洗っても足が臭い病気。 足が臭いっ……! 医師に聞いたニオイの原因と改善する方法|「マイナビウーマン」

足が臭いのが消えない原因って?もしかして病気の可能性が?

洗っても足が臭い病気

足の臭いは気になるものですが、汗をかいたり蒸れたりすれば臭いがあって当然だと思っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、本来、かいたばかりの汗は無臭のため、足が臭いときには何らかの病気が隠れていることもあるのです。 清潔にしているつもりなのに足の臭いがなかなかとれない• 足の臭いが気になる…足だけでなく全身の汗が臭う気がする• 足だけ汗を異常にかく気がする…なんだか臭いも気になる といったときにはどのような原因が考えられるのでしょうか。 足が臭いときに考えられる病気 足の臭いが気になるときには、足になどの原因がある場合や、などの病気が隠れている場合があります。 足の臭いだけが気になる 足の臭いだけが気になるときは、や足のなどの可能性があります。 水虫 とは、 白癬菌 はくせんきん というカビの一種が足などの皮膚に感染することで起こる病気です。 手や体にも感染しますが、高温多湿で菌にとって過ごしやすい環境である足への感染が9割近くを占めます。 足の指の間や足の裏、土踏まず、かかとなどが赤くじゅくじゅくとして皮がむける、白くふやけてぶよぶよする、、小さな水疱、乾燥、ひび割れなどの症状が見られます。 感染者の皮膚からはがれ落ちた角質を素足で踏むなどし、その後、洗い流されず皮膚に残った菌が傷ついた角質に入り込んで繁殖することで発症します。 不潔で高温多湿の状態で感染するので、足の臭いがしたらにも注意が必要です。 他の部分の臭いも気になる 足だけでなく他の部分の臭いも気になるときには、や肝臓の病気などが隠れている場合もあります。 糖尿病 とは、インスリンの減少もしくは作用の低下によって、食事で摂取したブドウ糖をエネルギーにうまく変えることができずにが高い状態になる病気です。 不足したエネルギーを補うために、肝臓が中性脂肪を分解して脂肪酸を作り、脂肪酸からケトン体というエネルギーを合成します。 このケトン体が甘酸っぱく、果物が腐ったような臭いがするので、患者でケトン体が増えると汗からケトン体の臭いがすることがあります。 その他の主な自覚症状は、尿が多い、のどが乾く、体重減少、疲れやすさなどです。 病が進行するとや腎症、神経障害などの合併症を引き起こすこともあります。 肝臓の病気 肝臓は、たんぱく質を分解する過程で生じるアンモニアという有害物質を無害な尿素に変えるはたらきがあります。 肝臓の病気でこの機能が低下すると、分解されずに残ったアンモニアの一部が汗に含まれて、ツンとしたアンモニア臭を放つことがあります。 肝臓の病気はアルコールの摂りすぎや生活習慣などが原因で30~40代から発症しやすくなります。 かなり進行しないと自覚症状が現れにくいですが、疲れやすさや肩こり、皮膚の黄疸、体重減少、むくみ、などの症状が現れることがあります。 病院を受診する目安と医師に伝えるポイント 本来、汗は無臭なので、清潔にしていても臭いがなかなかとれない場合は何らかの病気が隠れていることもあります。 なかなか臭いが改善されないときには、一度皮膚科を受診してみましょう。 医師にはいつ頃から臭いが気になるのか、皮膚症状(じゅくじゅく、カサカサなど)はないか、全身の症状(だるい、疲れやすい、体重減少など)、臭いの特徴(ツンとした臭い、甘酸っぱい臭いなど)等分かる範囲で詳しく伝えると診断の助けになります。 日常生活上の原因と対処法 靴や靴下の問題や、清潔を保てていないことなどで足の臭いが発生している可能性もあります。 靴や靴下が臭う 足の裏は汗をかきやすい部分で、靴や靴下によって密閉されることで高温多湿になり雑菌が繁殖して臭いが発生しやすくなります。 靴や靴下のケア 靴を脱いだ後は消臭・殺菌効果のあるスプレーをし、乾燥剤を入れて靴をよく乾燥させましょう。 1日履いたら2日ほど休ませると清潔に保て、雑菌が繁殖しにくくなります。 長時間靴を履く時には、抗菌・防臭効果のあるものや木綿・麻素材の吸湿性の高い靴下を履いたり、こまめにストッキングや靴下を履き替えたりすることで臭いを減らすことができます。 また、可能であればサンダルへの履き替えや、素足で過ごすことを増やし、通気性をよくして足が蒸れないように心がけましょう。 通気性の悪い靴 革靴やブーツなど通気性の悪い靴は足が蒸れるので、臭いが発生しやすくなります。 革靴などを履くときには どうしても革靴などを履かなければいけないときには、毎日同じ靴は履かずにきちんと手入れをすることが大切です。 爪の間や指の間の汚れ 臭いの原因となる雑菌は角質の皮脂やタンパク質をエサにして繁殖するので、足が汚れていると臭いがしやすくなります。 足を清潔に保つには 足は不潔になりやすいので、毎日の入浴で足をしっかりと洗いましょう。 特に爪の間や指の間は汚れがたまりやすくなるので、特にていねいに洗うようにします。 角質を傷つけるとなどの菌が入り込みやすくなるので、軽いしや角質とりの使用は控え、せっけんでていねいに洗うのが良いでしょう。 また、浴室の足ふきマットやスリッパなどは頻繁に洗ってよく乾燥させ、清潔に保ちましょう。 よくならないときには 足の臭いがいつまでもよくならないときには病気が隠れていないか確認するためにも、一度病院を受診しましょう。

次の

足の臭いが洗っても落ちないのにはワケがあった|メンズスキンケア大学

洗っても足が臭い病気

しかし入浴してしっかりと洗うことによって、 このような匂いは基本的に取れるものです。 十分に洗っているにもかかわらず 足が臭いという方の場合には、 原因が何なのかと気になってしまうでしょう。 毎日しっかり洗っているにもかかわらず足が臭い原因は、 病気なのかもしれないと考えてしまう人もいるようです。 指の間をはじめとして、 爪と皮膚の間に関しても充分洗うようにしましょう。 足の裏というのは体の中で最も代謝が低いため、 他の部分と同じように洗っているだけでは、 臭いや汚れ等が取れないこともあります。 またこの他に考えられる原因としては 靴の中やインソールそのものが、 すでに臭いということもあります。 常に足をしっかり洗っていないと 様々なばい菌などが繁殖してしまい、 これが靴の中に充満しているため、 足を洗っても再び靴を履くことによって 様々な細菌が常に増え続けているというものになります。 そしてワキガ体質の方も、 足にあるアポクリン汗腺からの分泌液が汗や細菌と混ざり、 匂いがとても強くなってしまうことがあります。 まずはしっかりと足を洗うことで 対策をとってみるのが1番ですが、 徹底的に洗っていても足の臭いが取れない場合には、 病気を疑った方が良いこともあります。 このような病気を患ってしまうと 体内の免疫力が低下してしまいますので、 足の裏に繁殖した様々な細菌などを やっつける抗菌力が低くなります。 そのため、 洗っても洗っても足の臭いが取れず困ることになるでしょう。 さらには、 水虫の可能性ももちろん否めません。 水虫の場合には、真菌という細菌がどんどん繁殖してしまいますので、 洗っても臭いが取れるということは少なく、 さらに家の中で歩けば歩くほど、 様々な部分に真菌を増やしてしまいます。 洗った直後は多少マシになっても、 30分から1時間が経過すると再び真菌が増えて臭くなります。 病気や水虫が疑われるときには 正しい対策をとることが必要ですので、 発汗異常外来や皮膚科にかかると良いでしょう。 特に体臭や口臭などがひどくなってしまう場合には、 内臓疾患および糖尿病の可能性が高いと言えます。 水虫の原因菌はとても繁殖力が強く根強いので、 お薬を用いてしっかりとやっつけなければ、 いつまでも症状そして臭いも取れません。 それ以外で単純に汗をかきやすい、 または靴の中が蒸れやすいという環境の方は、 まずはじめに、インソールと靴をしっかり洗いましょう。 洗った靴はお天気の良い日に 丸2日間から3日間ほど干して 湿気が残らないようにします。 そして入浴時に足を十分洗うだけでなく、 洗面器にお湯をはりひとつまみの重曹を混ぜて 5分程度足の裏をつけておきましょう。 そうすることによって、 重曹が持っている消臭効果で足の臭いが軽減されます。 このほかには出がらしの紅茶のティーバックやコーヒーのカスなどをよく乾かし、 ストッキングや不織布の袋に入れて靴の中に入れておくという方法もあります。 消臭効果や殺菌効果が強いため細菌の繁殖を抑えてくれます。 スポンサードリンク - , , ,.

次の

お風呂に入って洗っても足の匂いが取れないのは病気ですか?

洗っても足が臭い病気

広告 足の臭いの原因 足の臭いの原因は 雑菌の繁殖です。 足は汗をかきやすい部分ですから、その汗や皮脂、角質などの汚れに雑菌が加わってしまうことで、「 イソ吉草酸」という分解物質が発生します。 これが臭いの原因物質といわれるものです。 足に繁殖する雑菌は、実は常在菌。 もともと人間の皮膚に存在している菌です。 この 常在菌が洗い方が不十分で不衛生な足などが原因で繁殖してしまうのです。 足の洗い方が不十分なこと以外には、 同じ靴を毎日履いていたり、 通気性の悪い靴を履いていたり、ストッキングなど 通気吸収性が悪い素材のものを履くことでも増えます。 足汗が直接臭うのではなく、足汗と一緒に出る皮脂や角質などの老廃物を雑菌が分解することで臭いが発生するのです。 足の臭いが消えない原因 足を一生懸命洗っているのに臭いが消えないという悩みはよく耳にします。 石鹸やボディソープなどを使って毎日洗っているのに臭いが取れないのは不思議ですね。 足を洗っても臭いが取れないのは「 イソ吉草酸」が原因です。 この物質は 石鹸などで洗っても臭いが取れにくいため、丁寧に洗っていても臭いが残ってしまうのです。 また 爪の垢には皮脂や古くなった角質がたまりがちです。 爪はこまめに切るようにしましょう。 広告 足の臭いを解消する方法 足の臭いを解消する方法にはさまざまな方法があります。 重曹を使う 重曹はとても消臭力が高く、消臭剤としてお部屋やトイレ、下駄箱などで利用している方も多くいます。 この 重曹を洗面器にはったお湯に溶かして10~15分ほどつけるだけで足の臭いが解消されます。 また重曹を直接足にすり込ませるのも効果的です。 重曹は弱アルカリ性なので、酸性である臭いの原因物質イソ吉草酸を中和してくれるため、高い効果が得られるのです。 角質ケアをする 不要な角質は臭いを発生させる原因になりますから、角質ケアをすることで臭いを解消することができます。 角質ケアにはいろいろな方法がありますが、おすすめな方法は かかと用のヤスリを使う方法です。 ポイントは一度に全部の角質を取ろうとしないことです。 角質は無理に全部を取ろうとすると、防御機能が働き、余計分厚くなってしまうため、毎日少しずつ削るようにしましょう。 お風呂上がり、角質が柔らかくなっているときに角質ケアを行うと、上手に取ることができます。 それほど角質がたまっていない状態なら、お風呂上がりにオイルやクリームでケアするだけでも大丈夫です。 体臭専用石鹸を使う 加齢臭や足の臭いのために作られた石鹸で洗うのも効果的です。 抗菌効果が高いため、足に繁殖した雑菌をキレイに洗い流してくれ、雑菌の繁殖も抑えてくれる効果があります。 洗うときには爪ブラシなどを使って、爪垢をしっかり落とすように洗いましょう。 ミョウバン水を使う 薬局で売っている ミョウバンと精製水を混ぜるだけで安価で作れるミョウバン水は、消臭スプレーとして体へ使用することができます。 ミョウバン水は 消臭効果だけではなく、 殺菌、制汗、収斂効果があります。 足だけでなく、ワキの臭いが気になる方へもおすすめです。 洗っても取れない臭いには病気が隠れている可能性も 足をキレイに洗ってもイヤな臭いが取れないのは、イソ吉草酸が関係しているためではありますが、中には病気が隠れている場合もあります。 足が臭う原因となる病気は、 糖尿病などの内臓疾患、水虫、多汗症があげられます。 糖尿病などの内臓疾患があると、免疫力が落ちてしまい、さまざまな菌が繁殖しやすい状況を作り上げることになります。 ですから、当然足の雑菌も繁殖しやすくなり、臭いの原因となります。 水虫は本来臭いはありませんが、常在菌と同じ場所に増えてしまうと水虫と臭いが一緒になってあらわれます。 そして多汗症はひどくなると日常生活にまで影響を及ぼしてしまうほど深刻な病気です。 汗の量が非常に多くなりますから、靴を履いている足の湿度は上がり、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。 いずれも病院での早期治療を行うことで、足の臭いを早く解消することができます。 足の臭い予防のため靴は3足用意しよう 足の臭いを予防するため、靴は最低でも3足は必要です。 毎日同じ靴ばかり履いていると、汗や臭いが靴に染み込みます。 靴自体が臭くなってしまうと、いくら足を綺麗にしていても、靴を履いた瞬間に靴の臭いが足に移り、足が臭くなってしまいます。 菌は乾燥に弱いので、 1日履いた靴はしっかり乾燥させて菌を死滅させることが大切です。 そのためには、靴を最低でも3足用意して 1日履いたら2日しっかり休ませるようにしましょう。

次の