歯を白くする方法 アルミホイル。 歯を白くする方法がある?自宅で簡単に歯を白くする方法と歯医者でやる方法

アルミ ホイルを歯にかぶせるホワイトニングは大丈夫?ガルバニー電流に要注意

歯を白くする方法 アルミホイル

重曹で歯磨きって? 1-1 歯磨き粉の代わりに重曹で歯磨き 重曹を使用して歯を綺麗にする方法として取り上げられているものの中に、歯磨き粉の代わりに重曹を使って歯を磨く方法があります。 重曹が持つ研磨作用により、着色の原因となる汚れを落とすことで、歯が白く見えます。 具体的な方法としては、直接歯ブラシに重曹を付けて歯を磨く方法と、歯磨き粉のようにペースト状にしたものを使う方法があります。 重曹と水を混ぜてペーストにするのが一般的ですが、水の代わりにハッカ油やグリセリンを使っている方もいます。 この重曹歯磨きは、ネット上で様々な重曹ペーストのレシピが考案されているほど知られています。 しかし、重曹は非常に研磨力が強いため、磨きすぎや力の入れ過ぎで歯にダメージを与えてしまうことがありますので注意しなければいけません。 特に、人口歯をお持ちの方はその歯の寿命を短くしてしまう恐れもありますので、後の文で重曹による歯磨きのメリット、デメリットを詳しく解説します。 重曹で歯は白くなるの 2-1 重曹には本当に歯を白くする効果があるの? 重曹によって歯を白くする方法というのは話題になりましたが、実際のところ本当に歯を白くする効果があるのか気になりますよね。 汚れを落とすことはできるので歯が白く見えるだけで、ホワイトニングのように重曹が何らかの作用をして歯を白くするというものではありません。 実は、汚れとなっているたんぱく質を重曹が分解して、研磨作用により汚れを落とすクリーニング効果しかなく、白く見えているだけなのです。 ホワイトニングのように、ついてしまった色素を分解して科学的に歯を白くする効果はありません。 歯そのものを白くしたい方はホワイトニングを検討することをおすすめします。 2-2 そもそも重曹ってどんな物質? 重曹で歯を白くするといっても、そもそも重曹がどんな物質であるかよく分からないまま口に入れるのは抵抗があります。 そこで重曹についてまとめてみました。 重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、自然界に存在している物質で人体に害も無く、水に流しても他の生物に影響を与えたりすることもありません。 主な働きは洗剤にも使われているように研磨作用があるため、汚れをこすり落とすことができたり、弱アルカリ性であるという性質から酸性を中和し、脂汚れを落としたりニオイを中和するのに役立ちます。 熱や酸により炭酸ガスが発生するという性質も持っているため、汚れを浮かせる効果があります。 水を軟水化することにより、お風呂のお湯をマイルドにする入浴剤として使用され、洗濯ものの汚れを落としやすくする効果もあります。 このような特徴から、重曹は掃除や洗濯、料理や美容といった幅広い用途に使用されている物質です。 このように、研磨作用があることから歯が白くきれいになるのではないかという情報が広まったのではないかと推測されます。 デメリットに注意! 3-1 研磨作用によって歯が削れる 重曹は頑固な汚れを落とすクレンザーにも使用されているほど、非常に研磨作用の強い物質です。 歯磨き時に使う場合は、その研磨作用の強さから汚れを除去するのみならず、歯をも削ってしまう恐れがあります。 歯の表面のエナメル質を削ってしまうと中の象牙質が見えるようになることで黄ばんで見えるようになります。 また歯の表面が傷ついてザラザラすると汚れが付着しやすくなり、変色しやすくなってしまいます。 知覚過敏等痛みの原因にもなりますので注意が必要です。 重曹で歯を磨く時は、力加減や磨きすぎに気を付ける必要があります。 3-2 塩分の過剰摂取を招く 重曹は塩と同じくナトリウム化合物で構成されています。 そのため食用の重曹を実際になめてみると塩と同じく非常にしょっぱい味がします。 重曹による歯磨きやうがいで誤って飲み込んでしまうと塩分を過剰に摂取することになります。 また、飲みこまなくても口の中の粘膜から塩分は吸収されてしまいます。 持病で塩分の摂取を制限されている方はもちろん注意が必要となりますし、健康な方でも塩分摂取量が増えるのは好ましいことではありません。 3-3 強い刺激で皮膚や粘膜にダメージを与える 重曹はアルカリ性の物質で、油脂やたんぱく質を分解する作用があります。 そのため重曹による歯磨きやうがいの頻度が高すぎたり、濃度が高すぎたりすると歯茎や喉など口の中の粘膜を刺激してダメージを与える可能性があります。 重曹による歯磨きやうがいを過剰に行ったり、濃度や量を間違えて口の中がアルカリ性に傾きすぎないように注意が必要です。 3-4 口内がアルカリ性になると歯石の付着の原因に 前述のとおり重曹はアルカリ性の物質ですので、歯磨きやうがいに使用すると、口の中の環境がアルカリ性に傾いてしまいます。 人間の口内は唾液により中性に近い弱酸性に保たれているのですが、アルカリ性に傾いた口内は歯石が付着しやすくなってしまいます。 歯石は細菌の住処ですので、虫歯や歯周病の原因となります。 歯を綺麗にする目的で重曹を使用して、歯石の付着を招いてしまっては本末転倒です。 重曹のその他の効果 4-1 歯を綺麗にする以外にも期待できる効果 研磨効果ばかりが取り上げられることが多いのですが、実際には他にも効果があると言われています。 研磨作用により歯に付着した汚れをとることができますが、その他に虫歯予防、歯周病予防、口臭予防の効果があると言われています。 それぞれ詳しく見て行きます。 4-2 重曹が持つ他の効果についての現実 まず虫歯予防についてですが、よく言われているのが食事によって酸性に傾いた口内を、アルカリ性の性質を持つ重曹により中和することで歯の再石灰化を促進し、虫歯予防に繋がるというものです。 しかし実際には再石灰化は唾液に含まれるミネラル分が作用することで行われますし、虫歯は口内が酸性になるからできるのではなく、虫歯菌が出す酸によって歯が溶かされてできます。 従って重曹を使用しても、直接的な虫歯予防効果は期待できません。 次に歯周病についてですが、こちらは重曹のアルカリ性による殺菌作用が、歯周病菌に作用することで予防に繋がると言われています。 しかし実際には歯周病菌の多くは歯周ポケットの中に潜んでおり、うがいや歯磨きでは効果が期待できません。 一時的に歯茎を引き締めることにより、歯茎の腫れを緩和する効果は多少期待できますが、原因となる歯周病菌を対処することにはなりませんので、本質的な解決にはなりません。 口臭に関しては、口内が酸性に傾くことによる口臭に対しては、アルカリ性である重曹でニオイの原因となる酸性の物質を中和することで効果が期待できます。 しかし歯周病菌が原因となっている口臭については、上記の内容と同じ理由により効果も期待できず、歯周病の治療を行わない限り、口臭の根本的な解決には至りません。 歯科医院でできる歯を白くする施術は費用対効果抜群 5-1 費用対効果抜群なのは歯医者さんでの施術 重曹は歯の汚れを落とすには効果的ですが、やるには少しデメリットが大きいかもしれません。 実際に話題に上っている程の効果は期待できないのが現実です。 本当に白くて綺麗な歯を手に入れたいのなら、やはり専門家である歯科医院の受診を検討してみるのがおすすめです。 費用は重曹と比べると高額になりますが、高い効果を確実にかつ安全に得ることができますので、安価だとはいえ効果的でない方法を長期的に試すよりは歯の健康上も、コストパフォーマンスも問題なく良いと言えます。 実際に歯科医院で実施している方法を以下に紹介します。 5-2 オフィスホワイトニング 歯科医院で行うホワイトニングで1回の施術で高い効果が期待できるのがと呼ばれる方法です。 歯科医師免許がなければ扱えない高濃度の薬剤を使って、歯を漂白して白くします。 薬剤の反応を促す光の照射を行う場合もあります。 短期間で白い歯を手に入れたい方や、忙しくて時間が取れないという方におすすめの方法です。 5-3 ホームホワイトニング 歯科医院でマウスピースの作成と薬剤を処方してもらい指導を受けます。 自宅でテレビや映画を観ながら、自分の好きなタイミング歯を白くすることができます。 マウスピースを一度作成すると薬剤の追加購入だけでホワイトニングを実施できますので、コストパフォーマンスの面で優れています。 また、時間をかけてじっくり歯を白くしていくため、色戻りしにくいといった特徴があります。 で一度白くした歯を、を併用して白さを維持するという使い方が非常に効果的です。 この併用する方法はと呼ばれています。 5-4 市販のホワイトニンググッズの活用 市販品を購入して歯を白くする方法もあります。 重曹を使用するよりもリスクが無いという点では、メリットがあります。 効果的に着色汚れを落とす成分が配合された、ホワイトニング用の歯磨き粉を使用したり、歯の消しゴムを使って着色汚れを落とすことで歯を綺麗にすることができます。 またホワイトニングペンと呼ばれる、特殊なジェルが入ったペン型のアイテムや、海外通販で入手できるホワイトニングテープといったアイテムもあります。 これらは歯科医院のホワイトニングと比べると、とても安価で購入しやすいため、手軽に試せるのが最大のメリットです。 しかし、手軽さに乗じて何でもかんでも試してしまうと、健康だった歯を痛めてしまう原因となります。 リスクを負ってでも試したい方は自己責任となりますので、購入には十分注意しましょう。 まとめ いかがでしたか。 重曹には研磨力により汚れを落とす効果や、口臭を予防する効果が期待できます。 しかし実際に話題になっている程の効果は無く、歯が削れたり刺激が強すぎたりといったデメリットの部分が目立ちます。 重曹で歯を白くする場合は取り扱いに注意するとともに、紹介した歯科医院でのホワイトニング等の方法も含めて検討してみることをおすすめします。 ・歯磨き粉の代わりに重曹で歯磨き L歯磨き粉の代わりに重曹を使って歯を磨く方法がある L重曹が持つ研磨作用により、着色の原因となる汚れを落とすことで、歯が白く見える L重曹は非常に研磨力が強いため、磨きすぎや力の入れ過ぎで歯にダメージを与えてしまうことがある ・重曹には本当に歯を白くする効果があるのか L汚れを落とすことはできるので歯が白く見えるだけで、ホワイトニングのように重曹が何らかの作用をして歯を白くするというものではない L歯そのものを白くしたい方はホワイトニングがおすすめ ・そもそも重曹ってどんな物質 L重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、自然界に存在している物質で人体に害もない L熱や酸により炭酸ガスが発生するという性質も持っているため、汚れを浮かせる効果がある L重曹は掃除や洗濯、料理や美容といった幅広い用途に使用されている物質 ・ デメリットに注意 L研磨作用によって歯が削れる L塩分の過剰摂取を招く L強い刺激で皮膚や粘膜にダメージを与える L口内がアルカリ性になると歯石の付着の原因になる ・ 重曹のその他の効果 L虫歯予防、歯周病予防、口臭予防の効果があると言われている L口内が酸性に傾くことによる口臭に対しては効果が期待できる ・ 歯科医院でできる歯を白くする施術は費用対効果抜群 Lオフィスホワイトニング Lホームホワイトニング L市販のホワイトニンググッズの活用.

次の

歯を白くする方法

歯を白くする方法 アルミホイル

衣類の静電気防止 乾燥機に洗濯物を入れたらアルミホイルを球状にしたものを2、3個一緒に入れておきます。 洗濯物を取り出したときに静電気に悩まされることはありません。 ハサミを研ぐ ホイルを切るだけで、切れにくくなったハサミの切れ味が蘇ります。 家具の移動に 家具の足の下にホイルの切れ端(ピカピカした面を上にしておく)を忍ばせます。 家具を床の上を移動させるのがこんなに簡単にいくとは! 6. WIfi の接続が良くなる Wifiの接続を良くするには、大きめに切ったホイルを数回折り、Wifiアンテナの後ろにスクリーンのように設置します。 ホイルでWifiの電波に指向性を持たせることができます。 袋の封をする ビニール袋の封をするには袋の端にホイルをかぶせます。 その上にアイロンをかけるだけです! 8. お菓子作りに ホイルでオリジナルのクッキー型を作れば、ユニークなスイーツの出来上がり。 歯のホワイトニング アルミホイルで歯のホワイトニングまでできてしまうとは、誰も想像しなかったのではないでしょうか。 ホワイトニング剤を、細長く切ったホイルにたっぷり塗ります。 このホイルを歯にぴったりと付け、1時間置いておきます。 ホイルを取ったら口全体をよくすすぎます。 セロリの鮮度を保つ セロリをホイルに包んで冷蔵庫に入れておけば4週間ほど鮮度を保つことができます。 ビニール袋と異なり、アルミニウムは野菜の熟成を早めるエチレンガスを放出する働きがあるためです。 錆び付いた金属に アルミホイルを球状にして水に浸します。 錆び付いた鉄やクロムメッキ金属をこれでこすれば長年のサビもきれいに落ちます。 金タワシを復活させる 金タワシを乾燥させ、ホイルで包んで冷凍庫に入れておきます。 見違えるような使い心地にびっくりするはずです! 13. バーベキューグリルの掃除に バーベキューが終わったら、網についた食べ物かすなどの汚れをアルミホイルを球状にしたものでこすり落とします。 火傷しないようトングなどを使っておこなってください。 スマートフォンに 不思議なことにスマートフォンのタッチスクリーンはアルミホイルに反応します。 鉛筆をホイルで包めばタッチペンのできあがり。 手袋などをしているときは、指先をホイルで包んでから手袋をはめれば操作することができます。 アルミホイルを食べ物を包むだけに使うのはもったいないような気がしてきますね。 乾燥機の静電気除去からハサミ研ぎや網の掃除まで多様な目的で使える素晴らしいお役立ち素材です。

次の

歯を白くする方法|家にあるものでできる?やってはいけない危険度ランキング

歯を白くする方法 アルミホイル

家庭にあるアルミホイル。 料理に使ったり科学実験で使ったりしますよね。 このアルミホイルを使って、簡単に歯をホワイトニングする方法が話題になっています。 なんだか理科の実験みたいですね。 本当にアルミホイルで歯をホワイトニングすることはできるのでしょうか。 また、アルミホイルを使うことに危険性はないのでしょうか。 使うのはアルミホイルだけじゃない。 ホワイトニングの手順とは アルミホイルでホワイトニングができる!と聞いたとき、アルミホイルだけあれば良いのかと思ってしまいますよね。 しかし、ただ単にアルミホイルを歯に巻きつけても何の意味もありません。 それ以外に必要な材料があるのです。 その材料とは、歯磨き粉、塩、そして重曹の3つです。 重曹は、ベーキングパウダーの主成分として使われているもので、掃除用として売られていることも多いですね。 歯磨き粉と塩は家に常備してあるでしょう。 重曹は家庭によってはないかもしれません。 ただ、ドラッグストアで購入することができるので材料の調達は簡単です。 実際の手順はまず、適当な大きさのコップに歯磨き粉を出します。 歯全体に塗るので、それを考慮して量を調整してください。 その歯磨き粉に重曹と塩を混ぜます。 後述しますが、ホワイトニングの肝となるのは重曹です。 重曹が少ないと思うような効果がでませんし、多いと歯にとって良くないことが起きてしまうのです。 十分に混ぜ終わったら、漏れが無いように歯の表面に塗ります。 ここで、漏れがあるとせっかくかけた時間が無駄になってしまいます。 試してみる人はしっかりと塗りましょう。 塗り終えたら、アルミホイルで歯全体が覆われるようにします。 このとき、歯の形がわかるくらいにしっかりとアルミホイルを押し付けることが大切です。 ここが緩くなってしまうと効果が薄れてしまうようです。 アルミホイルホワイトニングの効果はどれくらいか? アルミホイルを歯に巻きつけておく時間は約1時間。 その間はずっと口の中に違和感があるので、なかなか根気がいるかもしれません。 1時間経ったらアルミホイルを外して、歯磨きをしてから口をよくゆすげば終わりです。 このとき使う歯ブラシはやわらかめのものを使いましょう。 また、力を抜いて優しく磨くことを心がけてください。 さて、効果はどうでしょう。 ホワイトニングといっても、もちろん歯医者のホワイトニングのような劇的な効果を期待してはいけません。 歯が白くなった!という人もいれば、全然変わらないという人もいるようです。 そもそもホワイトニング前の状態が人それぞれですので、効果はまちまちのようですね。 では、白くなったという人はなぜ現れるのでしょうか。 アルミホイルホワイトニングの理由とは? アルミホイルによるホワイトニングができる理由とは一体なんでしょうか。 それは、材料にありました。 材料の一つに重曹が使われています。 この重曹はいわゆる研磨剤にあたるのです。 重曹を一時間つけておくことによって、歯の表面が削れるのです。 このとき、歯に付着した黄ばみやコーヒーやタバコが原因の汚れが削り取られれば、見た目にはホワイトニングが成功したように見えるでしょう。 アルミホイルはあくまでも重曹を逃がさないためのものであり、アルミホイルが原因でホワイトニングがされているわけではありません。 歯に密着させるものとしてアルミホイルが最適だったということです。 アルミホイルホワイトニングの危険性 アルミホイルホワイトニングに危険性はないのでしょうか。 白くなる原因は重曹にありました。 重曹が歯の表面を削るために白くなるのです。 この歯の表面を削るというのがポイントです。 確かに、黄ばみや汚れは歯の表面についているため、これを削り取るのは理に適っています。 しかし、削り取られるのは黄ばみや汚れだけなのでしょうか。 想像していただければわかると思います。 そのような上手い話はありません。 アルミホイルホワイトニングを行うと、黄ばみや汚れと一緒に本来の歯そのもの、つまり歯のエナメル質が削れていきます。 重曹は歯にとって研磨剤としての効果が強すぎるのです。 一度、アルミホイルホワイトニングで歯が白くなったからといって、やりすぎれば自分の歯をどんどん痛めつけているのと変わりません。 逆に、本来の歯に傷がつくために、その傷に汚れがつきやすくなる可能性があります。 それだけでなく、歯が削られすぎたために知覚過敏によって痛みを感じるようになったり、最悪の場合は歯が折れてしまったりする可能性もゼロではありません。 そもそも歯のエナメル質は、一度傷つくと完全には元に戻りません。 その危険性を十分に承知した上でアルミホイルホワイトニングを行うべきでしょう。 また、銀歯や銀の詰めものがある人は絶対にアルミホイルホワイトニングをやらないでください。 銀歯や銀の詰めものがある場合、アルミホイルをかんだときに口に電流が流れる可能性があります。 この電流はガルバニック電流といいます。 二つの異なる金属が唾液を介して接触しあったときに流れる微弱な電流で、銀とアルミニウムという二つの金属が電流を発生させてしまうのです。 このように、アルミホイルホワイトニングには危険が伴います。 行う際には十分に危険性を承知してください。 結局、アルミホイルホワイトニングとはなんだったのか アルミホイルという身近な材料で、誰もが望む歯のホワイトングができる。 そんな夢のような話だからこそ、色んな媒体で拡散され話題にあがってきたのでしょう。 しかし、実態としてはクリニックのホワイトニングとは効果が全く違います。 ホワイトニングといえば、クリニックのホワイトニングのレベルを想像するとおもいますが、そこまで白くなるはずがありません。 効果があったという人も、歯を痛めつけながら効果をたたき出しているのが現状です。 日常的にタバコを吸っていて、歯が異常に汚れている人であればやってみても良いとは思います。 ただ、特に歯を汚すような習慣を持っていない人に積極的に勧められるものではありません。 一度、お試し感覚でやってみる程度なら良いかもしれませんが、歯が真っ白になるという話を鵜呑みにして何回もアルミホイルホワイトニングを実践してしまうと、知らない間に歯が悲鳴をあげているかもしれません。 このような急に出てきた話題を実践する際には、科学的な根拠があるか専門科からの見解はどうなのかなど、十分な下調べが必要でしょう。

次の