わっているからです。 高性能ハイモードアンテナ• 建物の中の窓から遠い場所など、これまで繋がりづらかった場所から繋がりやすくなります。 通常は放射線状に発信される電波を、接続する端末の位置を自動検知して、その方向に集約して発信します。 「WX05」にも同様の機能が搭載されていますが、クレードルに設置した状態でのみ有効でした。 「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。 ポイント3. 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能 何ができるかというと、「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード 」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。 「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは 主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、 電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。 ポイント4. 上り通信速度も大幅アップ あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も最新機種WX06や前代機種のW05と同様、それ以外の機種よりも2. 5倍と大幅に速いです。 W06・WX06・W05:上り最大 75Mbps• WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。 上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。 今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W06」「WX06」「W05」では2. 5倍と大幅に向上しています。 クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか? クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、 高いので公式ページで購入する必要はありません。 クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。 ポイント4. UQ WiMAXは公式ページで買うのはおすすめできない 現在、WiMAXを契約する方法は3つありますが、プロバイダで契約することが重要です。 UQ WiMAX公式ホームページ• 家電量販店の店頭• なぜなら、 公式サイト経由で買うと3万円以上も損をしてしまうからです。 「プロバイダ」というと難しそうな印象を受けますが、簡単に言うと販売代理店だと思ってください。 公式サイトとの違いは下記のとおりです。 どこのプロバイダで買えばいいかについては、全社を比較した結果、下記の1社の選択肢が間違いないです。 『』|最安で使えて1番おすすめ(3万円キャッシュバック) 各プロバイダに関しては、当サイト内で評判も含めてリサーチしてわかりやすくご紹介しているのでぜひご参考ください。 口コミ・評判でわかるUQ WiMAX この章では、実際の利用者の口コミなども交えながら 「UQ WiMAXで、あなたの生活がどう豊かになるか」についてわかりやすくご紹介します。 前述した通り、「UQ WiMAX」の3つの特徴は下記の画像の通りです。 それでは、価格. comやTwitter、当サイト独自アンケートなどをもとに『UQ WiMAX』の口コミを集めた結果から見えた特徴をご紹介していきますね。 1-1. 家でも外でもネットが使えて便利 特にいまのところ不満もなく使えています。 WiMAXの特徴は、「光回線」や他社の「ポケットWiFi」と比較しても、利用料金が安いということです。 下記は、他の通信手段との比較になりますが、初期の工事費もかからず、非常に安く使うことができます。 実際にUQ WiMAXの『W06』を後述の販売代理店経由で購入すると、下記のような最高の条件で利用が可能です。 UQ WiMAX 『W06』 Y! 他社のポケットWiFiを使っているが、高いと感じている 1-3. 高速かつ実質無制限で、動画やアプリも快適! たまーに短期的に使いすぎて速度制限がかかるけど、携帯みたいな使い物ならないレベルの速度制限じゃないから、ストレスがなくてよい。 最大440Mbpsの高速通信なので、動画も快適に見ることができます。 月間通信量が無制限の通信端末はWiMAXだけですので、安心して動画視聴ができます。 最初は良かったのに、いきなり遅くなった• 無制限のはずなのに、制限がかかる• アンテナが立っているが、遅い Point! この口コミからわかる注意点• ヘビーユーザーは固定回線を検討すべき 否定的な意見は、ほとんどが速度制限に関することですね。 「アンテナが立っているが、遅い」というのも、速度制限がかかっている証拠です。 3人目の口コミの「ついてない人柱さん」(30代男性)は、書き込みを見るとオンライン株トレードを行っているようなので、通信制限にすぐに引っかかってしまったのでしょう。 高画質な動画視聴を毎日する方や、オンラインゲーム、オンライン株トレードをする方はモバイル通信端末自体止めておいた方が良く、その場合の選択肢は光回線といった固定回線になるでしょう。 速度制限に該当する使い方ってどういう感じ?という方は、下記は1GBで出来ることですので、3日で3GBとしてそれほど使いそうかどうかを判断してください。 速度制限がかかる使い方でないなら、回線速度は非常に満足できるレベルだと結論付けられます。 (2)過去に行った誇大な広告手法が信用できない ネット上には「WiMAXはクソだ」という論調の情報を多く見かけますが、どの情報も本質的には「3日で3GBを超えると速度制限があるのに、WiMAXは「無制限」と偽ってプランを打ち出してしまった」という 過去の広告手法に対する企業としてのあり方についての問題だけです。 その点に関しては、2点言及しないといけないことがあります。 2015年2月という古い話であること• 結果的にその騒動から反省し、サービス自体の速度制限も緩和するなど圧倒的に改善されていること 現在では、 3日で10GBまで利用できるようになったなど、ポケットWiFi(WiMAXのような持ち運び型インターネット端末)の中では群を抜いて優秀なのが事実です。 UQ WiMAXを契約すべきか 結論から言うと、 下記の3項目に該当しない場合、ネット通信サービスはWiMAXを使えば間違いないでしょう。 高画質の動画を月に5本以上見る• ビデオチャットを毎日行う• 高負荷なオンラインゲームを毎日行う なぜなら、UQ WiMAXには他の通信サービスと比べて、下表で示すような違いがあります。 実際に下記にその理由をご紹介します。 理由:通信サービス選びの4ポイントから選ぶべし 自分にあった通信サービスを比較検討する際のポイントは、下記の4つです。 ポイント1. 実質負担額|予算はいくらか?• ポイント2. 通信速度|何のために使うか?• ポイント3. 通信制限|どれくらい使うか?• ポイント4. 使用場所|どこで使うか? ポイント1. 実質負担額|予算はいくらか? 料金については単純な月額料金ではなく、「一定期間使った場合のトータル費用を月割りした額」で考えましょう。 なぜなら通信業界の料金表記は非常に不透明で、月額料金は一見安いけれども「初期費用」「工事費」「事務手数料」などで加算されて、結果的に高い場合が多いからです。 光回線は、戸建なのかマンションなのかで差が出ますので注意しましょう。 ポイント2. 通信速度|何のために使うか? 回線毎に、必要とされる通信速度が変わります。 高画質動画視聴とビデオチャットを毎日する方は、光通信にするべきです。 ポイント3. 通信制限|どれくらい使うか? 回線ごとに月に使える容量が決められており、『Y! mobile』の場合は3日で1GBしか使えません。 超過すると128kbpsになり、Webサイトの閲覧すら遅く感じます。 WiMAXで十分なケースがほとんどですが、インターネットを通じて映画を毎日見るような方、あるいはSkypeのオンライン英会話をする場合は光回線が望ましいです。 MMD研究所の2014年の調査では、実際のデータ通信使用量では、3GB未満が半数以上でした。 動画視聴を相当する方以外には、データ通信容量はそこまで気にすることではないと言えます。 ポイント4. 使用場所 ~どこで使うか?~ モバイル回線『WiMAX』『Y! mobile』の強みは持ち運びが出来るということです。 持ち運べますので、もちろん取り付け工事も不要で、申し込みから使用開始までも早くて3日で、その手軽さから自宅で使うだけの人も『WiMAX』『ymobile! 』を選ぶケースが主流となっています。 UQ WiMAXをお得に買うための4ステップ WiMAX自体に満足はしているのですが、なんかモヤモヤして悔しいですね(笑) 上記は当サイトで取材したWiMAX購入者の事例ですが、 WiMAXはどこで申し込むかによって「利用料金」に大きく差が出てきます。 現在、WiMAXを契約する方法は3つあります。 UQ WiMAX公式ホームページ• 家電量販店の店頭• プロバイダ 代理店 のホームページ 特に 重要なことは先に述べました通り、UQ WiMAX公式ページから契約するよりもプロバイダから契約することです。 なぜなら、2年間で最大約40000円もお得にWiMAXを契約できるためです。 3-1. 『UQ WiMAX』公式サイトからの申込みは注意! まず、「UQ WiMAX公式サイト」からWiMAXを契約しようとしているなら注意して下さい。 なぜなら、「サービスの大元からのサポートが受けられる」というメリットもあるものの、 他の手段と比較すると最大4万円も割高になってしまうためおすすめできません。 公式ページが割高な理由 「UQ WiMAX公式ホームページ」経由では、テレビや駅広告などへの多額の「広告費」、「サポート費用」など莫大なお金をかけているので、結果として私たち消費者に還元されず、 定価での販売をしています。 しかし、「プロバイダ(販売代理店)」は、集客はインターネット経由で、サポートはUQに任せているので、 私たちの利用料金を公式サイトで買うよりも2年間で最大4万円程度と大きく割引してもらうことができます。 「プロバイダ」というと難しそうな印象を受けますが、簡単に言うと販売代理店だと思ってください。 そして、WiMAXはこの「プロバイダ」経由で購入するのがお得です。 最もキャンペーンの内容が豊富で充実しており、特にキャッシュバックの金額がとても高いので 結果として2年間の総額費用を大きく下げることができます。 その選択によって、 価格が大きく変わってきますので、後ほど徹底的に解説します。 3-2. プロ直伝!WiMAX申込みの正しい流れ ここまでの話から、「プロバイダ」経由での申込みがベストだとご理解いただけたかと思います。 「プロバイダ」経由で購入する場合、下記の流れでWiMAXを契約すると、後悔せずに購入できますよ。 次章以降で、一つ一つ丁寧にご紹介するので、安心してこのページ通りに申し込んでください。 クレジットカード払いの場合:クレジットカード• 口座振替の場合:本人確認書類 or 口座振替用の銀行通帳 STEP1. 契約プランを決める まず最初に契約プランを決めましょう。 プランは2通り「通常プラン」か「ギガ放題プラン」で選びます。 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります• ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため、制限を気にせずインターネットを楽しめます どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7BGの基準は、下記の通りです。 速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。 Step2. 機種を決める WiFiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては 「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で867Mbps)• 格段につながりやすい• 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能• 上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。 通信速度が最速 「W05」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が558Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。 WiMAXは当然ながら通信速度が最重要なので、この時点で選択肢は「W06」に絞られます。 「WX06」や「WX05」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。 ポイント2. 格段につながりやすい 「W06」は、基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が向上しており、つながりやすさが大幅に上がっています。 前代機種の「W05」にはない、以下の2つの機能が備わっているからです。 高性能ハイモードアンテナ• 建物の中の窓から遠い場所など、これまで繋がりづらかった場所から繋がりやすくなります。 通常は放射線状に発信される電波を、接続する端末の位置を自動検知して、その方向に集約して発信します。 「WX05」にも同様の機能が搭載されていますが、クレードルに設置した状態でのみ有効でした。 「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。 ポイント3. 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能 何ができるかというと、「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード 」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。 「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは 主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、 電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。 ポイント4. 上り通信速度も大幅アップ あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も最新機種WX06や前代機種のW05と同様、それ以外の機種よりも2. 5倍と大幅に速いです。 W06・WX06・W05:上り最大 75Mbps• WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。 上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。 今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W06」「WX06」「W05」では2. 5倍と大幅に向上しています。 クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか? クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、 高いので公式ページで購入する必要はありません。 クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。 STEP3. プロバイダを決めて申し込む 2020年7月の最新情報です。 WiMAXのプロバイダを安全に選ぶには、下記の唯一のポイントで選ぶことが重要です。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 結論として、選ぶべきプロバイダは、2020年7月現在、下記一択です。 『』 次の項目でまとめる表で、一番安いプロバイダはどこか比較していきます。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金はとにかく重要です。 注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかです。 「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。 下記の表で、「月間データ通信容量無制限」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。 2020年7月現在、安い順に上位9通りを記載しています。 「W07」は法人契約のみ取り扱い KDDIは 法人向けサービスとして、「Speed Wi-Fi NEXT W07」を取り扱っています。 しかし、 個人で契約することはできないため、 実際に手に入るWiMAXの中で最もおすすめの機種は「W06」です。 お得な契約期間は「3年間」 2018年11月より 主要プロバイダの契約プランが、「2年間」から「3年間」に移行しました。 また、 2019年10月以降は「1年間」のプランが登場しています。 しかし、以下の表の通り、 料金条件が良く、最もお得にWiMAXを使うことができるのは、「3年間」の契約プランで す。 プラン au 4G LTE 機種代金割引 3年 無料 有 2年 有料 有 1年 有料 無 それでは、GMOで買うべきか? 現状では一番おすすめできる選択肢で、買うべきと言えます。 ただし一点だけ、 購入前に知っておくべき注意点があります。 それは 『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、 何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。 簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。 『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。 GMO以外のプロバイダはどうなの? 結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。 なぜなら、 速度などサービスは一切変わらず、料金はGMOが最も安いからです。 簡単な手続きを行うだけでキャッシュバックを受け取ることができ、キャッシュバックがなく月額が安い他のプロバイダと比べても、総費用が約1万円安くなります。 また、「途中解約した場合キャッシュバック金額を返金しなければならない」や、データ端末代が無料ではないというように、プロバイダごとに微妙に違うルールがあるときがありますので、一見安くても十分に注意してください。 なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか? 『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。 そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。 また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。 最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。 プロバイダ選びについて|まとめ プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。 キャッシュバック金額を含めた「実質費用」で比べる• 2020年7月現在、『GMOとくとくBB』()が最もお得• 理由は明確で、口頭のやりとりだと 契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。 必ず上記内容が明記されているのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。 UQ WiMAXのよくある質問 下記では、UQ WiMAXのよくある質問について追加で解説します。 気になる質問があれば、ぜひ確認してください。 UQ WiMAXについてよくある質問は、以下の2つです。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 UQ WiMAXとWiMAXは何が違うの? 結論、UQ WiMAXとWiMAXは、どちらも基本的には「UQコミュニケーションズ社が提供している無線データ通信サービスおよびその端末」のことを指しています。 また、これらには以下5つの特徴があります。 特徴1. 家でも外でもネットが使える• 特徴2. 料金がとにかく安い• 特徴3. 特徴4. 配線なしでお部屋スッキリ• 特徴5. いろんな機器がネットにつながる それぞれ詳しく解説します。 特徴1. 家でも外でもネットが使える ADSLや光回線だと、自宅でしか使えなかったインターネットが、カフェや公園でも使えます。 WiMAX回線は全国幅広いエリアに対応しており、なんと富士山の山頂でも使えます。 特徴2. 通信費がとにかく安い プロバイダ(販売代理店)経由で買えば インターネット使い放題でも実質月額3000円程度で使えます。 基本プランは「通常プラン3,670円」か「ギガ放題プラン4,380円」で選び、その後割引を受けます。 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます 『 nifty』や『GMOとくとくBB』といったプロバイダ経由で購入し高額キャッシュバックキャンペーンを適用すると、契約から約1年後に3万円ほどもらえるため、実質負担額は通常プランで月換算2500円程、ギガ放題プランは月換算で3000円程でインターネットが使い放題です。 最安値で使う方法については、いかに安く使うかを徹底比較した『』をご覧ください。 特徴3. 月間通信料が無制限の通信端末はWiMAXだけですので、安心して動画視聴ができます。 特徴4. 配線なしでお部屋スッキリ 端末一つでインターネットができるため、工事も不要で配線要らず、部屋もスッキリします。 配線周りはほこりやゴミが溜まりがちですので、端末一つで良いというのは便利ですよね。 特徴5. いろんな機器がネットにつながる スマートフォンはもちろん、iPadなどのタブレット、パソコンなど様々な機器に対応しています。 上記より、UQ WiMAXとWiMAXは、どちらも 簡単な設定をするだけで、家でも外出先でも手軽に高速インターネットが楽しめる無線データ通信サービスおよびその端末と言えます。 WiMAXの最もお得な契約方法について知りたい場合は、「 」を参考にしてください。 UQ WiMAXとポケットWiFiはどちらを選ぶべき? 結論、 UQ WiMAXとポケットWiFiでは、UQ WiMAXを選ぶべきです。 その理由を述べる前に、まず前提として「ポケットWiFi」について、説明しましょう。 ポケットWiFiには、以下2つの意味があります。 無線データ通信サービスおよびその端末の総称• ワイモバイル社が提供している無線データ通信サービスおよびその端末 つまり、一般的に「モバイルWiFi」と言われる無線データ通信サービスおよびその端末と同じ意味となる場合とワイモバイル社の登録商標を指す場合があります。 したがって、ここでUQ WiMAXと比較しているポケットWiFiは、後者となります。 ではUQ WiMAXとポケットWiFiでは、なぜUQ WiMAXを選ぶべきかという理由ですが、それは以下の通りです。 UQ WiMAXの方が月額1,432~2,116円安い• UQ WiMAXの方がより広いエリアでデータ容量を無制限に使える それぞれ具体的に見ていきましょう。 UQ WiMAXの方が月額1,432~2,116円安い Y! mobileのポケットWiFIの料金プランは下記の通りで、月額割引やキャッシュバックはありません。 データ容量 実質月額料金 7GB 4,079円 無制限(アドバンスオプション) 4,763円 参考:GMOとくとくBB(無制限) 2,647円 UQ WiMAXで最安プロバイダのGMOとくとくBBと比較すると、月額で1,432~2,116円高いです。 UQ WiMAXの方がより広いエリアでデータ容量を無制限に使える Y! mobileは無制限で使うために必要な「アドバンスオプション」は下記の青いエリアでしか利用できません。 mobile公式ページのデータより作成 UQ WiMAXはサービスエリア全てで無制限で利用できますが、Y! mobileは青いエリアでしか無制限にならず、auやUQ WiMAXよりも限定的になるので注意しましょう。 上記より、結論、UQ WiMAXとポケットWiFiでは、料金や提供エリアの観点で、UQ WiMAXを選ぶことをおすすめします。 UQ WiMAXとポケットWiFiの比較結果について、さらに詳しい内容が知りたい場合は、「 」を確認してください。 UQ WiMAXと光回線はどちらを選ぶべき? 結論、 自宅のみでインターネット通信をしたい場合は、家まで固定回線でインターネットを届ける「光回線」を選びましょう。 その理由は、以下の2つです。 通信制限にかからない• 高速通信ができる 光回線は、UQ WiMAXのようなモバイル回線とは異なり、家まで光ファイバーでつながるので、データ通信の利用量に制限がなく、速度も安定しています。 したがって、自宅で動画やゲームを楽しみたい場合やテレワークに使いたい場合は、光回線を選ぶことをおすすめします。 ただし、光回線にも下記の制約があります。 外出先で使えない• 工事が必要となる可能性がある 光回線は、ポケットWiFiのように 外出先に持ち出せないため、家の中でしかインターネットを使用できません。 また、契約する回線サービスだけでなく、あなたの住宅のエリアや設備状況によって、工事の有無や費用が全く異なり、 申し込み後すぐに使えない可能性があるので注意しましょう。 ただし、 工事が終了して初めて契約が開始になるため、それまでのキャンセル費用は一切かかりません。 したがって、インターネット通信を家の中だけで行う場合は、まずは下記のおすすめ窓口に申し込み、折り返しかかってくる電話などで、「いつから使えるか」を確認した上で、最終的な判断をしましょう。 おすすめ光回線サービスのお問い合わせ窓口• ドコモ光「GMOとくとくBB」• auひかり「GMOとくとくBB」• ソフトバンク光「アウンカンパニー」• NURO光「アウンカンパニー」• ビッグローブ光:「株式会社NEXT」 光回線サービスの選び方 結論、光回線サービスはスマホとセットで選びましょう。 なぜなら、 光回線はスマホとセットで使うことで大幅な割引を受けられるからです。 あなたの使っている携帯回線の種類によって、「 おすすめの光回線サービス」と 「お得な申し込み窓口」は下記のように異なります。 上記の光回線サービスには、申し込み窓口が複数存在し、 どこで申し込むかによってキャッシュバック・付属ルーターの特典がガラリと変わります。 合計100社以上の申し込み窓口を次の3ポイントで比較しました。 利用料金• キャンペーン• ルーターの性能 その結果、おすすめ光回線サービス5社に対して、下記の申し込み窓口が最もお得でした。 ドコモ光「GMOとくとくBB」• auひかり「GMOとくとくBB」• ソフトバンク光「アウンカンパニー」• NURO光「アウンカンパニー」• ビッグローブ光:「株式会社NEXT」 より詳しい根拠をしりたい場合は、「 」で徹底的に解説しているので、ぜひ参考にしてください。 光回線のWiFiルーターはどうすればいい? 光回線でWiFiを使うにはルーターが必要ですが、上記の窓口であれば、別途購入することなく下記のように対応してくれます。 ドコモ光:GMOとくとくBB 無料で貸してくれる auひかり:GMOとくとくBB 月額500円で借りられるオプションあり ソフトバンク光:アウンカンパニー 無料でもらえる NURO光:アウンカンパニー 特別な機器が不要で利用可能 ビッグローブ光: 株式会社NEXT 6ヶ月間無料、7ヶ月目から月額500円で借りられる 光回線でWiFiを使いたい方は、申し込み時の折り返しの電話などでその旨を伝えましょう。 また、WiFiルーターはAmazonなどで売り切れは発生していないため、市販で購入することも十分可能です。 UQ WiMAXは無料でお試しレンタルできるの? 結論、 UQ WiMAXは、無料でお試しレンタルができます。 「Try WiMAX」というサービスを利用すれば、WiMAXサービスを実際に契約する前に、 15日間登録料、通信料、レンタル料、配送費用などの費用が一切かからず無料でサービスを試すことが可能です。 ただし、実際に無料でレンタルするためには、複数の注意点があるので、気になる場合は「 」を必ず確認してください。 UQ WiMAXは有料で短期レンタルできるの? 結論、 UQ WiMAXは、有料で短期レンタルができます。 しかし、UQ WiMAXの 通常契約の実質月額料金が4,000円以下なのに対して、短期レンタルの月額料金は6,450~8,050円と高額になります。 下記では、国内主要ポケットWiFiレンタルサービス8社を対象に、UQ WiMAXの無制限プランの「1ヵ月あたりの実質料金」をまとめました。 WiMAXの最もお得な契約方法について知りたい場合は、「 」を参考にしてください。 まとめ 公式サイトでは教えてくれない最も得する申し込み方法はいかがでしたか? この記事のまとめとして、WiMAXの契約をされる場合、2020年7月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。 料金プラン:ギガ放題• 機種:W06• サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)•

次の

評判は?ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)を使った私の口コミ評価とデメリットを全解説!

ポケットwifi 口コミ

Mugen WiFi 無限wifi は2019年10月から始まった 完全無制限のポケットWiFiです。 まだまだ口コミや評判は少ないですが、他のサービスと比較しても 月額3,280円と最安価格。 30日間のお試し利用キャンペーンもあるので安心して利用できます。 実をいうと、テレビCMなどで話題になっている「どんなときもWiFi」よりも料金が安く、まったく同じ端末を使うことが可能です。 しかし「お得すぎて裏に何かあるんじゃないか?」と不安になる人もいると思います。 この記事では利用者の口コミを参考に、料金や速度、キャンペーンなど全てをご紹介しました。 申し込み方法やよくある質問も一緒にまとめたので最後までご覧ください。 Mugen WiFiとは Mugen WiFiとは2019年10月から始まった完全無制限のポケットWiFiで、株式会社surfaveという会社が提供しています。 CMや広告などで話題になっている完全無制限の「どんなときもWiFi」とまったく同じ端末を利用することができます。 他のポケットWiFiと何が違うかというと… スマホや携帯と同じLTE回線を使っているという点が大きく違います。 国内の通信エリアが広いだけでなく、海外でも同じ端末がそのまま使える高性能なポケットWiFiです。 Mugen WiFiの評判からわかるメリット ポケットWiFiは「月額料金」「通信容量」「契約期間」「発送日」「エリア」の5つのポイントが大きく異なるので比較しました。 結論をいうと、Mugen WiFiは他社と比べて料金面とサービス面の両方が一番充実している 最強のポケットWiFiです。 なぜ最強のポケットと言えるのか?について以降で詳しくご説明していきます。 月額料金が業界最安値 他のポケットWiFiと月額料金を比較したところ、Mugen WiFiは最安価格で利用できます。 ポケットWiFi 月額料金 Mugen WiFi 3,280円 どんなときもWiFi 3,480円 よくばりWiFi 3,450円 限界突破WiFi 3,500円 縛りなしWiFi 3,300円 SPACE Wi-Fi 3,680円 UQ WiMAX 3,880円 Y! mobile WiFi 4,380円 このように、どのポケットWiFiよりも安く利用することができ、ずっと月額料金は変わらないので、契約期間の2年以上使ったとしても最安で利用できてお得です。 同じ端末が使えるどんなときもWiFiやよくばりWiFiと比べても、以下の表で比較したように長期的に見ても料金を節約できます。 Mugen WiFi どんなときもWiFi よくばりWiFi 利用開始月 3,280円 3,480円の日割り 3,450円の日割り 2ヶ月目~24ヶ月目 3,280円 3,480円 3,450円 25ヶ月目~ 3,280円 3,980円 3,450円 最初の2年間で比べると、 毎月200円ほど安いことがわかりました。 たった月200円しか変わらないじゃんと思うかもしれませんが、どんなときもWiFiは2年後に割引きがおわって月500円も高くなるので長期的に見たら料金が高くなっていきます。 Mugen WiFiの月額料金はずっと変わらない3,280円で、以下のように満足されている人の口コミがたくさん見つかりました。 例えば12月25日に端末が届いて利用し始めると、5日しか使ってないのに12月分の月額料金がまるまる請求されてしまうんです。 しかし今すぐ申し込みたい!という方は、申し込んだ後に「翌月利用希望」をサポート窓口 support mugen-wifi. com で依頼すれば、翌日からの利用を予約することができます。 申し込み後に端末が届きますが一時停止状態になっていて、翌月から本格的にネットが使えるという仕組みです。 申し込みから2~3日経ってしまうと利用できない場合があるので、申し込んだら早めに依頼しておくことをおすすめします。 2種類の料金プランから選べる さらに、2種類の料金プランと利用する端末が選べます。 どちらも性能や速度はまったく変わらないので、料金と搭載機能だけを比較してどちらを利用するか決めましょう。 アドバンスプラン 格安プラン 利用端末 G4 U2s 製造元 uCloudlink 月額料金 3,880円 3,280円 最大速度 下り:150メガ 上り:50メガ 通信時間 連続で12時間 接続台数 最大5台まで 搭載機能 ・翻訳機能 ・充電機能 なし アドバンスプランの端末には液晶画面が付いていて、データ使用量を確認したり、翻訳機能や充電機能などを使ったりできるのでスマホと同じような感覚で利用できます。 アドバンスプランの便利な機能・アプリ ・データ使用量の確認画面 ・21ヶ国語の翻訳機能 ・スマホの充電機能 ・旅行口コミサイト「tripadvisor」 ・マップ検索アプリ「Google MAP」 海外に旅行したり出張に行ったりする方にお得なプランです。 モバイルバッテリーの機能も付いていて、iPhoneなら1回分フル充電できるので外出が多い人にも向いています。 しかし、格安プランと比べて月600円高くなってしまうので、上記の機能やアプリが必要ない場合は格安プランを選びましょう。 海外での利用料金も安い 海外で利用する場合は毎月の料金とは別途で費用がかかりますが、他社と比べるとかなり安いです。 世界134ヶ国に対応しているので、マイナーな国でなければほとんど利用できます。 完全無制限でネット使い放題 Mugen WiFiはデータ量が使い放題なので、速度制限にかかる心配が一切ありません。 有名な「WiMAX」や「Y! mobile」のポケットWiFiには毎月の通信制限がない代わりに以下のような短期的な通信制限があります。 もう少ししたら俺もWIMAX解約かなー。 10GB制限じゃ、ネット何時間できるとか、公表値あるけど、実際はなにもできないよ。 運営はWIMAX使ったことあるのかな?? — あぐーなっちゃん Hi0101Sky 上の口コミのように、WiMAXの公式 UQ WiMAX には「ネットを使い過ぎなければ速度制限にはかからないよー」という風に書かれていますが、実際の利用者に聞くとストレスを感じている人がたくさんいます。 現在は、スマホで動画を観たり音楽配信サービスを使ったりする人が増えてきて、大容量のデータ通信をおこなうのが当たり前になってきています。 これまでは固定回線を引くか、自宅用のモバイルWiFiルーターを契約するか、しかネットを無制限に使うことができませんでした。 しかし、Mugen WiFiやどんなときもWiFiといった新しいポケットWiFiの登場で、第3の選択ができるようになっています。 2年後から無料解約できる Mugen WiFiは2年以上使い続けると、契約期間の縛りがなくなります。 いつ解約しても違約金がかからないのは大きなメリットです。 ポケットWiFi 契約期間 Mugen WiFi 2年のみ どんなときもWiFi 2年更新 よくばりWiFi 2年更新 限界突破WiFi 2年更新 縛りなしWiFi なし SPACE Wi-Fi なし UQ WiMAX 2年更新 Y! mobile WiFi 2年更新 「縛りなしWiFi」や「STAR Wi-Fi」は最初から契約期間の縛りがありませんが、他社では2年ごとの更新月で解約しないと違約金がかかってしまいます。 更新月のタイミングは1年に1ヶ月間しかないので、時期が悪いと解約するときに高額な違約金を請求されてしまうということです。 ポケットWiFiの性能は時代とともに大きく進化し、2年後や3年後にはどうなっているのか分からないので、できるだけ契約期間の縛りがないサービスをおすすめします。 最低でも2年間使い続ければ解約するタイミングを気にする必要がなく、さらに レンタルしている端末も返却しなくて良いのでかなり大きなメリットでしょう。 2年以内に解約しても違約金が安い たとえ2年以内に解約するとしても、Mugen WiFiの解約違約金は他社よりも安くて安心です。 他社サービスによっては解約したときの違約金として最大2万円近くかかる場合もありますが、Mugen WiFiは最大でも9,000円しか違約金が発生しないので、途中で解約するリスクを不安に感じている人にとって大きなメリットとなります。 ポケットWiFi 1年目 2年目 3年目 Mugen WiFi 9,000円 5,000円 0円 どんなときもWiFi 19,000円 14,000円 9,500円 よくばりWiFi 18,000円 12,000円 9,500円 UQ WiMAX 19,000円 14,000円 9,500円 GMO WiMAX 24,800円 24,800円 9,500円 Mugen WiFiを解約する場合は、からカンタンに手続きできます。 お問い合わせ内容に「解約希望」と記入して、1日~2日後に届くメールに返信すれば手続きは完了です。 利用開始から25ヶ月目以降に解約するなら端末を返却する必要はありませんが、2年以内だと必ず端末を返却しないといけないので覚えておきましょう。 もしも端末を返却しなかった場合、20,000円の端末違約金がかかるので注意してください。 端末が最短当日に発送 Mugen WiFiの発送のタイミングは以下の通りです。 住んでいる場所や地域によっては最短で翌日から利用できます。 他社では端末の発送が3日後~8日後となっている場合があり、届くまでに1週間以上も待たされることがあるのでありがたいです。 他社でも最短当日に端末が発送される場合があるのでMugen WiFiだけのメリットではありませんが、場合によっては最短でも3日後に発送されたり、いつ届くのか明記されてなくて1週間も待たないといけなかったりします。 ポケットWiFi 発送時期 Mugen WiFi 最短当日 どんなときもWiFi 最短当日 よくばりWiFi 最短当日 限界突破WiFi 最短3日後 縛りなしWiFi 最短翌日 SPACE Wi-Fi 3日後 UQ WiMAX 最短当日 Y! mobile WiFi 記載なし 5. エリアが広くて繋がりやすい mugen-wifi試した感じ割と良いな 遅いときでもそこまでストレスはないし、wi-maxよりは良い! ネット繋がりにくい半蔵門線でもサクサク動くし、費用もそこそこ安いし良き 。• 使う場所によって一番繋がりやすい通信回線を自動的に選んでくれるので、地下鉄や電車の中、山奥や田舎でも安定して繋がりやすいというのが大きな特徴です。 ただし、繋がりやすいとは言っても通信が圏外になるところもあります。 エリアが心配な方は、で確認してみてください。 Mugen WiFiの速度に関する注意点 速度が遅いという口コミが多い ここまでMugen WiFiと他社を比較してきましたが、実際に使ったときの速度はどうなの?と気になる方が多いと思います。 ここでは、Mugen WiFiの速度に関する注意点を評判や口コミなどを参考にお伝えしていきます。 Mugen WiFiなかなかいいんだけど、WiMAXの方が回線は安定してる感じ。 PM6:00くらいからの混む時間はYouTubeのサムネもパラパラ表示される感じで遅さを感じるけど、動画を見てる時はWiMAX制限時より綺麗。 WiMAX10G制限さえなければ完璧なんだけどなぁ。 — takk plustakk 上の口コミのように、Mugen WiFiとWiMAXを比べたときにWiMAXの方が速く感じるという声がたくさん見つかりました。 WiMAXの速度と比較 たしかに公式サイトに記載されている通信速度を以下で比較すると、WiMAXよりも遅いことがわかります。 Mugen WiFi WiMAX 最大速度 150メガ 440メガ 実測値 10~40メガ 20~50メガ 上記のように、WiMAXの最大速度がMugen WiFiより3倍速いことが分かりました。 ただし、最大速度は理論的に出るとされている数値なので、実測値と比べるとかなり離れた結果になりあまり参考にはできないです。 実際の速度は住んでいる場所や周りの環境によって大きく左右されてしまい、利用者の中でも速度が速い人と遅い人で分かれているので、結局のところ運次第になってしまうので注意しましょう。 ただし、なかにはWiMAXよりもMugen WiFiの方が速いし安定してるという声も見つかりました。 今月WiMAXをやめてMugenWiFiを契約した。 今のところ順調。 今朝の試合も問題なかった。 — だーよし gooner kinorz 速度が遅いときの対処法 どのポケットWiFiも実際に住んでいる場所で使ってみないと速度が分からないので、すべての通信事業者では8日以内に端末を返却すれば料金がかからない「初期契約解除制度」というクーリングオフに似た制度があります。 実際に契約してみて期待通りの速度がでなければ初期契約解除制度を活用しましょう。 また、Mugen WiFiでは30日間はお試し期間として利用できるキャンペーンを実施しているので、もし速度に満足できなくても安心です。 Mugen WiFiのお得な申し込み方法 公式サイトから申し込む まずは申し込み手続きをしないことには始まりません。 Mugen WiFiの申し込み窓口は公式ページだけなので、安心して申し込むことができます。 平日であれば翌日までには発送メールが届きます。 もしメールが届かない場合はMugen WiFiの問い合わせ窓口に電話しみましょう。 プラン・端末は何を選ぶべきか? すでにお話ししたように、海外でも旅行などで利用する場合はアドバンスプランがおすすめです。 国内で使うのがほとんどという方は格安プランで十分でしょう。 サポートオプションは必要か? 端末が故障したら交換費用として20,000円かかります。 自然故障なら1年間の無料保証が付いているので、わざわざ加入しなくても大丈夫です。 どんなときもWiFiは口座振替に対応していますが、月額料金が割高になるのでおすすめしません。 30日間のお試しキャンペーン Mugen WiFiでは「30日おためし全額返金キャンペーン」をやっています。 申し込みから30日以内であれば、 いつ解約しても違約金や月額料金、初期費用を含めた全額を返金してくれるのでお得です。 しかし本キャンペーンを適用させるには、返却処理手数料1,000円と返却時の送料がかかるので覚えておいてください。 それでも、ここまで長くサービスをお試しで利用できるのはMugen WiFiだけなので、安心して申し込むことができるのも魅力の一つでしょう。 まとめ ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございました。 Mugen WiFiは他社と比べても安い料金でネット使い放題になので、素直におすすめできるポケットWiFiです。 この記事が、皆さんのインターネット選びに役立つことを祈っています。

次の

G

ポケットwifi 口コミ

メールにもありますが、最安値保証WiFiの 初月料金は日割り計算です。 月の途中でも申込みしやすいのでこういった対応は嬉しいですね! ちなみに配送完了メールは届かない設定のようです。 福岡の自宅で受け取ったので、2日後に到着しました。 SIMは挿入された状態で届くので、電源を入れるとすぐに使用できます。 実は「最安値保証WiFi」の運営元は、あの民泊で最安値を保証している「SPACE Wi-Fi」と同じ です。 既にWiFiサービスでのノウハウもある、民泊関連事業では大手の会社。 安心感のある運営元ですね。 最安値保証WiFiの端末・対応エリア 今回届いた端末は、 Speed WiFi NEXT04でした。 公式に用意されている端末は です。 しばろぐのLINE@経由でお申し込みした人にはW04が届いておりますね。 ちなみにWiMAX端末が届いても、中に入っているSIMはソフトバンクのものです。 個人的にはWiMAXは地下や屋内に弱いのでソフトバンク回線が好きです。 最安値保証WiFiの料金 最安値保証WiFiの料金ですが、契約期間の縛りなしで格安の料金です。 契約事務手数料 無料 月額費用 3,280円 解約違約金 無料 送料 無料 となっています。 あらためてお伝えしますが、初月は日割り計算対応しています。 こんなにシンプルな料金設定で解約違約金がない、というのは正直驚きです。 最安値保証WiFi|実際の通信速度 Wi-Fi選びで重要なものが、料金だけでなく通信速度ですよね。 実際に測定してみたので以下のレビューをどうぞ。 朝の通信速度 まずは朝です。 今回は7時台に計測しました。 最安値保証WiFiのデメリット・メリット 最安値保証WiFiのデメリット・注意点 端末はレンタル品、かつちょっと古いモデル 最安値保証WiFiの端末はあくまでレンタル品となっています。 解約の際には返送が必要となりますので、取り扱いには十分に注意してください。 また、「水濡れ、故障、紛失」は 40,000円を支払う義務が生じます。 あんしん補償に加入するとすべて10,000円になりますので、不安な方は加入しておくと良いです。 解約は公式サイトから解約フォームより解約依頼を申請する流れとなっています。 ただ実際には 回線元の判断により、短期間で膨大なデータ量の消費(目安は月間100GB)または異常な通信量とみなされた場合、速度制限(低速化:128kbps)が発生します。 とのことです。 やはり月間100GB以上は厳しいようですね。 多くのモバイルwifiは2年契約、悪いと3年契約の自動更新となっており、解約月以外は高額の解約金が発生します。 「最安値保証WiFi」と他wifiとの徹底比較 ここまで「最安値保証WiFi」についてのレビューをお伝えしてきました。 「月間100GB以上は使わない」という人は、もうこの「最安値保証WiFi」 一択かもしれません。 例えば「縛りなしwifi」との比較です。 下の比較表をご覧ください。 比較表 初期費用 月額料金 通信容量 最安値保証WiFi 0円 3,280円 月間100GBまで 縛りなしwifi 3,000円 3,300円 1日2GBまで このように縛りなしwifiを選ぶ必然性は、ほとんどなくなってしまいました。 このように「最安値保証WiFi」はとても優れたポケットwifiでした。 他社がさらに安いポケットwifiを出しても 本当に最安値が更新されていくのかは、引き続きこちらで情報を更新していきますね。

次の