はまち 起稿。 はまち脱稿

はまち起稿: 【画像あり】外国人のEDC(Every Day Carry)アイテムを貼ってく

はまち 起稿

マイクロソフトが10月1日にプレビュー公開した次期ウィンドウズ『』は、発表の唐突さや新生スタートメニューといった中身よりも、「8の次なのに何故9を飛ばして10?」に大きな反響がありました。 マイクロソフトは命名の理由を公式には明らかにしていませんが、マイクロソフトの開発者を名乗る人物が社内のうわさとして「Windows 9 を避けた理由」を語っています。 念のため振り返っておくと、Windows の最新バージョンは Windows 8. 大きなリリースとしては7、8、8. 1の順ですが、8と8. 1の違いは7から8や Vistaから7ほど大きくもなく、かといって従来のサービスパックでもなく微妙なところです。 また余計に話をややこしくすれば、製品名としての7や8と開発上のバージョンナンバーは以前から一致しておらず、Windows 7のコードとしてのバージョンは Vistaの6から0. 1しか増えていない6. 1でした。 このことから、次期Windows は順当にゆけば9だろうと考えられてはきたものの、必ずしも9でなければおかしいわけでもなく、Vistaのように数字ではない言葉が選ばれる可能性もあるだろうと考えられてきました。 そこに発表された「10」は、「数字の9でなければ別の単語」と思い込んでいた大多数の目を点にしたのはご存知のとおり。 発表直後から、「数字ならばなぜ9を飛ばして10??」についてはさまざまな説が語られてきました。 そのなかで、マイクロソフトの開発者を自称する " cranbourne " 氏が大手掲示板 reddit のWindows 10スレッドに「社内のうわさ」として投稿したのは: 「初期の社内テストで、非常に多くのサードパーティ製ソフトが if version. 10は 誤作動を避ける現実的な解決策だった」 発表直後の反応には「20年前のWindows 95とマーケティングやウェブ検索で紛らわしいからでは」「紛らわしいか?」という声がよくありましたが、" cranbourne " 氏の投稿は「サードパーティ製のいい加減なコードにとっては見分けがつかないから」という小咄のような説明です。 「Windows 94や99が存在しないことは分かっているのだから、完全一致するまでもなく9で始まるかどうかだけ見ればよい」という一見合理的な危険思考を戒めるニュアンスもあり、プログラマージョークの定番である「笑える失敗例かつ教訓」のテンプレ的としてできすぎている感もあります。 しかし実際に考えられるコードで検索してみると、「Windows 9」を「9X系」だと判定してしまう古いコードの実例は山のように見つかり、判定方法のサンプルとして紹介するページまで発掘できます。

次の

はまち起稿: 【画像あり】外国人のEDC(Every Day Carry)アイテムを貼ってく

はまち 起稿

---------- ---------- 引用:はまち起稿 なにかと話題の後藤輝樹。 都知事選ポスターでも話題になった。 今回は、NHK政見放送が話題となった。 この問題は、後藤輝樹自身もブログで書いていたことである。 後藤輝樹氏が政見放送で、 自主規制をし過ぎる近年のメディアに対しての訴えとして、 自分の表現の自由、言論の自由、主義主張の自由をかけ放送禁止用語を発言した為、 NHKはそれが公職選挙法に引っ掛かる可能性があるとのことで、 NHKが東京都の選挙管理委員会に問い合わせた結果は、放送できないという事でした。 その結果、NHKを訴えるかも。 というブログを書いていた。 スポンサーリンク さて・・・NHKの政見放送はどう放送されたのか 気になるところである。 その動画がこちら 引用:はまち起稿 音声がきられすぎて すでに何を言っているかわからない。 音声がきられていない動画はこちら ニコニコ動画のタグでは 政治、後藤輝樹、政見放送のあとに ラップ、下ネタ、笑ってはいけない。 というタグの追加もあった。 この政見放送を受けて、インターネットでは 「すげぇな都知事選……」 「ひょっとしたら今の日本には 必要な人材なのかもしれない・・。 」 「ネットで見るよりNHKで見る方が100倍おもしろい」 などという声があがっている。 NHKは政見放送を加工するというのは、公職選挙法違反にあたる可能性があるために、 修正出来ないため、取り直しか、政見放送を放送しないかを 後藤輝樹氏に打診し、最終的には取り直ししましたが、 政見放送での内容に変更が無かった為、 NHK的には、公職選挙法違反にあたる可能性があるから、 放送もしないとの事でしたが、 今回は音声カットに落ち着いたようだ。 ブログによると、公職選挙法に基づいてNHKは対処したとのことである。 この答えに対し、後藤輝樹は 「どのような対処か?」と聞いても 「見て判断して下さい」のみの返答だったとのこと。 後藤輝樹は 「まるまる放送されないのか、一部しか放送されないのか。 いずれにしても表現の自由に反する。 政見放送が放送されないことに対し、 俺は納得していないし、NHKの対応にも納得していない」とブログに書き綴っている。 さて、この表現の自由とは? という問いかけには賛同する人もいる。 都知事選がどうなるのか気になりますね。

次の

はまち脱稿

はまち 起稿

マイクロソフトが10月1日にプレビュー公開した次期ウィンドウズ『』は、発表の唐突さや新生スタートメニューといった中身よりも、「8の次なのに何故9を飛ばして10?」に大きな反響がありました。 マイクロソフトは命名の理由を公式には明らかにしていませんが、マイクロソフトの開発者を名乗る人物が社内のうわさとして「Windows 9 を避けた理由」を語っています。 念のため振り返っておくと、Windows の最新バージョンは Windows 8. 大きなリリースとしては7、8、8. 1の順ですが、8と8. 1の違いは7から8や Vistaから7ほど大きくもなく、かといって従来のサービスパックでもなく微妙なところです。 また余計に話をややこしくすれば、製品名としての7や8と開発上のバージョンナンバーは以前から一致しておらず、Windows 7のコードとしてのバージョンは Vistaの6から0. 1しか増えていない6. 1でした。 このことから、次期Windows は順当にゆけば9だろうと考えられてはきたものの、必ずしも9でなければおかしいわけでもなく、Vistaのように数字ではない言葉が選ばれる可能性もあるだろうと考えられてきました。 そこに発表された「10」は、「数字の9でなければ別の単語」と思い込んでいた大多数の目を点にしたのはご存知のとおり。 発表直後から、「数字ならばなぜ9を飛ばして10??」についてはさまざまな説が語られてきました。 そのなかで、マイクロソフトの開発者を自称する " cranbourne " 氏が大手掲示板 reddit のWindows 10スレッドに「社内のうわさ」として投稿したのは: 「初期の社内テストで、非常に多くのサードパーティ製ソフトが if version. 10は 誤作動を避ける現実的な解決策だった」 発表直後の反応には「20年前のWindows 95とマーケティングやウェブ検索で紛らわしいからでは」「紛らわしいか?」という声がよくありましたが、" cranbourne " 氏の投稿は「サードパーティ製のいい加減なコードにとっては見分けがつかないから」という小咄のような説明です。 「Windows 94や99が存在しないことは分かっているのだから、完全一致するまでもなく9で始まるかどうかだけ見ればよい」という一見合理的な危険思考を戒めるニュアンスもあり、プログラマージョークの定番である「笑える失敗例かつ教訓」のテンプレ的としてできすぎている感もあります。 しかし実際に考えられるコードで検索してみると、「Windows 9」を「9X系」だと判定してしまう古いコードの実例は山のように見つかり、判定方法のサンプルとして紹介するページまで発掘できます。

次の