ゲリラ 豪雨 対策。 ゲリラ豪雨はなぜ増えた?ゲリラ豪雨に対する原因・対策・予測の現状

ゲリラ豪雨とは?原因と対策(避難方法)をチェック!

ゲリラ 豪雨 対策

ゲリラ豪雨が発生する原因とは ここ数年で急激に増えているゲリラ豪雨。 主に都市部を中心として、 短時間で集中的に雨が降る現象のことを表しています。 ゲリラ豪雨の原因となるのは積乱雲の発生によるもの。 地表近くの暖かく湿った空気が上昇し、上空にある冷たい空気が混ざり合うことで、対流が起こります。 その結果、空気中の水分が凝結されて積乱雲が発生し、ゲリラ豪雨が起こると言われています。 積乱雲が発生しやすいのは夏です。 夏になると、日本の南側に太平洋高気圧が張り出します。 これが積乱雲発生の要因となる「暖かく湿った空気」です。 また、夏は偏西風の影響で、北部にあった「冷たい空気が南下」してきます。 これらの条件が合わさって、積乱雲が発生するんですね。 ゲリラ豪雨にはヒートアイランド化が大きく関与 もともと夏に発生しやすかった積乱雲。 それでは近年、都市部を中心にゲリラ豪雨が発生しているのは何故でしょう? その原因は、 ヒートアイランド現象による上昇気流の発生です。 ヒートアイランド現象とは、都市部の気温がほかの地域に比べて高くなることです。 その原因は、主に以下の3つによるところが大きいでしょう。 人口密度によるもの 人口や産業が密集すると、交通量もそれに比例して多くなります。 それによる車の排気ガスが原因で、急激な上昇気流を発生させるのです。 また、家庭やオフィスなどのエアコンの室外機から発せられる熱が、一部の狭い地域(都市部)に集中することも原因のひとつです。 地表のコンクリート化 地面がアスファルトやコンクリートに覆われ、緑地や水面が失われたことも、上昇気流の発生を促しています。 アスファルトやコンクリートは熱をため込みやすいことは、皆さん実感されていると思います。 特に都市部では、緑地は住宅地や駐車場になり、川や池などは埋め立てが進み、どんどんアスファルトやコンクリートの面積が増えています。 緑地や水面は空気中の熱を吸収してくれますが、その機能が失われて地表に熱がたまってしまうんですね。 高層建築物の乱立 そして、最後に高層建築物の乱立です。 高い建物がたくさんあると、風通しが悪くなり、行き場をなくした熱は上に上がるしかありません。 そこで上昇気流が発生してしまうんです。 もともとの夏に起こりやすい気象要件に、これら都市部特有の上昇気流が発生しやすい要件が合わさって、ゲリラ豪雨の頻発を起こしているのです。 これらを活用して、ゲリラ豪雨に備えるとよいでしょう。 頻繁に起こるゲリラ豪雨に備えるには、自分自身の意識も大切です。 ゲリラ豪雨が起こりそうだとわかったらどうするかを普段から意識し、身を守る対策を心がけましょう。 参考文献 まとめ 突然起こるゲリラ豪雨は、早めに予測することが難しいもの。 発生しやすい夏には、いつ発生してもおかしくないという意識を自ら持つことが重要です。 ゲリラ豪雨に関する情報を得られるようにしたり、天気の変化に注意したりすることで、突然の集中豪雨に備えたいですね。

次の

郡山市ゲリラ豪雨対策9年プラン(100mm/h安心プラン)/郡山市公式ウェブサイト

ゲリラ 豪雨 対策

住まいの情報ピックアップ 台風・ゲリラ豪雨・雷…。 対策と災害に備える住まい 9月1日は「防災の日」。 自然災害への対策、特に住まいの備えについて考えてみませんか?世界最大の民間気象情報会社「ウェザーニューズ」によると、8月中旬がゲリラ豪雨のピークで、9月初めまでゲリラ豪雨の発生が予測されています。 さらに台風の接近、上陸も心配されます。 豪雨や雷、地震など自然災害への対策と、万が一の時に役立つ設備についてご紹介します。 防災グッズは家族全員でチェックを 9月1日は「防災の日」。 その前後の8月30日から9月5日の一週間は「防災週間」です。 家族で非常用持ち出し袋のチェックや、災害時の行動について話し合っておくことが大切です。 子どもが興味をもてるように、一緒に非常食を食べてみたり、防災グッズをリュックに入れたり、置き場所も決めておきましょう。 多めに食材や保存食を買っておいて、使ったら買い足す「ローリングストック法」なら、非常食置き場に困る事もなく、賞味期限切れなども防げます。 予想外の大雨などの災害に備えて知っておきたいこと• 外出時は気象情報をこまめに確認し、積乱雲が近づいているサイン「真っ黒い雲が近づいてきた」「雷の音が聞こえてきた」「急に冷たい風が吹いてきた」場合には、安全な場所に避難する。 外出する時は、事前にテレビ、ラジオ、インターネットなどで天気予報と雷注意報を確認。 「雷を伴う」「大気の状態が不安定」「竜巻などの激しい突風」などの言葉が使われていたら、 天気の急変に備える。 日ごろから、ハザードマップで危険箇所や避難場所をチェックしておく。 避難情報の緊急度が高い順「避難指示(緊急)「避難勧告」「避難準備・高齢者等避難開始」を知って、適切な対応を。 大雨が降る前に、「雨とい」はゴミや枯れ葉などがたまっていたら掃除をしておく。 台風前には、風で飛ばされそうなものは固定したり、家の中に入れておく。 万が一の断水に備えて、飲料水の確保と浴槽に水をためるなど生活用水を確保する。 いざという時に備える住まいの工夫• 廊下や部屋の出入り口付近など、避難の妨げにならないように背の高い家具を置かないようにしたり、家具は固定するか、壁面固定のものを選ぶ。 寝ているところに家具が倒れてこないように、離して設置したり、家具の向きを変えるなどの対応を。 食器棚は、食器などの飛び出しを防ぐため、飛び出し防止の器具を付けたり、地震時に自動で扉がロックするものを選ぶ。 固定できない家具は、下の棚に本などの重いものを置き、重心が下がるようにする。 夜中の地震に慌てないように、暗くなると点灯したり、停電すると同時に自動点灯する照明を設置していると安心。 普段も便利に使えるだけでなく、断水時に生活用水を得ることができる雨水貯留タンクやエコキュートの活用も。 まとめ 自然災害は、いつ起こるか、どこで遭遇するかわかりません。 大雨やゲリラ豪雨は、出かける前に天気予報を確認するだけでなく、外出時でも気象情報をこまめにチェックすることで、もしもの時に安全な場所に避難するなどの行動ができます。 また、自宅では、非常用持ち出し袋を玄関や寝室などに置くことで、すぐに手に取ることができます。 非常食はローリングストック法で備蓄。 非常食を食べ慣れておけば、災害時に安心して非常食を食べることができます。 また、普段使っている設備が、非常時にも使えると心強いものです。 防災の日や防災週間をきっかけに災害対策や、住まいの備えについて改めて考えてみませんか? この記事は、2017年8月9日現在のものとなります。

次の

ゲリラ豪雨は予測できない?【予測方法やアプリ、対策紹介まとめ】

ゲリラ 豪雨 対策

住まいの情報ピックアップ 台風・ゲリラ豪雨・雷…。 対策と災害に備える住まい 9月1日は「防災の日」。 自然災害への対策、特に住まいの備えについて考えてみませんか?世界最大の民間気象情報会社「ウェザーニューズ」によると、8月中旬がゲリラ豪雨のピークで、9月初めまでゲリラ豪雨の発生が予測されています。 さらに台風の接近、上陸も心配されます。 豪雨や雷、地震など自然災害への対策と、万が一の時に役立つ設備についてご紹介します。 防災グッズは家族全員でチェックを 9月1日は「防災の日」。 その前後の8月30日から9月5日の一週間は「防災週間」です。 家族で非常用持ち出し袋のチェックや、災害時の行動について話し合っておくことが大切です。 子どもが興味をもてるように、一緒に非常食を食べてみたり、防災グッズをリュックに入れたり、置き場所も決めておきましょう。 多めに食材や保存食を買っておいて、使ったら買い足す「ローリングストック法」なら、非常食置き場に困る事もなく、賞味期限切れなども防げます。 予想外の大雨などの災害に備えて知っておきたいこと• 外出時は気象情報をこまめに確認し、積乱雲が近づいているサイン「真っ黒い雲が近づいてきた」「雷の音が聞こえてきた」「急に冷たい風が吹いてきた」場合には、安全な場所に避難する。 外出する時は、事前にテレビ、ラジオ、インターネットなどで天気予報と雷注意報を確認。 「雷を伴う」「大気の状態が不安定」「竜巻などの激しい突風」などの言葉が使われていたら、 天気の急変に備える。 日ごろから、ハザードマップで危険箇所や避難場所をチェックしておく。 避難情報の緊急度が高い順「避難指示(緊急)「避難勧告」「避難準備・高齢者等避難開始」を知って、適切な対応を。 大雨が降る前に、「雨とい」はゴミや枯れ葉などがたまっていたら掃除をしておく。 台風前には、風で飛ばされそうなものは固定したり、家の中に入れておく。 万が一の断水に備えて、飲料水の確保と浴槽に水をためるなど生活用水を確保する。 いざという時に備える住まいの工夫• 廊下や部屋の出入り口付近など、避難の妨げにならないように背の高い家具を置かないようにしたり、家具は固定するか、壁面固定のものを選ぶ。 寝ているところに家具が倒れてこないように、離して設置したり、家具の向きを変えるなどの対応を。 食器棚は、食器などの飛び出しを防ぐため、飛び出し防止の器具を付けたり、地震時に自動で扉がロックするものを選ぶ。 固定できない家具は、下の棚に本などの重いものを置き、重心が下がるようにする。 夜中の地震に慌てないように、暗くなると点灯したり、停電すると同時に自動点灯する照明を設置していると安心。 普段も便利に使えるだけでなく、断水時に生活用水を得ることができる雨水貯留タンクやエコキュートの活用も。 まとめ 自然災害は、いつ起こるか、どこで遭遇するかわかりません。 大雨やゲリラ豪雨は、出かける前に天気予報を確認するだけでなく、外出時でも気象情報をこまめにチェックすることで、もしもの時に安全な場所に避難するなどの行動ができます。 また、自宅では、非常用持ち出し袋を玄関や寝室などに置くことで、すぐに手に取ることができます。 非常食はローリングストック法で備蓄。 非常食を食べ慣れておけば、災害時に安心して非常食を食べることができます。 また、普段使っている設備が、非常時にも使えると心強いものです。 防災の日や防災週間をきっかけに災害対策や、住まいの備えについて改めて考えてみませんか? この記事は、2017年8月9日現在のものとなります。

次の