パワポ スライド マスター。 スライドマスターのレイアウトを変更するには

スライド マスターとは

パワポ スライド マスター

スライドマスターの表示 「 表示」タブの「 マスター表示」グループにある「 スライドマスター」ボタンをクリックします。 「スライドマスター」表示に切り替わると、「 ファイル」タブの右横に 「 スライドマスター」タブが現れ、リボンもそれに属する機能ボタン表示に切り替わります。 同時に、画面左端にマスターのサムネイル画像(小さなスライドのキャプチャ)が縦に並んで表示されます。 この中で、一番上に一回り大きく表示されているのが「スライドマスター」です。 よく見ると、この画像たちは2階層のツリー構造になっているのがわかりますね。 「親」が「 スライドマスター」で、その配下に点線でつながる小さめスライド画像は全て「子」の「 レイアウトマスター」です。 両者の役割と使い方は後の章で解説するとして、とりあえず、こんな構造になってるってことだけ頭に入れておいて下さい。 スライドマスターの終了 ここで強調しておきたいのは、 スライドマスターはあくまでスライドの骨格部分を統括、管理する場所で、コンテンツを入れてスライドを作成する場所ではないということです。 タイトルや文章を入力し、グラフや画像を挿入して各スライドのコンテンツを作りこむためには 通常表示に戻さなければなりません。 両者の関係を簡単にまとめてみると、 1.「親:スライドマスター」にテーマを適用し、書式を変えると、「子:レイアウトのマスター」全てに反映される 2.個別の「レイアウトのマスター」の書式を変えると、その変更部分は維持されて「親:スライドマスター」の干渉を受けない Webサイトを自分で作ったことがある人なら分かるかと思いますが、親テンプレートを修正すると子テンプレートの共通領域(ヘッダーやフッター、サイドメニューなど)にも反映されるが、個々の編集可能領域(コンテンツなど)には変化がないという仕組みと同じですね。 スライドマスターで大枠を設定しておく サムネイル画像の1番上にある「スライドマスター」が選択されている状態で、プレゼンテーション全体に適用される大枠部分を設定していきましょう。 スライドマスターの初期画面は下図のような構成になっています。 スライドの「大枠」「骨格」に当たるのがどことどこなのかはケースによって違うので明確な定義はありませんが、 1.テーマ(背景・フォント・配色) 2.マスタータイトル(フォントサイズ・フォント色・スタイル・位置) 3.会社のロゴやプレゼンテーションのシンボルになる画像など 4.フッター(日付・ページ番号・社名やサイトURL、発表者氏名など) だいたい、このあたりを抑えておけばいいと思います。 1.テーマ Microsoft公式ページではスライド作成に着手する前の時点で「スライドマスター」を設定することを推奨しています。 スライドを作りこんでしまってからテーマの変更などを行うと予期しないズレや崩れが生じる可能性もあり、余分な修正作業をやるハメになったりしがちなので、ここは気合を入れて設定しておきましょう。 (テンプレートを使ってるか、既にテーマを適用しているなら、そのままでOK) 2.マスタータイトル 「 マスタータイトルの書式設定」とあるプレースホルダーを選択して、書式を整えておきます。 ここでは「 描画ツール-書式」にある「 ワードアートのスタイル」からスタイルを選び、 プレースホルダーの上で右クリックして、フォントサイズを変え、中央揃えにしました。 文字間隔を広げたりしておくのもいいですね。 3.会社のロゴやプレゼンテーションのシンボルになる画像など 全てのスライドに会社のロゴを入れたいなら、「 挿入」タブの「 画像」ボタンから取り込み、適切な場所に配置します。 4.フッター フッターに入れるのは、多くの場合、 社名やサイトURL、発表者氏名、Copyright(著作権表記)などです。 フッター・日付・ページ番号のフォントサイズや色、スタイルを適用しておきましょう。 レイアウトのマスターでサブページの個別設定 使用頻度の高いレイアウトのマスターをカスタマイズしておきます。 「2つのコンテンツ」レイアウトマスターのサムネイル画像をクリックして表示させ、箇条書きの第1レベルの行頭記号を段落番号に変えて色も黄色にしてみました。 この設定は「2つのコンテンツ」を使ったスライドにしか適用されません。

次の

【PowerPoint】全スライドに会社のロゴを挿入~スライドマスター│働くオンナのパソコン教科書

パワポ スライド マスター

パワーポイントにスライド番号(ページ番号)をつける方法 スライドが完成したら、 スライド番号 (ページ番号)を付けておくといいでしょう。 スライド番号があると、全体のボリュームが確認できると同時に、質疑応答の際に、質問箇所を指定しやすくなるというメリットがあります。 今回は、スライド番号を付ける基本操作と、スライド番号に手を加えてわかりやすく見せる応用操作を紹介します。 <パワーポイントにスライド番号ページ番号)を入れる方法 目次>• パワーポイントのスライド番号はフッターに設定する まず、作成済みのスライドにスライド番号を付ける基本操作からみてみましょう。 「挿入」タブの「ヘッダーとフッター」ボタンをクリックします。 2枚目のスライドに「1」のスライド番号が表示された。 なお、あとからスライドを追加したり順番を入れ替えたりしても、スライド番号は自動的に更新されるので、その都度設定し直す必要はありません。 また、スライド番号が表示されている位置に写真やグラフなどがあって、スライド番号が見えないときは、スライド番号の外枠をクリックして選択してからドラッグすると、移動できます。 スライドの総数を付け足して全体のボリュームを把握 基本的なスライド番号の付け方がわかったら、応用編をみてみましょう。 総スライド数を付け加えるには、スライドマスター画面を使います。 それには「表示」タブの「スライドマスター」ボタンをクリックします。

次の

PowerPointスキルアップ講座(4) 「スライドマスター」で全スライドを一括編集する

パワポ スライド マスター

スポンサーリンク No. そのときのフォントは[MS Pゴシック]、スライドのレイアウトは[タイトル スライド]ですが、いつもよく使用する別のフォントやレイアウトで開くようにする方法です。 今回は2つの方法、1枚目のみ書式が適用される簡易な方法と、マスターを使用したすべてのスライドに書式が適用される全体的な方法をご案内します。 <1枚目のみの書式> とにかく1枚目は思い通りの書式で開くようにします。 スライドのレイアウトは[タイトルのみ]のレイアウトで、タイトルのフォントは[HG丸ゴシックM-PRO]で、新規作成されるようにしてみましょう。 PowerPointを新規作成します。 1枚あるスライドを、新規作成したときに表示したい書式に設定します。 今回はスライドのレイアウトを[タイトルのみ]に、またタイトル プレースホルダーのフォントを[HG丸ゴシックM-PRO]に変更します。 では、保存していきます。 ショートカット キー「F12」、または[ファイル]タブ-[名前を付けて保存]をクリックし、[名前を付けて保存]ダイアログ ボックスで次のとおりに設定します。 potx• PowerPointを閉じます。 次に新規作成したときは、最初のスライドは、上記手順2で指定したスライドと同じ書式で開いてきます。 しかしこの方法は簡易なもので、次にスライドを追加したときのフォントは、既定の[MS Pゴシック]となりますね。 <すべてのスライドの書式> では、新規作成されるスライドのレイアウトを[白紙]にし、そのあと追加するすべてのスライドで、タイトルのフォントを[HGPゴシックE]にしたい場合は、手順の中でスライド マスターを使用します。 PowerPointを新規作成します。 [表示]タブ-[マスター表示]グループ-[スライド マスター]をクリックし、スライド マスターの表示モードにします。 プレゼンテーション全体を統括する一番上の大きいスライド マスターを選択します。 では、新規作成したときに表示したい書式に設定します。 タイトル プレースホルダーのフォントを[HGPゴシックE]に変更します。 これで、すべてのレイアウトでタイトルのフォントが設定されました。 [スライドマスター]タブ-[閉じる]グループ-[マスター表示を閉じる]ボタンをクリック、または[表示]タブやステータス バーーから[標準]の表示モードに戻します。 スライドのレイアウトを、今回は[白紙]に設定します。 では、先述の方法と同じく、[名前を付けて保存]ダイアログ ボックスを表示し、次の設定で保存します。 同じ名前のファイルがあった場合は、上書きします。 potx• PowerPointを閉じます。 PowerPointでは、「blank. potx」という名前のテンプレート ファイルが上記保存先である[Templates]フォルダーにあったとき、新規作成の際に読み込まれるようになっています。 必要がなくなったときは blank. potx を削除するだけで、初期設定の新規作成に戻ります。 PowerPoint007では、 [Office]ボタン-[名前を付けて保存]をクリックして、[名前を付けて保存]ダイアログ ボックスを表示します。 ほかはすべて上記と同じです。 PowerPoint2003では、 パターンは同じですが、テンプレートで保存するときのファイル名が違います。 pot [保存先] …Templates [ファイル名] …default. pot また、後者の方法において、スライド マスターの表示は、[表示]メニュー-[マスタ]-[スライド マスタ]をクリックします。

次の