乃木坂 映画。 乃木坂46鈴木絢音出演映画「死神遣いの事件帖

映画『映像研には手を出すな!』公式サイト

乃木坂 映画

解説 人気アイドルグループ「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾。 前作から4年ぶりとなる今作では、初のシングルミリオンセールスや日本レコード大賞受賞を果たした2017年、史上初の明治神宮球場&秩父宮ラグビー場での2会場同時ライブ開催やレコ大2連覇を成し遂げた18年、そしてエースであり絶大な人気を誇ったメンバーの西野七瀬が卒業し、新たな時代を迎えた19年と、近年のグループの歩みをメンバーたちの証言でつむぎ、少女たちが抱える心の葛藤や成長を、これまでにないほどの親密な距離感で描き出していく。 監督は、乃木坂46のライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像などを手がけてきた岩下力。 2019年製作/120分/G/日本 配給:東宝映像事業部 スタッフ・キャスト Powered by• 2019年• 2015年 「DOCUMENTARY of」シリーズ関連作品• 2020年• 2019年• 2016年• 2016年• 2016年• 2015年• 2015年• 2014年• 2013年• 2011年• 2010年 いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー•

次の

乃木坂吉田綾乃クリスティー「不安あった」映画公開

乃木坂 映画

とにかく意味がわからないという一言につきる おそらく監督は乃木坂46の事について概要レベルでしか知らないといった感じ、謎に西野、与田、斉藤飛鳥の三人だけがクローズアップされていた。 西野は卒業する人気メンバーなので、 与田はなんか知らんけど新メンバーで人気あるので、斉藤飛鳥はこれから乃木坂を支えてくセンターっぽいのでこの三人で乃木坂のひとつの歴史の終わりとこれからみたいなものを 演出しとけばいいか という浅はかな構成がみてとれた。 内容も非常に薄く、 前半は主に西野がつらいこともあったけど 楽しかったです~みたいことを言うだけ 与田は島に帰ってヤギ散歩させるだけ 後半は斉藤飛鳥メインとなり 成人式に参加、同窓会もサプライズ出席 しかしほとんどしゃべらず帰る。 最後はひとりで海外旅行に行き、 海沿いの崖のような場所で「私友達いないんですよねー」的なことを言ってエンドロールが流れるという感じ、 まったく意味がわからない。 前作の悲しみの忘れ方は一応、 普通の女の子がアイドルになって戸惑い! メンバーの不祥事で紅白でれませんでしたー でもなんやかんや次の年紅白でれましたー といった感じでドキュメンタリー作品になっていたが、今回はただただ乃木坂の活動の裏側を取材しましたというだけだった。 なのでファンは面白いと思う。 私は斉藤飛鳥がかわいいので、内容はクソだが そこそこ見れてしまった。 ネタバレ! クリックして本文を読む メモをしながら見ていました。 最終的にこの映画って何を伝えたかったのかという疑問が生まれました。 何章かに分けられて行くんですけど、まあ全員出てるわけでもなくピックアップメンバー。 それでも正直まとまりが無くて結局この映画で何を伝えたかったんですかね。 齋藤飛鳥さんの成人式密着とか一番謎が海外旅行へ行くあたり。 絶対要らないでしょ…勝手にやっててくださいよ… でも作られてる感が本当に凄くてもしこれが、どこのアイドルグループのドキュメンタリーとは言いませんけど、コンサートで失敗したことをドキュメンタリーにしてなかったのでまだセーフかと。 もしそんなことしてたら僕は絶対にこのグループを嫌いになると思います。 ちなみに某メンバーが「映画に使うから」とコメント出したものは結局入っておらずその後のCD付属BDのドキュメンタリーで使われるっていう。 そういうところだと思いますよ。 卒業を考えているメンバー多かったなって印象くらいです。 でもこういう雰囲気はファンの人間としてはネガティブな感覚になりますね。 もちろん卒業して推しが幸せになってくれたらなんて思ってはいますけど卒業ラッシュの時にこれやられると結構メンタルに来るもんだなと再確認出来ましたね。 2度と見ません。 齋藤飛鳥さんは本当の性格か分かりませんがカメラに対して人間味を出すのに対して白石麻衣さんはプロのアイドルをずっとやってて、きっとこの差は大きいものだとも感じています。 最後になりますが、僕が見に行ったその日に桜井玲香さんが卒業発表をされました。 映画の冒頭でもあったように乃木坂46はすでに有名になったグループ。 それは特別ファンでない人にも知られているほど。 そういう視点を持った監督がメンバーと少しずつ距離を縮め語りかけることによって乃木坂46の中に違った視点を生んでいたように思う。 それはファンの知らないメンバーの姿を映したものであったり、メンバーをよく知らない人には乃木坂46というアイドルグループに対するイメージを別の視点で映してくれているもののように見えた。 それは監督ならではの視点だと思った。 それが象徴されていたようなラストシーン。 乃木坂46に起きた大きな出来事に関連付いて物語は進んでいった。 舞台に立つ人間の様々な心情に心を動かされた。 いままでの乃木坂46これからの乃木坂46が見えた気がした。 【賛否両論チェック】 賛:あまり語られなかったメンバーの考えや、普段は観られない舞台裏を観ることが出来るので、ファンには貴重な作品か。 否:監督の主観や感想のみでドキュメントが語られていくので、人によっては観ていて不快かも。 言わずもがな、乃木坂46を知らない人が観ても苦痛。 言わずもがな、良くも悪くも完全にファン向けの映画です。 よく知らない人が観ても、ただただ退屈なだけだと思います。 良く言うと、これまであまり語られてこなかったであろうメンバーの考えや葛藤、そして普段は観られることの少ないであろう活動の舞台裏を垣間見られる、そんな作品だと思います。 ただ悪く言ってしまうと、「乃木坂46を知らなかった監督が、彼女達と触れ合った感想を羅列しているだけ」とも思えてしまうくらい、ひたすら監督の主観や考えが字幕のナレーションで語られながら進んでいくので、ものの観方がものすごく偏っているように感じてしまいます。 200%ファン向けというか、ひょっとしたらファン向けでもないのかも知れませんが、気になっている方は是非。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』公式サイト

乃木坂 映画

映画では、市中で探偵業を営む「死神遣い」の久坂幻士郎(くさかげんしろう/鈴木拡樹)や、彼と契約関係にある死神の十蘭(じゅうらん/安井)などが活躍する物語が展開。 この物語を引き継ぐ舞台では、吉原遊廓の惣名主を父にもつ侠客のリーダー・庄司新之助(しょうじしんのすけ/崎山)とともに、十蘭が大暴れする。 映画のヒロインに抜てきされた鈴木絢音は、乃木坂46のメンバーとして活動し、これまで「ナナマルサンバツ THE QUIZSTAGE」シリーズや「『けものフレンズ』2~ゆきふるよるのけものたち~」などの舞台に出演。 今回が映画初出演で、吉原遊郭の惣名主の娘であるお藤にふんする。 普段は血気盛んな男たちも彼女の前ではタジタジになってしまう、ちゃきちゃきした気立てのよい女性という役どころとなる。 (左より)安井謙太郎(十蘭役)、鈴木拡樹(久坂幻士郎役)、崎山つばさ(庄司新之助役)- C 2020 toei-movie-st 出演発表を受けて「お藤役、乃木坂46・鈴木絢音です。 映画と舞台の連動プロジェクト、私は映画に出演させていただきます。 時代劇に死神や探偵といった要素が加わっているので、幅広い世代の方に楽しんでいただける映画になっていると思います。 映画の完成、そして続きを舞台編で観劇できることが、今から楽しみです」とコメントを寄せている。 [PR] あわせて、映画に出演するキャストが発表。 、、、、、、といった特撮作品や舞台などで活躍する面々が揃うほか、、、という実力派の顔ぶれが脇を固める。 そして陳内、松浦、松本、北川は、崎山や安井とともに映画と舞台の両方に出演を果たす。 さらに、鈴木拡樹、安井、崎山、鈴木絢音のキャストビジュアルと、映画の特報映像も公開。 東映京都撮影所の衣裳部・美粧部と舞台の衣裳・ヘアメイクチームがタッグを組んで制作されたとあり、華やかなキャストの姿を見ることができる。 (編集部・大内啓輔).

次の