バレンタイン 大量生産。 バレンタインチョコを簡単に大量生産するレシピは?友チョコをたくさん配ろう!

バレンタイン2018ラッピング!100均で大量生産できる方法!

バレンタイン 大量生産

それこそ社会人だと会社の上司や同僚、学生だと友達や後輩にも渡すので、チョコレートやお菓子をたくさん用意しなければなりません。 その為、バレンタインの直前には準備しなければいけませんが、「大量に作る」となると忙しい時間の合間を縫って作るのはハードな作業といえるでしょう。 《レシピ例》約30枚分 薄力粉 120グラム 砂糖 40グラム パター 60グラム• ビニール袋に薄力粉と砂糖を入れて、振る• バター投入。 袋をもんで粉っぽさをなくす• 中を取り出し5ミリくらいの厚さに伸ばし、型抜き• こちらも失敗なしで、誰が作ってもおいしくできます! 板チョコを細かく砕く 2. 生クリームを鍋に入れ、火にかける。 沸騰直前で火を止める。 鍋に砕いたチョコを入れ、滑らかになるまで溶かしながら混ぜる。 手で丸められる固さになるまで、冷やして固める 5. 一口大に丸めて、冷やして固める。 卵を卵黄と卵白に分け、それぞれミキサーで泡立てる 2. チョコを湯煎で溶かす 3. 卵黄にチョコと、卵白の3分の1を入れる 4. 残りの卵白を入れてさっくり混ぜる 5. 型に生地を流し込む 6. 《材料》約100個分 バター 200グラム 砂糖 80グラム 卵 1つ アーモンドプードル 90グラム 薄力粉 200グラム 1. バターをよく練って、クリーム状にする 2. バターに砂糖を混ぜ入れる 3. 卵を溶いて、3回に分けてバターの中に混ぜ入れる 4. アーモンドプードル、薄力粉を加えてさっくり混ぜる 5. うまく混ざったらひとまとめにして、冷蔵庫で30分 6. 生地を丸めてならべる。 チョコを湯煎で溶かす 2. 牛乳を温める。 (沸騰させるくらい) 3. 温めた牛乳に、溶かしたチョコを混ぜる 4. 型に流し、冷凍庫で1時間 5. チョコを湯煎する• スプーンの先にチョコをつけ、お好きなトッピングをつける• クッキングシートの上で乾かす 【バレンタインに大量生産できるお菓子で工夫すべき点】 バレンタインにチョコやお菓子を大量に作る場合は大変な作業となります。

次の

バレンタインの手作り人気レシピ【2020】友チョコを大量生産!

バレンタイン 大量生産

Contents• なぜチョコレート? そもそも、バレンタインにチョコレートを渡すのはなぜなのでしょう? ヴァレンティヌスは獄中でも愛を伝え続けたことから、若い男性が自分の好きな女性に、愛の気持ちをつづった手紙を 2月 14日に出すようになりました。 これが徐々に世界中に広まって 2月 14日に愛を告白するカードを渡すようになったのです。 ここでは「チョコレートを渡す」という行為は存在しておりません。 チョコレートを渡すようになったのは・・、それも女性が男性に渡すのは日本特有の習慣なのです。 バレンタイン発祥の欧米では、そのような風習はなく「バレンタイン」といえばカードや花束を贈るのが一般的です。 1958年に行われたバレンタインセールで、チョコレート販売業社がキャンペーンを行ったことがきっかけでバレンタインにチョコレートを贈る習慣ができたのです。 (今のところ、バレンタインチョコの仕掛け人としてモロゾフ製菓さんが最有力だということ。 ご存知でした?) 製菓商戦の戦略に上手くハマったのがバレンタインのチョコレートだったのです。 とはいえ、バレンタインのチョコレートは皆が楽しみにしているもの。 バレンタインチョコの特設コーナーに足を運ぶのも楽しみの一つとなっているので、ハッピーの元にはなっていますね。 なぜ友チョコ? 昭和の時代「友チョコ」などという言葉はありませんでしたね。 今のように女の子が団体でチョコレートを配り回るというような光景も見られませんでした。 しかし思い起こしてみると、仲の良いお友達にお気に入りのチョコレートをプレゼントしたり、交換し合うといったスモールイベントはあったように記憶しております。 ほんのごく一部でのことですが。。。 大々的ではなかったというだけで「友チョコ」の前進となるイベントは前々から存在していたのですよね。 「友チョコ」という言葉が使われるようになったのは、 2006年頃、つい最近のことなのです。 この言葉が使われるようになってから「友チョコ作り」が盛んになり、安くて美味しいものを大量生産、もしくは購入する、たくさん配ってたくさんもらうというイベントに定着したのでしょう。 バレンタイン 友チョコレシピ 小学生から大人まで食べれる、プレゼントできる簡単で大量生産できる「バレンタインのチョコレート菓子」手作りレシピ(基本的に混ぜるだけでできるもの)で美味しかったものをみなさまにご紹介したいと思います。 チョコレートナッツ ファッジ 平たくしても、キューブ状にしても、棒状にしても形は自由。 ワックスペーパーを使って可愛くラッピングすれば素敵なバレンタインチョコになりますよ。 材料 ダーク、ミルク、ブラックチョコレートなどを混ぜ合わせたもの: 160g ショートニング:大さじ 1 お好みのナッツ類、マシュマロ、コーンフレークなども良いですよ。 2月 14日という季節柄、ホワイトチョコレートも素敵ですよね。 材料 : 240g 練乳:396g バター:大さじ 4 お好みのナッツ類:適量 作り方 基本的な作り方はチョコレートナッツ ファッジの作り方と同じですが、上部にをのせます。 もちろん無しでも大丈夫です。 チョコブラウニー チョコスイーツ定番のブラウニーも材料を混ぜ合わせて焼くだけなので、大量生産には向いているバレンタインチョコだといえますよね。 細かくカットしてラッピングすれば素敵な友チョコに変身しますよ。 大抵の女の子は大好きなのでバレンタインの友チョコにはぴったりのアイテムですね。 もちろん、大人の女性、男性にも喜ばれるスイーツです。 材料 有塩バター: 225g 白い砂糖: 195g 黒大糖 1大さじ メープルシロップ:小さじ 2 バニラエッセンス」小さじ 2 たまご: 2個 薄力粉:137. 大人向け友チョコにはぴったりのスイーツだと思います。 混ぜ合わせるだけで焼く手間もなく、おしゃれなラッピングでプレゼントするととても喜ばれます。 材料 オレオ: 10枚 クリームチーズ : 100g 生クリーム: 100ml 砂糖:40g レモン汁:小さじ 1 バター: 10g キューブクッキー 「チョコレシピ」にはこだわらないという方は、このキューブクッキーもかわいくておすすめです。 簡単でコスパも良く、大量生産するにはもってこいのレシピです。 ココアパウダーを加えたり、最後にチョココーティングをしても素敵です。 材料 薄力粉: 80g 砂糖:20g サラダ油: 20g 塩:ひとつまみ バニラエッセンス(お好みで):適量 チョコタルト ビスケットを砕いて作るタルト生地は簡単で食感が良くプレゼントにも喜ばれます。 チョコが濃厚なのでバレンタインの友チョコにはぴったりですよね。 コスパ良すぎで、とても簡単にできるので大量生産の友チョコには美味しく最適です。 材料 たまご: 3個 2個 板チョコ: 3枚 2枚 いかがでしたか? チョコレートレシピで個人的にお気に入りレシピをご紹介させていただきました。 バレンタインの友チョコにもぴったりですが、ちょっとした贈り物などにも大変喜ばれるレシピばかりですので、バレンタインに関係なく楽しんでいただければ思います。 子供さんの大量生産友チョコ作りは大変ですが、子供さんと一緒に作るスイーツもなかなか楽しいものですよ。 良い機会ですので、準備から後片付けまで含めてママが直伝してあげると良いですね。 皆様のバレンタインデーが楽しい一日となりますように!! バレンタインの友チョコを簡単に おしゃれでかわいく大量生産できるレシピ!!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

バレンタインに大量生産できる簡単レシピをご紹介

バレンタイン 大量生産

卵黄を1つずつ加え、その都度泡立て器で混ぜます。 牛乳を3回に分けて加え、その都度混ぜてなめらかな生地にします。 別のボウルに卵白を入れ、氷水にあてながら泡立て、砂糖を2~3回に分けて加え、ツノがピンと立つ位のしっかりとしたメレンゲにします。 残りのメレンゲを2回に分けて加え、その都度ゴムべらでさっくりと、泡が見えなくなるまで混ぜます。 竹串をさして何もついてこなければできあがりです。 ボールに全卵を割り入れて少しほぐし、砂糖を加えてハンドミキサーの高速で一気に泡立てます。 全体が白っぽくなり、上に持ちあげたときに積もるぐらいしっかりと泡立てます。 ふるった薄力粉とココアパウダーを入れてゴムべらで混ぜます。 粉気が消えて、つやが出ればOKです。 生地をケーキクーラーに置いて、上にクッキングペーパーなどをかけて乾燥を防ぎながら冷まします。 冷めたらクッキー用などの型で抜きます。 抜いたスポンジにパレットナイフなどでクリームを塗ります。 上から板チョコをスプーンで削ったものをトッピングしたら、出来上がりです。

次の