エアームド 遺伝。 ポケモン図鑑BW2|エアームド|ポケモン!ブラック2&ホワイト2(BW2)攻略広場

エアームドとは (エアームドとは) [単語記事]

エアームド 遺伝

「エアームド」の注目すべき点はタイプ耐性です。 耐性を持つタイプが10種類と非常に多く、かつ弱点タイプが「でんき・ほのお」2つのみという優秀さです。 しかも、 弱点となる「でんき・ほのお」のタイプ技を使うポケモンがスーパーリーグに少なめことも「エアームド」が活躍できる要因となっています。 そのため、PvP対戦で「エアームド」は 様々なポケモンの攻撃に耐えて相手のHPを削りつつ倒す、または次のポケモンへ有利な状況で交代するなど受け役として立ち回ることができます。 「かくとう・くさ」に強い 「エアームド」の覚える 「ひこう」タイプ技構成は威力・速さともに優秀で 「かくとう・くさ」タイプポケモンに刺さります。 「かくとう」タイプは「はがね」タイプポケモン対策として、「くさ」タイプはマリルリ対策としてよく選出されるため、 これらの対策ポケモンとして「エアームド」が活躍します! はがねタイプに有効打がない 「エアームド」の覚える技は性能としては優秀ですが、 「ひこう・はがね」タイプ技しか覚えることができません。 これらの技は 「はがね・でんき」タイプポケモンに対して耐性(ダメージが抑えられてしまう)となるため、効率よくダメージを与えることができません。 「エアームド」の技が有効となるポケモンの幅広さがないところはデメリットです。 おすすめ最適技 ノーマルアタックは「エアスラッシュ」がおすすめ ノーマルアタック(通常技)は性能を見ると「はがねのつばさ」もダメージ効率(DPS)が良く優秀ですが、 ゲージ増加の速い「エアスラッシュ」がおすすめです。 「エアスラッシュ」とすることで、優秀なスペシャルアタック 「ゴッドバード」を短い間隔で撃つことができます。 「ゴッドバード」は必須 スペシャルアタック(ゲージ技)では 「ゴッドバード」が非常に高性能です。 ダメージ効率(DPE)も高く少ないエネルギーで素早く相手に撃つことができます。 技開放は無理にする必要なし スペシャルアタック開放の対象となる技は、必然的に「ゴッドバード」とタイプが同じとならない「ラスターカノン」になります。 しかし 「ゴッドバード」より「ラスターカノン」が有効となる場面・ポケモンがそれほどありません。 「ほしのすな」を節約したいときは無理に開放せず「ゴッドバード」のみで様子見するのもアリです。 エアームドの技 全てに耐性あり• 「でんき」タイプ技がに効果抜群 「はがね」タイプポケモンでダメージ抑制 「エアームド」は覚える技のタイプが「はがね・ひこう」のみです。 そのため、 「はがね」タイプのポケモンに対する攻撃が 全て「効果いまひとつ」となります。 そのため 「レジスチル」「トリデプス」「メルメタル」などを相手にすると効率よくダメージを与えられません。 これら「はがね」タイプポケモンを出して、 等倍以上のダメージとなる技を入れて攻めることで有利な状況になります。 「でんき」タイプ・技ポケモンも対策になる エアームドに効果抜群となる 「でんき」タイプ技を持つ「アローラライチュウ」や「マッギョ」も非常に有効です。 互角のバトルとなりますが、「かみなりパンチ」を覚えた「スリーパー」も善戦できます。 GOバトルリーグ情報.

次の

【ポケモンGO】エアームドの色違いとおすすめ技&弱点

エアームド 遺伝

エアームド よろいどりポケモン ぜんこくNo. 227 ホウエンNo. 120 マウンテンNo. 112 高さ 1. 7m 重さ• 5kg• けたぐり威力80 タイプ• タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ なし 共通の入手方法• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• 113番道路• 113番道路 群れ 主な入手方法 ORAS• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 XY• チャンピオンロード 外・飛び出し 主な入手方法 XY• フレンドサファリ はがね 2枠目• また、相手の回避率ランクの変化の影響を受けない。 /レベルの低い野生のポケモンと出会いにくくなる。 HPが最大の時、『ひんし』状態になるダメージを受けても必ず1残る。 また、一撃で『ひんし』になる技『じわれ』『ぜったいれいど』『つのドリル』『ハサミギロチン』を受けない。 物理技を受けると、『ぼうぎょ』ランクが1段階下がり、『すばやさ』ランクが1段階上がる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 基本 ひこう 物理 35 100 35 通常攻撃。 6 じめん 変化 - 100 15 相手の命中率を1段階下げる。 12 ひこう 特殊 60 95 25 相手全体が対象。 17 ノーマル 物理 15 85 20 1ターンに2〜5回連続で攻撃する。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『キングシールド』『ニードルガード』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 23 ノーマル 特殊 60 - 20 相手全体が対象。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 28 じめん 変化 - - 20 使用後、相手はポケモンを交代する度にダメージを受ける。 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンはダメージを受けない。 31 エスパー 変化 - - 30 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 42 はがね 変化 - 85 40 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 50 はがね 変化 - - 15 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 また、自分の『おもさ』が100kg軽くなる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 基本 ひこう 物理 35 100 35 通常攻撃。 6 じめん 変化 - 100 15 相手の命中率を1段階下げる。 9 ノーマル 特殊 60 - 20 相手全体が対象。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 12 エスパー 変化 - - 30 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 17 ノーマル 物理 15 85 20 1ターンに2〜5回連続で攻撃する。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『キングシールド』『ニードルガード』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 23 ひこう 特殊 60 95 25 相手全体が対象。 28 じめん 変化 - - 20 使用後、相手はポケモンを交代する度にダメージを受ける。 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンはダメージを受けない。 31 はがね 変化 - 85 40 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 39 はがね 変化 - - 15 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 また、自分の『おもさ』が100kg軽くなる。 5 ノーマル 変化 - - 20 必ず後攻になる 優先度:-6。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 12 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 19 ひこう 変化 - - 10 HPが最大HPの半分回復するが、そのターンは『ひこう』タイプではなくなる。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 37 いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 40 ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 41 あく 変化 - 100 15 使用後、相手は同じ技を連続で出せなくなる。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 46 あく 物理 60 100 25 相手が持っている道具を自分の物にする。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 58 ひこう 物理 60 100 10 1ターン目に相手とともに空中へ飛び上がり、2ターン目で攻撃する。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けず、相手は行動できない。 『ひこう』タイプのポケモンはダメージを受けない。 相手が体重200kg以上の場合は失敗する。 66 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 70 ノーマル 変化 - 100 20 相手の命中率を1段階下げる。 75 ノーマル 変化 - - 20 自分の『こうげき』ランクを2段階上げる。 80 いわ 物理 75 90 10 相手全体が対象。 81 むし 物理 80 100 15 通常攻撃。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1 ノーマル 物理 50 95 30 通常攻撃。 2 ひこう 物理 90 95 15 1ターン目に空中へ飛び上がり、2ターン目に攻撃する。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 遺伝 ひこう 物理 80 100 20 通常攻撃。 遺伝 ひこう 物理 140 90 5 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 遺伝 ゴースト 変化 - - 10 自分のタイプが『ゴースト』タイプの時は自分のHPを最大HPの半分だけ減らして、相手を『のろい』状態にする。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 遺伝 あく 物理 40 100 20 相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える。 遺伝 あく 物理 60 100 10 そのターン、相手が既にダメージを受けている時、威力が2倍になる。 遺伝 エスパー 変化 - - 10 自分と相手の『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクを入れ替える。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS こおり 特殊 55 95 15 相手全体が対象。 ORAS はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 ORAS ひこう 変化 - - 15 4ターンの間、自分と味方の『すばやさ』が2倍になる。 過去作でしか覚えられない技.

次の

エアームド

エアームド 遺伝

エアームド よろいどりポケモン ぜんこくNo. 227 アローラNo. USUM 270 アローラNo. SM 208 高さ 1. 7m 重さ• 5kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Skarmory タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ なし 共通の入手方法• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• 主な入手方法 SM• また、相手の回避率ランクの変化の影響を受けない。 /レベルの低い野生のポケモンと出会いにくくなる。 HPが最大の時、『ひんし』状態になるダメージを受けても必ず1残る。 また、一撃で『ひんし』になる技『じわれ』『ぜったいれいど』『つのドリル』『ハサミギロチン』を受けない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンはダメージを受けない。 また、自分の『おもさ』が100kg軽くなる。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けず、相手は行動できない。 『ひこう』タイプのポケモンはダメージを受けない。 相手が体重200kg以上の場合は失敗する。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 USUM New! 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の