アジア アロワナ 種類。 アロワナの紅龍を発色には?鱗は?方法は?

【楽天市場】淡水魚 > 種類_01 > アロワナ > アジアアロワナ:ペットバルーン楽天市場支店

アジア アロワナ 種類

ブラックアロワナの画像 By:• ブラックアロワナ• 70cm~80cm 全身黒ずんでいて、1枚1枚の鱗のなかにピンク色の綺麗な模様が はいっている。 ネグロ川は綺麗な水質なので、他のアロワナに比べてもブラックアロワナは アロワナの中でも特にPHショックに弱い。 販売されているものを入手して、新しい水槽に入れるときは点滴法などを使い移動させる。 だいたいはアクアリウムショップやペットショップで売られているものは 幼魚であるので、PHショックにはかなり注意して移動させたほうが良い。 プラチナブラックアロワナ• 70cm~80cm ブラックアロワナからの突然変異、輸入量が少なく アクアリウムショップやペットショップで販売されることは少ない。 高価な値段で販売されているアロワナ。 幼魚の色がやや白いために、敵に狙われやすく現地での固体が少ない。 ノーザンバラムンディ• 60cm~70cm オーストラリアに生息するアロアナの一種。 オーストラリアには2種類のアロアナがいる。 気性はかなり荒い。 現地では、ブラックバスのようにルアーでのゲームフィッシュとしての人気がある。 クリルを多く与えたりして飼育すると鱗の端にあるピンクの斑紋がよい発色を するようになる。 シルバーアロワナなどに比べると 体の柔軟性がないのでペットとして飼育するには 奥行きの広い水槽を用意すると良い。 プラチナ ノーザンバラムンディ• 60cm~70cm ノーザンバラムンディのプラチナ固体で 日本では珍しい。 ほとんど販売されない、非常に珍しい種。 ほとんど体全体が白い色となっている。 うまれつき全身が白い固体。 スポテッドバラムンディ• 80cm~90cm オーストラリアにいるアロワナの一種、幼魚は時に日本に輸入され販売される。 性質はノーザンバラムンディと似て気性がかなり荒い。 プラチナ固体はまだみつかっていないようだ。 レッドアロワナの画像 By:• スーパーレッドアロワナ(紅龍)• 60cm~70cm レッドアロワナの中でも全身が真っ赤になる固体の事をさして スーパーレッドアロワナという。 略すとスーパーレッド。 スーパーレッドアロワナの 幼魚は全く赤く発色しないので 他のアロワナと見わけづらい。 販売されている価格が安いスーパーレッドアロワナは 成長すると赤さに差がよく出るので ハズレの固体も多く潜んでいるので購入するのは一種の賭けになる。 ブランド化され販売されているスーパーレッドアロワナは 高確率で全身が良い赤色になる。 バンジャール・レッドアロワナ(1. 5号紅龍)• 60cm~70cm 白っぽい地肌にホログラムに見られるようなやんわりとしたグリーンが入る。 ヒレはオレンジから赤がに染まり美しいアロワナの一つ。 アジアアロワナとしては それほど高くない価格で販売されている。 アロワナ愛好家には、幼魚をスーパーレッドと間違って購入した 苦い思い出が残るアロワナであまり好まれていないようだ。 マレーシアン・ゴールデンアロワナ(過背金龍) ゴールデンアロワナとよばれるグループのアロワナ。 レッドテールゴールデンアロワナ(紅尾金龍)と販売価格を比較すると 非常に高い。 幼魚の時は背中まで金発色がきていなく数年成長すると、 金発色が 背にまででてくる。 日本で販売されている過背金龍の幼魚は 東南アジアの養魚場から輸入されてくるものがほとんどで 時には過背金龍でない幼魚もまざっている可能性も少しある。 販売されている幼魚を購入する際は慎重に。 レッドテール・ゴールデンアロワナ• 60cm~70cm ゴールデンアロワナの一種、尾ビレが赤くなる。 販売価格は 過背金龍と比べると安い。 背中の部分が金にならないだけなのでこちらの種を好む アロワナ愛好家の方もいる。 高背金龍• 50cm~60cm 過背金龍のように 背中すべてが金発色にはならないがかなり 高い部分まで金発色する固体を高背金龍という。 個体差があるが、紅尾金龍は5~6年たつと高背金龍になるものも あるようだ。 グリーンアロワナ(青龍)• 50cm~60cm 白い地肌にホログラムに見られるようなやんわりとしたグリーンが入る。 輸入量も多く、販売価格はそれなりに安い。 気性が荒いので他の魚を混泳するのには慎重に。 プラチナ グリーンアロワナ• 50cm~60cm グリーンアロワナ(青龍)のプラチナタイプの固体、後方三鰭にグリーンアロワナの ような色が残る。 本物は全国で数匹しかいないようだ。 偽者は幼魚を白く明るい環境でグリーンアロワナを育て販売している。 本物は暗い環境で何年育て続けてもプラチナカラーが色あせない。 TAGS: アロワナの種類と同じカテゴリ• アロワナの種類を見ている人は他にこんなページもみています チョウザメの種類 チョウザメは卵巣卵がキャビアとして利用されるの有名な魚。 チョウという名前はあまりサメから似つかわしく思いますが由来は、ウロコが蝶ににていることのよう。 ウロコの中央に突起があり、その形が蝶に似ています。 吻は長く伸びて、口の前に本の髭があるのが特徴。 基本的にサメの種類は軟骨魚で骨が柔らかくなっていますがチョウザメの特徴の一つとしてサメという名前がつくが軟骨魚ではなく、硬骨魚で体は硬いです。 チョウザメは…… カクレクマノミの寿命・混泳・飼育方法 カクレクマノミ飼育カクレクマノミ特徴カクレクマノミの生息地は奄美大島~オーストラリア北西沿岸広い水域に生息してるが、外洋を泳ぎ回る海水魚ではないので地域によってタイプがことなる。 カクレクマノミはクマノミの種類の中でも浅い場所を好むので干潮の時に潮溜まりによくいる。 泳ぎ方は隠れる場所がない水槽の中では体全体をくねくねと動かすワンギングといわれる動作をよくする。 カクレクマノミ飼育時のチェック毎日行うエ…….

次の

紅龍(スーパーレッド)や過背金龍(カセキンリュウ)などアジアアロワナの種類について

アジア アロワナ 種類

紅龍の発色について 幼魚の頃は、まだ全体的に赤くありません。 成長するにつれて、赤くなっていきます。 販売されている紅龍の幼魚は、昔と比べると、大半が全体的に赤くなるようですが、赤の濃度や範囲はその紅龍によって異なります。 また、発色(色揚げ)の時期も様々です。 では、将来的に真っ赤になる紅龍を飼いたい場合は、お店で何を基準に紅龍の幼魚を選べば良いのでしょうか。 紅龍の幼魚を選ぶポイント 将来的に、全体的に赤みが濃くなる可能性を持った紅龍の特徴です。 胸鰭(ムナビレ)の色は透明や黄色ではなく赤みを帯びていて、背鰭(せびれ)尾鰭(おびれ)臀鰭(しりびれ)も、付け根まで赤い紅龍がいいですね。 また、髭は黒っぽく、唇は茶色か赤で、地肌は少し黒ずんでいます。 幼魚を選ぶ際ですが、店内の照明や、水槽の色など環境によって、見え方が異なります。 じっくり観察してくださいね。 スポンサードリンク 鱗を発色する方法は? 太陽の光や照明を当てたり、ph値を5. 0強などの低めに設定します。 海老やザリガニなどの甲殻類に含まれる アスタキサンチンも、紅龍がより鮮やかな赤になります。 また、 黒く囲った水槽で育てることも、発色に効果があると言われています。 しかし、太陽の光を当てたりph値を下げることはアロワナの健康を害したり(火傷やphショック等)、ストレスに繋がる場合があります。 また、餌なども種類豊富に与えた方がアロワナの健康に良いと言われています。 発色を促すのであれば、アロワナの様子を見ながら行いましょう。 まとめ 紅龍の発色についてお話ししました。 濃い赤の紅龍も素晴らしいですが、紅白タイプと呼ばれる紅龍も美しいです。 紅白タイプの紅龍は、水槽を黒色で囲んでしまうと、せっかくの紅白が黒ずんでしまう場合があるので、気をつけてくださいね。 スポンサードリンク.

次の

アジアアロワナの種類や特徴!貴重な古代魚の飼育方法とは?

アジア アロワナ 種類

アロワナは種類によって大きく違う アロワナには大まかに分類すると、3種類に分けることができます。 具体的には、 シルバーアロワナ、 ブラックアロワナ、そして アジアアロワナという3種類です。 ここでは主にその3種類のアロワナについてお話していきます。 シルバーアロワナ 3種類の中では、価格は最も低いです。 幼魚であれば約2000円程度、成魚であれば約5000円程度で購入可能です。 ただ、 成魚になったときの体長はかなり大きく、最大で体長1mぐらいにまで成長します。 成長速度の目安としては、1年間に約30cmのスピードで成長します。 体の色は名前の通り、美しく輝く銀色です。 注意すべきところはやはりその成長ぶりです。 上記にもある通り、シルバーアロワナは比較的安価で販売されていますが育つと大型になります。 そのため何も知らずに飼うと後々大変なことになる可能性があります。 少し厳しいお話になりますが「こんなに大きくなるなんて知らなかった」という言い訳は通用しません。 当然のお話ですが飼うからには責任を持って飼いましょう。 そのためには必ず購入前に後々のことまでしっかりと心得てから購入に踏み切ることが大切です。 ブラックアロワナ ブラックアロワナは成魚であれば約8000円程度の価格で販売されています。 体長は3種類の中ではまあまあ小型なほうで、大きくても70cmくらいにしか成長しません。 価格はシルバーアロワナと比べるとやや高めですが、大きくなったときのことや管理のことを考えると、3種類の中では最も飼いやすい種類であると言えます。 アロワナを飼いたいけれど、まだ飼ったことがない 初心者の方にもおすすめの種類です。 そして体の色はやはり名前の通り黒色で、ちょっとクールな雰囲気です。 スポンサードリンク アジアアロワナ アジアアロワナのトレードマークは、何と言ってもあのカラフルで美しい体の色です。 3種類の中では最も色鮮やかで、その美しさに魅了される方々も多いです。 アジアアロワナは体色によってさらにいろいろな種類に分類されます。 例えば、『紅龍』、『グリーンアロワナ』、『紅尾金龍』、『過背金龍』などが代表的です。 そんなアジアアロワナの気になる価格は、 色や模様などによって手軽に購入可能なアロワナから、何百万円もするような高価なアロワナまで幅広いです。 アジアアロワナの中で比較的価格が低めである種類は、上記にもありますが『グリーンアロワナ』です。 とは言え、シルバーアロワナやブラックアロワナの価格と比べてしまえば、やはり『グリーンアロワナ』でもかなり高価だと言えます。 そして、 アジアアロワナの体長は、成魚で最大60cmくらいですので、それを考えただけでは小型に思えます。 ですが、アジアアロワナは体にかなり厚みがありますので、水槽は大型のアロワナ用のものを導入しましょう。 まとめ 一概にアロワナと言っても、種類によっては体色から成長した後のサイズや価格まで全然違ってきます。 くれぐれも「ペットショップで一目惚れして何も考えずにすぐに購入してしまった」ということのないようにしましょう。 購入前には絶対に正しい知識を把握しておくことが必須です。 そしてもちろん購入後は責任を持って、大事な家族の一員として末永く誠意を持ってお世話をしてあげましょう。 スポンサードリンク.

次の