楽天モバイル 予約番号。 MNP予約番号の有効期限を過ぎた場合や延長方法はある?キャリアごと・格安SIMごとに紹介

楽天モバイルのMNP転入・MNP転出

楽天モバイル 予約番号

楽天モバイルは4月からキャリアとしてプランをスタート は、やと同様に、格安SIMの1つとしてモバイルサービスを提供していました。 利用できる回線はドコモとauで、ドコモ回線限定で最大1Mbpsの低速通信を無制限で使えるスーパーホーダイが人気プランでした。 しかし、2019年10月から自社回線を利用した大手キャリアとして参入し、2020年4月にはキャリアとしてのサービスを本格的にスタートしています。 キャリアとしてのサービスがスタートしたばかりなので対応エリアは狭く、現時点では次のような都府県の一部だけです。 東京都• 神奈川県• 千葉県• 埼玉県• 愛知県• 三重県• 京都府• 大阪府• 兵庫県 また、大手キャリアではSHARPやHUAWEI、OPPOといったAndroidだけでなく、iPhoneも取り扱っています。 しかし、楽天モバイルではiPhoneの取り扱いはあるものの、楽天回線に対応していません。 さらに、楽天モバイルで販売中の端末は楽天回線に対応していますが、2019年9月以前に発売された端末で楽天回線を利用するためにはアップデートが必要です。 キャリアになった楽天モバイルの料金プラン 新たなキャリアとしてスタートしたばかりの楽天モバイルは、楽天回線に対応した新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」を打ち出しました。 旧料金プランは、最大1Mbpsの低速通信を無制限で使えるスーパーホーダイと組み合わせプランの2種類です。 一方の新料金プランは「Rakuten UN-LIMIT」の1種類で、契約期間に応じて月額料金が変動しないシンプルな形となっています。 プラン名 データ容量 月額料金 Rakuten UN-LIMIT 2GB 2,980円 これまで定着していた最低利用期間や2年契約といった縛りがなく、契約解除にともなう違約金も発生しません。 さらに、先着300万人を対象に月額料金2,980円が1年間無料になるキャンペーンを実施中です。 月間のデータ容量が2GBと少なめであるものの、楽天回線エリア内であればデータ容量は使い放題になります。 また、通常は30秒につき20円かかる通話料金は、専用アプリ「Rakuten Link」を使えば国内通話が無料になるのでお得です。 楽天回線への移行は本当に必要? 楽天モバイルのキャリア参入にともない、これまで格安SIMとして利用していたユーザーの料金プランや契約がどうなるのか気になる人も多いのではないでしょうか。 楽天モバイルでは格安SIMとしてのサービスは当面継続するとしているものの、既存のユーザーに対して楽天回線への切り替えを推奨しています。 その一方で、格安SIMで利用していた端末のすべてが楽天回線に対応しているわけではありません。 楽天回線に対応していない場合は、自身でアップデートすれば使えるケースもあります。 しかし、格安SIMとしての楽天モバイルで販売されていた端末数に比べると、キャリアとしての楽天モバイルで販売されている端末数は少ないです。 楽天モバイルでは楽天回線への移行を推奨していますが、格安SIMとキャリアではサービス内容や料金形態が大きく異なります。 そのため、格安SIMとして提供する楽天モバイルのサービスや料金形態に満足している場合は、回線の移行を急ぐ必要はないといえるでしょう。 なお、楽天モバイルの格安SIMとしての新規受付は2020年4月7日に終了しています。 2019年9月までに契約した場合はそのまま移行可能 楽天モバイルの新料金プランは1種類しかないため、楽天回線に移行する場合でも選択肢は1つしかありません。 そのため、楽天回線に移行すると月額料金が高くなったりデータ容量が無制限でなくなるといった不安を抱えるユーザーも多いのではないでしょうか。 これまでの料金プランを継続できるかどうかは、格安SIMの楽天モバイルと契約したタイミングで異なります。 2019年9月までに格安SIMの楽天モバイルを契約している場合、料金プランを変更することなく楽天回線に移行できます。 一方で2019年10月以降に格安SIMの楽天モバイルを契約した場合は、料金プランを継続できない仕組みとなっています。 そのため、2019年10月以降の契約で料金プランを継続したい場合は、すぐに楽天回線に移行しない方がよいでしょう。 他社から楽天モバイルへMNP転入する方法 大手キャリアや格安SIMから電話番号を変えることなく楽天モバイルに乗り換える場合、現在契約中の携帯電話会社でMNP転出手続きが必要です。 MNP制度を利用して楽天モバイルに乗り換える場合の注意点もあるため、あらかじめ確認しておきましょう。 楽天モバイルにMNP転入する手順 MNP制度を利用して楽天モバイルに乗り換える場合、現在契約中の携帯電話会社でMNP転出手続きをしなければなりません。 MNP転出手続きの方法は携帯電話会社によって異なりますが、大まかな手順は次の通りです。 現在契約中の携帯電話会社でMNP予約番号を取得• 楽天モバイルと契約• SIMカードや端末が届く• インターネットの開通手続き MNP制度を利用して楽天モバイルに乗り換える際には、MNP予約番号の入力が必要です。 インターネットの開通手続きは、受付時間によって利用開始時間が異なります。 9:00~21:00:当日中に利用開始• 21:01~翌8:59:翌日9:00〜に利用開始 楽天モバイルにMNP転入する際の注意点 他社から楽天モバイルに乗り換える場合、次のような点に注意が必要です。 MNP予約番号には有効期限がある MNP予約番号の有効期限は、取得日を含めた15日間です。 楽天モバイルの契約時には有効期限が10日以上残っている必要があります。 キャリアメールが使えなくなる 現在契約中の携帯電話会社で使っていたメールアドレスは、楽天モバイルに乗り換えると使えなくなります。 そのため、楽天モバイルと契約する際にはキャリアメール以外のメールアドレスを入力しましょう。 キャリアの認証が必要なコンテンツが使えなくなる スマホで利用できる音楽やゲームといった様々なコンテンツは、キャリア独自のものもあります。 キャリアの認証が必要なコンテンツの場合、楽天モバイルに乗り換えると使えなくなります。 転入時に使えるキャンペーン 他社と同様に、楽天モバイルでも各種割引やポイント還元といった様々なキャンペーンを実施しています。 他社から楽天モバイルに乗り換える際に使えるキャンペーンは、次の通りです。 電話アプリ利用で3,000ポイントプレゼント 楽天モバイルでは、専用アプリ「Raluten link」を利用すると3,000ポイントプレゼントされるキャンペーンを実施中です。 適用条件はWebで新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」に申し込み、指定された期日までに専用アプリ「Raluten link」を利用することです。 契約期間:2020年3月3日~2020年6月30日• 開通期間:2020年4月8日~2020年7月31日 事務手数料ポイント還元キャンペーン どのキャリアや格安SIMでも、契約する際には契約事務手数料が発生します。 楽天モバイルの場合、通常の契約事務手数料は3,000円です。 楽天モバイルでは、契約事務手数料3,000円が全額ポイント還元されるキャンペーンを実施しています。 キャンペーン期間は2020年3月3日からスタートしており、終了日は未定です。 格安SIM他社に乗り換える方法・MNP転出の手続き 楽天モバイルから電話番号を変えることなく他社の格安SIMに乗り換える場合、楽天モバイルに乗り換える場合と同様にMNP転出手続きが必要です。 楽天モバイルから他社に乗り換える際のMNP転出手続きは、次の手順で進めていきます。 MNP予約番号を発行する 楽天モバイルから他社に乗り換える場合、MNP予約番号を取得します。 会員専用サポートページ「my 楽天モバイル」にログイン• 「契約プラン」をタップ• 「各種手続き」をタップ• 「MNP番号発行」をタップ MNP予約番号は手続き完了とともに即時発行されます。 乗り換え先の携帯電話会社に申し込む 楽天モバイルでMNP予約番号を取得したら、次に乗り換え先の携帯電話会社と契約します。 ただし、MNP予約番号には取得日を含めた15日間の有効期限があります。 乗り換え先の携帯電話会社によってMNP予約番号に必要な残日数が異なるため、あらかじめ公式ホームページなどで確認しておくことをおすすめします。 多くの格安SIMでは、Webと直営店舗、取り扱い店舗といった3つの方法のいずれかで契約できます。 このうち、限定キャンペーンが多く実施されているのはWebです。 SIMカードを返却する 乗り換え先の携帯電話会社との契約が完了したら、解約した楽天モバイルにこれまで使っていたSIMカードを返却しましょう。 楽天モバイルのSIMカードの返送先は次の通りです。 郵便番号 住所 宛先 143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F 楽天モバイル SIM返却係 ただし、SIMカードの返却にともなう郵送料はユーザー負担となります。 また、SIMカードを返却しなかった場合、楽天モバイルから10,000円程度の損害賠償を請求される可能性があります。 SIMカードのカットや破損も損害賠償請求の対象となるため、SIMカードは返却するまで大切に取り扱うようにしましょう。 乗り換えにかかる費用 楽天モバイルから他社に乗り換える場合、次のような費用が発生します。 MNP転出の手数料 MNP転出手数料はどのキャリアや格安SIMでも発生する費用で、携帯電話会社によって料金は異なります。 楽天モバイルの場合、MNP転出手数料として3,000円が請求されます。 ただし、MNP予約番号を取得後に有効期限内に他社への乗り換えが完了しなかった場合はキャンセル扱いとなります。 この場合は、MNP転出手数料は発生しません。 端末代の残金 楽天モバイルを解約する際に、購入した端末代金の支払いが残っている可能性があります。 この場合は、楽天モバイルを解約後も完済するまで支払い続けなければなりません。 ただし、楽天モバイルの解約と同時に残金をまとめて支払う必要はありません。 契約解除料がかかることも 総務省は、2019年6月に携帯電話会社の2年縛りや契約期間内の解約にともなう違約金の新ルールを提案しました。 これを受けて、各携帯電話会社は2年契約の料金プランとの差額を170円、違約金を1,000円といったルール変更を行っています。 ただし、契約する料金プランや契約期間によっては、これまで通り違約金が発生するケースもあります。 楽天モバイルの場合、2019年10月1日以降に契約した場合は違約金が発生しないものの、旧料金プランでは次のような条件で違約金が発生します。 契約時期 最低利用期間12カ月 最低利用期間24カ月 最低利用期間36ヶ月 2018年6月14日20:00~2019年9月30日21:59• 12ヶ月まで:9,800円• 13ヶ月目以降:0円• 24ヶ月まで:9,800円• 25ヶ月目以降:0円• 36ヶ月まで:9,800円• 37ヶ月目以降:0円 2017年9月1日~2018年6月14日19:59• 12ヶ月まで:9,800円• 13ヶ月目以降:0円• 12ヶ月まで:19,800円• 13~24ヶ月:9,800円• 25ヶ月目以降:0円• 12ヶ月まで:29,800円• 13~24ヶ月目:19,800円• 25~36ヶ月目:9,800円• 37ヶ月目以降:0円 他社へ乗り換える際の注意点 楽天モバイルから他社に乗り換えた場合、楽天モバイル独自のサービスが利用できなくなります。 楽天メール• 楽天マンガ• データシェア• 端末保証サービス 他のキャリアや格安SIMも同様ですが、他社に乗り換えるとキャリアメールが使えなくなります。 楽天マンガやデータシェア、端末保証サービスといった楽天モバイル独自のサービスは、他社に乗り換えると一切使えなくなるので注意しましょう。 また、他社に乗り換える前に確認しておきたいのは、楽天モバイルの契約者です。 楽天モバイルでは、契約者でなければMNP転出手続きができない仕組みとなっています。 これは格安SIM時代の名残で、モバイルサービスによる犯罪を防ぐために電気通信事業法で規制されているからです。 そのため、家族の誰かが契約者となっている場合はMNP制度は利用できず、楽天モバイルを解約した後に新規で他社と契約しなければなりません。 MNP転出をスムーズに行おう 現在契約中の携帯電話会社から他社に乗り換える場合、電話番号を変えると友人や職場の同僚にメールなどで知らせなければならないので面倒だと感じている人も多いことでしょう。 しかし、MNP制度を利用すれば電話番号を変えることなく他社に乗り換えできるので便利です。 MNP制度を利用するには、現在契約中の携帯電話会社でMNP転出手続きをしなければなりません。 また、MNP予約番号は有効期限が定められており、転出先との契約には有効期限の日数が十分に残っている必要があります。 このようにMNP転出には様々な注意点があるため、手続き方法や注意点を押さえてスムーズな乗り換えを実現しましょう。

次の

楽天モバイルからのMNP転出方法|手数料とMNP予約番号の有効期限に注意!

楽天モバイル 予約番号

楽天モバイルのMNP転出手数料は3,000円 MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)とは、他の通信会社に乗り換えても、今お使いの電話番号をそのまま引き継げるサービスです。 楽天モバイルを解約されるほとんどの方が、MNPを利用されるかと思います。 楽天モバイルからMNP転出する場合、 3,000円の「MNP転出手数料」が必要です。 MNP転出手数料は、最低利用期間に関係なく、違約金とは別途でかかります。 そのため、最低利用期間内に楽天モバイルからMNP転出すると、9,800円の契約解除料と合わせて 12,800円の費用が発生します。 楽天モバイルの最低利用期間は最大で36カ月ありますのでご注意ください。 MNP予約番号の15日間の有効期限に注意 MNP転出で他社に乗り換える場合は、他社のお申し込み手続きを始める前に、楽天モバイルからMNP予約番号を取得する必要があります。 楽天モバイルは、MNP予約番号をからネットで申請できます。 朝10時までに申請が完了すると、当日の12時頃にはMNP予約番号が発行されます。 朝10時を過ぎると、翌日の12時頃に発行となりますのでご注意ください。 MNP予約番号には、 15日間の有効期限があります。 そのため、MNP予約番号が発行されたら、すぐに乗り換え先のお申し込み手続きを始めましょう。 有効期限内に乗換えが完了しないと、MNP予約番号が無効となってしまいます。 通信会社によっては、 MNP予約番号の有効期限が10日以上ないと、お申し込み手続きができない場合もありますのでご注意ください。 MNP予約番号の申請は、乗り換え先の通信会社を決めてからにしましょう。 まだ、乗り換え先がお決まりでない方は、こちらのランキングもぜひ参考にしてください。 新しい格安SIMとの契約が成立し、電話番号が引き継がれた時点で、楽天モバイルも自動的に解約。 それ以上の手続きはありません。 楽天モバイルはMNP予約番号は、からスマホで簡単に取得することができます。 私も実際に楽天モバイルのMNP予約番号を取得してみましたので、その時の手順を画像付きでわかりやすく解説します。 朝10時までに申請完了すると当日12時頃、10時以降の申請は翌日12時頃に発行されます。 楽天モバイルからのMNP転出先におすすめの格安SIMは? スマホセットで乗り換えるならOCNモバイルONEがおすすめ 楽天モバイルからMNP転出で乗り換える際にスマホも新しくしたい方は、OCNモバイルONEが一番お得です。 OCNモバイルONEは、スマホセットで申し込むと端末代金が大幅に安くなります。 機種によっては、 他社よりも1万円以上安くなる場合もありますよ。 NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMですので、品質面でも安心! 全国約86,000カ所のWi-Fiスポットを無料で使えたり、低速通信でも快適に利用できるバースト通信の機能もあったりと、 楽天モバイルよりサービスも充実しています。 当サイトで一番おすすめしている格安SIMですので、ぜひOCNモバイルONEをご検討ください。 今なら「新生活応援割キャンペーン」も実施中。 2019年3月31日(日)までのお申し込みで、月額料金が2年間ずっと割引されるので大変お得です。 キャンペーンの詳細については、OCNモバイルONEの公式サイトでご確認ください。 楽天モバイルに限らず、どの格安SIMも平日昼間(12:00~13:00)の通信速度が遅くなってしまいます。 しかし、UQモバイルはauのサブブランドですので、品質はauとほとんど同じ。 平日昼間でも、動画やオンラインゲームを快適に楽しむことができますよ。 楽天モバイルの通信速度に不満がある方は、UQモバイル一択です。

次の

楽天モバイルMVNOからMNPで乗り換える手順を全解説!MNP予約番号やMNP転出手数料も

楽天モバイル 予約番号

平日昼休みも快適なネット環境を求め、先日 サブのSIMとしてUQ mobileと契約し、PCへのテザリングなど、外出時にも快適なネット生活を送っています。 そこで気になってきたのが、メイン回線である楽天モバイルの、混雑時の速度の遅さ。 端末は魅力的な楽天モバイルですが、混雑時の回線速度は不満あり。 そこで、UQ mobileと同じく、他回線が混雑している時にも快適と定評のある、YmobileへのMNPを本気で進めるべく、楽天モバイルにて「MNP予約番号の発行手続き」をとりましたので、ご参考。 このMNP予約番号の発行手続きですが、どの格安SIM会社にしても、公式サイトの案内が片隅に追いやられ、ほんとにわかりにくいです。 楽天モバイルから転出、MNP予約番号の発行手続き Ymobile(契約時はemobile)から楽天モバイルに、2016年1月にMNPしたのですが、Ymobileへの復帰を目論んでいます。 楽天モバイルと契約されている方は、既に楽天会員のはずですので、楽天会員でログインが簡単です。 私は同ページ中央にある、大きいアイコンの利用状況ばかりに目をとられていましたが、後段にやや小さめにあります。 また、予約番号もメールでの案内ではなく、自らがメンバーズステーションで確認とは、決して親切とは言えない状況。 さらに、MNP転出後には、自分でSIMを郵送する必要があります。 契約時の「重要説明事項」を参照すると以下の記載があります。 解約後はご利用いただいたSIMカードをご返却いただく必要があります。 ご返却いただくSIMカードはお客様にてご返却用の封筒をご用意いただき、返却先住所までご返却ください。 なお、MNP転出手数料は1電話番号につき3,000円、12ヵ月間の最低利用期間前の解約には、違約金9,800円がかかります。 SIMを取り出し、SIM番号を確認する手間は省けました。 そして、転出理由・転出先をプルダウンから選択し、発行手続きの完了です。 これでしばらく待ち状態です。 まとめ 私のこれまでのMNP転出元としては、ソフトバンク・ドコモ・Ymobileがありますが、楽天モバイルからの転出手続きのページは、これらよりも比較的見つけやすい箇所にあるようです。 しかしながら、予約番号発行に日数がかかる点は、望ましい対応ではないと思います。 さらに、手続き方法が探せないのが、使用しなくなった分割払中の端末の残債を支払方法。 私は分割払中のhonor6 Plusがあるのですが、中古で引き取ってくれるうちに売却したいものの、残債の支払方法をググっても、現時点探し出せていない状況です。

次の