香川 銀行 振込 手数料。 JA香川県 手数料一覧

香川銀行の振込手数料 全国に名を轟かせる地方銀行

香川 銀行 振込 手数料

なお、お振替えは、お取引銀行ATMのみご利用可能です。 上記に加え、りそなグループのご本人名義のカードをご提示いただいた場合は、ATMカード扱いの手数料とさせていただきます。 その他為替手数料(1件あたり) 代金取立手数料 スクロールできます 当社および埼玉りそな銀行 ・関西みらい銀行本支店あて 他行あて 同一手形交換所内および 相互に乗入れしている手形交換所内 440円 660円 上記以外の異なる手形交換所間 660円 1,100円• なお、円換算には日本銀行が公示する報告省令レートを使用します。 (一部外貨・一部円貨の入金方法や、全額円転する場合は手数料がかかる取引があります。 なお、円換算には日本銀行が公示する報告省令レートを使用します。 円貨両替手数料(1回あたり) 店頭でのお手続き 1~500枚 501~1,000枚 窓口両替/金種指定による現金のお引出し 550円 1,100円 (1,001枚以降500枚毎に550円を加算)• (円貨両替機が設置されていない店舗の場合) りそなグループ各社のキャッシュカードのご提示で、さらに窓口両替が50枚まで無料(1日1回)です。 お取扱枚数について• 窓口両替の場合は、「ご希望金種の受取枚数」と「ご持参現金の合計枚数」のいずれか多い方の枚数となります。 金種指定による現金のお引出しの場合は、1万円札を除く払戻し枚数となります。 ただし、新券指定の1万円札は払戻し枚数に含みます。 同時に複数のご依頼をいただいた場合は、合算した合計枚数となります。 両替機でのお手続き 1~500枚 501~1,000枚 円貨両替機利用 300円 600円• あらかじめ100円硬貨をご用意ください。 りそなグループのお客さま りそなグループ(りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行)のお客さまは、りそなグループ各社のキャッシュカードまたは両替専用カードをご利用の場合、50枚まで無料(1日1回)です。 お取扱枚数について• お客さまが両替機でご指定された枚数となります。 1回のお取扱枚数は合計1,000枚までとなります。 ご希望金種によっては、限度枚数までのご両替ができないことがあります。 その他の手数料 硬貨入金整理手数料(1回あたり) 1~1,000枚 1,001~1,500枚 窓口での入金 550円 1,100円 1,501枚以降500枚毎に550円を加算)• (2回目以降は、500枚を超えない場合でも、手数料をいただきます)•

次の

手数料のご案内

香川 銀行 振込 手数料

振込手数料とATMご利用手数料 2019年10月1日現在 振込手数料(税込) インターネットバンキング・ATM(イオンカードセレクト/キャッシュ+デビット/イオンバンクカード)による振込 宛先 振込金額 手数料 イオン銀行宛 無料 他行宛 220円 他行宛振込手数料が最大月5回無料! ステージに応じてイオン銀行Myステージ特典を適用します。 定額自動振込も対象となります。 当行ATMでの現金によるお振込み、店頭窓口でのお振込み、WEB即時決済サービスは対象となりません。 イオンカードセレクト、キャッシュ+デビット特典の他行振込手数料無料回数と重複がある場合は特典の多い回数を適用いたします。 お振込のお手続き(操作)した月の無料回数が減算されます。 振込予約の取消しや組戻しを行った場合、無料回数はお戻しいたしません。 また、現金でのお振込み限度額は10万円となります。 注 店舗では、原則お振込みを受け付けておりません。 他行ATMご利用手数料 ご利用いただけるその他提携金融機関カードの時間帯、手数料、サービス内容などについては、当該提携金融機関までお問い合わせいただくか、ATMの画面または下記「ATMでご利用いただけるカード」でお確かめください。 他行ATM入出金手数料が最大月5回無料! ステージに応じてイオン銀行Myステージ特典を適用します。 一部の提携金融機関のATMにおいてご利用明細(レシート)に手数料が記載される場合がございます。

次の

手数料一覧|紀陽銀行

香川 銀行 振込 手数料

2019年10月27日現在の都市銀行の振込手数料比較。 消費税込み。 自行は本支店宛て。 同一支店は含まず。 電信扱い。 他行宛ての振込手数料は、窓口の場合、振込金額3万円以上なら、どの銀行でも880円もかかります。 ネット振込の場合は、三菱UFJ銀行が3万円以上でも330円と他より安めの設定。 窓口振込よりもATM振込、同じATM振込でも現金よりキャッシュカードによる振込を安く設定している銀行が多いですね。 ATMでは現金による10万円超の振込はできません。 キャッシュカードによるATM振込とネット振込は、同額の銀行と、ネット振込のほうが安い銀行に分かれます。 銀行に行く手間やATMの利用時間の制約を考えると、ネット振込は便利で安いということになります。 優遇サービスで振込手数料がもっと安くなる 振込手数料は、各行が実施している優遇サービスを利用することで、もっと安くなるケースがあります。 優遇サービスの確認をお忘れなく。 上の表でマス目が青くなっている部分は、取引状況に応じて手数料が無料など割安になります。 各行の優遇サービスのおおまかな内容は以下の通りです。 みずほ銀行「みずほマイレージクラブ」 残高50万円以上などの条件を満たすと、ATM(カード利用)やネットでの自行や他行宛ての振込手数料が月1回無料に。 残高500万円以上などの条件を満たすと月4回まで無料に。 ネットまたはATMでの振込が対象です。 三菱UFJ銀行 「スーパー普通預金(メインバンクプラス)」 残高500万円以上または住宅ローン借入れで(完済後2年間まで対象)、他行宛てネット振込手数料が月3回まで無料になります。 三井住友銀行「SMBCポイントパック」 2018年4月よりサービス内容が改訂され、新ポイントは振込手数料の割引には使えなくなりました。 りそな銀行「りそなクラブ」 「りそなクラブ」に入会すると取引をポイントに換算し、ポイント数に応じてネット振込手数料が半額または無料になります。 さて、ネット銀行の振込手数料はどうなっているのでしょうか? 主なネット銀行の振込手数料比較 ネット銀行では、ネットでの他行宛て振込手数料が月数回無料になるところがあります。 2019年10月28日現在のネット銀行の振込手数料比較。 消費税込。 楽天銀行はハッピープログラムにエントリーし、口座で給与や年金を受け取ると他行宛て振込手数料が3回無料になる。 ソニー銀行はSony Bank WALLETを持っていれば月2回まで無料に。 楽天銀行は通常は表の手数料がかかりますが、給与や年金の受け取りがあれば月3回まで無料になります。 ちょっと変わっているのは大和ネクスト銀行です。 自分名義なら他行宛てでも振込手数料が無料、他人名義他行宛てでも月3回まで無料で振り込めます。 ネット銀行は、都市銀行に比べて他行宛て振込手数料が安い傾向にあります。 とはいえ、先に紹介した優遇サービスを使えば、都市銀行も負けてはいません。 優遇サービスに申し込むというひと手間で、手数料が安く済みます。 新生銀行はネット専業ではありませんが、ネットでの他行宛て振込手数料が割安なので、表に入れました。 月1回無料、さらに、取引状況に応じて月5回または10回まで他行宛て振込手数料が無料になります。 無料回数を超えた分は、取引状況により314円/210円/105円の手数料がかかります。 流通系の銀行は振込金額にかかわらず一律 流通系銀行といわれるイオン銀行とセブン銀行の振込手数料についても、紹介しておきましょう。

次の