ラグナ クリムゾン ネタバレ 22。 超絶熱いバトル漫画「ラグナクリムゾン」が面白いから紹介したい【無料】【感想/レビュー】

ラグナクリムゾン / 小林大樹(1)、過去の自分に老いた自分の記憶を渡して、俺TUEEEEする滅竜の物語

ラグナ クリムゾン ネタバレ 22

Contents• 竜が人類の敵 この世界では、 竜が人類の敵として描かれています。 人類の中で、 竜を狩る存在を 「狩竜人 かりゅうど 」 と呼ばれています。 強い竜を狩るために チカラを求める主人公。 竜の方のチカラがとにかくすごすぎる。 主人公ラグナがストイック。 「まだだ… もっと強く… もっともっと 強く!」 竜を倒すためにチカラを欲する 主人公ラグナ。 竜を倒すためにストイックにチカラを求め続けます。 一撃で人類を大量虐殺するような竜に 立ち向かっていきます。 そのために限界の限界の限界を超えて… RPGっぽく言うと レベルをマックスまで上げて、 マックスのレベルを一桁ぶち上げて、 桁違いにレベルアップして それを何度も何度も何度も何度も。 …みたいな異次元な強さを求めていきます。 慢心とか油断とは対極の感情を 研ぎ澄ませて煮えたぎらせて ストイックにチカラを求める。 …とにかくものすごいです。 絵がポップでキレイ 絵も好みなのもポイント高かったです。 10年以上前に いばらの王ってマンガがあったんだけど、 岩原裕二作品 ちょっと絵の系統が似てるなーと 思いました。 同じスクエア・エニックスの作品だからかなあ。 キャラクターの瞳が大きめに描かれていて、 全体的にポップで読みやすい印象。 あと、効果音の描写が なんだか特徴的です。 まとめ、ストイックさに圧倒される ラグナクリムゾンの話でした。 主人公ラグナが竜を滅ぼすために ものすごくストイックな姿勢を魅せてくれます。 強さのためなら、 他の物事は全部ナシ、シャットアウト。 イエスかノーか、 オール・オア・ナッシング。 敵方の竜の方も、 強さのケタが違いすぎて 圧倒的。 ページをめくるたびに 一発逆転、 一撃必殺 みたいな 超展開がアツいです。 コレは似てるかなって ストーリー展開を 無理やり引っ張り出すのであれば、 ハンターハンターのキメラアント編かな。 そのくらいの頂上決戦感が 第一話から繰り広げられてます。 毎回毎回、 重厚感ある、ずっしりとした まるで血が沸騰しそうになるような 読み応えあるコミックです。

次の

主人公最強系バトル漫画「ラグナクリムゾン」が超面白い!ネタバレ、感想レビュー

ラグナ クリムゾン ネタバレ 22

ヘボ狩竜人の少年・ラグナは、ぶっちぎりの竜討伐数を誇る天才少女・レオニカとコンビを組み、日々、竜討伐に挑んでいた。 レオのそばにずっといたい。 」 少年の想いは最凶最悪の竜の強襲により、儚くも散りさる…。 引用 主人公ラグナが挑むのは、絶対強者である竜との闘い。 古来より竜は神話・伝説上の生き物として通常であれば絶対に敵わない敵。 今作においても絶対的な強さを誇っており、絶対的強者として恐れられていました。 竜を狩り報酬をもらう職業として日々竜を狩り続ける主人公ラグナ。 ある理由で最強の力を手に入れた主人公ラグナとの限界バトルが魅力的。 序盤は主人公の能力の説明や、敵がどれだけ強大か見せつけるだけで終わりますが 後半にかけての見せ方がとにかくうまい。 そんな強大な敵を如何にして倒すか。 後半にかけては絶対的な力を持つだけでは倒せない敵も登場するので、どうやって戦略勝ちするかが肝になってきます。 そういった心理戦も上手く考えられており、読めば読むほどに本作にハマる事でしょう。 中二病感満載の設定(ここからネタバレあり) 敵の設定が凄い。 竜にも階級があり 竜神・上位竜・中位竜・下位竜と分けられています。 今作における最終目標は神である竜神を倒す事ですが その下にある上位竜でさえ絶対的な強さを誇ります。 更に6つの血族が存在し、 翼・鱗・爪牙・咆哮・眼・骨 この全ての血族を滅ぼす事がラグナの目標と言えます。 既刊漫画版においては、翼の血族と戦闘中ですがこの翼の血族も最強クラスの強さを誇ります。 敵のビジュアルが凄い、この個性的なキャラも作品の魅力のひとつ 時間をとめる敵の登場 能力系バトル漫画において最強と思っている能力の一つに 「時間停止」や「時間逆行」があります。 時を操るのは、その場の戦況を操るのと一緒で絶対的な力を誇ります。 そんな時間を操る敵とのバトル。 時を操る敵に対して一体どうやって勝つのか?と思いました。 これが序盤の最初ぐらいで登場するのでいきなりクライマックスですよ。 出典:ラグナクリムゾン 『いやいやチートすぎでしょw』と登場した時はまじで思いました。 ただ、そんな最強の敵に対してもラグナはひるむことなく挑みます。 敵が時をとめるならとめる前の数秒の間に倒せばいい。 この一コマがカッコよすぎる。 時間をとめる前に敵を一蹴、すかさず追い打ちをかけどんどん追い詰めていきます。 『うぉぉぉぉぉ!』このまま倒しきるのかー!と思うもそんな簡単にはいかず まさかの世界を巻き戻します。 この一コマが出た瞬間鳥肌が立ちました。 次から次へと目まぐるしく変化する展開に一気に読んでしまいました。 最初からクライマックスのようなバトルの展開に一気にこの作品のファンになりました。 魅力的なヒロイン達 今作では様々なヒロインが登場します。 最初に登場するヒロインであるボクっ子幼女ラグナ 主人公ラグナの最愛の人であり、この笑顔を守る為に竜と戦っていると言っても過言ではありません。 そして今作のメインヒロインであるクリムゾン 彼女は元翼の血族の王であり、竜の神をも殺そうとした反逆者。 竜でありながら人間の姿をしており、性別、年齢も好きに変えられる能力を持つ。 彼女は竜でありながらなぜ竜族を滅ぼそうとしているのか謎ですが、竜を滅ぼしたいと思うラグナと共闘を結ぶ事で 味方陣営において心強い味方でもあります。 そんな彼女が時折見せる姿が、え?味方だよね?と思わせる程、悪に染まった顔である。 これ上のクリムゾンと同一人物ですからね(笑) 味方でありながら、勝つ為に手段を選ばないクリムゾンの姿にファンになる そしてニューヒロインの銀器姫スターリア・レーゼ 個人的には一番好きなキャラで4巻から登場します。 自らが結成した 戦闘集団『銀装兵団』を指揮し、上位竜まで打ち取った実力者。 彼女は生まれつき、嘘を見抜く目を持っており彼女に対して嘘は通じない。 また彼女は人の姿を視覚的に見るのではなくオーラによって見る事が出来ます。 銀装兵団に所属している 剣狼「ガルム」の事もかなりの達人であり その姿は剣と身体が半ば溶け合っているようにも視えると表現しています。 でわ、そんな彼女がラグナを見るとどうなるのか? はい、剣でした。 そんなラグナをめちゃくちゃカッコいいと表現しており、今後ヒロイン化しそうな予感がします(笑) 最後に まとめ 序盤からクライマックスのようなバトル展開に加え、敵との心理戦 様々な場面で散りばめられた伏線など読んでいて飽きさせない展開が多いです。 主人公最強漫画が好きな人、中二病設定が好きな人には総じておすすめ出来る作品です。 以上、 主人公最強系バトル漫画「ラグナクリムゾン」が超面白い!ネタバレ、感想レビューでした。

次の

ラグナクリムゾン / 小林大樹(2)、風を操る第三位階を倒して、次は時を操る第一位階

ラグナ クリムゾン ネタバレ 22

ヘボ狩竜人の少年・ラグナは、ぶっちぎりの竜討伐数を誇る天才少女・レオニカとコンビを組み、日々、竜討伐に挑んでいた。 レオのそばにずっといたい。 」少年の想いは最凶最悪の竜の強襲により、儚くも散りさる…。 挑むは、絶対強者。 抗うは、強制運命。 超ストイック異世界極限バトル!! しかし待ってくれ。 ラグナの強さはよくある「神様ギフト」とは一味違うんだ。 狂気的な鍛練とギフト型のハイブリッドなんですよ。 どういうことかと言われるとネタバレになるのであまり言えないのですが、• チートっぽいけどチートじゃない• 明確な理由がある• その理由が狂気的なまでの努力型 こんな感じで、ちゃんと神様のテヘペロ以外の理由があるのが個人的には超グッドでした。 ちょっと穿った表現をすると「転生による力の逆輸入」って感じです。 異世界転生モノをよく見たり読んだりする人はわかるかもしれないですが、 強くてニューゲームの亜種みたいな感じで、慣れてる人でも 「なるほど、おもしろい」と思うこと間違いなし。

次の