チック ヒックス。 ディズニー映画「カーズ」に出てくるキャラクターのモデル車総まとめ

チック・ヒックス

チック ヒックス

『カーズ』(原題:Cars)は、ピクサーによる2006年7月に公開された長編アニメーション映画作品。 第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞受賞。 2001年より制作開始され、当初は『Route 66』というタイトルで制作されていたが、1960年代に同名のテレビドラマ『ルート66』(Route 66)があったことから、作品名を『カーズ』に変える。 当初、2005年の冬に公開予定であったが日付がずれ込み2006年7月が公開予定日となった。 日本では公開がスタジオジブリ製作の『ゲド戦記』と重なったこともあり、興行収入は前作『Mr. インクレディブル』の半分程度の22億円[2]と厳しい結果となった。 配給はディズニー。 ディズニー・ピクサー間の契約とその契約更新の破綻に伴い、ディズニー配給としては最後のピクサー制作作品になる予定であったが、ディズニーによるピクサーの買収により上記の事態は回避された。 なお、この作品コンテンツの商用利用権に関しては、全てディズニー関連会社が有している。 本作品は、車を中心とした乗物を擬人化したキャラクターによって物語が構成されており、人間と動物などは登場しない。 ちなみに、ディズニーデジタル3Dとしてのリバイバル上映は特になし。 ピストン・カップを争うシーズンの最終レース「ダイナコ400」で、初の新人チャンピオンを狙うライトニング・マックィーン。 しかし自分を含む3台が同着となり、1週間後にカリフォルニアで決着をつけることになる。 カリフォルニアへの移動中、トラブルによりマックィーンはルート66沿いの田舎町「ラジエーター・スプリングス」に迷い込む。 一刻も早く町を出ようとあせっていたマックィーンだが、心優しい住人達と触れ合い本当に大切なものに気付いていく。 出典:wikipedia.

次の

ディズニー・ピクサー トミカコレクション C

チック ヒックス

『カーズ』(原題:Cars)は、ピクサーによる2006年7月に公開された長編アニメーション映画作品。 第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞受賞。 2001年より制作開始され、当初は『Route 66』というタイトルで制作されていたが、1960年代に同名のテレビドラマ『ルート66』(Route 66)があったことから、作品名を『カーズ』に変える。 当初、2005年の冬に公開予定であったが日付がずれ込み2006年7月が公開予定日となった。 日本では公開がスタジオジブリ製作の『ゲド戦記』と重なったこともあり、興行収入は前作『Mr. インクレディブル』の半分程度の22億円[2]と厳しい結果となった。 配給はディズニー。 ディズニー・ピクサー間の契約とその契約更新の破綻に伴い、ディズニー配給としては最後のピクサー制作作品になる予定であったが、ディズニーによるピクサーの買収により上記の事態は回避された。 なお、この作品コンテンツの商用利用権に関しては、全てディズニー関連会社が有している。 本作品は、車を中心とした乗物を擬人化したキャラクターによって物語が構成されており、人間と動物などは登場しない。 ちなみに、ディズニーデジタル3Dとしてのリバイバル上映は特になし。 ピストン・カップを争うシーズンの最終レース「ダイナコ400」で、初の新人チャンピオンを狙うライトニング・マックィーン。 しかし自分を含む3台が同着となり、1週間後にカリフォルニアで決着をつけることになる。 カリフォルニアへの移動中、トラブルによりマックィーンはルート66沿いの田舎町「ラジエーター・スプリングス」に迷い込む。 一刻も早く町を出ようとあせっていたマックィーンだが、心優しい住人達と触れ合い本当に大切なものに気付いていく。 出典:wikipedia.

次の

【感想】カーズ/クロスロードの結末にどうしても納得できない ※ネタバレあり

チック ヒックス

歴史 [ ] 1950年代 ハドソン・ホーネット(ドック・ハドソン)、 ルイーズ・ナッシュ、 ジュニア・ムーン、 リバー・スコットが活躍する。 その中でもドックは1951、1952、1953年に3連勝した。 ドックは新人レーサー、 リロイ・ヘミングを宙返りでかわすなどの技があった。 しかし、ドックは1954年に大クラッシュを起こし、引退した。 この時代は クルト・シフトライトなどのレーサーも走っていた。 1960年代 1作目で登場した、 マリオ・アンドレッティが活躍する。 1970年代 クレイグ・シフトライトが2連勝、1970年代にレビューした、 ストリップ・ウェザーズが1 - 2回優勝する。 また、 ダレル・カートリップ、 チック・ヒックス、 アーニー・ギアソン( - 2016年)らがデビューする。 1980年代 マーレー・クラッチバーン(1984 - 2016年)が、リレーのアマチュアチームでレースデビューする。 また、 ジェイムズ・クリーンエア(1985 - 2006年)や、 クロード・スクラグスらがデビューし、ストリップ・ウェザーズが3 - 4回目の優勝を果たした。 1990年代 ヨーロッパからやって来た ホール・インガスが優勝し、ストリップ・ウェザーズも5 - 6回目の優勝をする。 また、名門レーサー一家、シフトライト家の クリント・シフトライトは、3回優勝する。 他にも、 ジョニー・ブレーマー(1996年 - )などもデビューする。 2000年代 2000年代前半には エイケン・アックスラー(2003年 - )、 デイル・アーンハート・jr. 、 マニー・フライウィール、 セージ・バンダースピン(2004年 - )、 フロイド・マルビヒル(2005 - 2016年)、 ライトニング・マックィーンらがレースデビューする。 ストリップ・ウェザーズは、7回目の優勝をするが2005年で引退し、翌年の2006年度シーズンで、ライトニング・マックィーンが初優勝する。 続いてその翌年からは、ストリップ・ウェザーズの甥の キャル・ウェザーズ( - 2016年)を初め、 ブリック・ヤードレィ(2007 - 2016年)や ボビー・スウィフト( - 2016年)らがレースデビューする。 2010年代 2010年末、2010年度シーズンのピストン・カップで4度目の優勝を果たしたライトニング・マックィーンは、に参戦する。 2016年度シーズン中頃、新世代レーサー ジャクソン・ストームが活躍し、次々に旧世代レーサーが引退し、新世代レーサーが登場する。 2017年3月、新人レーサー クルーズ・ラミレスが、2017年度シーズン開幕戦フロリダ500を制する。 ルール [ ]• 同じゼッケンさえ付いていれば、誰が走ってもいい。 クルーチーフがいなくても、参加可能。 グリーンフラッグでスタート。 1位でゴール(優勝)した車だけが、表彰台に上がれる。 シーズン最終戦で優勝した車には、今シーズンのチャンピオンとして、 ピストン・カップを与えられる。 参加車種 [ ] カーズ [ ] シボレー・モンテカルロ [ ] デイル・アーンハート・jr アクセロ・フィッション [ ] チャック・アームストロング、リー・レブキンズ、ダレン・レッドフッド、マシュー・オーバーテイカー、ケビン・シフトライト、トッド・マーカス ラックス・モーターCo. ピストン・カップ V8 [ ] エイケン・アックスラー ブラウニー・モーターCo. スパークEA [ ] ボビー・スウィフト、ジャック・デポスト、マークス・クランクズラー、チップ・ギアリングス、カール・クラッチェン、スピーディー・コメット、フィル・タンクソン、レブ・ミーカー、T. キャッスルナット、ボビー・ロードテスター、レックス・レヴラー、ダイノ・ドラフトスキー キャトピルモーターズ・マークII [ ] キャル・ウェザーズ、ダークソン・ダーゴスティーノ(3作目)、フロイド・マルビヒル(3作目)、ダレン・レッドフッド(3作目)、ポンチー・ワイプアウト(3作目)、マーレー・クラッチバーン(3作目)、アーニー・ギアソン(3作目)、ラルフ・カーロウ(3作目)、トッド・マーカス(3作目) 新世代レーサーSA型 [ ] バッバ・ホイールハウス、ライアン・"インサイド"・レニー、チェイス・レースロット、J. マックピラー、クリス・ローミン、ハーヴィー・ロッドキャップ、ティム・トレッドレス、リッチ・ミクソン、アーロン・クロッカー、ジム・レヴェリック、ダン・カルシア、シェルドン・シフター、ジェイムズ・ウィスコンシン、スパイキー・フィラップス、ノア・ゴチェック、ジョナス・カーヴァース 新世代レーサーSB型 [ ] ダニー・シュワヴェッツ、フリップ・ドーヴァー、エリック・ブレーカー、カム・スピナー、エド・トランカン、スティーブ・"スリック"・ラページ、マイケル・ローター、ジョージ・ニュー=ウィン、ハーブ・カーブラー、バリー・ディペダル、H. ホリス、リッチー・ガンジット、ウィルバー・ギアシフト、ジップ・ジョルトライン、コンラッド・キャンバー、J. ドライブ、ポール・コンレヴ スタートグリッド・結果 [ ] スタートグリッド・結果(10〜11位以内) 大会 順位 名前 チーム 登場作品 2005年 レーシング・シリーズ 結果 1 ストリップ・ウェザーズ(キング) ダイナコ 2 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 3 チック・ヒックス htB 2005年 400 結果 1 ストリップ・ウェザーズ(キング) ダイナコ 2 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 3 チック・ヒックス htB 4 ミスティ・モータークラス レブンゴー 5 フロイド・マルビヒル ガスピリン 6 マーレー・クラッチバーン スパッター・ストップ 7 アーニー・ギアソン スペア・ミント 8 グレッグ・キャンディマン タコミント 9 ジェイムズ・クリーンエア バイトリーン 10 クロード・スクラグス リークレス 2005年 (レースウェイ)結果 1 ストリップ・ウェザーズ(キング) ダイナコ 2 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 3 チック・ヒックス htB 2005年 (スピードウェイ)結果 1 ストリップ・ウェザーズ(キング) ダイナコ 2 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 3 チック・ヒックス htB 2005年 ダイナコ400 (モーター・スピードウェイ・オブ・サウス)スタートグリッド 1 ストリップ・ウェザーズ ダイナコ 2 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 3 チック・ヒックス htB 4 デイル・アーンハート・jr. デイル・アーンハート社 5 フロイド・マルビヒル ガスピリン 6 スライダー・ペトロルスキ サイドウォール・シャイン 7 セージ・バンダースピン ガスキッツ 8 アーニー・ギアソン スペア・ミント 9 ウィンフォード・ブラッドフォード・ラザフォード RPM 10 マシュー・オーバーテイカー アップル 2005年 ダイナコ400 (モーター・スピードウェイ・オブ・サウス)結果 1 ライトニング・マックィーン ラスティーズ ストリップ・ウェザーズ ダイナコ チック・ヒックス htB 4 ケビン・シフトライト クラッチ・エイド 5 エイケン・アックスラー ニトロエイド 6 フロイド・マルビヒル ガスピリン 7 マーレー・クラッチバーン スパッター・ストップ 8 クラスティー・ローター ビニール・トゥーペ 9 ジョニー・ブレーマー フォークス・ウィール・ドライブ 10 デイル・アーンハート・jr. デイル・アーンハート社 2005年 ダイナコ400 優勝決定戦 (ロサンゼルス・インターナショナル・スピードウェイ)結果 1 チック・ヒックス htB 2 ストリップ・ウェザーズ ダイナコ 3 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 2006年 ロサンゼルス・インターナショナル・スピードウェイ 結果 1 ライトニング・マックィーン ラスティーズ カーズ (、版) 2016年 ダイナコ・ライト350( 1 回目)結果 (モーター・スピードウェイ・オブ・サウス) 1 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 2 ボビー・スウィフト オクタン・ゲイン 3 キャル・ウェザーズ ダイナコ 4 ブリック・ヤードレィ バイトリーン 5 カール・クラッチェン イージー・アイドル 6 レブ・ミーカー タンクコート 7 ダイノ・ドラフトスキー クラッチ・エイド 8 マークス・クランズラー トランスベリー・ジュース 9 レックス・レヴラー ガスキッツ 10 ジミー・ケーブルス インターセクション 2016年 アイオワ・ハイブリッド450 (ロッカーアームズ・インターナショナル)結果 1 キャル・ウェザーズ ダイナコ 2 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 3 ボビー・スウィフト オクタン・ゲイン 4 ブリック・ヤードレィ バイトリーン 5 ジミー・ケーブルズ インターセクション 6 フィル・タンクソン ニトロエイド 7 カール・クラッチェン イージー・アイドル 8 アップル・レーサー アップル社 9 レックス・レヴラー ガスキッツ 10 レブンゴー・レーサー レブンゴー 2016年 ジョージア・セーフティーホーン350 (ジョージア・モーター・スピードウェイ)結果 1 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 2 キャル・ウェザーズ ダイナコ 3 ボビー・スウィフト オクタン・ゲイン 4 ブリック・ヤードレィ バイトリーン 5 ダイノ・ドラフトスキー クラッチ・エイド 6 ジミー・ケーブルス インターセクション 7 レブ・ミーカー タンクコート 8 ラルフ・カーロウ リル・トルキー・ピストンズ 9 フィル・タンクソン ニトロエイド 10 バック・ベアリングリー ビュー・ジーン 2016年 ダイナコ400 (コッパー・キャニオン・スピードウェイ)結果 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 3 ボビー・スウィフト オクタン・ゲイン 4 キャル・ウェザーズ ダイナコ 5 ブリック・ヤードレィ バイトリーン 6 フィル・タンクソン ニトロエイド 7 チップ・ギアリングス コンバスター 8 トミー・ハイバンクス フォークス・ウィール・ドライブ 9 ボビー・ロードテスター カーボン・サイバー 10 レブンゴー・レーサー レブンゴー 2016年 ダイナコ・ライト350( 2 回目) (モータースピードウェイ・オブ・サウス)スタートグリッド 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 3 ハーヴィー・ロッドキャップ(新世代レーサー) イージー・アイドル 4 エド・トランカン(新世代レーサー) ムード・スプリングス 5 アーロン・クロッカー(新世代レーサー) リボルティング 6 H. ホリス(新世代レーサー) N2Oコーラ 7 ライアン・"インサイド"・レニー(新世代レーサー) ブリンカー 8 レブンゴー・レーサー レブンゴー 9 レブ・ミーカー タンクコート 10 リブ・ローダゲス ビニール・トゥーペ 11 ティム・トレッドレス(新世代レーサー) ニトロエイド 2016年 ダイナコ・ライト350(2回目) (モーター・スピードウェイ・オブ・サウス)結果 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2016年 グランドール・OIL・Co・レースウェイ 結果 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2 エド・トランカン(新世代レーサー) ムード・スプリングス 3 アーロン・クロッカー(新世代レーサー) リボルティング 4 H. ホリス(新世代レーサー) N2Oコーラ 5 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 6 ライアン・"インサイド"・レニー(新世代レーサー) ブリンカー 7 ボビー・スウィフト オクタン・ゲイン 8 レブ・ミーカー タンクコート 9 リブ・ローダゲス ビニール・トゥーペ 10 ティム・トレッドレス(新世代レーサー) ニトロエイド 2016年 BnL・レースウェイ 結果 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2016年 ラストベルト・レースウェイ 結果 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2 J. ドライブ(新世代レーサー) アップル社 3 ダン・カルシア(新世代レーサー) ガスキッツ 4 バリー・ディペダル (新世代レーサー) RPM 5 リッチー・ガンジット(新世代レーサー) ガスピリン 6 アーロン・クロッカー(新世代レーサー) リボルティング 7 ボビー・スウィフト オクタン・ゲイン 8 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 9 キャル・ウェザーズ ダイナコ 10 ハーヴィー・ロッドキャップ(新世代レーサー) イージー・アイドル 11 ラルフ・カーロウ リル・トルキー・ピストンズ 2016年 ムード・スプリングス・スパッター・ストップ350 (ジョージア・モーター・スピードウェイ)結果 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2 ジェイムズ・ウィスコンシン(新世代レーサー) スペア・ミント 3 J. マックピラー(新世代レーサー) トウ・キャップ 4 ティム・トレッドレス(新世代レーサー) ニトロエイド 5 バッバ・ホイールハウス(新世代レーサー) トランズベリー・ジュース 6 H. ホリス(新世代レーサー) N2Oコーラ 7 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 8 エド・トランカン(新世代レーサー) ムード・スプリングス 9 レーン・ロック サイナーG 10 テリー・カーガス トリプルデント 11 バック・ベアリングリー ビュー・ジーン 12 ラルフ・カーロウ リル・トルキー・ピストンズ 13 トッド・マーカス ノー・ストール 2016年 データシフト400 (データシフト・レースウェイ)結果 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 3 ジミー・ケーブルズ インターセクション 4 ダイノ・ドラフトスキー クラッチ・エイド 5 キャル・ウェザーズ ダイナコ 2016年 バンパー・セーブ:ギアス・アンド・グローリィ450 (ハートランド・アンド・モーター・スピードウェイ)結果 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2 J. ドライブ(新世代レーサー) アップル社 3 バリー・ディペダル(新世代レーサー) RPM 4 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 5 ハーブ・カーブラー (新世代レーサー) フォークス・ウィール・ドライブ 6 ライアン・"インサイド"・レニー(新世代レーサー) ブリンカー 7 ダン・カルシア (新世代レーサー) ガスキッツ 2016年 ロサンゼルス500 (ロサンゼルス・インターナショナル・スピードウェイ) スタートグリッド 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2 ハーヴィー・ロッドキャップ(新世代レーサー) イージー・アイドル 3 チェイス・レースロット(新世代レーサー) バイトリーン 4 J. マックピラー(新世代レーサー) トウ・キャップ 5 クリス・ローミン(新世代レーサー) コンバスター 6 カム・スピナー(新世代レーサー) トリプルデント 7 ライトニング・マックィーン ラスティーズ 8 ダニー・シュワヴェッツ(新世代レーサー) オクタン・ゲイン 9 ハーブ・カーブラー(新世代レーサー) フォークス・ウィール・ドライブ 10 バック・ベアリングリー ビュー・ジーン 2016年 ロサンゼルス500 (ロサンゼルス・インターナショナル・スピードウェイ)結果 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2 ダニー・シュワヴェッツ(新世代レーサー) オクタン・ゲイン 3 チェイス・レースロット(新世代レーサー) バイトリーン 4 ティム・トレッドレス(新世代レーサー) ニトロエイド 5 ハーヴィー・ロッドキャップ(新世代レーサー) イージー・アイドル 6 クリス・ローミン(新世代レーサー) コンバスター 7 H. ホリス(新世代レーサー) N2Oコーラ 8 ジョナス・カーヴァース(新世代レーサー) ノー・ストール 9 ハーブ・カーブラー(新世代レーサー) フォークス・ウィール・ドライブ 10 カム・スピナー(新世代レーサー) トリプルデント リタイア ライトニング・マックィーン ラスティーズ 2017年 フロリダ500 (フロリダ・インターナショナル・スピードウェイ) スタートグリッド 1 ジャクソン・ストーム(新世代レーサー) IGNTR 2 ダニー・シュワヴェッツ(新世代レーサー) オクタン・ゲイン 3 アーロン・クロッカー(新世代レーサー) リボルティング 4 H. ホリス(新世代レーサー) N2Oコーラ 5 ジェイムズ・ウィスコンシン(新世代レーサー) スペア・ミント 6 ハーブ・カーブラー(新世代レーサー) フォークス・ウィール・ドライブ 7 J. マックピラー(新世代レーサー) トウ・キャップ 9 H. ドライブ(新世代レーサー) アップル社 2017年 ダイナコ・ライト350 (モータースピードウェイ・オブ・サウス) 1 クルーズ・ラミレス(新世代レーサー) ダイナコ 2017年 ダイナコ400 (コッパーキャニオン・スピードウェイ) 1 クルーズ・ラミレス(新世代レーサー) ダイナコ 上の4つのレースは、ダイナコ400でのチックの紹介映像に映っていたレース。 フリップ・ドーヴァー 新世代レーサー IGNTR ジャクソン・ストーム 2. 0 新世代レーサー トウ・キャップ ラスティー・コーンフューエル 4 ミシシッピ州出身。 ジャック・デポスト ラスティー・ コーンフューエルの後任。 エリック・ブレーカー 新世代レーサー デイル・アーンハート社 デイル・アーンハート・jr. 8 このチームは 1作目のみに登場。 ライアン・"インサイド"・レニー 新世代レーサー ニトロエイド エイケン・アックスラー 28 フィル・タンクソン エイケン・アックスラーの後任。 カム・スピナー 新世代レーサー ムード・スプリングス チャック・アームストロング 33 燃料アレルギーを交わす 変わった体質の持ち主。 ダッド・スロットルマン チャック・アームストロング の後任。 スティーブ・"スリック"・ラページ 新世代レーサー シフティ・ドラッグ ケビン・レーシングタイヤ 35 このチームは1作目のみに登場。 タンクコート ユージーン・カービュレスキ 36 レブ・ミーカー ユージーン・カービュレスキの後任。 リッチ・ミクソン 新世代レーサー ビュー・ジーン ライアン・シールズ 39 所属スポンサーの商品を愛している。 バック・ベアリングリー ライアン・シールズの後任。 マイケル・ローター 新世代レーサー。 クラスティー・ローターの息子。 ダイナコ ストリップ・ウェザーズ(キング) 43 ピストン・カップ7回優勝。 キャル・ウェザーズ 42 ストリップ・ウェザーズの甥で後任。 クルーズ・ラミレス 51 女性レーサーで2017年に95番のラスティーズでレースデビュー。 後にキャル・ウェザーズの後任になる。 イージー・アイドル ルビー・"イージー"・オークス 51 カール・クラッチェン 15 ルビー・"イージー"・オークス の後任。 ハーヴィー・ロッドカップ 新世代レーサー リークレス クロード・スクラグス 52 ブライアン・スパーク クロード・スクラグスの後任。 ジョージ・ニュー=ウィン 新世代レーサー フォークス・ウィール・ドライブ ジョニー・ブレーマー 54 これまでの545回のレースで 完走ゼロの記録を持つ。 トミー・ハイバンクス ジョニー・ブレーマーの後任。 ハーブ・カーブラー 新世代レーサー ファイバー・フューエル ブラッシュ・カーバー 56 このチームは1作目のみに登場。 オクタン・ゲイン ビリー・オイルチェンジャー 58 ボビー・スウィフト 19 ビリー・オイルチェンジャーの後任。 ダニー・シュワヴェッツ 新世代レーサー バイトリーン ジェイムズ・クリーンエア 61 2006年度シーズン終了後に引退。 ブリック・ヤードレィ 24 ジェイムズ・クリーンエアの後任。 チェイス・レースロット 新世代レーサー トランスベリー・ジュース リー・レブキンズ 63 マークス・クランクズラー 6 リー・レブキンズの後任。 バッバ・ホイールハウス 新世代レーサー RPM ウィンフォード・ブラットフォード・ラザフォード 64 ブルース・ミラー ウィンフォード・ブラットフォード ・ラザフォードの後任。 ジム・レヴェリック 新世代レーサー N2Oコーラ マニー・フライウィール 68 パーカー・ブレーキストン マニー・フライウィールの後任。 リッチー・ガンジット 新世代レーサー レブンゴー ミスティ・モータークラス 73 女性レーサー レブンゴー・レーサー ミスティ・モータークラスの後任。 本名は不明。 ウィルバー・ギアシフト 新世代レーサー サイドウォール・シャイン スライダー・ペトロルスキ 74 このチームは1作目のみに登場。 ビニール・トゥーペ クラスティー・ローター 76 リブ・ロードエイジス クラスティー・ローターの後任。 ジップ・ジョルトライン 新世代レーサー レットリード ホール・インガス 79 このチームは1作目のみに登場。 ヨーロッパ出身で 1990年代に一度優勝している。 ガスキッツ セージ・バンダースピン 80 ジュニア・ピストン・ カップの最年少チャンピオン。 レックス・レヴラー セージ・バンダースピンの後任。 コンラッド・キャンバー 新世代レーサー アップル社 マシュー・オーバーテイカー 84 アップル・レーサー マシュー・オーバーテイカーの後任。 本名は不明。 ドライブ 新世代レーサー リボルティング デイビー・エイペックス 84 彼の好成績はこれまでで20位以内。 キャッスルナット 48 デイビー・エイペックスの後任。 アーロン・クロッカー 新世代レーサー htB チック・ヒックス 86 このチームは1作目のみに登場。 2005年に初優勝。 ジェイムズ・ウィスコンシン 新世代レーサー ラスティーズ ライトニング・マックィーン 95 タコミント グレッグ・キャンディマン 101 このチームは1作目のみに登場。 スパイキー・フィラップス 新世代レーサー クラッチ・エイド ケビン・シフトライト 121 シフトライト家の4代目。 ダイノ・ドラフトスキー ケビン・シフトライトの後任。 ノア・ゴチェック 新世代レーサー ノー・ストール トッド・"ザ・ショックスター"・マーカス 123 アラバマ州ディーゼルトン出身。 ジョナス・カーヴァース 新世代レーサー スタッフ・マスコミ [ ] チェッカーフラッグ係 [ ] デクスター・フーバー 2005年、2006年 クリス・レブストップスキー 2016年、2017年 ペースカー [ ] チャーリー・チェッカー 2005年、2006年 パット・トラクソン 2016年、2017年 レッカー車 [ ] トウ 2005年、2006年 ハーブ・カーブラー 2016年、2017年 消防車 [ ] タイニー・ラグスワース 2016年、2017年 キャリアカー [ ] スチュー・スキャターシールド 2016年、2017年 審判員 [ ] トム 2005年、2006年 アナウンサー [ ] ボブ・カトラス 2005年、2006年、2016年、2017年 解説者 [ ] ダレル・カートリップ 2005年、2006年、2016年、2017年 レース場 [ ] モーター・スピードウェイ・オブ・サウス• 場所:モーター・シティ• 大会:ダイナコ400、ダイナコ・ライト350• 場所:カリフォルニア州ロサンゼルス• 大会:ダイナコ400優勝決定戦、ロサンゼルス500• 作品:「カーズ」専用ソフト版、専用ソフト版 サンバレー・インターナショナル・スピードウェイ• 作品:「カーズ」PlayStation 2専用ソフト版、ニンテンドーゲームキューブ専用ソフト版 スマッシャー・バレー・スピードウェイ• 作品:「カーズ」PlayStation 2専用ソフト版、ニンテンドーゲームキューブ専用ソフト版 ロッカーアームズ・インターナショナル• 場所:アイオワ州• 大会:アイオワ・ハイブリッド450• 場所:ジョージア州• 大会:ジョージア・セーフティー・ホーン350、ムードスプリングス・スパッターストップ350• 場所:アリゾナ州• 大会:ダイナコ400• レースウェイ• 場所:ラストベルト(アメリカ中西部から大西洋岸中部)• 大会:データシフト400• 場所:ハートランド(アメリカ中西部)• 大会:バンパー・セーブ:ギアズ・アンド・グローリィ450• 場所:フロリダ州• 大会:フロリダ500• 場所:ヴァージニア州 アラバマ・スピードウェイ• 場所:アラバマ州 脚注 [ ] []• 形が異なるが、バーウXTである。 形が異なるが、クラウン・セレスタである。 カーズマテルではキャトピルモーターズ・マークIIになっている。 サイナーGのエリック・ブレーカー(新世代レーサー)と位置が何度か入れ替わっていた。 残り39周目でクラッシュ。 予選不参加だったために、最後尾からのスタート。 マックィーンが最初にレースを始めたが、途中でクルーズにバトンタッチしたために、クルーズが最後にフィニッシュした。 彼の起こした第2ターンでの大クラッシュによってリタイア。 途中から、ポール・コンレヴと入れ替わっていた(作成ミスによる)。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の