日本 対 カタール 審判。 退場&PKの不可解判定でU

日本vsカタール 完全アウェイでの試合 審判裏で買収されてると思うw審判き...

日本 対 カタール 審判

石油の採掘可能埋蔵量はあと41年だそうです。 まだ油田が見つかるかもしれませんし、原子力発電や太陽光発電の導入も増大するでしょう。 そうした産業を支配するのは王族で、サッカーは王族の賭けの対象です。 王族の面子にかけて勝とうとします。 ハンドボールのようなマイナー競技では国際ハンドボール連盟の力が弱く、商業的うまみもないので今もってアジア連盟はクエート王族に好きなように支配されていますから、ルールはあってないようなものです。 アジア連盟が中東に牛耳られていれば、中東の笛自体はたとえオイルマネーが斜陽となっても、社会が王族支配である限り無くならないだろうと思います。 しかしサッカーではFIFAの取り締まりが厳しく、映像配信などの商業的うまみもあるので露骨な買収は少なくなっているように思います。 肝心なところでは出るかもしれませんが。 また中東同士の試合でもあるようですね。 今日の試合は露骨な中東の笛はなかったように思います。 それはさすがにアウエーを感じさせる偏りはありましたが、レベルの低い審判ならやりそうな間違い程度に止まります。 この程度ならつい20年くらい前のヨーロッパでも普通でしたし、南米なら今でも普通でしょう。 アジアレベルではホーム寄り審判になるのはまだ避けられないでしょうね。 カタールも開催国として大いに審判団を歓待したり便宜を図ったりなどしたでしょうが、買収となると話は別だと思われます。 それに日本は大事な取引先が多いでしょうし、長い間中東問題には中立でしたし、援助も行っていますし、スポーツでも日本は公正だという世界的評価が定着していますから、特に日本に対して工作をしようという別の動機はないでしょうから。 今回はいつかの中東での大会のような中毒も出ませんでしたから、その辺は良識的だったのではないでしょうか。 あの中毒事件は異常で、限りなく黒いですね。

次の

誤審連発、サッカー日本代表vsカタール、疑惑のレッドカード&疑惑のPK

日本 対 カタール 審判

[1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]• AFC U23選手権タイ2020に出場しているU-23日本代表は1月14日 火 、グループステージ第3戦・U-23カタール戦を翌日に控え、バンコク市内で最終調整を行いました。 連戦の影響で疲労が溜まる中でも、初勝利をつかみ取るために一人ひとりが集中力を高めてトレーニングに励んでいます。 冒頭15分の公開練習では、フィールドプレーヤーはジョギングからストレッチを行い、8対2のボール回し、腿上げからの短いダッシュなどで身体の感覚を確認。 またGK陣はストレッチからシュートキャッチを行い、強度の高い練習に向けてコンディションを整えていました。 森保一監督は第3戦に向け「毎回勝つためのメンバーで戦っている。 コンディション、フィジカル、メンタル。 第1戦、第2戦を受けて選手たちの今の状態を今日の練習を見て判断したい」とメンバー選考について語り、「第1戦、第2戦の悔しさを選手たちがピッチ内で表現してくれることを期待していますし、勝利することを考えてやっていきたいと思います」と話していました。 U-23カタール代表は、カタール代表との兼任でフェリックス・サンチェス・バス監督が率います。 2017年にカタール代表監督に就任。 AFCアジアカップUAE2019の決勝で日本と対戦し、初優勝に導いたことでも記憶に新しいところです。 U-23代表は昨年3月に行われたAFC U23選手権タイ2020予選でネパール、アフガニスタン、バングラディッシュと同居したグループを通過。 今大会ではここまで2試合を引き分けで終え、勝点2を獲得しています。 森保一監督はカタールに対して「この2試合、3バックは同じですが、システムは違う。 その上で、どう我々の力を発揮できるか、どう相手に対応していけるかを試合の中でも見ていきたい」とコメントしました。 初勝利を目指す日本は15日 水 、グループステージ第3戦・U-23カタール代表戦を迎えます。 試合は20:15 日本時間22:15 よりRajamangala Stadiumでキックオフ予定です。 監督・選手コメント 監督 これまでの2戦は、結果的には敗れましたが、選手たちは目の前の試合に向けて最善の準備をし、ベストを尽くしてきてくれました。 明日は我々が今持っている、選手が今持っている最大限のパワーを発揮したいと思っています。 今大会はこの試合で終わりますが、東京五輪に向けた活動は終わりではありません。 何より選手たちのサッカー人生、キャリアは終わりではない。 次の試合は目の前のことに全力を尽くす、最善を尽くすことをやってほしいと思います。 DF 22 選手(浦和レッズ) 気持ちの部分で言えばもちろん悔しい気持ちはありますけど、くよくよしてはいられません。 敗退は決まってしまいましたが、次の試合が待っています。 日本代表としてしっかり戦って、勝つしかない。 ミスを恐れることがチームのためになるとは思わないので、チャレンジするところはどんどんチャレンジしたい。 何が何でも勝って、東京五輪につなげたいと思っています。 MF 6 選手(湘南ベルマーレ) このチームで、この大会で試合ができるのは次が最後。 みんな言っていますけど、勝って終わることがベストです。 プレーどうこうというより結果が大事。 どんな状況であっても1試合は1試合ですし、公式戦であることに変わりはありません。 日本代表を背負っている以上、常に勝ちが求められていますし、明日の試合はどれだけ自分たちがやるべきことをできるかが大事になると思います。 FW 9 選手(ジュビロ磐田) この第3戦というのは、今までの2試合以上に気持ちを入れて戦わないといけません。 いい内容でしっかりと勝つことにすごく意味があると思っています。 FWが得点を取らないと話にならないですし、まずはしっかり得点を決めて、このチームで、やっぱり最後に意地を見せたと思ってもらえるようにしたい。 個人としても『意地を見せたね』と言われるように、しっかりいい準備をして入ります。 橋岡大樹 選手(浦和レッズ)インタビュー• [日本代表]• [日本女子代表]• [フットサル日本代表]• [ビーチサッカー日本代表]• [サッカーe日本代表]• [1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]•

次の

【アジアカップ決勝】日本代表対カタール戦のテレビ放送と注目ポイントについて

日本 対 カタール 審判

VARを見ようともしなかったですね。 あれはおかしい。 中立の立場であの映像を見ても日本選手の足がボールに先に届きその足にカタールの選手の足が当っていました。 判定は反対のはずだと思います。 あの主審が優秀な審判なんて信じらません。 あれは絶対抗議すべきです。 でも日本は相変わらずミスは多いしゴール前でもたもたして折角のチャンスを潰される。 弱すぎます。 オリンピックアジア予選勝ちなしで出場できないのかと思っていたら出られる?サッカーは詳しい積りでしたがこのあたりが理解できていません。 開催国出場権がサッカーにも適用される?あとの話聞いていたら海外組と年齢枠外3名が入って云々?とあったので今回のは日本にとってはテストマッチのようなものだったのですね。 それにしても日本選手退場といいペナルティキックといい判定がおかしい過ぎますね。

次の