僕 だけ が いない 街 ネタバレ。 『僕だけがいない街』漫画の最終回ネタバレひどい!期待の上行く最終回!

僕だけがいない街のあらすじネタバレ、映画の感想!真犯人は×××!?

僕 だけ が いない 街 ネタバレ

監督、脚本、原作・・・平川雄一朗、後藤法子、漫画「僕だけがいない街」三部けい著• 出演者(キャスト)・・・藤原竜也、有村架純、石田ゆり子、及川光博、中川翼、鈴木梨央、林遣都、安藤玉恵、淵上泰史、高橋努、福士誠治、森カンナ、杉本哲太• 主題歌、音楽・・・栞菜智世「Hear 〜信じあえた証〜」、林ゆうき• 撮影、編集・・・斑目重友、坂東直哉• 制作会社、配給・・・オフィスクレッシェンド、映画「僕だけがいない街」製作委員会、ワーナー・ブラザース映画• 劇場公開日・・・2016年3月19日 はい、まずは映画『僕だけがいない街』の原作・脚本・監督、主題歌、キャストなど、基本情報についてまとめておきました。 原作は『このマンガがすごい! 2014』、『マンガ大賞2014』などで取り上げられたこともあるくらい人気のある漫画です。 「 主人公である売れない漫画家・藤沼悟は、直後に起こる悪いこと(事件・事故等)の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまう再上映(リバイバル)と呼ばれる特殊能力を持っている」、という設定が考察意欲のある漫画好きに受けて大人気になったようです。 その人気漫画が今回実写映画化するということで、原作のファンも注目しているし、原作を知らない人にも楽しめる内容になっているとあって注目が集まっています。 売れない漫画家・藤沼悟(藤原竜也)は、ピザ屋でアルバイトをしていたのだが、その配達中に何度も同じ時間が巻き戻る<再上映(リバイバル)>という現象に見舞われることに・・・。 すると悟は周囲の違和感を感じ、交差点で暴走するトラックから小学生を助けたが、その代償として今度は自分がトラックにはねられてしまうのだった・・・。 病院へは、バイト仲間の片桐愛梨(有村架純)が一緒についてきてくれることに・・・悟は他人から距離を置く性格なのだが、愛梨はなぜか気後れせずに話しかけてくる、という特別な存在。 その数日後、誘拐未遂の事件を目撃した悟の母親・藤沼佐知子(石田ゆり子)が何者かに命を奪われ、それと一緒に愛梨も命を狙われることに・・・。 警察が来て、悟は事件の容疑者として疑われ、捕まえられることに・・・するとまさにその瞬間、またしても<再上映(リバイバル)>が・・・。 [ad ad-3] すると、なぜか巻き戻った先は18年前、同級生の雛月加代(鈴木梨央)が被害者となった誘拐未遂事件の起こる直前だった。 悟は、29歳の意識のまま、10歳の身体に<再上映(リバイバル)>し、そこで連続誘拐事件と母親が被害にあった事件との関連性に気がつくことに・・・。 原作漫画はまだ最終回を迎えていないのでどんな展開になるかはわかりませんが、事件の真犯人は、悟が本当の父親のように慕っていた 八代学(及川光博)のようです。 ちなみに、原作ファンの大方の予想としては、「 <リバイバル(再上映)>の世界で悟が真犯人・八代のことを捕まえて、母親も同級生も助かって現在は生きているというはハッピーエンドになるだろう」という説が有力です。 あと映画の主題歌もアニメと同じくRe:Re:にしてほしかった。 知らなくて損してる漫画まだまだあるなぁ。 [ad ad-6] やはり原作の漫画が人気とあって、実写映画版に対する注目度も相当高く、「 見たい」・「 面白そう」と感じている人が多いようですね。 ただ、アニメの最終回をオンエアする前に映画が公開になるので、「 最終話の放送が終わるまでは映画のほうは見たくない」という人も多いです^^;w なので、映画の動員数的には徐々に上がって来るかもしれませんね・・・いずれにせよ、原作を見た事無い人からの期待も高まっていますし、評判のようですね! [ad ad-7] 漫画やアニメとは違い、実写映画ではリアルな臨場感も感じられますし、漫画・アニメとは異なる『僕だけがいない街』の世界観を感じられますから、映画版を毛嫌いする原作ファンの方も見て置いて損は無いでしょう。 【関連記事】• じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^•

次の

【ネタバレ考察】犯人の正体は!?僕だけがいない街の謎・伏線・展開50選【僕だけがいない街】

僕 だけ が いない 街 ネタバレ

twitter. com 「雛月加代編」 悟が事故で意識が目覚めないことを知り落ち込む雛月。 毎日、病室に訪れては意識のない悟に一生懸命話しかける。 いつものように病室に向かうと誰もいない。 賢也が現れ本州の病院に転院したことを知る。 悟の母親の手紙には「今」を大切にしてほしいと書かれていた。 雛月も新しい未来に進む決心をした。 「小林賢也編」 悟は事故で意識不明となった。 真犯人を探し出すことを決意する。 賢也は弁護士となり犯人を追う。 悟が目覚めた連絡が入った。 「藤沼佐知子編」 雛月を虐待している母親と口論している悟の姿を見た。 悟の成長を確認でき、雛月の件に付き合うことを決める。 「片桐愛梨編」 3年勤めた事務所を辞めた。 カメラマンとして生きていくことを決めた。 第8巻で完となるストーリーでしたが、第9巻があることで、 話に厚みができ、感動が大きくなりました。 優しい人たちです。 YouTube コミック無料ZIPには要注意! [危険:注意] AndroidやiOS用のアプリには、 電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、 広告収入で運営されていますので、基本的に古い作品が多く、 現在も連載されている漫画の全巻を 無料ではまず読めないと思ってください。 ZIPに潜むウィルスにご注意!! 全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、 ファイル共有ソフトのtorrentを使ったり、 海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探して ダウンロードするのは非常に危険です。 ダウンロード違法化という法律もありますし、 何よりもZIPファイルやRARファイルを開くと やっかいなウィルスに感染する可能性が非常に高くなります。 くれぐれもご注意ください。

次の

『僕だけがいない街』漫画の最終回ネタバレひどい!期待の上行く最終回!

僕 だけ が いない 街 ネタバレ

『 Re』第五話(最終回)を読みました。 今回の主人公は「片桐愛梨」。 それも『僕街』本編(8巻)ラストシーンの舞台裏を描くようなエピソードになっていました。 (悟と愛梨が橋の下で出会った一日を愛梨視点でたどる内容)。 本編で愛梨の登場した場面をまとめてみると以下のようになりますかね。 1巻:2006年(17歳) ピザ屋で悟と共にバイトしていた 3巻:2006年(17歳) 殺人容疑者の悟を家にかくまった 6巻:2004年(15歳) 病院で盗撮カメラマンをぶん殴った 7巻:2005年(16歳) 駅で悟とすれ違った(セリフ無し) 8巻:2012年(23歳) ラストシーンで悟と橋の下で出会った 振り返ってみると、愛梨はこの作品のメインヒロインの割には出番が少なめだったかなという感じがしますね。 (3巻は出番が多くてヒロインとして重要な役割を果たしていましたが)。 愛梨はピザ屋でバイトしてお金を貯め、高校卒業後日本や世界を旅しながら「空の写真」を撮りたいと言っていました。 今回の外伝のエピソードでは、本編では描かれず空白になっていた、再び悟と出会うまでの愛梨の過ごしていた時間が垣間見えるようなエピソードになっていました。 日本や世界を旅しながら空の写真が撮りたいと夢を語っていましたが、2年ぐらい前からプロ写真家の事務所でアシスタントをしていたようです。 叔父さんの家にもそのまま住み続けていたようだし、さほど生活に大きな変化はなかったんでしょうかね(なんとなく世界を放浪しながら写真を撮るタフなカメラマンになっているような想像をしていたんですけど)。 女子高生の頃はピザ屋の店長や盗撮カメラマンを顔面パンチでぶっ飛ばしたり、天真爛漫で一直線(無鉄砲)なイメージの愛梨でしたが、今回の外伝では23歳ぐらいになっているので、その頃と比べるとわりと落ち着いた感じになっている印象でした。 愛梨がテーマにしている「空の写真」も認めてもらえなくて、壁にぶつかりちょっと停滞しているような状況なんでしょうかね。 そういえば本編6巻で、悟が入院していた病院に愛梨がいた理由も今回出てきました。 (従姉のお姉さんが病気で入院していてお見舞いに来ていた)。 6巻の15歳の愛梨は初対面の悟に夢を語っていましたが、17歳の時は「あんまり親しくないし」という理由で悟に自分の夢を話さなかったし、23歳になった今回では写真を認めてもらえなくて笑顔が減り、仕事も辞めてしまうなど、時系列で振り返ってみると大人になるにつれての愛梨の変化(成長?)のようなものも感じました。 本編では天真爛漫で真っすぐでいい所ばかり描かれていた愛梨でしたが、今回みたいな自分の写真が評価されなくて停滞しているところとか、人間らしいエピソードが描かれると逆にキャラクターの魅力が増すように思います。 悟と愛梨は相性がよさそうだし、また出会いからやり直しですが、明るい未来が感じられるような、いろいろ想像の膨らむ良い終わり方でした。 *** ついに『Re』も今回で最終回。 私はアニメから入ったクチなので、新参読者だったんですけど、8巻発売ぐらいからはリアルタイムで読んでいて、『Re』も毎月楽しみにしていました。 自分としては、外伝のエピソードとして本編後半に出てきた「久美ちゃん」をフォーローするエピソード(悟のこと意識しているような描写があったので、結構気になる)とか読んでみたかったですね。 あとは、もう少し八代を掘り下げるようなエピソードも読んでみたかったし、雛月加代とヒロミのエピソードも読んでみたかったなと思ったり。 まだ名残り惜しいような気もしますが、まあキリがないし仕方がないでしょうかね。 また先生の次回作に期待したいと思います。 ありがとうございました。 関連記事 外伝感想 アニメ感想 bokunozakkicho.

次の