ハロウィン 意味。 ハロウィンかぼちゃの由来とジャック・オー・ランタンの意味!

ハロウィンで配るお菓子の意味は?トリック・オア・トリートって何?

ハロウィン 意味

日本には馴染みのない祭りでしたが、東京ディズニーランドのイベントを筆頭に、各地に広まった「ハロウィン」。 本来ハロウィンというお祭りはどのような行事なのでしょうか?そして、ハロウィンには欠かせない「黒猫」の重要な意味とはどういうものなのでしょうか。 ハロウィンはどんなお祭り? ハロウィンは古代ケルト人の祭りが起源となっています。 ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は夏の終わりと冬の始まりを意味し、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられています。 そして同じ時期、魔女や悪霊もやってきて、それらから身を守るために、仮面を被り、魔除けのたき火を焚きます。 これに合わせて、カボチャをくり抜き、口、目、鼻を作り中にろうそくを立て、悪霊払いのジャック・オー・ランタンを作ったり、魔女やお化けに仮装した子供たちが近所の家を訪ねては「トリック・オア・トリート」・・・お菓子をくれないといたずらするぞ。 と唱えてまわるイベントが有名なお祭りです。 ハロウィンといえば「黒猫」の意味・由来は? 黒猫は真っ黒な色が暗闇では人の目に見えず、隠れることが出来ることから、魔女のパートナーにふさわしいと考えられていました。 なんと魔法の儀式では時々用いられることもあり、他の生贄よりも何倍も効果があると言われていました。 また、黒猫というだけで生まれながらの邪悪とみなされ、魔女裁判では人間と共に罰せられることもあったといいます。 他にも、死者の霊が返ってくる特別な日に悪霊や魔女も来てしまうと言われ、沢山の黒猫が焼き殺されたりもしました。 今の時代では考えられませんが、昔は魔女がいると信じられていましたので、沢山の黒猫が魔女狩りや生贄ということで殺されていたのです。 こうした背景で魔女といえば黒猫、というイメージがつき、ハロウィンのモチーフには魔女と黒猫が一緒に使われるようになったのですね。 世界各地での黒猫の迷信 欧米では「不吉の象徴」とする迷信もあり、魔女狩りにより黒猫が殺されることがありました。 ベルギー・ウェイスト=フランデレン州のイーベルという町には、「猫の水曜日」という日があり、時計台から黒猫を投げ殺すというひどい行事が19世紀初頭まで行われていました。 イタリアでは、年間6万匹もの猫が迷信を信じている市民により殺害されていて、これに反対する動物愛護団体が署名運動をしています。 また、日本でも「黒猫が前を通ると不幸が起こる」「黒猫をまたぐと不吉が起こる」「13日の金曜日に黒猫を見ると不幸が起こる」という、根も葉もないうわさがまだまだたくさんあります。 しかし、ハロウィンというお祭りがメジャーになってきた今日では、世界中で黒猫の重要性というのも理解されてきたのではないでしょうか? 実は縁起が良いとされた黒猫 魔女の使いでもある黒猫は不吉な動物の代表格ですが、実は縁起が良い動物としてありがたがられているところもあるのです。 イギリスの一部の地域では、黒猫装束の人が協会の窓から黒猫のぬいぐるみを投げ、それを掴みとると幸福になるといわれています。 近代以前の日本でも「夜でも目が見える」との理由から、「福猫」として魔除けや幸運、商売繁盛の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け、厄除けの意味を持っているのです。 また江戸時代には、黒猫を飼うと結核が治るという迷信もあったり、恋煩いにも黒猫が効験があるとされていました。 新選組の沖田総司は結核を患っていましたが、この迷信を信じ、黒猫を飼っていました。 他にも、小説家の夏目漱石の「吾輩は猫である」の主人公「吾輩」のモデルは漱石の家に迷い込み、家に居ついてしまった黒猫です。 このように、黒猫というだけで、ありがたがられている時代もあったのです。 ハロウィンシーズンの譲渡会では黒猫が大人気! 全国で様々な譲渡会が開催されていますが、ハロウィンシーズンになると「黒猫祭り」でにぎわっているのです。 他のシーズンではなかなか里親さんが決まらなかった黒猫でも、なぜかハロウィンシーズンになると黒猫ばかりが里親さんが決まっていく状況があるので、譲渡会を開催する保護団体の人たちも、この時ばかりは黒猫を大々的にアピールするのです。 これで里親さんの元に行ける猫が1匹でもいてくれたら、ありがたいハロウィン効果です。 まとめ いかがでしたか? 日本でもハロウィンの時期になると、雑貨などもハロウィングッズが店頭に並びますが、実のところハロウィンがどういったお祭りであるのかはよくわからない人が大半ではないでしょうか。 そんなハロウィンと黒猫が切っても切れない関係であること、昔は黒猫であるがゆえにたくさんの猫が殺されていたことはショックでしたが、今は黒猫だろうと、毛の色は関係なくかわいがってもらえることが幸せですね。 — おすすめ記事 —.

次の

なぜ仮装する? 意外と知らない! 10月31日【ハロウィンの意味と由来】

ハロウィン 意味

ハロウィンの起源や歴史・意味について。 日本では仮装してはしゃぐ日になりつつあるハロウィンですが、もともとは古代ケルト民族の収穫祭や悪霊を払うなど宗教的な意味を持つ伝統行事でした。 10月31日はハロウィン! かぼちゃをくり抜いたオバケのランタンが飾られたり、パンプキンパイを焼いたり、子ども達が仮装してお菓子をもらいに近所を練り歩くなど、ハロウィンはアメリカで定着している民間行事ですが、 日本ではなんだか「仮装する日」のようなイメージが強くなっており、仮装してパレードに参加したり、仮装して街へ繰り出したりディズニーランドに行く、などなど。 しかし本来、ハロウィンとはどういった日なんでしょうか? ハロウィンの歴史• ハロウィンの起源は古代ケルト民族の「サウィン祭」 ハロウィンは元々、ヨーロッパを起源とする「民族行事」。 ハロウィンの歴史は古く、起源はヨーロッパの古代ケルト民族の行事「サウィン祭」だと言われています。 この民族では、夏の終わりと冬の始まりに当たる10月31日がその年の最後の日として1年を数えられていました。 新年の始まりは11月1日からなので、10月31日は「前夜祭」。 写真はイメージ サウィン祭では収穫のお祝いをし、この日の夜に魔女や悪霊が出てくると信じられていたことから、それらを追い出す宗教的な意味を持つ伝統行事だったと言われています。 悪霊や魔女から身を守り追い出す為に、仮面をつけたり火を焚いていたそうで、ここから「仮装」の習慣が生まれました。 また、10月31日は死者の霊が家族に会いにくる日(日本で言うお盆)でもあり、死者と悪霊が同じ日にやってくると信じられていたのだとか。 後にアメリカなどにケルト系文化を受継いだ移民が流入したことで、少しずつ形を変え、キリスト教の万聖節「All Hallows」に組み込まれ、現在の「ハロウィン」として広まっていったそうです。 ハロウィンのシンボルは、なぜ「カボチャ」なのか? 黄色いかぼちゃをくり抜いてオバケの顔に仕上げられ、中にろうそくの火を灯す、ハロウィンでお馴染みのカボチャ。 その昔、ジャックというケチで乱暴者で人をだましてばかりの男がいた。 10月31日のその日もジャックは酒場で飲んだくれていたところ、地獄からやってきた悪魔が、ジャックの魂をとろうとした。 ジャックは魂を取られないために、悪魔を騙して辛い目に合わせ「魂をとらない」と約束させた。 そんな彼も年を取り、息を引き取るが 日頃の行いから 天国には行けず、地獄の門を叩いた所、そこには その悪魔が待ち構えていた。 「約束通り、お前の魂は取れない。 だから地獄にも入れない。 」そう言い放たれたジャックの魂は行き場を見失い、あの世とこの世の狭間をさまようことに。 暗い暗いその道中を照らすために与えられた火をジャックは「カブ」の中に入れてちょうちんを作ったのだった。 via こういった言い伝えから、カブのちょうちんは亡くなった方の魂のシンボルとなったそう。 いつしかそれがアメリカへと伝わりましたが、アメリカでは、カブは一般的ではなかったようで、身近で大量に採れて中身をくり抜いてちょうちんにしやすい かぼちゃが一般的になったのだと言われています。 photo by ちなみに、この黄色いカボチャは甘みが少なく、食感も緑色のかぼちゃには劣るために、沢山採れるアメリカでもあまり口には入らないのだそうですよ。 via. 予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

次の

ハロウィン

ハロウィン 意味

もくじ• yahoo. html アメリカのハロウィンの歴史 アイルランドやスコットランドから大量の移民がアメリカに渡ってきたことにより、 最初は ハロウィンもその移民たちの中で行われていましたが、 徐々にアメリカにも浸透していき、今ではほとんどの人に受け入れられています。 ハロウィンが行われる10月31日が アメリカは祝日になっていることからも、 アメリカ国民に受け入れられたと考えていいでしょう。 ハロウィンの日はパーティを開いたり、お化け屋敷に行ったり、 コスプレをした子ども達はお菓子をもらいに各家庭を回ったりして、この日を祝っています。 ですから、まずはこのかぼちゃがないとハロウィンは始まりません。 ハロウィンの時期になると、普通のスーパーや、ドラッグストア、ホームセンターなどでも 大きなかぼちゃを売っているところを見かけるようになり、どこも大きな段ボールにかぼちゃが 山積みになっています。 スーパーで購入するのではなく、ハロウィン用のかぼちゃをうっている場所にいって、 たくさんあるかぼちゃの中から自分の好きなサイズのものを選ぶのも楽しみに1つになっています。 ハロウィン間際になると、手頃なかぼちゃはなくなってるので、多くの人は早めに買いに行きます。 そのくらいハロウィンを楽しもうとする雰囲気を感じます。 その中でも欠かせないのは、かぼちゃの飾りですね。 基本はジャック・オー・ランタンですが、 細かな彫刻をしたものやアイデアが一杯詰まったものなど その家独自のかぼちゃの飾りになっています。 買ってきたかぼちゃをカービング(彫刻)したものです。 かぼちゃの飾りは、基本は顔になった 繊細な彫刻を施した物や、アイデア満載のものなど、 それぞれのお家で工夫を凝らした物になっています。 そんなかぼちゃを見て回るだけで、 楽しい気持ちになってきますね。 ハロウィンの日の夜は、デコレーションをした家で、トリックオアトリートの子ども達がくるのを待ちます。 お菓子も必須 トリックオアトリートに来る子ども達のために、 キャンディやキャラメル、チョコレートなどのお菓子を買いに行きます。 たくさんの子どもたちに渡せるように小さいサイズのお菓子が大量に入った大袋を 購入するといいでしょう。 この時期のお菓子売り場はハロウィン一色で、お菓子のパッケージもハロウィン仕様になっていますね^^ 子どもたちに渡す用のお菓子も一杯用意されています。 仮装はする? ハロウィン当日の仮装も考えなくてはいけませんね。 定番の魔女や黒猫などから、ジェイソンやチャッキー、ハリーポッターなどの映画キャラ、 ディズニーもの、そして、何だかよくわからない仮装などをして当日の雰囲気を楽しみます。 アメリカでは子どもも大人もハロウィンを楽しみますが、主に子どもが主体です。 それとは違い、日本では、幼稚園などでハロウィンの行事をしていますが、 ほとんどは大人の仮装の日となっていますね。 jugem. 中には、会社に仮装をしてくるようにいわれる所があるくらい、 ハロウィンを楽しもうとする雰囲気で一杯ですね。 junglecity. ちなみに、トリックオアトリート(Trick or Treat)とは、子ども達が仮装をして近所の家を回り、 お菓子をもらうことです。 逆に、大人達は家で、やってくる子ども達にお菓子をあげられるように準備をしておきます。 トリックオアトリートには、小さい子どもだけで行かせると道中危ないので、 大人が付き添うか、年上の子どもが保護者役として一緒に行きます。 ちなみに、子どもは仮装をして近所の家を回りますが、 迎える側の大人は仮装をしていない人もいますね。 庭をデコレーションしたりしてるところは 多くの場合、仮装をしていますね。 子ども達は、たくさんのお菓子が入るバッグを持って行き、ハロウィンを楽しみますね。 日本との違い 日本の場合、 子どもがハロウィンに近所の家にお菓子をもらいに行くことはあまり見られません。 この辺りはアメリカとの文化の違いなんでしょうね。 ちなみに、近所の英語塾の先生はハロウィンの企画として先生の近所の家数軒で、 ハロウィンイベントとして行っていますね。 youtube. 最も有名なハロウィンイベントで、歩行者天国になったところを様々な仮装をした人たちが、自由に歩き回ります。 いくつもステージが組まれていて、ライブやイベントも行われます。 本でも同じように渋谷のスクランブル交差点が歩行者天国になり、仮装した若者でごった返していますね。 livedoor. html 事件に巻き込まれる 日本人の留学生がハロウィンの時に不審者と間違えられて射殺されたという悲しい事件がありました。 ハロウィンは楽しいイベントですが、みんながみんな楽しんでいるわけではないですし、 中には犯罪者がまぎれこんでいるかもしれませんから、 危険が起こる可能性があることは、頭の片隅に置いておいたほうがいいでしょう。 以前は子ども達も全く知らない地域の人のところにも行ってましたが、事件も起こっているので、 最近は自分たちがよく知っている地域でおこなわれていますね。 子供の健康問題 お菓子の食べ過ぎで虫歯や肥満が心配になりますね。 というのも、子ども達はハロウィンのトリックオアトリートで、大量の甘いお菓子をもらってくるからです。 各家庭では、もらってきたお菓子を全部一度に食べないように、 お菓子の一部を預かったりして工夫をしています。 やらない派の苦労 ハロウィンの夜は 外出するか、居留守を使うかしています。 ハロウィンはみんなが楽しんでると思いがちですが、もちろん中にはやらない人もいます。 子どもたちがやって来ないように、 家にいても、電気を消していないように見せたりしているという人もいますね。 お金もかかるし、何度も対応しないといけないのが面倒なのもわかりますしね。 楽しいイベントもなかなか大変ですね。

次の