植木鉢 コバエ。 クロバネキノコバエの幼虫が群れている!駆除方法を解説

観葉植物にコバエが大量発生して困っています。

植木鉢 コバエ

虫が湧く理由を知ろう 観葉植物の周りに虫が発生するには、必ず原因があります。 放置しておくと繁殖して数が増えすぎてしまい、日常生活にも悪影響を与えてしまうでしょう。 観葉植物に湧くコバエの種類と原因、気をつけたい他の虫について紹介します。 発生するコバエの種類 コバエとは、数ミリの小さなハエの総称で、実際は『260種類以上』に及びます。 それぞれ発生場所や好物が違うことから、対処には、まずコバエの種類を知ることが重要です。 観葉植物に発生しやすいコバエは以下の2種類です。 キノコバエ:1〜2mmの黒っぽいハエ。 観葉植物に発生するのはクロバネキノコバエが多く、肥料や土、真菌類、植物の養分を餌にする。 繁殖力が強く、早めの駆除が必要• チョウバエ:4〜5mmのキノコバエに似たハエ。 石鹸カスや皮脂、ヘドロや汚物などが餌。 湿り気のある場所を好み、湿度のあるところなら家のどこでも発生する 観葉植物の周りや、家の中でコバエを該当するコバエを見つけたら原因を突き止めて『早めに対処する』ことが大切です。 コバエが湧く理由 では、コバエが湧いてしまうのはなぜなのでしょうか。 これは、観葉植物に使っている有機肥料の与えすぎや、溜まり水、高い湿度を保ちすぎていることが原因として考えられます。 どれだけ対策していても、外から侵入してきて室内で増えてしまうこともあるでしょう。 網戸などに虫よけスプレーをしておくなど、侵入対策も重要なポイントです。 コバエが好む環境が、観葉植物などの周りでできあがっていないか、家の周囲にそのような環境がないか、原因を突き止めてみましょう。 コバエ以外の虫にも注意 コバエ以外にも、観葉植物の付近で増えたり、好んで集まってしまう虫がいます。 代表的なものは以下の通りです。 蟻:鉢植えの中に巣を作ってしまい徐々に繁殖する。 アブラムシなどが多いと蟻も集まるため注意• ゴキブリ:室内の暖かい場所を好み、繁殖力も強い。 食品や汚れた食器、生ごみなどを徹底的に排除して衛生管理する必要がある• トビムシ:鉢土の表面を飛び跳ねる小さな虫。 有機肥料や湿った木材によって増える。 土壌の分解を促進する益虫としても知られるが、大量発生すると対処が必要• ナメクジ:湿気を好み、夜になると活動して、観葉植物などに悪影響を与える 他にも、ハダニやカイガラムシなど、観葉植物の葉に害虫が増えることもあります。 観葉植物の様子は定期的にチェックするようにしてください。 コバエが湧いたらどうする?対策を知ろう コバエが湧いてしまった原因を突き止めたら、こまめに対策をして徐々に減らしていく必要があります。 実践したい代表的な対処法を3つ紹介するので、気が付いたときにすぐに始めてみましょう。 土の表面を変える 管理している観葉植物の土の表面を見てみましょう。 状態がコバエに最適な環境となっているケースでは『土の表面を変える』ことで対処できます。 キノコバエ類であれば、土の表面2〜3cmの深さに卵を産み付けます。 そのため、土の表面を5cmほど『無機質の用土』に変えると、餌がなくなり、繁殖を抑えられるでしょう。 また、無機質の用土に変えても有機肥料を使っていると意味がないケースも見られます。 有機肥料にこだわらず、化学肥料を活用すれば、より繁殖力を抑えられるので対策として有効です。 他にも、土の表面が2日ほど乾燥している状態にしてから水やりを行う、土の通気性をよくする、受け皿の水をこまめに捨てるなど、コバエが好まない環境作りを意識してみてください。 殺虫剤やスプレーを用いる コバエやその他の虫が気になるということは、すでに目に余るほど発生していることが予想されます。 そんなときに頼りになるのは、やはり殺虫剤やスプレーです。 土の表面に殺虫剤やスプレーを用いれば、虫の駆除と一緒に予防効果を高められます。 発生している虫に対応した殺虫剤やスプレーであれば、簡単に駆除できるでしょう。 いつでも行える駆除方法として、覚えておくと便利です。 また、動物を飼っている家庭では、殺虫剤など溶剤を含むものを使いたくないということも少なからずあります。 そんなときには『天然成分で作られたタイプ』を選ぶといいでしょう。 鉢ごと水没させて卵を除去 それでも薬剤を使いたくない場合の選択肢として有効なのが、『鉢ごと水没』させて卵を除去する方法です。 簡単にやり方を紹介しましょう。 鉢が収まるサイズのバケツに水を張り、観葉植物を鉢ごと沈めます。 10〜15分程度沈めておけば、コバエの幼虫や卵が浮いてくるので網などで取り除きます。 虫の幼虫や卵を直に見てしまうこととなるため、苦手な人にはおすすめできませんが、薬剤を使わず確実にコバエ対策をしたいという人は実践してみましょう。 おすすめの殺虫剤を紹介 観葉植物を管理するときに用意しておくと便利な殺虫剤を、2つ紹介します。 それぞれの使い勝手に注目しながら、ライフスタイルに合わせたものを用意しましょう。 ダントツ水溶剤 『ダントツ水溶剤』は、水で薄め、水やりのときに2〜3回土の表面全体に染み渡るように与えるタイプの殺虫剤です。 土の中の幼虫や卵の駆除に最適で、『薬品特有の臭い』がなく、室内でも使いやすいことから人気があります。 即効性もあり手軽に使えるので、常備しておくと、いざというときに役立つでしょう。 商品名:ダントツ水溶剤 125g• 価格:1480円(税込)• 楽天: 業務用コバエジェット 『業務用コバエジェット』は、即効性と残効性を兼ね備えた、コバエ対策に1本は用意しておきたい便利なスプレーです。 コバエの発生源にスプレーすれば幼虫の段階で除去し、気になるコバエに使えばすぐに落としてくれる、すぐれものです。 排水口や配管などの狭い場所にも使えるノズルを搭載し、観葉植物に限らず発生源のどこでも使える点も、人気の理由と言えるでしょう。 商品名:業務用コバエジェット 450ml• 価格:2484円(税込)• 楽天: 発生を未然に防ぐ予防策や忌避剤 観葉植物をこれから楽しみたいという人は、コバエなどの虫の発生を未然に防ぐためにも、予防策や忌避剤を用意しておくと便利です。 おすすめ製品も参考にしてみてください。 木酢酸を用いよう 『木酢液』は、木炭を作るときに出る水蒸気や煙を冷やして液体にし、有害物質をろ過したものです。 200〜500倍に希釈して1〜3日に1回ほど霧吹きしておくだけで、防虫効果が得られます。 燻製のような臭いがするので、室内で使うときには散布のしすぎに注意してください。 土の種類を変える キノコバエなどは、土の表面に卵を産み付けてしまいます。 そこで、土の種類を最初からコバエが嫌う状態にしておけば、予防効果が得られるでしょう。 無機質の用土やコバエに対応した土の種類をチェックしてみてください。 コバエバリア 200ml 忌避剤を使うことも検討しましょう。 『コバエバリア』は、食品成分で作られたコバエ除けスプレーです。 台所でも安心して使えるよう殺虫成分は含んでいませんが、シナモンに含まれる成分がコバエを忌避させ、発酵アルコールがコバエの体表を包み込み、窒息死させる効果があります。 除菌消臭効果がプラスされているため、ゴミ箱や三角コーナーなど、日常的に気になる部分に使えるのもポイントです。 商品名:コバエ忌避剤 コバエバリア 200ml• 価格:512円(税込)• 楽天:.

次の

クロバネキノコバエの幼虫が群れている!駆除方法を解説

植木鉢 コバエ

土からの腐敗臭がないことを前提にしますね。 コバエ退治・捕獲から始めることをオススメします。 ホームセンターの園芸コーナーか、台所用品のカテにコバエ取り? の黄色い両面テープが置いてあると思いますのでそれを入手して、粘着面積が空中に限りなく多くなるように、鉢の渕から土の上を通して反対側の鉢の渕に貼り付けておくのが効果的だと思います。 コバエは黄色いところに集まるはずです。 試験的に黄色のビニールテープがあればその粘着面を空気中に露出させておいたり、黄色い紙に両面テープを貼り付けたりして、とにかく粘着性のある黄色いものを鉢のそばに置いてみてはいかがでしょうか? ・幹や葉っぱには絶対貼ってはいけません! それと、コバエ予備軍については土を極力乾燥させることが必要だと思います。 でも、なかなか鉢が動かせないのであれば、根を傷めないように注意しながら割り箸などの棒で土を引っ掻いたりして少しずつ起こしていれば乾いた土の色になってくるので乾き具合が分かりやすいと思いますし、そのまま放置するより乾きが早いと思います。 葉っぱがしんなりするまでとにかく土へは水を与えないで下さい。 鉢カバーやラッピング、お皿は撤去。 水をすぐに抜いて下さい。 鉢が動かなければ何かで吸い取ります。 雑巾でもスポイトでもティッシュでも、何でもOKです。 その後は葉っぱに霧吹きや、濡れタオルで葉っぱを拭いて水分を持たせておきます。 葉っぱがしっかりしているようなら、まだまだ土に水を与えない期間を延長して、じっと葉っぱを拭く日々で耐えて下さい。 成虫はテープで捕獲、予備軍は土の乾燥で終了を。 殺虫剤はお安くもないですし、上記でコバエとサヨナラしてしまえば余ってしまいます。 上記で改善が見られなければ、またはもっとお急ぎなのであれば植物専門の投薬治療を! 観葉植物は植物によっては寒さに弱いものがあり そのようなものは今の時期植え替えはできませんので 土を入れ替える方法はお勧めしません。 コバエは有機物の入った用土を使ったり 肥料が有機物入りであったり あとは、土が常に湿っている状態で 発生しやすくなります。 肥料は化成肥料を用いるのが良いでしょう。 土が常に湿っていると根が腐ってしまうことがありますので 水の与えすぎには気を付けてください。 土が乾いてから、今の時期では2・3日たってから たっぷりと容器の底から流れ出てくるまで 鉢の縁からそっと与えます。 トレイなどを使用している場合は水がたまりますので 必ず捨てるようにしましょう。 コバエですが誘引殺虫するようなもので 対処してください。 農薬ではコバエを駆除できるものはありませんし キンチョールなどは植物に使うのは厳禁ですので。

次の

ベランダの鉢植えのコバエを駆除。対策と原因を知って退治しよう

植木鉢 コバエ

観葉植物のコバエ駆除 我が家では、観葉植物の土にコバエが繁殖すると聞いてから、腐葉土などは使わず肥料の含まれていない用土が安心。 コバエが食べられない用土にすれば防げます。 鹿沼土• パーライト 軽いので持ち運びに便利です。 単独ではちょっと軽すぎて使いづらいかも。 バーキュライト 軽いので持ち運びに便利で保水性も良い。 特にハイドロカルチャー用 用土がおすすめ。 ダイソーのカラーゼオライト、らくらくソイルを用土の上に載せるのも良い。 土を使わずに植物を育てる水耕栽培用土 土を使わないので、清潔で部屋を汚さず、お手入れも簡単 粘土を焼き上げ発泡させた発泡煉石。 多孔質構造で、植物が根から出す酸を吸収し根を活性化します 土と比べ水やり回数が少なくすみます。 私は 水耕栽培用の液体肥料を使用しています。 (筆者が栽培・撮影したクレソンの水耕栽培。 ) 通販 このハイポニカと専用スポンジを使うと、水耕栽培もできるのでおすすめ。 (トマトの水耕栽培の様子。 筆者が育てています。 ) この作戦に切り替えてからコバエが寄らなくなりました。 ただし枯れた葉をそのままにしておくと、腐ってきてコバエが集まるので、早めに取り除いた方が良いですよ。 それに見た目も美しくなります。 専用の液肥にしてから、生育が良くなったように思います。 駆除に失敗 顔の周りに飛んでいるコバエをなんとかしなきゃ。 手っ取り早く、パソコン周りにあるもので、飛んでいるコバエを捕まえてやろうと思い、こんな実験をしました。 (後ほど、を紹介しています。 ) 用意したのはガムテープと定規。 ガムテープを裏返しにして、粘着がある方を表にして写真の様に輪にしました。 さすがに強力な粘着力なので、止まれば完全に捕まえられる! そんな予想を見事に裏切ってくれました。 コバエはハエのように簡単には止まらず、頭や頬をかすめながら激しく飛び回っていました。 いままで、よく観察したことがなかったので、おの動きには驚きました。 結果、1時間してもガムテープに止まることすらなく、まるでガムテープの臭いを避けているようで、全く粘着に捕らえることができず残念。 そこで成功率が高そうな『めんつゆ』でおびき寄せて、コバエを捕らえる方法に変更。 めんつゆ捕獲作戦! めんつゆは、コバエが引き寄せられる魅力があるようです。 さっそく台所に探しにいくと、ちょっと賞味期限がギリギリのものが残っていたので、それを使うことに。 そのまま使えるタイプと希釈タイプがあるのですが、どちらでもOK。 希釈タイプは、めんつゆの希釈を参考に適量に薄めてください。 その中に食器用洗剤を入れたら完成。 Check めんつゆの量や洗剤が少なすぎると、コバエがめんつゆをエサに卵を産んで、逆に繁殖してしまうので注意しましょう。 夏場は蒸発が激しいので液量は3cmくらいは欲しいところ。 結果は見事、捕獲に成功! 洗剤が効いているようで、見事にコバエが動けなくなっています。 ちょっとした失敗。 捕獲したときの画像が消えてしまいました。 この件については、別途iPhoneのトラブル事例にて報告します。 対策をしてから、現在はコバエがほとんどいなくなり成功と言えるでしょう。 臭いで吸引できる材料 臭いが拡散するようなものであれば、めんつゆでなくても活用できます。 いろいろ試そうと思ったら、コバエが家から消えました。 どうやらすべて駆除できたようです。 もともと生ゴミの臭いに吸い寄せられるので、• スイカの食べかす• バナナの皮• 桃の皮• メロン なども集められますが、液体ではないのでおぼれさせることができないので、液体の材料がおすすめ。 オススメ• 料理酒(日本酒・ビール・ワインなど)• みりん• しょうゆ• 水で溶いた味噌• 果汁・果物ジュース(みかん、りんご100%が良いかも。 ) 他にもあると思いますが、一番手軽な料理酒やめんつゆがおすすめ。 麺つゆトラップに見事引っかかったくれたコバエたち。 水回りとか隅の掃除とかあらかたしたけど、住処を移転してる可能性もあるからもうトラップで減らしていきます。 親が減れば卵も産めないから減るでしょう。 作った洗剤入りのめんつゆは、食べたり飲んだりしないでください。 お子さんの手の届かない位置に配置しましょう。 使い捨てのコップに汁物と洗剤を入れたものを用意。 安定している容器の方が良いですが、虫が入るのを考慮して選んで下さい。 猫やワンちゃんなどペットがいるご家庭は、容器の中身を飲む恐れや、転倒させてしまうので、市販のコバエの捕獲できる商品を使うのがおすすめ。 めんつゆ作戦は室内なので1週間に1~2回くらい、減った分だけ水を補給するようにしてください。 あまり放置していると、水分が蒸発してカビが生えたりして、別の問題が発生する。 観葉植物やキッチンのすぐ近くに置く。 コバエの生態 コバエの生態を知ると、対策がより完璧になります。 ショウジョウバエが主に知られていますが、実は国内に200種以上も種類が存在しています。 基本的に完熟した果物や腐りかけた果物・腐敗し始めた野菜に集まる習性があります。 屋外では木に実った果実や樹液などにも集まります。 ハエよりも数は多く家に侵入するのは、体のサイズがハエよりかなり小型で 体長約3mm。 コバエは羽化すると 数日で産卵します。 寿命は気温などの環境にもよりますが、だいたい 2週間~1ヶ月の寿命と言われています。 産卵数は数百個。 もし1匹飛んでいるコバエを発見したら、どこかに卵を産み落としている可能性があります。 このような基本情報を把握した上で、コバエ対策をすると成功の確率が上がります。 市販品は要注意 市販されている誘因するタイプは、もともとポイ捨てを想定して作られています。 メーカーの商品によってコバエの対象が異なるので、どれが効果があるかで変わります。 『コバエがポットン』• アース製薬 コバエがホイホイ• 排水口コバエ退治 裏を返せば、コバエの種類によって効果の度合いが異なるということ。 万能ではないので、効く場合もあるし効かない場合もあるので、過度の期待はしない方が良い。 メリット 使い勝手が良い。 アース製薬コバエがホイホイは、ショウジョウバエには良く効く。 デメリット ショウジョウバエ意外には、効果がある場合とない場合の差が激しい。 例えばアース製薬コバエがホイホイは、チョウバエやクロバネキノコバエ類などには効かないようです。 コバエの種類によっては全く効果がない。 1ヶ月経過しても、1匹も取れない場合やエサを食べて元気に飛んでいく場合もあります。 購入される場合、自分の家に飛んでいるコバエの種類を確認する必要がありそうですが、見分けがつかない人の方が多いかと。 つまり外れる場合も多く、めんつゆ作戦の方が効果が高い場合もあります。 観葉植物によくい集まるキノコハエには効果がありません。 意外と効果があるかも 排水口にはキッチンハイターが効果があるかも。 排水口の臭いなどが取れるのでコバエが近寄らなくなります。 キッチンハイターなら、他にも使えますし台所に1つはあるのでは? 中性洗剤を薄めて三角コーナーに集まるコバエに、シュッとスプレー。 コバエは窒息してしまいます。 観葉植物に集まるアブラムシにも効果があります。 こちらの方は乾燥時には、牛乳をスプレーかけても効果があり。 洗剤の濃度が濃いと、辺りにスプレーすると床が全て危ないのでご注意ください。 屋外なら木酢液を使う方法もあります。 参考(外部サイト) 侵入経路を絶つ 一番効果的なのが侵入経路を絶つこと。 窓を空ける場合は 細かいメッシュの網戸にすると、コバエが侵入できなくなります。 でも洗濯を干すときや、お買い物に外出するときに、わずかな時間に侵入する場合もあるので、完全には侵入経路を絶つのは難しいので、捕獲作戦も併用する必要があります。 スポンサーリンク コバエの駆除まとめ 観葉植物や生ゴミなど、コバエの発生源をなくせば駆除はしやすくなります。 万一、侵入したら増殖しないためにも、めんつゆ作戦や洗剤スプレーなどを併用して一網打尽! この機会に完全にコバエを退治しましょう! こちらも読まれてますよ~•

次の