プロペト 軟膏。 プロペト

ワセリン

プロペト 軟膏

ロコイド軟膏の効能や副作用は? ロコイド軟膏は鳥居薬品株式会社が製造しているステロイド軟膏で、皮膚炎や湿疹、かゆみ、傷跡など様々な症状へ効果があり、刺激が弱いことから赤ちゃんのアトピー性皮膚炎やあせも、虫刺され、おむつかぶれなどに処方されることの多い軟膏薬です。 そして、ヒドロコルチゾン酪酸エステルというステロイドが主成分となっており、皮膚に浸透することによってコルチゾルという皮膚から分泌される物質と同じ働きをし、収斂作用と抗炎症作用が働くことから、ニキビ跡の炎症や、ニキビの腫れ、赤ニキビなどを鎮静化する働きがあります。 それから、ロコイド軟膏のステロイドの強さは4群の「穏やか」にあたり、作用が弱いので、肌につけても刺激がなく、顔や赤ちゃんなどのデリケートな肌や、陰部など皮膚が薄い部位にも使用することができます。 また、ロコイドにはクリームがありますが、ロコイド軟膏の方がワセリンなどが含まれていて、テクスチャーは固いもののピンポイントで患部に塗るのに適していて、ロコイドクリームの方は伸びが良いので身体に使う時はこちらが処方されるそうです。 ちなみに、殺菌作用はないため、初期のニキビの改善や、ヘルペスなどウイルス性のもの、重度のやけどには効果はなく、オススメできません。 副作用は? ロコイド軟膏は赤ちゃんにも使用できるくらいなので副作用のリスクは少ない薬ですが、人によっては刺激感や発疹、発赤などの症状を引きおこすことがあります。 そして、ロコイド軟膏を長期間、ずっと使用してしまうと、ステロイドが皮膚から吸収されてしまい、皮膚萎縮といってシミやシワ、静脈が浮き出る、顔が青白くなるなどの重篤の症状が出るため、用法や用量はしっかり守って使うようにしてください。 スポンサーリンク ロコイド軟膏の使い方!顔や陰部や唇には使える? ロコイド軟膏は1日1~2回、洗顔後や入浴後の清潔な肌の状態で、患部に適量を塗るようにすると良く、多めに塗っても効果は高まらず副作用のリスクが多くなるだけなので、あくまで適量にとどめてください。 そして、赤ちゃんへロコイド軟膏を処方する場合、医師がプロペトといって純度の高い白色ワセリンを一緒に処方するか、混合薬を処方することがあります。 これはロコイド軟膏によって乾燥しがちな肌を守ることが目的なので、赤ちゃんの肌にはとても良いことが多いですが、大人で脂性肌や混合肌の方が使うと、ニキビなどの副作用に繋がる場合があるので、気をつけてくださいね。 また、赤ちゃんや妊婦に対してロコイド軟膏は有効とされていますが、医師の処方がない限り使用は控え、顔の中でもまぶたや唇など、特に皮膚が薄い部分には使用をしないようにしましょう。 それから、ロコイド軟膏は市販薬として販売されていないため、必要な時は病院を受診して医師に処方してもらってくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、ロコイド軟膏の強さや効能と副作用、また、顔や陰部や唇には使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。 ロコイド軟膏は、炎症系の痒みなどに有効なステロイド軟膏薬ですが、作用が穏やかなので赤ちゃんや顔などにも使うことができ、あせもやおむつかぶれ、虫刺されやニキビなどの改善に効果的で、殺菌作用はないのでヘルペスには効かないということでした。 そして、市販薬はないので医師の処方で購入し、使用期間や用法、用量も指示通りにすると良く、プロペトとの混合薬の効果や注意点、赤ちゃんや妊婦に使う時の注意点もお伝えし、唇などには使用を控えるべきとのことでした。 ロコイド軟膏は上手に使うととても有効な薬ですので、安全な範囲で用法に従って使ってくださいね! スポンサーリンク.

次の

プロペトとは?ワセリンとはどう違う?

プロペト 軟膏

(一部の白色ワセリンで若干安い商品もあります)。 一般名処方として「白色ワセリン」と処方箋に記してある場合は、プロペト軟膏でも白色ワセリンでもどちらでも調剤することが可能です。 2剤の製品としての差は、プロペト軟膏の方が白色ワセリンに比べて純度が高い製剤となっており、プロペト軟膏の効能効果に「眼科用軟膏基剤」という文言が加わっていますので、目の周りにも安心して使用することが保証されています。 医療用医薬品ではなく、市販の化粧油製品に「サンホワイトY」という非常に純度の高いワセリンが販売されております。 不純物が少ない白色ワセリン製剤の順位は サンホワイトY>プロペト>白色ワセリン となります。 今回は上記3剤を赤ちゃんの肌に塗ったときの塗りやすさ、ベトベトしないで保湿効果を維持できる薬はどれかを調べてみました。 vaseline-white-propeto 1:白色ワセリン製剤の融点(溶ける温度)について 白色ワセリンはパラフィンやナフテンといった複数の炭化水素が混ぜ合わさって精製される保湿剤です。 この理由は純度の違いが一つの要因となっています。 一般的に不純物を多く含むほど、その融点(溶ける温度)は高くなる傾向にあります。 一番純度の高い製剤であるサンホワイトYの融点が44. 少し極端な例なのですが、調理用の牛脂(不純物が多く融点が高い)とオリーブオイル(融点が低く常温では液体)を比較すると、融点が低い油ほどよく伸び、ダマにならいことがわかります。 白色ワセリン製剤でも同様に融点が低いほどよく伸び、ダマにならずベトベトしないという特徴があります。 余談ですが、ステロイド軟膏にキンダベート軟膏という商品があります。 キンダベート軟膏は純度の高いサンホワイトを基剤としており、そこに0. 降伏値が低いほどよく伸びる塗り薬であると表現します。 一般的には軟膏製剤よりもクリーム製剤の方が降伏値が低い(よく伸びる)と言えます。 サンホワイトY、プロペト軟膏、白色ワセリン、キンダベート軟膏の降伏値に関する報告をいくつか見つけましたので、その相対的な数値を記してみます。 降伏値が小さい製剤ほどよく伸びる製剤ですので、同じ量の軟膏を手にとった場合、サンホワイトYが一番良く伸びることがわかります。 よく伸びるということは皮膚に薄く塗布することができるという意味ですので、塗ったあとのベトベト感は低下します。 3:白色ワセリン製剤の保湿効果について ここまでのデータで純度の高い製剤ほど、融点がひくく、よく伸びることが示されました。 最後にサンホワイトY、プロペト軟膏、白色ワセリンの保湿効果について記します。 結果は3剤とも同程度の保湿効果が確認されています。 保湿した皮膚は水分保持量が高いため電気伝導率が上昇します。 上記3剤を2週間使用した皮膚の電気伝導度の増加量を確認したデータによると、いずれも有意な伝導率がしめされ、その値に有意差はないことが示されています。 白色ワセリン製剤は純度が高いほど融点(溶ける温度)が低く、降伏値(粘り度合い)も低い• 融点が低く、降伏値も低い製剤は、よく伸び、ベトベトしにくい• 白色ワセリン製剤による保湿効果は、純度や降伏値に依存しない• 保湿剤は2mmの表皮(角質層とその下の組織)に染み込んで保湿効果をもたらす塗り薬ですので薄く塗っても効果は十分に確認されている(分厚く塗っても効果はかわらない:ヒルドイドより).

次の

保湿効果が高い軟膏は?白色ワセリンとプロペトとヒルドイドの違い

プロペト 軟膏

プロペトは病院でも処方される保湿クリーム プロペトは、病院でも処方されている保湿クリームです。 体への刺激が少ないため、小児科や皮膚科、眼科でも使われています。 皮膚の弱い赤ちゃんの肌を守ったり、肌トラブルで悩んでいる方にも使われており、その保湿性や安全性も評価されるほどの高品質な保湿クリームと言えるでしょう。 プロペトは第三種医薬品に指定されている プロペトは第三種医薬品に位置づけられているため市販されています。 例えば、ネットショップで「プロペト」と検索すれば簡単に見つけられるので、乾燥肌の方を中心に購入する方も多いです。 プロペトは介護現場で利用される最も知られている保湿クリームの一つです。 高齢者の肌は、乾燥しがちであるためプロペトを乾燥した患部に塗布することで保湿したり、肌の荒れを回復できます。 プロペトもワセリンも原料は石油 プロペトの原料は石油です。 石油由来の保湿クリームというとびっくりするかもしれませんが、石油を精製することでプロペトを生産しています。 石油由来なので安全性が気になりますが、高い精製技術によって不純物を徹底して取り除いているので問題ありません。 もちろん、高い精製技術を持ってしても不純物を0%にはできませんが、赤ちゃんに使っても安全です。 また保湿クリームの代表格であるワセリンも石油精製によってつくられています。 なぜ石油を由来とするのか、その理由は手に入れやすさにあります。 また、オーガニックや天然植物を原料にした保湿クリームよりも石油精製したプロペトやワセリンは生産量が多く、価格も安くなります。 プロペトとワセリンの違い 同じく石油を原料とするプロペトとワセリンの違いは、純度の違いにあります。 プロペトはワセリンよりも純度が高いため、肌に触れても刺激を与えにくいという特徴をもちます。 石油精製した保湿クリームの純度は低い方から黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペトとなり、さらにプロペトよりも純度の高いサンホワイトという保湿クリームもあります。 プロペトよりも品質の高いサンホワイトを使えばいいではないか、と思われるかもしれませんが、精製して純度を高くするほどに価格も上昇してしまいます。 そのため、医療現場や介護現場では、可能な限り刺激性が少なく、手に入れやすいプロペトを保湿クリームとして使用されているのです。 プロセトの方が比較的塗りやすい またプロペトはワセリンに比較して塗りやすいという特徴があります。 ワセリンは比較的に固いクリームであるため、肌にまんべんなく塗るのに時間がかかります。 しかしプロペトは軟調のクリームであるため、容器から取りやすく、患部にまんべんなく塗りやすいので塗布効率も良いです。 介護現場では利用者の皮膚の健康を保つために使われる 介護現場でプロペトはどう使われているのでしょうか。 デイケアでは、入浴後に塗布することが多くなっています。 入浴後の清潔な肌に塗ることで、肌の保湿性能をアップして皮膚の健康を守れることができます。 また在宅訪問介護の場合は、介護している家族の方が塗布することが多いです。 褥瘡ができやすいお尻の仙骨部、腰にある大転子部などに塗布することで乾燥を防いで褥瘡リスクを緩和できます。 特養や有料老人ホームなどの老人施設でも入浴後に塗布することが多くなっており、施設の場合は看護師の指示やヘルパーのチェックに基づき、介護士が塗布することが多くなります。 高齢者の肌が乾燥する理由と乾燥を放置してはいけない理由 年齢を重ねると肌の保湿機能が失われ、皮膚の乾燥が進みます。 この皮膚の乾燥が、肌に大きな影響を与えます。 皮膚の乾燥を放置すると老人性皮膚掻痒症という病気になり、特に問題がなくてもかゆみを感じじ、かゆみを抑えるためにボリボリと皮膚をかいてしまって肌を傷つけます。 一般的に若者に比較すると高齢者の肌保湿は約30%低いと指摘されています。 また代謝もゆっくりであるため古い角質が残りやすく、肌トラブルも発生しやすくなります。 さらに要介護度が高くなるほどに自力した生活が困難になります。 場合によっては自分で寝返りを打つこともままならなくなり、乾燥した皮膚に負担がかかって血流の流れを悪化させます。 また仙骨部や大転子部などを中心に褥瘡ができるようになり、肌がただれたり、傷つきやすくなります。 このような症状にプロペトは効果的です。 高齢者の乾燥しがちな肌に塗布することで皮膚を健やかに保ち、傷も癒やしてくれます。 プロペトを使用する上での注意 プロペトは不純物が少なく、非常に安全な保湿クリームですが、使用上の注意があります。 まずアレルギー症状を起こした方に塗布すると発疹がでる場合があります。 これはプロペトにわずかに含まれている不純物に対して皮膚がアレルギー反応を起こしたと考えられるため、このような症状が出たらすぐにヘルパーや看護師などに相談してください。 また、万が一目に入ってしまったときは、同僚やヘルパー、看護師などに連絡するとともに水やぬるま湯を準備してください。 急な事態に慌てることも多いですが、落ち着きながら「水やぬるま湯で目を洗いましょうね」などと声をかけつつ、ゆっくりと水やぬるま湯で洗いましょう。 すぐに水やぬるま湯を用意できない場合は、水で濡らしたタオルを目に当てて上げると落ち着きやすいです。 プロぺトは少々の傷であれば保湿して修復を助けますが、ただれの場合は使用を避けてください。

次の