中 絶後 生理 こない。 確実に妊娠はしてないのに生理がこない!それって無月経かも・・・?

中絶手術後の生理と排卵についてまとめました

中 絶後 生理 こない

この記事の目次• 生理がこない!どうして? ピルには7日間の休薬期間があり、通常はその間に生理がきます。 ですがピル服用中の生理は通常のものと異なるため、生理の現れ方にも変化が生じます。 休薬期間なのに生理がこない!と慌てる前に、まずピルと生理の関係について正しく知ることが大切です。 生理がこない原因とピルとの関係についてまとめました。 ピルと生理の関係 ピルには、中容量ピル・低容量ピル・超低容量ピルなどさまざまな種類があります。 避妊が目的で飲む方もいれば、子宮内膜症や月経困難症などの治療のために服用する方もいます。 服用の目的は違っても飲み方は一緒で、21日間ピルを飲み、7日間休薬期間をとります。 休薬期間には服用を休むか何も入っていない偽薬を飲み、通常であればこの間に生理が来ます。 しかし、ピルを服用している際の生理は「消退出血」と呼ばれ、普通の生理とは異なります。 ピルを飲むと妊娠した時と同じ状況が体内に作られ、女性ホルモンの量を調節するため、排卵が抑えられます。 そのため服用中には子宮内膜が通常時ほど厚くなりません。 そうして経血量が減り、余分な子宮内膜が剥がれる「消退出血」のみとなります。 これらが理由で血の色が薄くなる・出血の量が減る・期間が短くなるなどの現象が起きます。 また、出血自体がない場合もあります。 生理がこない原因は? 生理が来なくなってしまう原因は様々です、一般的に考えられる原因にはどの様なものがあるのかを紹介します。 生理期間や出血量などが通常時と異なっていても問題はありません。 それに加えて生理自体がこないこともあるのです。 これは「生理がとぶ」と呼ばれることがあります。 ピルを正しく服用していれば時々生理がとんだとしても問題はありません。 例えば閉経の近い女性の生理は毎月規則正しくこなくなりますが、これも排卵回数が減ったために起こる現象です。 こうした自然な現象と同じ原理ですので、安心して大丈夫です。 正しく使用している場合の避妊効果は99%を超えています。 これは卵胞ホルモンと黄体ホルモンのホルモンバランスにより排卵が抑えられているためです。 ですが、ピルの服用方法を間違えると排卵が起こってしまうことがあり、これを「すり抜け排卵」と呼びます。 これがピル服用中でも妊娠につながる原因とされています。 ではなぜこうした現象が起きてしまうのでしょうか? ・サンデースタートピルによるケース 生理が始まった最初の日曜に服用を開始するピルのことを、サンデースタートピルと呼びます。 月経が週末に重なりにくくなると同時に、毎週期の始まりが常に日曜になるため覚えやすく飲み間違いを防げるというのが利点とされています。 ただし、最初の1週間は他の避妊方法と併用しなくてはなりません。 しかし、2日目以降の場合ですとそれも確実とは言えなくなってしまいます。 サンデースタートピルの場合、たった数日違うだけでも卵子が育つのを止めきれず、排卵が起こってしまう可能性があります。 ・ピルの飲み忘れによるケース ピルを飲み忘れた場合、その後の経過時間などによりしっかりとした対処を行えば心配しなくても大丈夫です。 しかし24時間以上経過してしまった場合には、体内で排卵の準備が始まっている可能性が高くなります。 飲み忘れた!と気づいた時、24時間以上経っている場合は後から服用することは避けましょう。 体内で排卵の準備が始まっていた場合、妊娠する危険性があります。 ピルを飲み忘れた時の対処方法は、を読んでおきましょう。 ・ピルの効能がうまく体内に吸収されなかったケース 体内にピルが十分吸収されなければ排卵を抑える効果も弱まってしまいます。 そうしたことが原因で起こるすり抜け排卵の可能性もあります。 ピルを服用した後、4時間以内に激しい嘔吐が見られたり、下痢になったりした場合はこのケースを疑いましょう。 ピルを服用していてもコンドームを使用したほうが良い? ピルは、服用することでホルモンバランスが調整され、本来であれば卵巣から排出されるはずの卵子が放出されない状態で生理(月経)を迎えます。 排卵が起こらないということは、もし精子が膣内に存在していても卵子に受精する事が出来ないので受精卵が誕生せずに、着床も起こらず、時間経過とともに精子は膣外に放出されたり死滅してしまうので妊娠は起こりませんし、危険日(妊娠しやすい日)もありません。 実際に正しくピルを使用している場合の避妊効果は99%なので、ほぼ確実に避妊することが出来ます。 しかしコンドームは避妊だけでなく性病の予防にめにも使用すべきな道具でもあります。 特に特定のパートナー以外との性行為を行う場合には必ず使用したほうが良いものになります。 生理がこなくて心配…こんな時はどうすればいい? 生理がこないからといって焦って自分の判断に頼ってしまうのはとても危険です。 殆どの女性で1週間程度の生理の遅れを1度は感じたことはあることでしょう。 しかし、直近に性行為を行ったなどの経緯がある場合は特に緊張感や不安感が高まると思います。 いざという時のために以下を参考にし、正しく対処するようにして下さい。 焦らないことが大事。 まずは落ち着こう 休薬期間中に生理がこないと、焦ってしまい過度に不安になる方も多いと思います。 ですが先ほどご紹介したように、ピルを正しく服用していれば生理がとぶことがあったとしても心配はありません。 まず落ち着いて状況を確認し、正しく対処しましょう。 絶対に自己判断で飲み方を変えてはダメ 生理がこなくて不安…と勝手にピルの服用を中止したり、飲み方を変えて休薬期間を延ばしたりしてはいけません。 特に避妊目的でピルを飲んでいる方は、正しい服用をしなければ避妊の効果を得られなくなることがあるため注意してください。 不安になりすぎないように注意 過剰に心配をすると脳が女性ホルモンに影響を与えてしまい、もっと生理が遅れてしまう可能性があります。 生理とストレスには大きな関係があるため、あまり不安になりすぎないようにしましょう。 どうしても不安だという場合には医師に相談して下さい。 医療機関に相談する 通常1回くらいなら生理がとんでも問題はありません。 しかし2回以上続けてこない場合、他に異常が見られる場合などは、ピルを処方してくれている産婦人科やレディースクリニックに行き相談してみましょう。 現在使用しているピルなどを一緒に持参して、服用回数や服用している時間、その他症状や最後に生理を迎えた日などをメモして行くと良いでしょう。 どれくらい生理が遅れてると病院に行くべき? 1週間〜10日程度の生理の遅れであればおそらく殆どの女性が1度は経験する体験だと思います。 ホルモンバランスの乱れや、ピルの服用時間のズレなどでこの様な問題が発生する可能性はあります。 しかし2週間ん以上予定日を過ぎても生理が遅れている場合は婦人科を受診し、きちんと専門家の先生に見てもらいましょう。 また3ヶ月以上生理が発生していない状態のことを無月経といい、生理が長期間発生していないと、子宮や卵巣の機能が著しく低下し、萎縮してしまい、不妊症などの問題に繋がってしまう可能性もあります。 大きくホルモンバランスなども乱れてしまい下腹部痛やイライラなどが発生しやすくなります。 これらの症状につながってしまわないようにしっかり専門家のもとで検査と治療を行ってください。 妊娠検査薬を使用する もし仮に妊娠していたとしたら、今後の人生設計などが大きく変わってしまう大きな事象でありしっかり向き合って考えなくてはいけません。 考えることから逃げても何も変わりません。 まずは可能性がある場合、妊娠検査薬などを使用して冷静に事態を把握する必要があります。 市販の妊娠検査薬を使用する場合、生理予定日の1週間〜10日後には反応が可能で、商品によっては生理予定日に使用しても判断できる物もあります。 これらの検査薬を使用して妊娠の有無を確認しておきましょう。 もし検査薬を使用しなくても1週間後に胸の痛みが発生したり、1ヶ月付近でつわりの症状が出始めます。 一人で抱え込まずにしっかり対処していきましょう。 生理がこない!と焦らないために いざという時慌てなくてすむように、服用方法を守り、ピルと正しく付き合うことが大切です。 ピルを服用する際に守るべきポイントをまとめました。 生理が来ない問題が発生しないために出来る予防方法でもありますので、以下のことを守って問題につながらないようにしましょう。 ピルはきちんと病院で処方してもらおう 最近ではインターネットや海外からピルを購入し使用する方も増えています。 ですが、ピルを誤って使用すると体のホルモンバランスが崩れ、副作用が起こる可能性が高まります。 自分の判断で購入し、誤った服用をすると重大な病気につながることも。 いざ生理がこなくて心配になってしまった時のためにも、ピルは医療機関で正しく処方してもらうようにしましょう。 診察料や検査費用などは別途必要ですが、ピル自体の価格はそれほど変わりはありません。 子宮内膜症や月経困難症など、治療が目的の場合には保険も適用されます。 もし今現在個人でピルを購入しているという場合であっても、不安に思うことがあればすぐに病院を受診しましょう。 飲み忘れには注意しよう! ピルは毎日しっかり飲むことで体調を管理できます。 使用の際には「飲み忘れないこと」を原則としましょう。 飲み始めの方や、服用に慣れてきて「あれ、今日飲んだっけ?」と曖昧になってしまう方、毎日慌ただしく生活をしている方などは要注意です。 飲み忘れを防止するために、以下の方法を参考にしてみて下さい。 ・今までの習慣にプラスする 毎日絶対に行うことに「ピルの服用」をプラスして日々の習慣にしましょう。 歯磨きや洗顔、化粧などで洗面所に毎日行くという方は、洗面台にピルを置いておくと忘れにくくなります。 毎日食べるものや飲むものがある場合はそれと一緒に置いておくのも良いですね。 サプリメントなどを飲んでいる方は、その横にピルのケースを置くと毎日ピルに目が向きます。 飲むための水を用意するタイミングでピルの服用も一緒に済ませることができるのも便利です。 「洗顔が終わったら飲む」「これを食べたら飲む」など、日々の行動に紐付けるようにしてみて下さい。 ・ピルを飲んだ記録をつける ピルを飲んだ後、カレンダーやスケジュール帳などに記録する癖をつけておくのも良いでしょう。 簡単に行え、目に見えて記録を確認することができるので「飲み忘れたかも?」と不安に思うことがなくなります。 シートに直接飲んだ日の日付を書いても構いません。 ・アラームをセットしておく ピルを飲む時刻にアラームをセットしておくのも飲み忘れ防止に効果的です。 スマートフォンなどで同じ時刻に鳴るよう登録しておくと毎日の手間も省けますね。 カレンダーのアラーム機能を使用すれば服用スケジュールの管理もできて一石二鳥です。 アラーム音が鳴ると同時に「薬」「ピル」などと表示されるように設定すればハッと思い出させてくれます。 ・お気に入りのピルケースを使う 可愛いもの、好きな色のものにピルを入れておくと毎日自然と目が向きます。 好きなお店やブランドでお気に入りのピルケースを見つけるのも楽しそうです。 ・鞄やポーチの中にも入れておく 急に外泊しなくてはならなくなった、急に家に帰れなくなった…といった場合でも困らないように、鞄の中にもピルを入れておくと便利です。 鞄やポーチの内側のポケットなど、決まった場所に入れておくと焦って探す必要もなく安心です。 ・休薬期間であっても気を緩めないようにする 休薬期間中にピルへの意識が低くなってしまい、そのまま忘れてしまう方も多いようです。 スケジュール管理をしてしっかり服用日を守るようにしましょう。 カレンダーやスケジュール帳を活用したり、アラーム機能を使い服用開始日に知らせてくれるようセットしておくと忘れにくくなります。 ・生活習慣を整えよう 生理の遅れはダイエットや過度なストレスなどの影響によるホルモンバランスの乱れでも発生しやすくなります。 特に体型を気にしてダイエットを過度に行うことやストレスを感じやすいという項目に当てはまるのが女性でもありますので、注意しなくてはいけません。 睡眠不足、過度なダイエット、食生活、ストレス、過労、などの項目で問題が発生しないようにしっかりバランスを取って体調を崩さないように意識しましょう。

次の

生理が遅い中学生は注意して!もしかして病気かも!

中 絶後 生理 こない

生理が不順なのですが心配ないでしょうか? >>> 7.生理が不順なのですが心配ないでしょうか? 最初に、初経以来ずう〜っと不順なままであるという方へのお話をしましょう。 生理が初経以来ずっと不順だという場合、一番問題となることは排卵があるかないかでしょう。 排卵の有無を自分で知るためには、基礎体温表を記録することが最も簡易な方法です。 基礎体温の測定の仕方についてはを、基礎体温表から排卵日を推定することに関してはを参照にしてください。 後者には、自分で排卵を知るための方法についても記載がありますので参考にしてみてください。 こういうケースでは、生理が来てから次に排卵するまでの期間がまちまちなだけで、排卵はちゃんとあるのですから妊娠することも可能です。 したがって特別に治療を必要とすることはまずないと思って良いと思います。 問題は、きちんと排卵が起こっていない場合、すなわち基礎体温の記録上で低温期だけで高温期がはっきりしない(もしくは高温期が短い)場合です。 この場合、排卵がないままに生理が来ている状態( 無排卵月経)と考えられ、治療が必要となる場合も考えられますので一度産婦人科を受診すべきでしょう。 では、以下に排卵がない場合の対処についてを簡単にお話ししておきましょう。 対処の仕方は今すぐに妊娠を希望しているかどうか、によって異なります。 今すぐに妊娠を希望している場合には、排卵を起こしてあげる必要がありますから「」という項目を参考にしてみて下さい。 この場合には当然病院で治療を受けることになりますので、今のあなたの状態を良く聞いてどういう方法が好ましいのかをきちんと聞いておくようにしましょう。 なお、検査項目のうちLH、FSHに関してはに、プロラクチン(PRL)に関してはに記載がありますので参考にして下さい。 今すぐには妊娠を希望していない場合には、他の疾患がない限り(高プロラクチン血症、多嚢胞性卵巣、内分泌障害(甲状腺機能障害や副腎機能障害等)、卵巣嚢腫、糖尿病、膠原病など)、少なくとも三ヶ月に一度生理が来ているのであればそのまま経過を見ていて良いでしょう。 このようなケースでは自然に排卵が起こってくることも十分に考えられますから、今すぐに排卵を起こすことは考えなくても良いのですが、試しに一、二度排卵誘発剤を服用してみることでこれが刺激となって自然排卵することもままみられるため、排卵誘発剤を試しに何度か服用してみるということも治療効果を期待できる一つの方法であると知っておくと良いかもしれません。 三カ月以上生理が来ないことが頻繁にある場合には、放置すると将来妊娠するのに差し支えが出る場合も考えられるため生理を起こすことを考えた方が良いでしょう。 生理を起こすためには内服、注射によってホルモンを投与するのが一般的で、場合によってはというホルモン投与の仕方を行うこともあります。 いずれにしても、一度病院を受診して背景に何も病的異常がないかどうかを確認しておく必要はありますので念頭に置いておいて下さい。 さて、以降はことのほか気になるであろうことに関してですが・・・ その第一は、 人工妊娠中絶を受けたことのある場合、及び 流産のために子宮内掻爬の処置を受けたことがある場合の話です。 人工妊娠中絶をしてから、あるいは流産をしてから生理が不順になった、という話を良く聞きます。 やはり、掻爬したことと何か関連があるんじゃないかと心配になりますね。 では、こういう場合はどういうことが考えられるか?ということですが、まず考えられるのは「妊娠したこと」あるいは「中絶したこと」がきっかけとなって排卵がなくなってしまった、ということでしょう。 これには病的な場合とそうでない場合とがあります。 後者の方は、だいたいが一時的なもの、あるいは一度排卵誘発を行ってみるだけで簡単に治癒してしまうようなものである場合が多いですから、診察を受けて「あまり心配はない」と言われた場合には、こちらの方と思って良いと思います。 また、最初にもお話ししたとおり基礎体温を記録してみてきちんとした二相性になっているのであれば、排卵はあると思って良いですからそのまま様子を見ていても良いと思います。 問題は前者の病的な場合です。 こちらのケースとして最も多いのはです。 流産の場合でもそうですが、たとえ短い期間であっても一度妊娠をすると、妊娠の終了とともにプロラクチンが上昇するようになる場合があります。 母乳が漏出してこなくてもプロラクチンが高くなっているために排卵が抑えられ、その結果生理が不順になったり生理が来なくなったりするケースです。 これについてはリンク先に詳細がありますので、そちらを参照して下さい。 続いて数少ないことですが、中絶でも流産の処置でもあり得ることとして、「出血が大量になる」という場合があります。 この場合、大量出血の結果として脳下垂体への血流が一時的に途絶え、脳下垂体の壊死を起こすケースがあり、その結果脳下垂体から分泌されるホルモンが全般的に減少してしまうことが稀ながらあります。 シーハン症候群といいますが、症状としては月経不順あるいは無月経のほかに、急激な体重減少、脱毛、易疲労感、低体温、性欲減退などが伴うようになります。 こちらの場合は原因が脳下垂体の壊死にありますから、問題は比較的深刻です。 脳下垂体からは各ホルモン分泌器官(甲状腺、卵巣、副腎など)を刺激するホルモンが分泌されていますから、脳下垂体の機能低下の結果としてこれらの器官から分泌されているホルモンも欠乏してしまっていますので、これらのホルモンを補充をしていかなければならなくなりますし、また妊娠するためには注射による排卵誘発(HMGーHCG療法)が必須となります。 シーハン症候群となるケースはかなりまれですから、「そういうこともある」くらいの知識として知っておけば良いと思います。 次に第二として、 ダイエットをしてから生理が不順になった、という場合があります。 急激な体重減少によって体重に占める脂肪組織の割合が減少するだけで生理が不順になったり無月経になったりすることが知られていますが、比較的軽症のケースでは食餌摂取によって体重を元に戻すことで生理も元に戻るようです。 しかし、長期に渡る月経異常、無月経を放置した場合や、間脳・脳下垂体の機能に異常を来している場合には、排卵を起こすのも難しいケースもまま見られ、比較的深刻な状態と言えるかもしれません。 このような深刻なケースでは、ホルモン値に異常がない限りは栄養のバランスのとれた規則正しい食生活を指導すること、無月経に対しては月経を起こすようにホルモン投与を行うことで対応し、必要に応じてビタミン剤や精神安定剤、漢方薬などの投薬を試みるのが普通です。 もし既婚ですぐにでも妊娠することを希望している場合には排卵誘発が必要となりますので、その場合にはを参考にしてください。 いずれの場合にしても、最も大事なことはダイエットを意識した食生活を正してバランスの取れた規則正しい食生活を心がけることであり、肥満を予防するために適度な運動を心がけるようにすることであると考えてください。 また、基礎体温をつけておいて排卵が起こっているかどうかを確認することも重要なことですから、できる限り基礎体温をつけておくようにしましょう。

次の

ピル服用中に生理がこない?その理由と注意事項

中 絶後 生理 こない

中絶手術後の生理と排卵 中絶手術後、生理がくるタイミングっていつになるのでしょうか?再び妊娠の可能性が出てくる排卵期は?知っておきたい疑問点を解説します。 手術後生理がくるタイミング 妊娠初期 12週未満 の中絶手術は、子宮内のものを器械的に取り除く手術です。 一般的に、中絶手術後はホルモンバランスが乱れます。 そのため、手術後に生理が来るタイミングは人それぞれです。 一般的には30日〜50日程度で生理が来ることが多いようです。 個人差があるため、「手術後なかなか生理がこない」と不安を感じる方もいるかもしれません。 万が一、2ヶ月以上生理が来ない場合には、すぐに医師に相談してみましょう。 ちなみに、手術後は生理のような不正出血が見られますが、これは生理ではありませんので間違えないようにしましょう。 中絶手術後の排卵について 中絶手術後は、ホルモンバランスが乱れるため、排卵日を正確に予測するのは難しくなります。 そのため、中絶手術をしたからといって生理周期がリセットされるということはありません。 中には手術後に排卵が1〜2週間で起こる方もいれば、1ヶ月半ほどかかる場合も多いにありえます。 現に、WHOが発表している妊娠中絶手術に関する手引き『安全な中絶-医療保健システムのための技術および政策の手引き-』では、中絶後のケアに関して次のように記されています。 早くも中絶から 2 週間で排卵が再開し得、効果的な避妊方法を使用しなければ女性が妊娠する危険があることをすべての女性が知らされるべきです。 出典: 排卵周期は、手術後少しずつ時間をかけながら整っていくものですから、勝手に排卵日を予測して「今日は安全日」など安易に判断しないようにしましょう。 病院によっては、避妊だけでなく、術後のホルモンバランスの乱れに対応するために低用量ピルを処方してくれるところもありますので相談してみるといいでしょう。 妊娠中期中絶後の生理・排卵について ここまでご紹介してきた、妊娠中絶後の生理や排卵の再開タイミングは、妊娠初期中絶の場合です。 妊娠12週以降の妊娠中期に中絶をした方の場合、生理や排卵の再開はもっと遅くなる場合があります。 妊娠中期の中絶手術後、生理が始まるまでの期間は2ヶ月以上かかることもよくあるそうです。 妊娠中期になると、身体も出産に備えてホルモンバランスが変化していきます。 そのため、中絶手術をしたとしても、その後妊娠前のホルモンバランスに戻るまでは少々時間がかかるというのがその理由。 もちろん、中絶に伴う心にかかるストレスが、ホルモンバランスに影響を与えることも大いにありえます。 「言われた期間と違う」と不安になることも多いかもしれませんが、自分の身体が中絶手術後は不安定になりやすいといい聞かせ、あまり思い悩まないようにしましょう。 中絶手術後のセックス・避妊について 中絶手術後は、前述したように排卵が再開されるタイミングは人それぞれです。 そのため、安易に自己判断で避妊の必要の有無を判断するのは厳禁。 中絶手術後にもしもすぐに妊娠してしまったら……。 中絶手術にかかる体への負担はもちろんのこと、自分の心への負担も計り知れません。 中絶後はいつからセックスが可能なの? 中絶後は約1週間ほど生理のような出血が続きます。 そのため、出血がある場合はセックスは厳禁。 子宮内の細菌感染を引き起こすリスクが高まってしまいます。 また、これまでお話ししてきたように、次の生理が来るまではいつ排卵しているかが測れません。 セックスをして再び望まぬ妊娠をしないよう、次の生理が来るまでの間、セックスは控えた方がいいでしょう。 中絶後の避妊はいつから必要? 中絶後、望まぬ妊娠を繰り返したくないと考えているなら、避妊は必須です。 もし中絶後に妊娠を望んだとしても、中絶で子宮内が傷ついている場合は妊娠してもトラブルになりかねませんから、しっかりと術後のケアをすることが先ずは大切です。 また、中絶後は自分にあった避妊方法を医師に相談し、確実な避妊を心がけるようにしましょう。 中絶手術後もパートナーとセックスをする可能性があるなら、低用量ピルの使用を検討してみましょう。 女性の身体を守れるのは、自分自身。 中絶手術後のセックスにもかかわらず、避妊を軽んじる男性も残念ながらいるのが事実。 望まぬ妊娠を繰り返さないためにも、このタイミングで改めて避妊について考え直してみるのもいいのではないでしょうか?.

次の