青山 ラーメン。 麺屋青山@富里市(成田) [ラーメン] All About

表参道・原宿・青山のラーメン・麺類がおすすめのグルメ人気店

青山 ラーメン

海外に数日間行って、帰ったら真っ先に何を食べたいか?そりゃぁ~なんと言ってもラーメンである。 本来なら一度家に帰って、地元で食べるのも「帰ってきた」という感じが満載でいいのだろうけど、「そこまで待てない」なんていう人もいるのでは? あるいは、友人知人を成田まで送っていったが、帰りに何か食べたいね。 なんていう人もいるのでは。 昔はどうかわからないが、最近の成田ラーメン事情はなかなか変わりつつある。 少なくとも2軒はお勧めできる。 JR成田駅もしくは京成成田駅から徒歩圏内にある「麺屋青山」と「麺や福一」だ。 今回はそのうちの「麺屋青山」にスポットを当てて紹介してみよう。 右と左でスープの味が違うラーメン!? 「麺屋青山」の塩ラーメン 680円 元々は佐貫大勝軒を中心としたグループの1軒で柏に「麺屋こうじ」として出店。 そこが移転し、その後、完全独立を果たして「麺屋青山」に名前を変えた。 ベースが豚骨スープで加える香味油などの違いで3種類、ベースが鶏ベースで2種類、さらに塩ラーメンとつけめんがある。 私はかなり迷った末に塩ラーメンにした。 複数で来たときに食べ比べをするために醤油味の方は宿題として残しておいた。 塩ラーメンは丼の左右の香味油(帆立味と鰹味)が違う(チャーシューとメンマで分けられている)という離れ技を使っている。 やること自体は簡単かもしれないがその発想が素晴らしい。 右と左のスープを別々に飲むと味の違いがわかるし、混ぜても違和感はない。 素晴らしい。 そして、今年の初め頃から自家製になったという麺とスープの合わせ具合とか、具のデキもいい。 無理して難点をあげれば、炙り焼きチャーシューがあまり肉質を感じなかったことくらい。 でも、他の完成度を考えるとこれはきっとたまたまであろう。 生クリーム入りの味付け半熟玉子 生クリームが注入されている半熟味付玉子 150円 私が箸で割った写真なので切り口が綺麗ではないが味は抜群。 雑誌のラーメン大賞で「味付玉子部門」で賞を取ったこともある。 普通の味玉もあるが、ここまで来たらぜひ、この味付玉子を食べてみて欲しい。 驚くほど旨いデザートで締めよう 青山の杏仁豆腐 250円 何でも旨いのだが、その中でもこれこそ味わっていただきたいのがデザートである。 これがラーメン屋さんのデザートなの?と驚くほどに旨いので、甘いモノ嫌いな人もぜひどうぞ。

次の

「洋服の青山」が飲食事業参入 ラーメンや焼き肉店を運営

青山 ラーメン

麺屋青山臼井店 麺屋青山は千葉県をメインに9店舗を展開している青山グループです。 そして、自家製麺を使用しており独立した製麺工房までも設けているのです。 なので、より麺とスープがマッチして絶妙なバランスを保つことができるのです。 今回ご紹介する麺屋青山臼井店は京成臼井駅の北口を降り左側を真っ直ぐ行くとすぐのところにあります。 コチラの店舗は麺屋青山グループの2号店として、濃厚な鶏白湯スープと麺が選べることで人気だそうです。 注文の仕方 まずお店入ってすぐ左にある券売機で先払い制で注文の品を買います。 買ったあとは自由に席に付き、店員さんにチケットを手渡します。 コチラのお店なんと ラーメンとつけ麺に関しては自分でスープの味を選ぶことができるんです!なので チケットを渡す際には店員さんにスープの味を伝えましょう。 その時の気分によって味を変えられるというのが素敵ですね! ちなみにスープの味は下記のようになっています。 スープによってもそれに合う麺がチョイスされています。 また、女性には嬉しいさっぱり系もあるのが女性でも行きやすいポイントの一つですね!また、カウンター席も充実していますので、一人でも入りやすい様になっております。 レビューとおすすめポイント 実際に私が頼んだのは「味玉ラーメン こってりの醬油味」です。 スープが見た目からもわかるほど こってりしており、実際にスープをすくってみたら ドロっと重みを感じました。 麺は 中太麺なので太すぎずスープとの絡みが最高です。 食べてみると、とっても濃厚でこってりなスープでくせにまりそうな醤油味でした。 味玉ラーメンを頼んだのですが、チャーシューも入っており、さらに味玉が1個半どぼん!と入っており、お得な感じでした。 私はシメの方にお酢を入れて、少しさっぱり風味に味変して楽しみました。

次の

表参道・原宿・青山のラーメン・麺類がおすすめのグルメ人気店

青山 ラーメン

盛岡 ラーメン• 「盛岡 ラーメン」のおすすめ 6 店舗目は、JR山田線上盛岡駅から車で5分ほどの場所にあるラーメン屋さんです。 こちらのお店のは京都の老舗「新福菜館」から直伝頂いた味をベースに、雪国である東北に合う様に改良した濃口醤油で味付けされた中華そばがメインとなっており、中華そばならではの昔ながらの味が楽しめます、麺は中太ストレート麺で、トッピングされたチャーシューは薄切りのお肉がどっさり乗っており、また、ネギはスープを冷やすのを防ぐ為、後乗せする方式をとっています。 また、中華そば以外に塩ラーメンやアサリラーメン、朝鮮中華そばのメニューや、ごはん、トッピング、おつまみ等のメニューも豊富に用意してある、懐かしい味を楽しめるラーメン店になっています。 盛岡 ラーメン• 「盛岡 ラーメン」のおすすめ 9 店舗目は、岩手飯岡駅の近くのラーメン屋さんです。 鶏白湯の白濁したスープで、とても澄んだスープの脂と旨味が楽しめます。 お店のいちおしメニューの「ゆず塩ラーメン 700円 」は、ゆずの香りが効いていてさわやかな一品。 具材もネギや支那竹、豚バラ巻チャーシューなど麺が見えないほどのっているのもうれしいところ。 アツアツトロトロの「辛みそ白湯ラーメン 770円 」もピリ辛スープで酸味も程よく、一度は食したいおすすめです。 白湯ベースの塩、醤油、味噌とメニューのバリエーションが豊富で、家族連れ、友達同士でも居心地のいいお店です。 持ち帰りメニューとして、唐揚げ・餃子・炒飯がそれぞれ400円でご利用になれます。 盛岡 ラーメン• 「盛岡 ラーメン」のおすすめ 16 店舗目は、盛岡駅から徒歩2分のところにあるラーメン店「マトヤ中華」。 昭和13年、京都駅前に屋台を構えた「新福菜館本店」の中華そばの味を盛岡の地で忠実に再現したのがこちらのお店。 定番の「中華そば(700円)」は濃口醤油香る香ばしい味のラーメンです。 たまり醤油のような真っ黒スープは、見た目ほど塩辛くはなく、鶏ガラと豚骨の出汁、油と一体になって、甘じょっぱさのバランスが良い感じ。 麺は中太ストレート、具はネギがてんこ盛りでスープに良く合います。 チャーシューは薄切り豚バラ肉を煮込んだもの。 仙台を中心に東北で人気の「末廣ラーメン」もルーツは同じだそうですが、みちのくに合うように改良してあるそう。

次の