コロナ ウイルス 台湾 旅行。 台湾のコロナ対策が爆速である根本理由「閣僚に素人がいない」 ポストを実力本位で振り分けている

台湾コロナウイルス最新情報まとめ(2020年6月27日更新)

コロナ ウイルス 台湾 旅行

Trip. com・Google「旅行トレンドレポート」国内・地域旅行から、3割が3か月以内の旅行を検討 レポートでは、Googleトレンドの検索クエリ統計の分析や、グループのビジネスインサイトデータなど様々な指標をもとに、 ウィズコロナ・アフターコロナで予想される旅行業界のトレンドについて考察しています。 同レポートでは、 短距離旅行への関心が高まっていることが示されています。 アジア太平洋地域のデータに基づいた分析では、検索の7割以上が短期旅行の商品であり、国内旅行や地域旅行が最も早く回復する可能性が高いと考えられます。 新型コロナウイルスの感染拡大のリスクはまだ小さくはありませんが、感染状況が落ち着いてきた中国や台湾では国内旅行が再開されています。 また日本でも、徐々に旅行が再開されています。 観光は国内市場から回復していくと予想されます。 旅行のタイミングを検討しているユーザーのうち、今後3か月以内に旅行に行きたいと考えている人は約3割でした。 世界の次期人気旅行先で日本1位 レポートでは、今後、新型コロナウイルスの感染リスクが低減した際に人気の旅行先となるであろう国や地域を予測しています。 この次期人気旅行先の首位には日本がランクインしました。 com GroupとGoogleによる旅行トレンドレポート」で予測された、「次期人気旅行先Top20」]:PR TIMES 短期旅行先人気Top 20も発表、東京・大阪がランクイン 特にアジア太平洋地域のユーザーには、今後の旅行で短期旅行を検討している傾向が見られたことが報告されています。 今後、訪日観光市場が再開すれば、日本に近いアジア圏やオーストラリアからの旅行者が増えるかもしれません。 レポートではトップ20の国や地域の他に、アジア太平洋地域の 「短期旅行先人気Top 20」人気の都市トップ20についても紹介しています。 バンコク(タイ)• パタヤ(タイ)• プーケット(タイ)• ソウル(韓国)• 済州島(韓国)• 釜山(韓国)• 上海(中国)• 西安(中国)• 東京(日本)• 大阪(日本)• バリ(インドネシア)• ビンタン(インドネシア)• マニラ(フィリピン)• クアラルンプール(マレーシア)• ペナン(マレーシア)• ダナン(ベトナム)• 台北(台湾)• シンガポール• マカオ ウィズコロナ・アフターコロナで重視されるのは"無料キャンセル" 本レポートによると、ウィズコロナ・アフターコロナで旅行を検討する人には、感染流行の見通しが不透明といった不確実性をふまえ、旅行を柔軟に予約・変更できるかを最も重要視する傾向がうかがえます。 調査結果では、旅行予約の際に最も魅力的な条件として、ユーザーの57%が無料キャンセルポリシーを回答しました。 このような旅行予約の柔軟性とあわせて、旅行予約の主な動機に、ユーザーの27%が事前予約プロモーションを挙げており、25%が旅行中の保険による保障を希望しています。 Trip. 本プログラムでは、ウィズコロナ・アフターコロナの旅行予約において柔軟性が重視されていることをふまえ「フレックス予約(Flexibooking)」を導入し、予約の変更手数料を免除するとしています。 グループはすでにパートナー企業を対象とした1億4,000米ドル(約150億円)の支援を実施しています。 柔軟性と安全・安心がアフターコロナのインバウンドの鍵に とGoogleが共同で発表した旅行トレンドレポートの結果から、訪日旅行の需要は長期的にみると世界トップレベルと推測できます。 ユーザーの27%が旅行予約の主な動機として事前予約プロモーションを挙げていることから、ウィズコロナ・アフターコロナの旅行予約につながるプロモーションが求められます。 どこの国や都市へ旅行するか決める期間である「プレ」や、訪日旅行を決めた上で日本で何をするか考える期間である「」の段階で、無料キャンセルなど「柔軟性のある商品とサービス」を提供すると、の誘客に効果的と考えられるでしょう。 関連記事.

次の

訪日台湾人の客足回復は1年かかる?新型コロナウイルスの影響による訪日台湾人旅行者に関する調査|WEBコンサルティング|株式会社ペンシル

コロナ ウイルス 台湾 旅行

ビルや店舗の入り口での検温をはじめとする政府の防疫対策に、市民も協力している。 (台北市内のデパートにて、3月7日) 「日常風景」の一部になった防疫体制 中国・韓国からの入国制限の強化、全国の学校への休校要請など、ようやく新型コロナウイルス感染症への本格的なアクションを取り始めた日本政府。 一方、台湾の政府当局は日本よりほぼ1カ月先行して、数々の強力な防疫対策を実施してきた。 日々の生活の中で、市民が不便や不自由を強いられる場面も少なくない。 筆者の台北事務所のある建物を含め、ビルやレストランの入口で警備員に体温チェックされるのは当たり前だ。 工事現場でも現場に立ち入る作業員全員に、検温と手指のアルコール消毒を励行させている。 企業や工場などでは、入り口の検温で37. 5度以上あればその場で出社禁止になるし、病院でもマスクを着用しない人は建物への立ち入りを拒まれる。 だが、2月28日に台湾で行われた民意調査では、国民の77%が感染拡大に不安を覚えると答えながら、82%が蔡英文政権の防疫政策には満足していると答えている。 その理由はどこにあるのだろうか。 早々に全学校の始業を延期 まずは日本でも行われている、学校の休校措置を見てみよう。 日本政府が全国の小中学校および高等学校に、臨時休校を要請したのは2月27日。 国民から見れば突然の発表だった。 一方の台湾では、開校の9日前の2月2日に中央感染症指揮センター(中央流行疫情指揮中心)が、同11日に予定されていた春節休み開けの学校始業日を2週間延期すると発表した。 発表の数日前から、日本の国会にあたる立法院では始業延期に伴うトラブルについて多くの議論が行われ、その内容は一般に公開されていた。 同日の発表では、始業延期期間中の「防疫世話休暇(防疫照顧休暇)」を認めることも加えられていた。 対象は12歳までの子どもの父母、養父母、祖父祖母など、通常子供の世話をしている人だ。 ただし、賃金の補償については明言されなかった。 台湾ではよくある「先決め・後補償」で、まず大事な方向性を決めて即時対応してから、補償などについてはゆっくり決めるという方法論だ。 台湾人も慣れたもので、ガタガタ騒がない。

次の

『2020年2月 台北3泊4日② 出発~ホテル到着編 コロナウイルスの影響を目の当たりに。』台北(台湾)の旅行記・ブログ by neneさん【フォートラベル】

コロナ ウイルス 台湾 旅行

冒頭と同じ内容です。 3月19日から外国人は台湾に入国できなくなりました。 現在、台湾人及び台湾の居留証を持っている外国人は、依然として台湾に入国することができます。 海外への渡航歴がある人は14日間の「居家検疫」(在宅検疫)となり、里長もしくは里幹事(「里」は行政区画の1つ。 「区」などの下)が毎日連絡して健康状態をチェックします。 感染者と接触のあった人は14日間の「居家隔離」(在宅隔離)となり、衛生主務機関が追跡調査で健康状態を把握します。 「居家検疫」も「居家隔離」も外出は認められません。 伝染病防治法によれば、「居家隔離」者が勝手に隔離場所(自宅など)を離れた場合は20万台湾元から100万台湾元(約72万日本円から358万日本円)の罰金が科されます。 また、最近は14日間の在宅隔離や在宅検疫を終えた人が医療機関を受診し、新型コロナウイルスへの感染が発覚するケースが出ています。 これを受け中央感染症指揮センターは4日、在宅隔離や在宅検疫の終了後、さらに7日間の「自主健康管理」を求める方針を発表しました。 外出時のマスクの常時着用、公共の場への出入り自粛などが必要になります。 自主健康管理では、朝晩の検温、行動歴の記録、症状が出た場合にマスク着用の上で速やかに医療機関を受診することなども求められます。 現在、マスクの販売は政府によって管理されており、健保薬局やコンビニで購入することができます。 マスク購入可能枚数は、大人(1人)は2週間で9枚、子ども(1人)は2週間で10枚に制限されています。 (4月8日までは購入可能枚数がもっと少なかったですが、購入者の負担を軽くするため緩和されました。 ) 以前はIDカード、居留証、パスポートなどの身分証明書を利用して、購入可能な曜日を制限していました。 (例:ナンバーが奇数の人は、何曜日と何曜日だけ購入できる、等) しかし、現在は購入可能曜日の制限がなくなり、身分証明書を提示すればいつでもマスクが購入できるようになっています。 台湾で4月1日から義務化された公共交通機関でのマスク着用に関し、中央感染症指揮センターは3日、係員の指示に従わなかった場合は感染症予防法に基づき、最大で1万5000台湾元(約5万3800円)の過料を科すと発表しました。 陳時中指揮官はマスク着用義務化について、メトロ(MRT)や台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)などの公共交通機関においてマスクを着用していない利用者に対しては、まず注意を行い、それでも従わない場合に罰すると説明しました。 交通部(交通省)は1日、マスク着用義務化の対象は台湾高速鉄道、台湾鉄路管理局(台鉄)、高速バスだと説明し、地方政府の管轄であるメトロ(MRT)については、地方政府を尊重するとしました。 指揮センターの発表を受け、行政院(内閣)直轄6市(台北、新北、桃園、台中、台南、高雄)はいずれも3日、措置に従うと表明し、各市内の路線バスやメトロでもマスク着用を義務付ける方針を示しました。 冒頭と同じ内容です。 3月19日から、外国人は台湾に入国できなくなりました。 これを破った場合は罰金となります。 現在、台湾の公共交通機関や病院などの公共施設では、マスク着用が必須になっています。 マスクの販売は政府によって管理されており、健保薬局やコンビニで購入することができます。 マスク購入可能枚数は、大人(1人)は2週間で9枚、子ども(1人)は2週間で10枚に制限されています。 購入にはIDカード、居留証、パスポートなどの身分証明書の提示の必要があり、購入可能曜日制限もありません。 台湾のコロナウイルス対策まとめ 私の個人的な感想では、台湾のコロナウイルス対策は日本よりも徹底している印象です。 その背景には、台湾の中国に対する不信感や警戒心、2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の記憶があるのでしょう。 また、台湾は政治的な理由でWHO(世界保健機関)の総会に呼ばれないなど、立場的にも不安定なため、自分の身は自分で守るという意識があります。 ぜひ日本も台湾を見習って、もう少し対策を強化してほしいものです。

次の