ホヤ 植物。 観葉植物ホヤが目いっぱい楽しめる品種・育て方紹介

ホヤ(サクララン)の育て方

ホヤ 植物

肥料 季節・日常の手入れ ポイント 仕立てる際の注意点 ホヤは一度花の咲いた位置から毎年花を咲かせるので、花の咲いたつるは切らないようにします。 まだ花の咲いていないつるも、長く伸びてきたら花を咲かせるので切りません。 具体的にはカルノーサ サクララン の場合、15節前後の長さになると花を付け始めます。 ですから花をメインに楽しむ場合、可能な限りつる切り詰めずに長く伸ばして育てるのが基本となります。 仕立て方 アサガオ用のあんどん支柱などをつかって、つるを絡ませます。 長く伸びて上まで行ってしまったら、今度は下に向けて垂らしていくなど、切らずに案配よく絡ましていきましょう。 また、吊り鉢を使って最初から下に垂れ下がらせてもよいでしょう。 日当たり・置き場所 できるだけ日によく当てて育てましょう。 ただし、真夏は日射しが強すぎて葉が傷むことがあるので、直射日光を避けた明るい日陰が安全です。 日陰にもよく耐えるので、ある程度日当たりの悪い場所でも育てることができますが、花つきは極端に悪くなります。 花付きが気にならず、観葉植物と割り切って育てるなら日陰でも十分栽培は可能です。 暑さには強い反面、寒いのは苦手です。 屋外で栽培しているものは、11月頃に室内の日当たりのよい場所に移動させましょう。 水やり・肥料 乾燥に強い植物なので水のやりすぎに気を付けましょう。 春から秋の生育期間は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにします。 空気中の湿度が高い環境を好むので夏は霧吹きなどで葉に水をかけるとなおよいでしょう。 冬は低温で生育も衰えますので水やりは控えめに。 鉢土の表面が乾いて3~5日経ってから水を与えるようにします。 土の過湿を嫌うので年間を通してやや乾燥気味に管理した方が失敗が少ないです。 過湿で根が傷んでしまうと、株がダメになってしまうこともあります。 肥料は生育期間の5~9月中に水で薄めた液体肥料を10日に1回ほど与えます。 用土 水はけの良い土が適しています。 赤玉土(小粒)6:腐葉土4の割合で混ぜた一般の草花を育てるような用土でもかまいませんが、過湿になりすぎないように注意しましょう。 可能であるなら鹿沼土5:日向土(小粒)4:パーライト1の割合で混ぜた土が水はけよく過湿にならずによい。 植え替え・植え付け 数年育てていると鉢の中が根でいっぱいになるので、一回り大きな鉢に新しい土で植え替えます。 植え替え適期は5~7月。 鉢からぬいた際、傷んでる根は取り除きますが元気な根はあまりいじらない方がよいでしょう。 ホヤは根を傷めてしまうと生育が衰えることがあります。 性質自体は丈夫なのですが過湿に弱いなど、根は多少デリケートな面があります。 ふやし方 さし木でふやすのが一般的で簡単です。 元気なつるを2節くらいの長さに切り湿らせた水ゴケで植え付けます。 日陰で乾かさないように管理すると1ヶ月ほどで根が出てきますので その後鉢に普通の用土で植え付けます。 一本では鉢植えにしたときにボリュームがでませんので、一鉢に3本くらい植え付けます。 5~8月の気温が比較的高い時期が適しています。 新しい芽は葉と茎の接合部分にある葉腋から出るので、茎の付いていない葉っぱだけのものは新芽が出ないこともあります。 かかりやすい病害虫 カイガラムシが付くことがあります。 吸汁性の害虫で、植物から栄養をとってしまうので駆除します。 数が少なければこすり落とすのが確実です。 また、その排泄物からスス病が発声して、葉がススををかぶったように黒くなり、光合成を阻害します。 その意味でも早めの駆除が大切です。 冬は室内に取り込みます 夏は直射日光を避ける 水をやりすぎると根ぐされをおこします 関連するページ ・ ・ ・ ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010 お問い合わせ.

次の

ホヤ

ホヤ 植物

ホヤはできるだけよく日光に当ててあげるようにします。 しかし、真夏の日差しが強い日が何日も続くようなときには、葉っぱの部分が葉焼けを起こすことがあるので、直射日光は避けた方が良いです。 そういうときは、明るい日陰で管理して育てるようすると安全です。 また、ホヤは耐陰性もあるので、日当たりが悪い場所であっても育てることも可能です。 ただし、花つきはその分多少悪くはなってしまいます。 ホヤの耐寒性についてはあまりなく、寒さは苦手です。 寒くなってくる11月頃から暖かくなる頃までは、室内の日当たりが良い場所へ移動して管理する方が無難です。 置き場所が悪いと、ホヤは葉っぱの色が綺麗に保てなくなって黄色く変色してきたりするので、それが生育が順調であるかどうかのバロメーターとなります。 ホヤの水やり 冬の水やり 冬のホヤの水やりは、基本乾燥気味にします。 というのも、冬場は寒くなり生長が衰える時期なのと、土の過湿を嫌いますので、水やりは控えめにする必要があるためです。 土の表面が乾いていて、さらに数日が経過してから水は与えるようにするくらいで大丈夫です。 過湿により株の根が弱くなって傷んでしまうと、株そのものがダメになってしまうことがあるので注意しましょう。 ホヤは葉が肉厚で多肉植物やサボテンなどのように葉の部分に水分を貯める機能がありますので、頻繁な水やりは必要ないのです。 ホヤの肥料・追肥 ホヤの肥料の与え方についてですが、生育期である春~秋には、2ヶ月に1回を目安に、緩効性化成肥料を土の表面に撒きます。 緩効性ですので、ゆっくりと長期的に成長を手助けしてくれます。 さらに夏場の時期には、10日に1回のペースを目安にして水で薄めた液体肥料をあげるようにするのも効果的です。 というのも、生育期に肥料を2種類与えてあげるととても元気にぐんぐん生長してくれるからです。 しかし、あまり大きくしたくないと思っている場合には、どちらか一方の肥料のみを与えるだけでも構いません。 追肥はホヤの場合には特には必要ありません。 ホヤの土 植え付け ホヤの植え付け時期については、5月~8月頃までが適期となっています。 植え替え ホヤを数年に渡って鉢で育てていると、鉢の中は根で飽和状態になってしまっています。 これはホヤの生育だけではなく、花つきが悪くなる原因にもなるため良くありません。 そうなる前に、一回り大きなサイズの鉢の中に、新しい土を使って植え替えることが大切です。 ホヤの植え替時期としては、5月~7月頃が適期です。 鉢から根の部分を抜いたときに、既に傷んでしまっている根は取り除くようにします。 元気な根はいじる必要はありません。 ここで一番注意すべきポイントとしては、根の部分をうっかり痛めてしまうと、ホヤは生育に影響が出てしまい生長自体が衰えてしまうということがあるという点です。 ホヤの性質的には丈夫な部類の植物ですが、土の過湿に弱いことからも想像できるように、根の部分に関しては少しデリケートな面を持っているので注意が必要なのです。 ホヤの増やし方については、一般的には「挿し木」で増やします。 挿し木の方法の一例としては、2節くらいの長さの元気なつるを剪定バサミを使って切ります。 それを湿らせた水ゴケで包んでから輪ゴムなどを使って留めます。 そして、それを鉢の中に入れて別の水ゴケでぐらつかないように固定します。 日陰に置いて乾燥させないように管理していると、約1ヶ月程度で新しい根が出てきます。 そうなったらあとは、鉢に普通の用土を使って植え付けを行います。 ただし、1本のみでは鉢植えにした際に、ほとんどボリュームは出ませんので、1鉢につき3本くらいを目安にして植え付けをすると良いでしょう。 このときホヤの茎と葉っぱの付け根部分である葉腋から新芽が出てきますが、葉っぱのみで茎が付いていないものでは新芽が出ないので注意しましょう。 また、挿し木の際に葉からの水分の蒸発を抑えて乾燥を防ぐために、葉を予め半分に切ってもOKです。 ホヤの育て方で注意すべき病気・害虫 ホヤにつきやすい病害虫としては、カイガラムシがあります。 この害虫は吸汁性で、植物から大事な栄養分を奪い取ってしまうため、見つけたらできるだけ早く駆除を行います。 数がまだ少ない場合には、歯ブラシなどでこすり落としていきましょう。 予防としては、常日頃から葉の裏表に霧吹きなどで葉水すると、発生をある程度抑えることができます。 またカイガラムシは風通しが悪いと発生しやすくなってしまうので、風通しが良くなるように心掛ける事が大切です。 カイガラムシの出す排泄物が原因でスス病という病気が発生して、葉っぱの部分がまるでススを被ってしまったかのように黒くなることもあります。 こうなってしまうと光合成ができなくなり枯れてしまうので、早めの駆除が何より重要なのです。 ホヤの管理温度 ホヤは寒さには強くはありません。 冬が寒い地域で庭に地植えでの越冬はほぼ無理です。 越冬させたい場合には、鉢植えにして冬場は必ず室内の日の良く日の当たる場所へ移動して管理するようにして下さい。 ホヤの代表的な品種を2つご紹介します。 まず「ホヤ・カルノーサ」です。 桜色の可憐な花を咲かせます。 花の部分はまるで蝋細工のような光沢のある質感をしています。 それだけでなく甘い香りも放ちます。 葉っぱの形はランに似ています。 そのため、別名で、「サクララン」とも呼ばれており、愛好家達の間でも非常に人気が高いものとなっています。 ホヤの中では一番多く流通しています。 茎は蔓性で長くよく伸びます。 もう一つは、「ホヤ・カーリー」です。 葉っぱの形がハート型をしていて肉厚な事が特徴となっています。 その姿形から「ラブハート」などの名前でよく流通しています。 葉っぱの部分のみを挿し木にしてよく販売されていて、特に女性の間で人気が高いものとなっています。 また葉っぱの縁に斑の入っているタイプもあります。 ホヤの花 「ホヤ・カルノーサ」の花は、最初は白色をしていますがこれが徐々に桜色に変化していきます。 ホヤの花の中心部分は、紅色をしています。 開花時期は夏頃で、2cmくらいの星形をした可愛らしい花を半球状にたくさんつけます。 花は光沢と厚みがあり人工物のようにも見えますがとても華やかな印象があり、葉っぱの緑色とのコントラストが絶妙です。 「ホヤ・カーリー」の花は、1cmくらいでまとめて十数輪付きます。 花の色は乳白色をしていて段々と褐色に変化します。 ホヤの花言葉 ホヤの中の「ホヤ・カルノーサ(サクララン)」の花言葉は、「人生の出発」や「人生の門出」です。 また「ホヤ・カーリー」の花言は、「恋が成就する」や「幸福の訪れ」、「幸福を告げる」があります。 ホヤの名前の由来 ホヤという名前は、イギリスの園芸家であるホヤ氏という方の名前にその由来があると言われています。 特に「ホヤ・カルノーサ」は、別名「サクララン」とも呼ばれているので勘違いしやすいのですが、桜にもランにも全く関係がありません。 ホヤの育て方はかんたん! 今回は、ホヤという観葉植物についてご紹介してみました。 サクラランという名前でも知られるホヤ・カルノーサも、ハート型の肉厚な葉が可愛らしいホヤ・カーリーなど、葉っぱだけではなく花も楽しめる品種がほとんどです。 蔓性ですのでハンギングにして飾ってみたりと楽しみ方も幅広いのでインテリア性も高いです。 栽培の難易度も低く初心者でも育てやすいのでぜひチャレンジしてみて下さい。

次の

ホヤって何?

ホヤ 植物

概要 [ ] 餌を含む海水の入り口である入水孔と出口である出水孔を持ち、体は被嚢(ひのう)と呼ばれる組織で覆われている。 成長過程でする動物として知られ、はオタマジャクシ様の形態を示し遊泳する。 幼生は、、背側、、などの組織をもつ。 成体は海底の岩などに固着し、植物の一種とさえ誤認されるような外観を持つ。 成体は、の特徴であるやをはじめ、心臓、生殖器官、神経節、消化器官などをもつ。 に近縁であり、生物学の研究材料として有用。 血液(血球中)にを高濃度に含む種類がある(Michibata et. , 1991など)。 現在確認されている中では、体内でを生成することのできる唯一の動物であり、これはを示唆していると考えられている。 生活様式は、群体で生活するものと単体で生活するものがある。 単体ホヤは有性生殖を行い、群体ホヤは、の両方を行う。 世界中の海に生息し、生息域は潮下帯から深海まで様々。 多くのホヤは植物やを餌としている。 漢字による表記では、古くには「老海鼠」、「富也」、「保夜」などの表記も見られる。 ホヤの名は、「に当たる(ほや)にかたちが似ている」から、または「(ほや)にそのかたちが似ている」から。 またマボヤはその形状から「海の」と呼ばれることもある。 なお、俗称で ホヤガイ(海鞘貝、ホヤ貝)と呼ばれることがあるが、の一群に別けられる類とは全く分類が異なっている。 生物的特性 [ ] 初期発生 [ ] ホヤの卵は「」として知られている。 つまり、初期発生中の割球を解離したり破壊すると、決まった運命の組織にしかしない(Conklin;1905など)。 加えて受精後すぐの卵に明確な境界がみられ、それぞれの領域が将来の各組織に受け継がれることから、母性細胞分化決定因子の存在が示唆されてきた。 筋肉細胞分化決定因子について、移植実験などにより、特にその存在が研究され Deno and Satoh; 1984, Marikawa et. , 1995 、2001年にNishida and Sawadaによりマボヤからmacho-1が同定された。 ただし、筋肉や表皮などは、自立分化能を持つが、脊索はを必要とすることが示されている(Nishida;2005など)。 発生中の各割球が将来どの組織に分化するかを示した「細胞系譜」は、マボヤではNishidaらによって詳細に示されている(Nishida;1987など)。 モデル生物として [ ] ホヤの属する脊索動物門には、ヒトを含む脊椎動物亜門が含まれており、遺伝子を操作したホヤを使えば、脊椎動物が進化する過程の再現実験にも利用できる。 カタユウレイボヤ( Ciona intestinalis)は組織の構造が単純で成長が早く 、養殖が可能で安価に入手できるなどとしての利点が多数あるため、においての発生のとして用いられる。 では事業に基づいてカタユウレイボヤの野生型個体を供給している。 2002年にはドラフト配列が決定された(Dehal et. 動物としては7番目となる。 さらに近縁種のユウレイボヤ( C. savignyi)でもゲノムプロジェクトが行われている。 その他の研究 [ ] ホヤの幼生には臭いを感知する胚組織が存在し、生殖に関わるを分泌する細胞との関わりから生殖や嗅覚の遺伝病の治療に関する研究への寄与が指摘されている。 上記以外にも、様々な分野においてホヤを用いた研究は世界中で盛んに行われている。 , 2005など• ホヤから抽出される薬品;石橋正己、2005などを参照のこと• 海産無脊椎動物には等と関連すると考えられている神経保護物質である PlsEtn が多く含まれているが、ホヤ類の内臓は特にこの物質の含量が多いとされる。 分類 [ ] Kott(1992)ら別の分類体系を主張するものもあるが、ここではN. Satoh著"Developmental Biology of Ascidians"(1994)に紹介されているものを用いる。 和名は日本海洋データベース に基づく。 Order Enterogona [ ] Order Enterogona (ヒメボヤ目、腸性目)• Suborder Aplosobranchiata マンジュウボヤ亜目• Family Polyclinidae• Family Diemnidae• Family Polycitoridae -• Suborder Phlebobranchiata マメボヤ亜目• Family Cionidae - カタユウレイボヤ• Family Octacnemidae -• Family Perophoridae• Family Ascidiidae• Family Agnesiidae• Family Corellidae Order Pleurogona [ ] Order Pleurogona• Suborder Stolidobranchiata• Family Botryllidae• Family Styelidae• Family Pyuridae - マボヤ• Family Molguidae• Suborder Aspiculata• Family Hexacrobylidae ギャラリー [ ] ホヤの仲間は世界の各海洋に存在しており、代表的なものは以下が存在する。 マボヤの刺身 ホヤは、、 やなどで食材として用いられている。 海産物らしい香りが強く、ミネラル分が豊富である。 マボヤとアカホヤは亜鉛・鉄分・EPA エイコサペンタエン酸 ・カリウムなど豊富な栄養素、味覚の基本要素の全てが一度に味わえる食材となっている。 日本では主にのマボヤ( Halocynthia roretzi)とアカボヤ( H. aurantium)が食用にされている。 古くからホヤの食用が広く行われ多く流通するのは主に北部沿岸の。 水揚げ量の多いがある宮城県では酒の肴として一般的である。 またでも一般的に食用の流通がある。 多いのはマボヤであり、アカボヤの食用流通は北海道などであるが少ない。 で食用が広まり多く流通するようになったのは近年 [ ]である。 以西・各地では、2016年時点においてもなお極少ない。 食用に供される種である マボヤは、日本では側は、側は以北の近海産が知られる。 天然物とにより供給されている。 特にワタと呼ばれる肝臓や腸には独特の匂いがあり、愛好家はこの匂いを好むこともある。 ワタを除去して調理すると独特の匂いがかなり抑えられる。 ホヤの中の水(ホヤ水)にもホヤ特有の香りがあり、刺身を作る際はホヤ水を使って身を洗ったり、独特の香りを好むものは、醤油の代わりにホヤ水にワタを溶いたものをつけて食べる。 新鮮なホヤはあまり臭わないが、鮮度落ちが早く、時間が経つにつれて金属臭もしくは臭と形容されるような独特の臭いを強く発するようになる。 冷たい海水に浸しておくと鮮度が落ちにくい。 で出回るものは鮮度が悪く全体に独特の匂いが強まっており、好き嫌いが分かれる要因のひとつとなっている。 ホヤを好む人は、五つの味(、塩味、、、)を兼ね備えると形容し、形から「海の」に譬えられることもある。 独特の風味が酒の肴として好まれ、、、、として調理され、、に加工される。 また、と共に塩辛にしたものを(ばくらい)という。 調理の一例 [ ]• 頭部の2つの突起(入水口と出水口)を切り落とす。 切り落とした部分から縦方向に包丁を入れて殻(被嚢)を切り開く。 殻を開いて、指でオレンジ色の身を取り出す。 身を裏返し、黒い内臓を取り除く。 袋状になっている腸に包丁を入れて開き、内容物を水で洗い流す。 身全体を水できれいに洗い、食べやすいサイズに切る。 東日本大震災後 [ ] 2011年ので三陸の養殖施設は一時ほぼ全滅した。 震災前、三陸産ホヤの多くは韓国に輸出され、の具や刺身として食べられていた。 震災に伴うによる海洋汚染を懸念した韓国政府は2013年、東日本太平洋岸7県からの水産物輸入禁止を決定した。 その後養殖施設は再建されたが韓国への輸出は再開されておらず、2016年に宮城県で生産されたホヤ1万3200tのうち約6割(7600t)が焼却処分された。 の補償対象だが、漁業者らにとっては苦渋の決断 である。 このため宮城県と宮城県漁業協同組合や、震災後の2014年に結成され愛好家団体「ほやほや学会」 などが、首都圏などの消費者や飲食店にホヤの売り込みを強化。 震災前は年2000t程度だったホヤの国内出荷は2016年に約5500tへ増えた。 新鮮なうちに冷凍して臭いを抑える取り組みや、韓国以外への輸出開拓も試みられている。 脚注 [ ]• 池袋経済新聞. 2019年8月3日閲覧。 ウェザーニュース. 2019年8月3日閲覧。 Shinji Yamashita, Susumu Kanno, Ayako Honjo, Yurika Otoki, Kiyotaka Nakagawa, Mikio Kinoshita, Teruo Miyazawa February 2016. Lipids 51. - 国立研究開発法人海洋研究開発機構• アメリカ映画『』では密輸王のシャルニエ()がが幽閉されたシャトー・ディフで運び屋と打合せする時に足元の潮溜りから何かを拾い上げ、ポケットからナイフを出して切り、歩きながら中身をむしゃむしゃ食べ、皮を投げ捨てる。 これがホヤで、はこのエッセイを中心に『マルセイユの海鞘』()を出版している。 池袋経済新聞. 2019年8月3日閲覧。 『日本経済新聞』夕刊2015年8月4日(2018年9月5日閲覧)。 『』朝刊. 2017年7月21日. 【震災7年】三陸ホヤ食べて応援/愛好家尽力、国内消費4倍『』朝刊2018年3月22日(都民面)• 『』朝刊. 2017年7月17日. 参考文献 [ ]• 編 『ホヤの』 、1998年、258頁。 Satoh, Developmental Biology of ascidians, Cambridge university press, 1994, p. 234• 生物学御研究所編 『相模湾産海鞘類図譜』岩波書店, 1953• Conklin,"Mosaic development in ascidian eggs", J. Exp. Zool. 2, 1905, PP146-223. Deno and N. Satoh, "Studies on the cytoplasmic determinant for muscle cell differentiation in ascidian embryos; an attempt at transplantation of the myoplasm", Develop. Growth Differ. 26, 1984, PP43-48• Marikawa et. , "Development of egg fragments of the ascidian Ciona savignyi: the cytoplasmic factors resposible for muscle differentiation are separated into a specific fragment. ", Dev. Biol. 162, 1994, PP134-142. Nishida and K. Sawada, "macho-1 encodes a localized mRNA in ascidian eggs that specifies muscle fate during embryogenesis. Nature 409, 2001, PP724-729. Nishida "Specification of embryonic axis and mosaic development in ascidians. ", Develop. Dyn. 233, 2005, PP1177-1193. Nishida, "Cell lineage analysis in ascidian embryos by intracellular injection of tracer enzyme. III. Up to the tissue restricted stage. ", Dev. Biol. 121, 1987, pp 526-541. Dehal et. , "The draft genome of Ciona intestinalis: Insights into chordate and vertebrate origins. " Science 298, 2002, pp2079-2270. Michibata et. , "Isolation of highly acidic and vanadium-containing blood cells from among several types of blood cell from Ascidiiae species by density gradient centrifugation. ", J. Exp. Zool. , 257, 1991, pp306-313. Kott," The Australian Ascidiacea part 3, Aplousobranchia 2. " Mem. Queensland Museum, 32, 1992, pp375-620. de Tomaso et. , "Isolation and characterization of a protochordate histocompatibility locus" Nature 438, 2005, pp454-459. 石橋正己、"原索動物および魚類"、海洋生物成分の利用, 伏谷伸宏編, シーエムシー, 2005, 159-177 関連項目 [ ]• - ホヤの血液中に含まれる淡緑色の色素。 - の観光キャラクター。 (、、、) - 海外で食されるホヤの一種で、の南東に広く分布する。 一般的にとのに生息するものが知られている• - 尾索動物の一種。 生物学上はホヤの仲間に分類される 外部リンク [ ]• - 宮城県水産研究開発センター• Ascidian Network for In Situ Expression and Embryological Data• - 大学院生命科学研究科付属浅虫海洋生物学教育研究センター• - へのインタビュー記事• - ほやの認知度向上と、消費拡大を目指すネットワーク この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の