ワノ 国。 ワンピースのワノ国編糞つまらなく無いですか?

ワンピースワノ国編考察予想まとめ!第三幕の各キャラの展開はこうなる!?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ワノ 国

ワノ国編登場人物の中で誰と誰がこの先戦う?|主要キャラ同士のガチバトルもそろそろ? ワノ国編登場人物の中で誰と誰がこの先戦う?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 【ワンピース考察】いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、ワンピースワノ国編での今後見れるかもしれないベストバウト6線を甲塚の独断と願望も込めて誰と誰が戦うと言う事についての妄想考察を、• ワノ国編登場人物の中で誰と誰がこの先戦う?|6位5位• ワノ国編登場人物の中で誰と誰がこの先戦う?|4位3位• ワノ国編登場人物の中で誰と誰がこの先戦う?|2位1位 以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。 ワノ国編登場人物の中で誰と誰がこの先戦う?|6位5位 ONE PIECEワノ国編で誰と誰が戦うのか?~甲塚的見たい対戦ベスト6!~ ふつふつと盛り上がってきたONE PIECEワノ国編! そろそろ主要キャラ達のガチバトルが見れそうな雰囲気になってきましたね! 今回は、甲塚が見たいと思う対戦ベスト5を妄想考察も交えて書いてみたいと思います! 第6位ホーキンスVSロー 同じ北の海出身の最悪の世代同士の戦い! 世間的知名度で言えば、大事件を起こしたローの方が高く、また、海賊としての実績でもローに軍配が上がりますが、ローの能力は世間にもある程度知られているのに対し、ホーキンスの能力はまだまだ秘密のヴェールに包まれており、その戦闘能力は未知数と言えます。 また、ローは覇気使いである事は周知ですが、ホーキンスはまだ覇気を纏う描写がありません。 共にトリッキーな能力の持ち主なので、今までの小競り合いのような戦いではなく、両者共に一歩も引けない状態でのガチバトルを見てみたいものです。 甲塚的には、共にトリッキーな能力者同士である故に、頭脳戦になりそうな気がします。 そうなると、クールで冷静そうな外見の割に短気な性格のホーキンスに対し、ローは冷静ながらもドフラミンゴやヴェルゴとの時のように、躊躇なく捨て身の大胆な戦法を実行できるローが一枚上だと見ます。 また、ホーキンスはワノ国編第1幕の最初から何故かローを付け狙っているように見えますよね? ローには覚えがなくても、ホーキンスには何かの因縁があるのかも…? 第5位錦えもんVS火災のキング 光月家側の総司令的立場の人錦えもんと、おそらくカイドウの右腕であろう百獣海賊団大看板の火災のキング。 甲塚がずっと気になっているのが、キングが常に纏う炎… プテラノドンの能力に炎は関係ないはずで、やはり覇気に関するものだと思えるんですよね… 甲塚はおでん城を炎上させたのは、キングであると見ており、錦えもんから見れば大切なものを奪った憎き仇であるはず… 無論、オロチやカイドウに対する憎しみはそれ以上なのでしょうが、キングとの戦い 期待する理由は、やはり錦えもんが使う剣術『狐火流』の存在が大きいです。 斬れぬ炎はないと豪語するからには、キングの炎を斬れるのは、もしかしたら錦えもん唯一人であるのかも知れない… 赤鞘の一人である錦えもんは普通に強いはずですが、フクフクの能力はあまり戦闘に役に立ちそうにありません。 しかし、甲塚はフクフクの能力にはまだ奥があると見ています。 フクフクの能力は、葉っぱや小石を媒体として、そのようなものを頭に乗せている者に錦えもんがイメージした服を纏わせる事ができるといったものですが、それはイメージする事により物品を生み出すことができるという事で、それはある意味すごい能力です。 これを応用し、服以上の何かを生み出せるようになるとしたら…? 普通に考えればキングの方が強そうですが、甲塚は勝負は簡単には決しないように思えますな….

次の

【ネタバレ】ワノ国で覚醒!ゾロの強さがヤバすぎる【ワンピース伏線考察】

ワノ 国

【スポンサーリンク】 世界政府とワノ国の表裏の関係、相互腐敗のマッチポンプ! ワノ国がそのようにスキヤキ様の代から腐敗しているとするならば、世界政府はどのようにワノ国に関わってきたのか。 ここからは推測色が強くなるけど、おそらくワノ国はスキヤキ様の代…いや、それ以前からカイドウと共存してきたものと考えられる。 ワノ国がカイドウと繋がった 「鬼の国」だとするならば、世界政府はカイドウとの繋がりを知られるわけにはいかないだろう。 以下、パンクハザードのシンボルのひとつにカイドウのようなマークがあることからもわかるように、世界政府とワノ国の黒い背景は非常に根深いものと考えられる! ワンピース66巻より引用 パンクハザードの3つのシンボル! ワノ国が発祥となった海楼石の加工技術。 カイドウという最強生物の存在。 これらがどちらも世界政府の最新技術と絡んでそうなところからして、両者はきっと共依存の関係にあるはずだ。 なんなら遠く 「ワノ国の将軍に密使を贈り、カイドウを特定の国にけしかけてもらう」なんてことも出来るんじゃないかな? カイドウに特定の国にけしかけて襲ってもらい、そこにヒーローのように世界政府が現れる。 ほらね、これだけで簡単にマッチポンプが完成する!! 【スポンサーリンク】 どうしても知られたくない裏のつながり! 次にチェックしていきたいのは以下のカットだ。 これはバトワンがかなり前からずっと違和感を指摘してた場面。 表面上のやりとりとは別に、何か隠れた思惑が見え隠れするよね? 黄猿が 「ワノ国に単独で行こうとする」なんてことがまず無謀すぎるし。 しかし今ではこのやりとりの意味にも、ある程度の予想を添えることが出来る! ワンピース907話より引用 黄猿のセリフにつきまとう違和感! ワノ国と世界政府の繋がりを知らない黄猿は 「わっしが行こうか?」という言葉を使って、サカズキに探りを入れた。 それに対して元帥であるサカズキは 「未知の兵力」という言葉を使ってそれを退けた。 未知の兵力なんて存在しない(むしろ侍はほぼ絶滅している)ことを知りながら、だ。 仮に相手が大将であろうとも、ワノ国にはあまり行ってほしくない。 あるいは黄猿という人間が、赤犬から 「何を考えているかわからない」と見られているか。 いずれにせよ、上記のカットは後に意味を変えてシナリオに影響を与えてくるに違いないよね! これらの点を踏まえつつ以降のワノ国編を観察していくと、これまでの違和感&不自然さがだいぶ緩和されて見えてくる気がするかも!!.

次の

【ワノ国考察】月の人降臨の地と空白の100年の秘密!!!ワノ国の伏線まとめ

ワノ 国

Contents• ゾロの左目は自主的に閉じている 実のところ、ゾロの左目は失った訳ではないと私は考えている。 言うなれば、ゾロは本気でやる以外は左目を自主的に閉じているのではないだろうか? 自主的に閉じているというのはどういうことかというと、新世界に入ってゾロは左目を使うまでもないと思っているのではないだろうか? 例えば、ゾロは二年前に苦戦したパシフィスタを難なくサンジと共に撃破出来ており、モネに至っては、ゾロの方が格上だという認識であった。 ピーカに至っては、あれだけの巨体を刀三本で両断出来る程にもはや一つの戦略兵器だ。 しかも、驚愕なのがゾロはワノ国編に入るまで、負傷をしていないという事だ。 これまで、よく血を流す描写が見られたゾロであるが、新世界編ではヒョウゾウ、ドラゴン、モネ、ピーカに出血をきたす怪我を負っていない。 早い話を新世界編のゾロは血を流していないのだ。 だが、問題はワノ国編のゾロだ。 ワノ国に入り、ホーキンスや鎌ゾウに血を流される ワノ国編に入って、ゾロは出血するシーンが出てきた。 ホーキンスのストローマンの攻撃を受けてしまった。 鎌ゾウと牛鬼丸との連戦で、鎌ゾウの一振りを右肩に喰らってしまった。 以上の様に、ワノ国編ではゾロが苦戦する描写が出てきている。 他にも狂四郎の様な実力者となかなか勝負がつかない様なものもある。 ゾロが左目を閉じたのは、自分からをしたものなのか? そもそもの話、ゾロが左目を閉じたのは、何故なのだろうか? もしかして、ゾロは本気でやり合う以外は日常生活でも左目を使わないと考えたのだろうか? 恐らく、ゾロは左目を閉じる事で、それを自らの力をセーブしようと考え出した。 スポーツ選手がウエイトを付ける様に、ゾロもまた自分に課題を載せる事で強くなろうとしたのだ。 「右目だけで敵を倒せないようで、世界最強の剣士に勝てない」と考えたのではないだろうか? ゾロはキングと戦う可能性が高い さて、ゾロは対峙する敵は基本的にナンバー2が多い。 しかも、全員が剣を使う敵が多い カバジ、ミホーク、はっちゃん、Mr. 1、オーム、カク、リューマ、ヒョウゾウ、ピーカ、ホーキンス等は剣を使って戦っていた。 なれば、ワノ国ではキングと戦うのではないかと私は思う。 キングは人間体の時に大きな刀を差しており、プテラノドンになる以外は剣士なのではないだろうかと思った。 そう考えると、ゾロが戦う敵は剣士が多いので、キングとゾロが戦うのはある意味必然ともいえよう。 そして、このキングであるが、実質大看板の中で、キングと授かっているだけあって、ゾロが今まで戦った敵と比べて、確実に強いと思う。 いうなれば、ルフィの右腕がゾロなら、カイドウの右腕はキングの様に、関係性もよく似ている。 それ程の相手なら、ゾロは開眼に至っても可笑しくないと考える。 ワノ国編はゾロが主役 今回のゾロは一人行動というか、ワノ国のヒロイン的な立ち位置である日和と共に行動する事が多く、ほかの一味が皆と行動を共にしているのと比べると、明らかに扱いが良い。 ゾロ自体、ワノ国を模したシモツキ村の出身であり、ゾロとワノ国は関係が深い間柄と言える。 私はワノ国編のもう一人の主人公はゾロであると思うのだ。 ゾロは麦わらの一味三強として古くから一味を支えてきて、ファン人気も非常に高いキャラだ。 なれば、ゾロがキング相手に開眼すれば、キングがそれ程の相手であり、それまで隠されてきた実力が一層明らかになるなど盛り上がると考えている。

次の