自動車保険 等級 保険料。 【等級別に紹介】自動車事故で3等級ダウンした場合の保険料

事故で保険料が上がる?自動車保険の等級制度をわかりやすく解説

自動車保険 等級 保険料

事故を起こして保険を使うと、翌年の等級が下がり保険料がアップします。 等級がどの程度下がるのかは、事故の内容や使用した保険の種類によって異なりますが、ほとんどの事故では3等級ダウンすることになります。 今回は、そんな「3等級ダウン事故」の概要と、翌年の保険料を等級別に紹介します。 3等級ダウン事故とは 「3等級ダウン事故」とは、事故によって保険料が支払われた場合、翌年の等級が3等級下がる事故のことです。 具体的には、対人賠償保険や対物賠償保険が支払われた場合と、単独事故や当て逃げなどで車両保険が支払われた場合の事故を指します。 そのほか、盗難や自然災害、飛び石などで車両保険が支払われた場合の「1等級ダウン事故」、保険料が支払われても等級が下がらず、翌年1等級アップする「ノーカウント事故」があります。 そのため、3等級ダウン事故や1等級ダウン事故によって翌年の等級が下がると、保険料も高くなるのです。 同じ等級でも「無事故」より「事故有り」の方が、保険料が高く設定されているため、翌年の保険料の負担が大きくなります。 また、事故の種類によって「事故有り」の係数が適用される期間が定められており、「3等級ダウン事故」の場合は、3年間「事故有り」の係数が適用されます。 等級別にチェック! 3等級ダウン事故でアップする保険料 では実際に、3等級ダウン事故によって等級が下がると、翌年の保険料はどの程度増えるのでしょうか? 保険料の割増引率は、自動車保険各社で決められるため一概には言えませんが、損害保険料率算出機構が「純保険料率」という数字を算出しており、現在多くの自動車保険会社がこれを参考に割増引率を設定しています。 そこで今回は、この純保険料率をもとに、3等級ダウン事故を起こしてしまったドライバーの翌年の保険料を割り出しました。 そのため、自動車保険会社から契約を拒否されたり、保険会社によっては補償内容や保険金の支払いに関して厳しくするという条件付きの契約となったりすることもあるため、注意しましょう。 なお、1年で2回、3等級ダウン事故を起こした場合は、翌年6等級下がり、事故有係数期間は6年となります。 3等級ダウン事故後に解約するときの注意点 (1)別の保険会社に加入しても等級ダウンは避けられない 等級や事故情報は保険会社間で共有されているため、3等級ダウン事故で保険を使った場合、現在の自動車保険を解約しても、等級がリセットされることはありませんので注意しましょう。 (2)契約期間内での解約は等級ダウンの時期を早める 契約期間の途中で自動車保険を解約し、新たな保険会社で契約した場合は、契約開始日から等級ダウンが適用されます。 そのため、満期で解約した場合と比較して、等級ダウンのタイミングを早めてしまう点に注意しましょう。

次の

知っておきたい!自動車保険の「等級」について|教えて!おとなの自動車保険

自動車保険 等級 保険料

記事の目次• ノンフリート等級制度とは 「等級」とは、自動車保険のリスクを表す指標の1つです。 自動車保険の保険料は様々なリスク要素を組み合わせて算出されています。 車の利用目的や車の種類、自動車の型式や登録されてからの年数、運転する人の年齢や過去の事故歴などです。 「等級」はこれらリスクの要素のうち、過去の事故歴を表すものです。 等級は1~20まで。 事故がないと等級が上がる 等級は最低1等級、最高20等級まであり、等級によって割引率が決まっています。 初めて自動車保険に加入すると基本的に6等級からスタートします。 事故がなく、保険を毎年更新していくと7,8,9等級と1年で1つずつ等級が上がっていきます。 また、等級が上がっていくと「リスクが低くなった」と判断され、保険料が割引されていきます。 保険料のイメージ 事故で保険を使うと割高になる 一方、事故で保険を使うと等級が下がります。 等級によって割引率は決まっていますが、事故を起こした場合には「事故有係数」と言って、無事故の場合より保険料が割高に計算されます。 事故の種類によって等級の下がり方が違う 事故は3種類に分けられ、「3等級ダウン事故」、「1等級ダウン事故」、また事故があっても等級が下がらない「ノーカウント事故」があります。 1つの事故であっても前方不注意による追突事故のように運転者の過失が大きいものから、飛び石のように注意していても避けられない事故があります。 事故の種類ごとに運転者の「リスク」に差をつけ、保険料にも差をつけています。 詳しくは加入している保険会社のパンフレットや重要事項説明書などを確認ください。 3等級ダウン事故 交差点で相手の車とぶつかった、というような相手方がいる事故、また車両保険に入っている場合にはハンドル操作ミスでガードレールにぶつかった、というような単独事故も3等級ダウン事故となります。 1等級ダウン事故 飛び石でガラスが破損した、また盗難にあった。 などの突発的な事故は1等級ダウンとなる場合が多いです。 ノーカウント事故 信号待ちで停車中に追突された、などの自分に過失がない被害事故の場合で、相手から補償を受けられないために自分の車両保険や、人身傷害保険を使った場合などです。 事故をしても保険を使わなければ等級は下がらない 事故を起こし、保険を使った場合には次年度の保険料が上がります。 しかし、車のミラー交換だけで修理費用3・4万円などの軽微な事故の時には、保険を使わず、実費で修理したほうがいい場合もあるかもしれません。 保険を使うかは相談できる 事故を起こして、保険会社へ連絡し対応してもらっている間でも、全て対応が終わった後でも、保険を使うか使わないか相談することができます。 保険を使った場合の等級で保険料がいくらになるのかの概算を出してもらうこともできます。 事故で払わなければならない修理費用と次年度以降の保険料を比べ、保険を使うか使わないかじっくり検討することができます。 保険料の仕組みを理解し、確認しましょう 保険料は、車の使用目的や型式のほか、運転する人の年齢・免許証の色・住んでいる地域・事故の件数や内容など様々な要素を考慮して算出されています。 また、運転者の年齢や運転者の範囲など車の使い方に合わせた条件なども保険料に影響します。 保険料算出のためのリスク要素や条件は保険会社によって異なるため、各保険会社の情報をよく確認して契約を行うようにしましょう。

次の

【楽天】保険料が決まる等級制度について|自動車保険一括見積もり

自動車保険 等級 保険料

事故で3等級ダウンすると保険料はいくら上がるか 事故で3等級ダウンした場合に翌年度の保険料がいくら上がるか、これは現在の等級と現在の保険料の額によって金額が変わってきます。 そこで、年間保険料を100,000円に固定して、等級を4パターン( 20等級・15等級・10等級・6等級)で保険料を出してみます。 これにより、みなさんの現在の等級に近い等級の結果を見ることで、1つの目安になると思います。 また保険料にしても、もしもみなさんの保険料が50,000円なら、ここで出した金額の半分ほどになるので、これも1つの目安になると思います。 その際、3等級ダウンした場合は元の等級に戻るのに丸4年かかりますので、向こう4年間の保険料を出し、なおかつ保険を使わなかった場合の向こう4年間の保険料と並べて表示しました。 <計算条件>• 現在 20等級• 年間保険料100,000円• 3等級ダウン事故 値上がりする保険料の推移 保険を使わなかった場合の推移 経過年 等級 保険料 等級 保険料 1 事故有17等級 167,000 円 無事故20等級 100,000円 2 事故有18等級 161,000 円 無事故20等級 100,000円 3 事故有19等級 156,000円 無事故20等級 100,000円 4 無事故20等級 100,000円 無事故20等級 100,000円 584,000円 400,000円 ご覧のように、4年間の比較で見ると、保険を使った場合と使わなかった場合の差額は 184,000円(584,000円-400,000円)になります。 <計算条件>• 現在 15等級• 年間保険料100,000円• 3等級ダウン事故 値上がりする保険料の推移 保険を使わなかった場合の推移 経過年 等級 保険料 等級 保険料 1 事故有12等級 148,000 円 無事故16等級 97,000円 2 事故有13等級 144,000 円 無事故17等級 95,000円 3 事故有14等級 140,000円 無事故18等級 93,000円 4 無事故15等級 100,000円 無事故19等級 91,000円 532,000円 376,000円 ご覧のように、4年間の比較で見ると、保険を使った場合と使わなかった場合の差額は 156,000円(532,000円-376,000円)になります。 <計算条件>• 現在 10等級• 年間保険料100,000円• 3等級ダウン事故 値上がりする保険料の推移 保険を使わなかった場合の推移 経過年 等級 保険料 等級 保険料 1 事故有7等級 144,000 円 無事故11等級 95,000円 2 事故有8等級 143,000 円 無事故12等級 94,000円 3 事故有9等級 141,000円 無事故13等級 92,000円 4 無事故10等級 100,000円 無事故14等級 90,000円 528,000円 371,000円 ご覧のように、4年間の比較で見ると、保険を使った場合と使わなかった場合の差額は 157,000円(528,000円-371,000円)になります。 <計算条件>• 現在 6等級• 年間保険料100,000円• 3等級ダウン事故 値上がりする保険料の推移 保険を使わなかった場合の推移 経過年 等級 保険料 等級 保険料 1 事故有3等級 137,000 円 無事故7等級 85,000円 2 事故有4等級 120,000 円 無事故8等級 73,000円 3 事故有5等級 107,000円 無事故9等級 69,000円 4 無事故6等級 100,000円 無事故10等級 67,000円 464,000円 294,000円 ご覧のように、4年間の比較で見ると、保険を使った場合と使わなかった場合の差額は 170,000円(464,000円-294,000円)になります。 上記の保険料はすべて概算です。 みなさんが保険料について考える際の目安にしていただきたいと思います。 等級や保険料などみなさんの条件にピッタリのものがなくても、上記の中で条件が近いものが参考になると思います。 以下の項目では、等級に関する関連知識をご案内しています。 お時間が許せば目を通していただければと思います。 その際、一括見積もりサイトを利用すれば今の会社と他社でどれくらい金額が違うかを横並びで確認できます。 同条件で比較した場合で今の会社より10,000円以上安いところがあったらチェックしておき、今の保険が満期になった際に継続するか乗り換えるかの判断材料にしてください。 3等級ダウン事故とは? 事故で保険を使った場合は翌年度の等級に影響するのですが、影響は事故の内容により3つのパターンに分類されます。 次のような事故で保険金が支払われるのが3等級ダウン事故です。 事故によっては、1度の事故で「対人賠償保険金」「対物賠償保険金」「車両保険金」など複数の保険金が支払われることがあります。 1度の事故で複数の保険金が支払われても3等級ダウン止まりです。 また、支払い保険金の合計が10万円の事故でも10億円の事故でも、同じ1件の事故としてカウントされます。 事故有係数 じこありけいすうとは? たとえば、赤信号で停止中の車に、脇見をしていたために後ろから追突して車を損傷させた場合、対物賠償保険から相手車両の修理代が支払われることになり、3等級ダウン事故として処理されます。 翌年度の等級は3等級ダウンします。 現在が13等級だとすると、10等級になります。 ここで次の比較表をご覧ください。 事故有 無事故 10等級 23%割引 45%割引 同じ10等級なのですが、「事故有」と「無事故」で割引率が違います。 2013年頃まではこのように同じ等級に2つの割引が並存するようなことはありませんでした。 しかし、現在の等級制度では、事故で保険を使った結果として10等級になった人と、無事故で一つずつ等級の階段を昇ってきた結果として10等級になった人とを、同じ扱いにしては不公平だという理由から、このように割引率に差を付けています。 10等級の場合は、実に22ポイントも割引率に差が付いています。 このように、事故で保険を使った場合に適用される割引率のことを「 事故有係数」と呼びます。 参考までに、自動車保険のすべての等級(1等級から20等級)を、事故有(事故有係数)と無事故(無事故係数)に分けて一覧表にしてみました。 また1等級・2等級・3等級は「割引」ではなく「 割増」になります 事故有期間 じこありきかんとは? 前の項目の例を続けます。 13等級だった人が、3等級ダウン事故で保険を使ったために翌年の保険が10等級にダウンした場合、 事故有期間(事故有係数適用期間)が3年付きます。 3等級ダウン事故なので「3年」、1等級ダウン事故なら「1年」が付きます。 自動車保険証券( 黄色のマーカー部分が事故有期間) 上の画像では事故有期間は「0年」ですが、3等級ダウン事故で保険を使った場合の翌年の保険証券には「3年」と表示されます。 つまり、3等級ダウン事故で保険を使ったら、3年間だけ事故有係数(高い保険料)を適用しますが、3年過ぎて4年目には13等級に戻り、その13等級は事故有係数ではなく元の割引(無事故係数)になる、ということです。 1等級ダウン事故で保険を使ったら、1年間高い保険料を適用するけれど、1年経過したら元に戻ります。 もしも同じ年度に2度、3度と事故を起こして保険を使ったら、その分は加算されるのですが、事故有期間は最長6年で打ち止めになっているので、たとえば3等級ダウン事故で3回保険の支払いを受けても事故有期間は9年ではなく6年ということになります。 13等級だった人が3等級ダウン事故で保険を使うと、翌年の保険は10等級になります。 この10等級は、無事故で等級を昇ってきた人の10等級とは割引率が異なり、より割引率の低い事故有の割引(事故有係数)となります。 同時に、3等級ダウン事故で保険を使った場合は、事故有期間が3年付くことになります。 3年間は事故有係数によって高い保険料を支払うことになりますが、3年間無事故で過ごせば、4年目にはまた13等級に戻ります。 戻った13等級は、事故有期間の3年がリセットされているので、また元の無事故係数が適用されます。 同じ条件なのに2倍違うことも珍しくありません。 この機会に一度一括見積もりサイトを使ってみれば、みなさんも確実に身をのけぞらせて驚くことでしょう。 あまりの違いに、みなさんの保険選びに大転換が訪れるかもしれません。 利用者400万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。 入力は1度だけ。 メールまたは郵送で見積もり結果がわかります( 電話はかかってきません)。 【参加保険会社】約20社。 元保険代理店代表です。 現在はブログ記事作成を日課にしています。 自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。 さて、7月ですね。 新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。 怖いです。 わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。 手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。 完全に病気です。 楽しいです。 泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。 いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。 ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。 ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。 手洗い病は当分のあいだ続きそうです。 こんなことしかできません。

次の