ショパン 作品 解説。 ショパンエチュード(練習曲)全曲解説【動画付き】

幻想曲 Op.49 CT42 ヘ短調/Fantaisie f

ショパン 作品 解説

楽曲解説 - 3つのワルツ 作品70 第2番 へ短調 第12番 Op. 70は遺作として1855年に出版された3曲のワルツ。 70-2 ヘ短調は、1841年の作とされる。 献呈はされていないものの、非公式にはマリー・ドゥ・クルトナー等数人に贈られている。 テンポ・ジュストの2部形式からなる。 出版に際して校訂者がこの2部形式をそのままそっくり繰り返す版を作ったため、演奏に際してはそのどちらかを選択することになる。 2部形式のB にあたる部分では、変イ長調に転じ、そのまま曲を閉じることが興味深い。 曲全体を通して、スラーの長さが1小節、2小節、比較的長いスラーと多様であるため、演奏に際してそのことに留意すると、短いながらに印象深い作品としての味わいが出てくるだろう。 「ピティナ・ピアノ曲事典」より 作曲家解説 - ショパン,フレデリック ポーランドの作曲家。 ピアノの詩人。 ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。 現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。 ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。 当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。 その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。 その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。 また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。 演奏家解説 - コチシュ,ゾルタン ハンガリーのブダペスト出身のピアニスト・指揮者・作曲家。 「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。 ピアニストとしてレパートリーは広く、中でもショパン、リスト、ドビュッシー、ラヴェル、バルトークを得意としており、音楽家としてとりわけラフマニノフには格別の思い入れを寄せている。 ラフマニノフの歌曲「ヴォカリーズ」のピアノ版への編曲は極めて有名である。 近年ではしばしば指揮者として、とりわけブダペスト祝祭管弦楽団やハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団と共演しており、19世紀末のロシアやウィーンの音楽を中心に録音を進めていた。 楽曲解説 - 3つのワルツ 作品70 第2番 へ短調 第12番 Op. 70は遺作として1855年に出版された3曲のワルツ。 70-2 ヘ短調は、1841年の作とされる。 献呈はされていないものの、非公式にはマリー・ドゥ・クルトナー等数人に贈られている。 テンポ・ジュストの2部形式からなる。 出版に際して校訂者がこの2部形式をそのままそっくり繰り返す版を作ったため、演奏に際してはそのどちらかを選択することになる。 2部形式のB にあたる部分では、変イ長調に転じ、そのまま曲を閉じることが興味深い。 曲全体を通して、スラーの長さが1小節、2小節、比較的長いスラーと多様であるため、演奏に際してそのことに留意すると、短いながらに印象深い作品としての味わいが出てくるだろう。 「ピティナ・ピアノ曲事典」より 作曲家解説 - ショパン,フレデリック ポーランドの作曲家。 ピアノの詩人。 ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。 現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。 ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。 当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。 その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。 その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。 また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。 演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール ポーランド出身のピアニスト。 「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。 90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。 ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。

次の

【難易度と解説】ショパン エチュード作品10(別れの曲 / 黒鍵 / 革命 etc.)

ショパン 作品 解説

バラード第1番の冒頭部分 形式はの自由な変形。 序奏・主題のは4分の6拍子、コーダ部では2分の2拍子になる。 冒頭はラルゴ 自筆譜・フランス初版・イギリス初版。 ドイツ初版はレント の7小節からなるの風の序奏で始まる。 この終止は四度五度のを使った変イ長調のだが、ト短調のナポリの和音とも解釈できる。 主部はソナタ形式らしく第1主題が提示された後、の第2主題がソット・ヴォーチェのppで現れて変奏・展開される。 第94小節から2回めの第1主題がイ短調で現れる。 第102小節からのクレッシェンドを受け、第106小節のffの頂点に達すると、第2主題がで復帰する。 右手のオクターブの音階がfffまで盛り上がった後、スケルツァンドの軽快なパッセージを経て、3度目の第1主題 ソナタ形式の再現部にあたる が変ホ長調で現れる。 2回目と同様に短縮された形をとり、クレッシェンドで盛り上がると 今回はさらにsemple cresc. 、molto cresc. の指示がある 、そのまま第208小節から54小節の(Presto con fuoco)へと続く。 第242小節では高速な半音階上昇から一気に下降する。 第250-257小節の印象的なつなぎの後、最後は両手のオクターブの半音階進行がfffで下行し、劇的に締めくくられる。 その他 [ ] による、ヴァイオリンとピアノ用の編曲版がある。 バラード第1番(ショパン)を使用した作品 [ ] 映像作品 [ ]• - に系で放送された。 第6話「天才が愛した女」にて、登場人物である広田清美と野亜亘が会話するシーン等で使用されている。 - に公開された・・・の合作。 物語後半、主人公であるがドイツ軍将校にピアノを弾くように命じられた際に演奏した曲として使用されている。 - 制作の。 最終回にて、主人公であるが演奏するシーンで使用されている。 その他 [ ]• - が振り付けした作品。 このバレエでは全編に渡ってショパンの作品が使われており、この曲は第3幕で主人公マルグリットと青年貴族アルマンが最後の逢瀬をするシーンで使用されている。 - 選手が2010-2011シーズンのエキシビションにて用いたほか、選手も2014-2015、2015-2016シーズン、2017-2018シーズン、2019-2020シーズン途中 四大陸フィギュアスケート選手権 からショートプログラムにて用いた。 脚注 [ ]• なお第7小節の左手の和音の最上音は自筆譜・フランス初版・イギリス初版第1刷ではEs音であるが、のちのドイツ初版・イギリス初版第2刷ではD音に変えられていて、これがショパンによる訂正なのかどうかは議論の的である。 20世紀末に出版されたらによるショパン全集『ナショナル エディション』(第2版)ではEsを採用した上で、Dはショパンによる訂正かもしれないとしている。 外部リンク [ ]• の楽譜 -。 として無料で入手可能。 この項目は、に関連した です。

次の

作品数の謎:ショパンの本棚

ショパン 作品 解説

作品数の謎 「ショパンの作品は全部で何曲ありますか?」こう聞かれたときにみなさんは何と答えてますか。 自分は「大体230曲くらい」と答えるようにしています。 この230という数字には根拠があります。 ワルシャワショパン協会が編集した『』というCD、こちらに収められている曲数が全部で232曲あるからです。 音によるショパンの完全作品目録としてパデレフスキ版の楽譜を元に楽譜に収められてない曲も追加収録され、解説も209頁と大変充実した内容になっております。 ショパンの聴くことのできる曲は大体これでまかなえるでしょう。 世界中に色々な楽譜出版社があって、同じ曲が何種類もあるという状況は時折混乱を招く事もあります。 一つのエディション〔=版〕から録音して曲集としてまとめているのはこのCD以外には無く、録音がどうとか演奏の善し悪しは別にして大変意義のあることだと思います。 さて、人間欲を言えばきりがなく、この録音もいささか古いためこの曲集自体が完全かというとそうでもなく、最近発見された曲も新たに録音されCDとして発売されたり楽譜が出版されたりしていますが、ショパンははたしていったい何曲残したのか、これを数えることは容易ではありません。 我が家にある古い楽譜の中にもなんじゃこりゃというような曲もいくつかあり、そういった曲もこれからちょこちょこ紹介していきたいと思いますが、ショパンの作品を見ていく前に欠かせない作品を解説した本をまとめてみたいと思います。 まず現在入手しやすい本としては音楽之友社編『』、下田幸二著『』、ドレミ楽譜出版社編『ショパン・ピアノ作品便覧』この3冊があればショパンの曲は把握しやすいでしょう。 他にも属啓成さんの本もありますがこの3冊と比べるとやや力不足かと思います。 特にドレミ楽譜出版社の作品便覧は大変便利で、ミニチュアスコアとして204曲も楽譜が掲載されており、巻末にまとめられた作品一覧表には出版年から出版社、自筆譜の所在まで本当に詳しく書かれています。 ただ残念なのはピアノの曲に絞られているためその他のジャンルまで解説が完全でないという点だけが惜しまれます。 最後にショパンの作品を知る上で欠かせない本を紹介します。 「クリスティナ・コビラニスカ『ショパン作品の手稿譜カタログ』 I・II 1977」です。 こちらは2巻に分けられ1巻目には、A. 出版された原稿、B. 入手困難または失われた原稿、C. 未確認の原稿、D. スケッチとノート、E. 作品の元になった原稿、F. ショパンの書き込み原稿、G. 第三者による原稿、付録とショパンの作品が詳細にデータ化されています。 2巻目には1巻目に対応する自筆譜、ファクシミリなどの写真がまとめられており、最後に文献データが収められています。 ショパンの作品を特定する際[KK]と番号をふることがありますが、それはこのコビラニスカのドイツ語版の目録によるものです。 ただこの表示方法は一時期Breitkopfなどでも採用され、日本ではよく目にしますが、世界的に標準かどうかは微妙です。 ドイツ語版の目録を持ってる人だけにしか通用しないことをふまえておいた方がいいでしょう。

次の