しゅう てい さん。 しゅうさえこ

しゅうさん亭(地図/渋川・伊香保/ラーメン)

しゅう てい さん

性別: 男性• 年齢: 不明• チャンネル名:• 登録者数: 7. 2万人(2020年3月時点)• 総動画視聴回数: 約1,780万回• チャンネル開設日: 2013年9月10日• 更新頻度: 週に3本程度 感じるスピリチュアルしゅうさんは、 気・チャクラ・ヒーリングなどを専門とするYouTuberで、不定期にセミナーも開催しています。 YouTubeでは 「気を感じる方法」と 「パワースポットの自然音」の2種類の動画を投稿しており、特にパワースポットから気を感じる映像が人気です。 YouTubeチャンネルは 2020年3月時点で登録者数7. 2万人。 最も人気があるのは、「【神が住む森&神がいる海】波の音を聞くだけで完全浄化&全チャクラ活性化できる」という動画です。 手軽にエネルギーが感じられる動画ということで、 再生回数は約70万回にまで上っています。 ここから先は、しゅうさんによるスピリチュアル解説動画について見ていきましょう。 感じるスピリチュアルしゅうさんのYouTube動画を観た感想・口コミを紹介! はじめに私が感じるスピリチュアルしゅうさんの動画を見た感想をお伝えします。 私はいま結婚しているのですが、夫とは付き合っているときに一度別れた経験があり、今後の結婚生活が少し不安に思うことがあります。 普段から占いやスピリチュアルに頼る私ですが、 感じるスピリチュアルしゅうさんの解説動画は情報量が多く、説得力も備わっていると感じました。 私はスピリチュアル方面に詳しくないですが、しゅうさんの話は興味深い内容ばかりです。 波動や気に関する勉強にもなりました。 YouTubeという大多数の人を目の前にした環境なので、すべての視聴者に当てはまるわけではないですが、気になる動画はチェックしてみてください。 動画を視聴した人の口コミ 感じるスピリチュアルしゅうさんの良いところは、自分の本分以外のことに手を出さない事。 これがプロ、だと思う。 ちょっと人気がでて、ちやほやされると、専門外のことをわかった風にいってみたりする。 彼は自分の得意分野以外には手を出さない。 だから本物なのだ。 — 末若 智子 tonton092 スピリチュアル系Youtuber の感じるスピリチュアルしゅうさんは本当に面白い!自然とか物に気を感じるか?実験的な事をやる!これは気を扱う人間にとっては究極の動画ですね!ただし気を感じにくい人には訳分からんが… — 一(いち) XAmUfbgi4k6hzyQ スピ系YouTuberの人って例外なく過去に霊能的な修行してた人多い気がするけど、その修行内容とかをシェアしないのは危険だから? それとも、極端な話みんなが修行して能力得られると困るから? 唯一能力の鍛え方をある程度シェアしてるのって龍粋社様と感じるスピリチュアルのしゅうさんだけじゃん。 — Norihiro Hase HaseNorihiro youtuberの感じるスピリチュアルのしゅうさん。 ここ最近他人サゲは正直イケすかない でもこのお方が作るヒーリングミュージック、思想とか私は大好きなんだけど… 他人サゲとは言わず、ただ指摘してるだけと言われたらその通りなんだ — さりぃ staaaaalight 感じるスピリチュアルしゅうさんの動画コメント欄やツイッターを見ても、「しゅうさんは本物」「パワースポットの動画でリラックスできた」という好意的な感想は多いです。 ただ、しゅうさんは 人や物事を批判することも多いので、人によっては合わないかもしれません。 鋭く切り込む姿勢が魅力と言う人もいますが、批判的で嫌いという人も多いです。 感じるスピリチュアルしゅうさんのツイッターから発言をピックアップ! スピリチュアルyoutuberって コロナウイルスはザコとかオリンピック開催しよう!みたいに無責任に発言しているポジティブ教の人が多い。 ポジティブであればすべて上手く行くというのは幻想。 見たくないものを見ないようにするのでは 解決しないことの方が多い。 せめて私達は現実的に考えよう。 すべての生物は死ぬ。 日が昇って日が沈むように。 死に方は選べないかもしれないけど どう生きるかはあなたが選べる。 今までとは違った視点で世界を見れる目を作りだすもの。 教祖様のお言葉を鵜呑みにするのではなく 自分の頭で考え、感じ、行動できる力をつけるものでありたいと思っている。 なかには強い言葉を使って批判している発言もあり、支持が分かれていますね。 ただスピリチュアルの情報は役立つこともあるので、YouTubeとあわせて見てみてください。

次の

落語家の亭号一覧

しゅう てい さん

03 g mol -1(無水和物) 126. 07 g mol -1(二水和物) COOH 2 外観 無色結晶 1. 90 g cm -3 189. 27, 4. 1 kJ mol -1 S o 115. シュウ酸(シュウさん、 蓚酸、: oxalic acid)は HOOC—COOH で表される、もっとも単純な。 ではエタン二酸 ethanedioic acid。 、により oxalis から初めて単離されたことから命名された。 命名の由来にもなったように、植物に多く含まれる。 漢字の「蓚」はのを意味し、またでも植物由来の「」の名を持つ。 タデ科(他に、など)、、(、など)の植物には水溶性シュウ酸塩(シュウ酸水素ナトリウムなど)が、(、、など)には不溶性シュウ酸塩(など)が含まれる。 が肌に付くと痒みを生じるのは、シュウ酸カルシウムの針状結晶が肌に刺さって刺激を受ける為である。 と強く結合する性質(劇性)があり、体内に入るとに傾いた中でカルシウムと結合してなどを生じる。 このためにより(ではない)に指定されている。 性があるため、によく使われる。 また、原料やとしても用いられる。 製法 [ ] 工業的には、木片をアルカリ処理したのち、することで得られる。 実験的には、を加熱分解して生成するを、によってとして単離し、これをで分解することで得られる。 従ってこれらの化合物は体中で代謝によりシュウ酸を生成する。 化学的性質 [ ] 無水物は常温常圧で無色の固体で、189. 吸湿性を持ち、湿気を含んだ空気中に放置すると二水和物となる。 として分類されることが多いが、などよりも強くはに近い。 第一段階の電離度は 0. 1 の水溶液では 0. 6 程度とかなり大きい。 水溶液中における酸解離に対する的諸量は以下の通りである。 27 kJ mol -1 7. 24 kJ mol -1 -38. 5 J mol -1K -1 - 第二解離 -6. 57 kJ -1mol -1 24. 35 kJ mol -1 -103. 8 J mol -1K -1 -238 J mol -1K -1 還元剤としての性質 [ ] シュウ酸はとしてはたらき、分析化学において酸化還元滴定における一次標準物質としても用いられる。 そのは以下の通りである。 シュウ酸イオンは平面型で-炭素間は、炭素-間はし単結合およびの中間的な性格を持つ。 シュウ酸塩 [ ] シュウ酸イオンを含むである正塩、 と、シュウ酸水素イオンを含むである が存在する。 正塩は塩および塩、塩および III 塩は水に可溶性であるが、塩を始めとする多くのものが難溶性である。 鉄 III 塩の水溶液は徐々に分解しシュウ酸鉄 II FeC 2O 4 を析出し、塩は加熱により爆発的に分解する。 シュウ酸とアルコールの混合物を濃硫酸と加熱することにより合成する。 オキサラト錯体 [ ] シュウ酸イオンは主に二箇所の酸素原子で金属イオンにを形成し、 オキサラト錯体 oxalato を形成する。 III に配位したものを始めとして多くのが存在する。 100g中の含有量は、で1,339mg、239mg、177mg、水煮174mgであった。 種子(多くは種皮部分にシュウ酸カルシウムとして固定)やなどは比較的シュウ酸が多い(洗いゴマ種子全C 2O 41,750mg・遊離C 2O 4350mg、ココア約700mg)。 また、にもシュウ酸が含まれており、乾燥茶葉100g中の含有量は、玉露(上級)1,290mg、煎茶(上級)820mg、番茶740mg、ほうじ茶770mgであった。 一方、のシュウ酸含有量はコーヒー豆100g中10-15mg程度である。 過剰なシュウ酸摂取は一部のの原因になるとも考えられている。 水溶性のシュウ酸の除去には調理で茹でることで減少させることが可能。 また、カルシウムを同時に摂取するとシュウ酸がカルシウムと腸内で結合しシュウ酸塩となり体内に吸収されにくくなる。 血液中ではシュウ酸はカルシウムとシュウ酸塩を形成して生体が利用可能なカルシウムの量を減らすことから、と同じくカルシウムがないと反応が進まない血液の凝集凝固作用を阻害する。 2015年にはのでにシュウ酸が盛られ、店主と客一人が死亡する事件が発生した(を参照)。 シュウ酸は少量ではあるが気化、エアロゾル化をする性質があるので、知らないうちに呼吸経由や肌経由で体内にシュウ酸を取り込んでいる場合がある事には注意を要する。 分解 [ ] 、、、、、、、などはを持ち、シュウ酸を分解して二酸化炭素とギ酸にする事が出来る。 参考文献 [ ]• , P. 186• 田中元治 『基礎化学選書8 酸と塩基』 裳華房、1971年• 菊永茂司, 高橋正侑、「」『日本栄養・食糧学会誌』1985年 38巻 2号 p. 123-128 :• 石井 裕子, 滝山 一善、「」 『日本調理科学会誌』2000年 33巻 3号 p. 372-376 :• 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」• 堀江秀樹、木幡勝則、「」『茶業研究報告』2000年 2000巻 89号 p,23-27, :• 中林敏郎、「」『日本食品工業学会誌』 1978年 25巻 3号 p. 142-146, :• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 医薬品情報21.

次の

うなぎ割烹 みかわ三水亭|三河淡水グループ|安全・高品質の三河一色産うなぎ

しゅう てい さん

歴史 [ ] のが亭号を使ったの始まりだと考えられている。 焉馬は役者のとも親しかったことから團十郎をもじって談洲楼、さらに立川など複数の名を名乗った(当時から團十郎は芸の格付けからの紋下(櫓下)を除けば東都の最高峰だけに霊験あらたかである)。 他に古い歴史を持ち、現在でも多くの落語家が使用している亭号・には三笑亭、三遊亭、古今亭、金原亭などがある。 また、桂は古くからの名だが、3代目のがに下り初代を名乗ってから界にも定着したと言われている。 亭号・屋号は変化することもある。 林家はもともと林屋と書いたが、1890年前後に5代目のによって「家」が使われるようになった。 同じ様な形で、屋号などの読み方は変化せずに字のみが変わった例として、翁家(翁屋)・都家(都屋)・春雨や(春雨家)・三笑亭(山花亭)・笑福亭(松富久亭)・朝寝坊(朝寝房)・昔昔亭(昔々亭)・桃多楼(桃太楼)・橘家(立花屋・橘屋)・三升家(三升屋・三舛家)・雀家(寿々目屋・雀屋)・月の家(月廼家・月之家・月ノ家)・五街道(五海道・五海堂・五開堂)などがある。 一方上方にも林屋の一派が存在していたが、江戸(東京)の林屋との混合を避けるためにかなり早い時期に林家になっていた。 同じく上方には明治10年代ぐらいまで立川の一派が存在していたがこれはの説によると「たちかわ」と読ませていたという。 亭号の変化に関する面白いエピソードとしては、が戦時中に6代目の薦めにより、船遊亭志ん橋の名跡を「国家存亡の危機時に船遊びはふさわしくない、国威発揚の意味からも勇ましく」という事で、亭号の字を変えて「船勇亭」志ん橋と改名して名乗った例が挙げられる。 戦争が終わるとすぐに元の小圓朝に戻っている。 他にも、名跡が受け継がれる際に亭号が全く違うものに変えられることもある。 麗々亭柳橋の名跡をが襲名する際に亭号が春風亭に変えられたほか、船遊亭が入船亭に、三升亭が三升家に変わった例などがある。 通常、落語家は一度与えられた亭号(ほとんどが師匠と同じもの)をずっと名乗り続けるのが通例であり、亭号が変えられるのは、二つ目や真打に昇進する際に由緒ある名跡を襲名する時か、破門・師匠の死去などの理由より他門に移籍する時などしかない。 そのような事情がなく亭号が変えられた例としては、は、に弟子入りしたときには「笑福亭さんま」を名乗っていたが、入門1年後から「明石家」の亭号で活動している。 当時松之助は一門の弟子の亭号を「笑福亭」から「明石家」に変更させていた(、など)こともあり、松之助はさんま以降の入門弟子にも「明石家」の亭号を与えている。 ちなみに、松之助の長男であるは、落語家として活動を続けている。 あ行 [ ]• 明石家(あかしや) -• 朝寝坊(あさねぼう) -• 足引(あしびき) -• 東亭(あずまてい) - 東亭鬼丸(初代)• 東家(あずまや) - 東家清三郎()• 吾妻家(あずまや) - 吾妻家璃喜松()• 天乃家(あまのや) -• 石井(いしい) -• 一輪亭(いちりんてい) -• 一品舎(いっぴんしゃ) - 一品舎黄猫(初代)• 田舎(いなか) - (の師匠)• いなせ家(いなせや) -• 入舟(いりふね) -• 入船(いりふね) -• 入船亭(いりふねてい) -• 浮世(うきよ) - 浮世戸平()• 浮世亭(うきよてい) - 浮世亭写楽()• 宇治(うじ) - 宇治新口(2代目)• 宇治川(うじがわ) - 宇治川馬黒()• 臼井(うすい) - 臼井杵蔵()• うつしゑ(うつしえ) - 初代うつしえ都楽• 烏亭(うてい) -• 梅の家(うめのや) - 梅の家東司()• 英人(えいじん) - 英人ブラック()• 英国屋(えいこくや) - 英国屋志笑()• 江戸家(えどや) - 江戸家はじめ()• 艶文亭(えんぶんてい) - 艶文亭かしく()• 扇家(おうぎや) - 扇家圓三()• 鶯春亭(おうしゅんてい) -• 鶯遊亭(おうゆうてい) -• 大隈(おおくま) -• 翁坊(おきなぼう) -• 翁家(おきなや) -• おきらく亭(おきらくてい) - か行 [ ]• 快楽亭(かいらくてい) -• 花翁亭(かおうてい) -• 葛鹿(かつしか) - 葛鹿武左衛門(初代林屋正蔵)• 桂(かつら) -• 勝羅(かつら) -• 桂亭(かつらてい) - 桂亭米喬()• 桂家(かつらや) -• 嘉亭(かてい) -• 金原(かなはら) - 金原馬の助()• 金原野(かなはらの)- 金原野馬の助()• 花坊(かぼう) -• 上方ノ(かみがたの) -• 上方の(かみがたの) -• 雷門(かみなりもん)-• 川上(かわかみ) -• 川柳(かわやなぎ) -• 菅(かん) -• 神田(かんだ) - 神田志ら玉()• 騎江亭(きえてい) - 騎江亭芝楽()• 喜久亭(きくてい) -• 狂言亭(きょうげんてい) -• 曲亭(きょくてい) - 曲亭馬きん(7代目雷門助六)• 金魚家(きんぎょや) - 金魚家錦魚()• 金原亭(きんげんてい) -• 禽語楼(きんごろう) - ()• 圭喜亭(けいきてい) - 圭喜亭文團治(3代目)• 乾坤坊(けんこんぼう) - ()• 廣原舎(こうげんしゃ) -• 向南亭(こうなんてい) - 向南亭扇橘(2代目林屋正蔵)• 五街道(ごかいどう) -• 小金屋(こがねや) -• 湖月亭(こげつてい) - 湖月亭春橋(2代目林屋正蔵)• 古今庵(ここんあん) - 古今庵雷門()• 古今亭(ここんてい) -• 語笑亭(ごしょうてい)• 語笑楽(ごしょうらく) - 語笑楽清我(3代目笑福亭松鶴)• 五所の家(ごしょのや) -• 御所の家(ごしょのや) -• 古松家(こまつや) - 古松家鶴輔()• 五明楼(ごめいろう) -• 口渡り(こわたり) - 口渡り語助• 古渡り(こわたり) - 古渡り語助 さ行 [ ]• 斎藤(さいとう)-• 桜川(さくらがわ)-• 桜家(さくらや)- 桜家花好()• 三光斎(さんこうさい) - 三光斎源吾()• 三笑亭(さんしょうてい) -• 山松亭(さんしょうてい) -• 山亭(さんてい) - 山亭馬久二()• 三遊(さんゆう) -• 三遊亭(さんゆうてい) -• 山遊亭(さんゆうてい) -• 三友亭(さんゆうてい)• 三和亭(さんわてい)- 三和亭桃昇()• 鹿野(しかの) -• 式亭(しきてい) -• 地獄亭(じごくてい) - 地獄亭圓魔()• 自笑亭(じしょうてい) -• 舌切亭(したきりてい) - 舌切亭すずめ()• 紫檀楼(したんろう) -• 七昇亭(しちしょうてい) -• 七笑亭(しちしょうてい) - 七笑亭花山文(七昇亭花山文)• 七升亭(しちますてい) - 七升亭花山文(七昇亭花山文)• 司馬(しば) -• 芝川(しばかわ) -• 芝楽亭(しばらくてい) - 芝楽亭慈悲成(桜川慈悲成)• 島(しま) - 島一声()• 秋亭(しゅうてい) - 秋亭菊枝()• 秋風亭(しゅうふうてい) -• 祝々亭(しゅくしゅくてい) -• 春夏亭(しゅんかてい)-• 春錦亭(しゅんきんてい) -• 春秋亭(しゅんじゅうてい) - 春秋亭草露(春夏亭草露)• 春勢亭(しゅんせいてい) - 春勢亭柳好()• 春亭(しゅんてい) - 春亭文枝()• 春風(しゅんぷう)• 春風舎(しゅんぷうしゃ) - 春風舎痴楽(5代目柳亭左楽)• 春風亭(しゅんぷうてい) -• 春麗亭(しゅんれいてい) - 春麗亭柳花()• 笑語楼(しょうごろう) -• 笑寿亭(しょうじゅてい)• 猩々亭(しょうじょうてい) - 猩々亭左楽• 松竹亭(しょうちくてい) - 松竹亭梅花()• 笑亭(しょうてい) - 笑亭桃朗()• 松竹楼(しょうちくろう) -• 笑福亭(しょうふくてい) -• 松柳亭(しょうりゅうてい) - 松柳亭鶴枝• 松緑亭(しょうろくてい) -• 蜃気楼(しんきろう) -• 新笑亭(しんしょうてい) -• 信用亭(しんようてい) -• 水魚亭(すいぎょてい) - 水魚亭魯石()• 末廣家(すえひろや) - 末廣家扇蝶• 菅(すが) - 菅良助• 寿司屋(すしや) -• 鈴川(すずかわ) -• 鈴の家(すずのや) -• 雀家(すずめや) -• 雀々屋(すずめや) - 初代雀屋翫之助• 隅田川(すみだがわ) -• 寿遊亭(じゅゆうてい) -• 清風亭(せいふうてい) -• 青陽舎(せいようしゃ) - 青陽舎寿暁()• 昔昔亭(せきせきてい) -• 昔々亭(せきせきてい) -• 扇水亭(せんすいてい) - 扇水亭錦魚• 泉水亭(せんすいてい) - 泉水亭錦魚• 浅草舎(せんそうしゃ) -• 浅草亭(せんそうてい) - 浅草亭馬道()• 全亭(ぜんてい) -• 洗湯亭(せんゆてい) - 洗湯亭さん助(初代)• 船遊亭(せんゆうてい) -• 扇遊亭(せんゆうてい) - 扇遊亭金三()• 千羊舎(せんようしゃ) -• 川柳亭(せんりゅうてい) - 川柳亭かっぱ()• 曽呂利(そろり) -• 惣領(そうりょう) -• 鼠遊亭(そゆうてい) - た行 [ ]• 台所(だいどころ) -• 大門亭(だいもんてい) -• 瀧川(たきがわ) -• 瀧亭(たきてい) -• 竹の家(たけのや) - 竹の家龍生(8代目司馬龍生)• 橘ノ(たちばなの) -• 立花家(たちばなや) -• 橘家(たちばなや) -• 立川(たてかわ) - 、• 玉の家(たまのや) -• 玉屋(たまや) -• 談語楼(だんごろう) - 談語楼銀馬• 談洲楼(だんしゅうろう) -• 團洲楼(だんしゅうろう) - 團洲楼圓馬()• 團柳楼(だんりゅうろう) - 團柳楼燕枝()• 竹林亭(ちくりんてい) - 竹林亭虎生(2代目三遊亭圓生)• 忠犬亭(ちゅうけんてい) - 忠犬亭はち公()• 蝶花楼(ちょうかろう) -• 銚優亭(ちょうゆうてい) -• 千歳屋(ちとせや) - 千歳屋小さん()• 珍蝶亭(ちんちょうてい) -• 月亭(つきてい) -• 月の家(つきのや) -• 月ノ家(つきのや) -• 月廼家(つきのや) -• 佃家(つくだや) -• 佃屋(つくだや) - 佃屋白魚• 露の(つゆの) -• つるや -• Tー(てぃー) - Tー遊方()• 都川(とがわ) -• 桃月庵(とうげつあん) -• 桃源亭(とうげんてい) - 桃源亭さん生()• 桃寿庵(とうじゅあん) - 桃寿庵清翁坊(初代立川ぜん馬)• 桃寿亭(とうじゅてい)• 東生亭(とうしょうてい) -• 登龍亭(とうりゅうてい) - 、• 土橋亭(どきょうてい) -• 徳永(とくなが) -• 都々一(どどいつ) -• 都々一坊(どどいつぼう) - な行・は行 [ ]• 永瀬(ながせ) - 永瀬徳久()• 浪速(なにわ)-• 波乗亭(なみのりてい)-• 人情亭(にんじょうてい) -• 梅花楼(ばいかろう)- 梅花楼寿鶴• 梅松亭(ばいしょうてい) -• 橋本(はしもと) - 橋本川柳()、橋本円三()• 八光(はっこう)• 八光亭(はっこうてい) -• 八光堂(はっこうどう) -• 初音家(はつねや) -• 華形家(はながたや) - 華形家八百八(6代目蝶花楼馬楽)• はなし坊(はなしぼう) -• 花の家(はなのや) - 花の家蝶福(初代)• はやし家(はやしや) -• 林家(はやしや) - 林家正蔵• 春風(はるかぜ) - 春風やなぎ• 春か是(はるかぜ) - 春か是柳(春風やなぎ)• 春柳(はるやなぎ) - 春柳小燕路(司馬龍生(浦島四郎))• 春雨や(はるさめや) -• 春の家(はるのや) - 春の家柳舛(俗に)• 坂東(ばんどう) -• 風来舎(ふうらいしゃ)• 風雷舎(ふうらいしゃ) - 風雷舎金賀(3代目)• 福の家(ふくのや) - 福の家宗太郎()• 福寿庵(ふくじゅあん) - 福寿庵可重()• 藤原(ふじわら) - 藤原年史()• 文の家(ふみのや) - ()• 舞遊亭(ぶゆうてい) -• 古蔵(ふるぞう) - 古蔵宝輔() ま行・や行 [ ]• 松田(まつだ) -• 松葉亭(まつばてい) - 松葉亭祖楽(2代目)• 萬笑亭(まんしょうてい) -• 萬文亭(まんぶんてい) - 萬文亭古扇(2代目)• 三輪亭(みつわてい)• 三和亭(みつわてい) - 三和亭桃柳()• 三升(みます) -• 三升亭(みますてい) -• 三升家(みますや) -• 都(みやこ) -• 都川(みやこがわ) - 都川歌太郎()• 都家(みやこや) -• むかし家(むかしや) -• 夢月亭(むげつてい) -• 睦月家(むつきや) - 睦月家林蔵(後色物に転向し、紙切り)• 睦ノ(むつみの) - 睦ノ五郎(8代目雷門助六)• 睦の(むつみの) -• 森乃(もりの) -• 桃多楼(ももたろう) -• 柳川(やながわ) - 柳川どぜう()• 柳の(やなぎの) -• 柳乃(やなぎの) -• 柳家(やなぎや) -• 遊船亭(ゆうせんてい) -• ゆかしや(ゆかしや) - ゆかしや文字助()• 夢の家(ゆめのや) - 夢の家市兵衛()• 横目家(よこめや) -• 吉原(よしわら) -• よたん坊(よたんぼう) -• 米沢(よねざわ) - ら行・わ行 [ ]• 鯉昇亭(りしょうてい)• 鯉遊亭(りゆうてい) - 鯉遊亭談志(3代目立川談志)• 柳亭(りゅうてい) -• 柳桜亭(りゅうおうてい)• 柳花荘(りゅうかそう) -• 流俗亭(りゅうぞくてい) - 流俗亭玖蝶、流俗亭珍重(初代朝寝坊夢羅久)• 林々舎(りんりんしゃ) -• 麗香亭(れいかてい) - 麗香亭柳鳥()• 鈴々舎(れいれいしゃ) -• 麗々亭(れいれいてい) -• 連城亭(れんじょうてい) - 連城亭玉童()• 若柳(わかやなぎ) - その他・不明 [ ]• 青柳(あおやなぎ?) -• 赤毛亭(あかげてい?) -• 一月家(いちげつや?) - 一月家林蔵()• 一月亭(いちげつてい?)• 海立亭(かいりってい?) - 海立亭龍門()• 雁の家(かりのや?) - 雁の家小さん(春風亭小さん)• 木根亭(きねてい?) - 木根亭山楽()• 九一軒(きゅういっけん?) -• 玉鱗庵(ぎょくりんあん?)玉鱗庵呑山()• 桂治亭(けいじてい?)• 古原亭(こげんてい) - 古原亭市馬• 松葉亭(しょうようてい?)• 如龍亭(じょりゅうてい?) -• 新古亭(しんこてい?)• 立川(たちかわ?) - (明治初期に断絶し空いたままになっている上方落語の亭号。 江戸落語の亭号「立川」とは関係が無い。 中橋連(ちゅうきょうれん?) - 中橋連芳丸(5代目三笑亭可楽)• 鉄扇楼(てっせんろう?) - 鉄扇楼鼠遊(桂文慶)• 二月亭(にげつてい?)• 梅亭(ばいてい?) -• 北桂舎(ほっけいしゃ?) -• 升々亭(ますますてい?)• 萬笑亭(まんしょうてい?) - 、萬笑亭扇幸(初代五明楼玉輔)• 三升堂(みますどう?) -• 鈴々轡(れいれいひ) -• 吐月峯(とげつほう) - 吐月峯世楽• 白毛舎 - 白毛舎猿馬()• 花林 - 初代 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の