が ん もどき。 もどきとは

おからパン! ~そろそろ『もどき』から卒業させようかな~

が ん もどき

0.初めに 私はエンジニアではないただのドシロウトです。 多分、エンジニアの方は興味をもたない「OSもどき」という物に興味を持ってしまいました。 この記事では簡単なホームページくらいしかつくれないドシロウトが作ったHTMLベースの 疑似OSもどきについて書いています。 1.OSもどきとは• 某サイトによるとこんな定義らしいです。 「OSというのは、WindowsやMac、Linuxなどパソコンを動かすのに必要なソフトウェアです。 OSもどきはそんなOSのデザインや動きを真似て作った、OS上で動く実行アプリケーションです。 要はOSに見せかけたハリボテです。 他に「擬似OS」「サブOS」などの呼び方があります。 」 【ネットでみかけたOSもどきの画像】• c ,なでしこ,プチコンなど作成言語は色々らしい• ニコ動、YoutubeにはOSもどき動画が沢山あるらしい• 小さい8インチWindowsタブレットで使いたかった• 小さく軽いので持ち運びが楽なのにフルWindows• 短時間のもくもく会とかで使いたかった• Chromeのアドレスバーなんて超見づらい• ストレージがOS込みでたった 32GB• JavaScriptやPythonのエディタくらいほしい• IDEインストールなんてとても無理!! 【8インチWindowsタブレット】 2. 色々な端末で動かしたかった• 複数のWindowsタブレットとかでも使いたかった• AndroidやLinux Mintの端末でも使いたかった 【linux Mintの端末】 3. HTMLなら簡単に作れそう• ダッシュボードみたいのならなんでも良かった• パッと思い付いたのがWindowsぽい画面• マルチウィンドウの方が使いやすそう• たまたまフローティングウィンドウのJSを見つけた• JSなら過去に作った自作ツールも流用してアプリぽくつかえる• 一応デモ版サイトあります。 技術的な話• 言語 : HTML,CSS,JSで作成• ライブラリ : 本体はjsPanel 4、各ウィンドウ:JSライブラリ多数• ホスト先 : Bitbucket Cloud xxxxx. bitbucket. コンテンツ管理 : Bitbucket git:リモートリポジトリ• クラウドIDE : Codenvy git:ローカルリポジトリ• 制約1:iframeなのでCORS制約あり• 制約2:httpsなのでmixed contentに注意が必要 4.コードの例 jsPanel 4で各ウィンドウ(フレーム)を生成するfunctionの例は以下です。 簡単だと思います、 fnameにウィンドウの名前、furlにウィンドウ内で表示するURLを指定するだけです。 floor Math. floor Math. floor window. floor window. HTML+CSS+JSベースなので文字の大きさが自由で見やすい• ウィンドウ生成はjsPanel 4がやってくれるので割と簡単• JSのツールサンプルはネット上に沢山• マルチウィンドウしても意外とメモリ喰わない(想定外) 疑似OSもどきは案外便利かなと思います。 macosみたいな…デモ いらないですが一応説明の動画です。 (音声付) 以 上.

次の

USB

が ん もどき

01 Transitional に準拠しています。 USB-Blasterもどきの製作 ・概要 AlteraのUSB接続JTAGインターフェース、「USB-Blaster」を安価なPICマイコンエミュレートします。 Alteraの純正ツールでCPLD、FPGAの書き込み、デバッグがUSB一本でできます。 本機を使ってLattice XP2-5Eを6秒以内で高速に書き込みできるソフトも公開しています。 60に更新 Ver. 4標準回路製作例 クリックで拡大 Ver. 7応用製作例 クリックで拡大 ・背景 、というよりどうでもいい前書き AlteraのCPLD、FPGAの書き込み・デバッグにはUSB-Blasterを使います。 純正品は5万円くらいするらしいです。 Terasic-Blasterという互換品ならば5千円くらい 直輸入の場合・送料別 で買えます。 それでも私はケチで趣味で扱うデバイスの開発環境にこれほどの出費はしたくないものです。 海外でUSB-Blasterを解析した方が居ましたので、それを参考に出来る限り安価に自作してみました。 QuartusIIからUSB-Blasterとして認識・使用できるというだけで、似て非なるものです。 本物はハードウェア処理ですがPICのソフトウェアで処理しているため Ver. 4で本物に迫る速度になりました。 さらに、手抜き回路なのでJTAG電圧は2. 5〜3. 3V程度が対応範囲だと思われます。 低電圧なデバイスを使いたい場合、レベルコンバータを挟んでください。 純正でないハードウェアにUSB-Blasterのドライバを使うのはもしかしたらライセンス違反になる可能性があります。 半田付けしてて火傷したとか、ショートしてPCが壊れたとか、過電圧でFPGAが死んだとか、書き込み失敗して事故が起きたとか、書き込みが遅くてイライラして取り返しの付かないことをしてしまったとか、訴訟を起こされたりしても一切の責任は負いません。 このページの情報は自己責任でご利用ください。 要望があれば書き込み済みPICを頒布するかもしれません。 PICライタ純正品買っても3千円代と結構安いので、PICの世界に足を踏み入れてみるのもいいんじゃないでしょうか。 簡易ライタならもっと安く作れますよ。 7では使用するPICが変更になっています。 高速化のためピン配置は固定です。 信号電圧変換が下りは分圧、上りは直結というところがチープでいいですね。 出力電圧はこの定数で約2. 8Vとなりました。 ターゲットの耐圧に注意。 PICはTTL入力なので2. 5V CMOSレベル以上なら判別可能です。 保護も兼ねていますが。 PIC側のプログラム 前バージョン比:MCHPFSUSB2. 8使用。 より安価なPICに移植。 基本的にHEXファイルをそのまま焼いておk 今回はポートマップもクロック周波数も変更できません。 マイクロチップのUSBファームウェアVer. 8をベースに作っています。 再コンパイルする場合下記の環境が必要です。 ・MPLAB IDE ・C18 Compiler ・Microchip USB Firmware Ver. 動作確認 ドライバはUSB-Blaster 本物 と同じようにインストールします。 ・接続例 Ver. 2接続例 クリックで拡大 Ver. 7接続例 クリックで拡大 オプティマイズさんのMAX2 CPLDボード 1600円 、自作FPGAボード 材料費2700円 との接続。 本回路とこれだけで完結します。 おそらく USB対応で 最安のCPLD/FPGA開発環境なのではないでしょうか。 ちゃんと認識してます。 ・処理速度 計測環境はWindows XP SP3、ICH7、Core2Duo 800MHz動作でUSB2. 0HUBを経由しています。 3GHz動作、USB2. 0HUB経由に変更になりました。 直接USBポートに接続すると若干遅くなります。 これは純正品でも同様のようです。 Altera MAXII EPM570T100C5N もどきVer0. 2 Ver0. 4 PIO Ver0. 4 SPI Ver0. 5秒 3. 2秒 3. 1秒 2. 8秒 2. 9秒 Examine 3. 1秒 1. 7秒 1. 7秒 1. 3秒 1. 5秒 7. 1秒 6. 5秒 7. 5秒 IDCODE Test 9999回 未測定 未測定 7. 6秒 7. 0秒 20秒 Altera Cyclone III EP3C10E144C8N もどきVer0. 6 もどきVer0. 0秒 14. 2秒 11. 4秒 24. 3秒 16. 1秒 SRAM Config 1. 3秒 1. 4秒 1. 0秒 IDCODE Test 9999回 7. 6秒 7. 5秒 20. 6秒 通信速度ベンチマーク(赤字はVer. ・Cyclone FPGAで使っている方からの報告 Altera Cyclone EP1C12Q240C6N もどきVer0. 2 Ver0. 書き込み時間と関係あるのかどうかはわかりませんが… ・ 有 ヒューマンデータさまからの報告 Altera Cyclone III もどきVer0. 2 USB-Blaster SRAM書き込み 6秒 1秒 JTAG経由ConfigROM書き込み 75秒 24秒 AS直接ConfigROM書き込み 20秒 15秒 5. 高速化の肝 Ver. 4での高速化 アセンブラは面倒なのでCで出来る限り高速化をしてみました。 出力されたマシン語コードを見る限り、アセンブラでこれ以上がんばってもほとんど効果はないであろう域に達しています。 最大スループットはVer. 2の約4倍に向上しましたが、実際の書き込み時間は若干縮んだ程度です。 JTAGは小さいデータをチマチマとやりとりすることが多いので、本物・もどき共にUSBのレスポンスがボトルネックになっているようです。 ・極力、関数の使用を避ける 関数呼び出しは引数をスタックに積んで、引き出すといった作業が伴うので非常に高コストです。 C18にはインライン関数がないようなのでマクロ関数を使って実装しました。 幸いにも18F2550はROMが大量にあるので、インライン展開してもまったく困りません。 ACCESS領域はレジスタ同様、バンク切り替えが必要ない領域なので、ここに変数を置くと高速になります。 ただしACCESS領域は96バイトしかないので、バッファや大きなテーブル等は置けません。 高速な繰り返しの書き方は右側のようになります。 「加算して、ある数と比較」よりも「減算して、0かどうか」のほうが使う命令が少なくて済むのです。 ・SPIモジュールの利用 当初からSPIモジュールに目はつけていたのですが、JTAGはLSBファーストでビットオーダーが逆なのでそのままでは使えません。 ビットを逆に並び替える ビットリバーサルと呼ぶらしいです 操作は、単純にプログラムで行うと16命令サイクル必要です。 本プログラムでは、パワーオン時にRAM上に256通りのビット並び替えテーブルを作成し、プログラム中で呼び出すことで8命令サイクルでビット並び替えを済ませます。 ちなみにROM上のテーブルだと10命令サイクルかかりました。 RAMが少ないPICに実装する際はROM上でも良いでしょう。 また、SPIモジュールを使うと、送受信中に他事が出来るので、その隙に次のデータのプリフェッチを行うことで時間短縮しています。 SPIモジュールをENABLEにする時、クロックラインにグリッチが出て1bitずれてしまうので、TRISレジスタを操作してマスクしています。 7でのリソースの少ないPICへの移植 ・省メモリ化 Ver. 7ではより安価なPIC18F14k50に移植しました。 移植前後のハードウェアリソースの違いは以下のとおりです。 特にUSB用RAMが少なく、USBライブラリ使用分64バイトを差し引くと192バイトしかありません。 これでは送信と受信で合計3パケット分しか確保することが出来ません。 性能を落とさないために2パケット分を受信バッファとして使い、送信バッファに1パケット分を割り当てました。 RAM上に256バイトのリングバッファを作成し、1パケット分ずつ送信バッファにコピーすることで送信バッファの少なさをカバーしています。 RAM上にリングバッファを確保したことにより、今度はRAMが足りなくなりました。 256バイト消費するビット反転テーブルをROM化することで、速度をなるべく落とさずに実装しました。 128バイト消費するEEPROMデータは、大量のif文で場合分け演算によりオンデマンドで生成しています。 大幅に速度低下しましたが、デバイス認識時のみの処理なので通信速度には影響ありません。 PIC18F2550 PIC14k50 Hardware Used Hardware Used RAM USB以外 1024 737 512 417 USB通信用RAM 1024 587 256 256 ・高速化 SPIクロック12MHzの条件では、最初の通信完了フラグチェックの前に通信が完了します。 フラグチェックを省くことにより、ビット反転テーブルのROM化による速度低下が帳消しにできました。 リングバッファを採用したことでUSB送信データのキューイング処理がシンプルになり大幅に高速化できました。 キューイングの高速化により、送信バッファへの転送による速度低下を差し引いても以前より高速になりました。 ビットバングIOを各ビット単位で行っていたのを、全ビット一括で行うようにし、高速化しました。 IOピンが固定化されてしまい、SPIピンと異なってしまうため、トライステートを活用して使用するピンを切り替えています。 TDIピンとTCKピンに2本のIOが接続されているのはこのためです。 DDT 1付録 Lattice XP2-5Eの書き込み クリックで拡大 の付録のFPGA Lattice XP2-5E LFXP2-5E をUSB-Blasterもどきで書き込むソフトを作成しました。 USB-Blasterもどきをダウンロードケーブルとして使うので、プリンタポートが不要です。 jed を書き込めるので変換不要で快適にお使いいただけると思います。 また、一度ファイルをオープンすると、Programボタンを押すたびに自動でリロードしますので操作が少なく済みます。 書き込み時間も高速ですが、コンパイルのほうが圧倒的に時間が掛かるので意味ないですね。 QuartusIIで15秒でコンパイルできるソースをispLEVERでコンパイルしたら3分掛かりました。 最速設定でも1分半掛かりました。 コンパイラとライブラリを変更。 XP2-17Eに暫定対応。 本物での高速化。 ソースつきなのでreadme. txtを読んで煮るなり焼くなり好きにしてください。 純正ドライバ使用時でftd2xx. dllがシステムに組み込まれていない場合、エラーダイアログが表示されます。 その場合はusbblstr32. dllをftd2xx. dllにリネームしてexeファイルと同じディレクトリに置いてください。 5以降を使ってください。 古いのは微妙にIOタイミングが悪く、ビットずれを起こします。 あと、LatticeのチップはAlteraと比べて信号にシビアなようです。 うまく通信できない場合はJTAGラインにバッファを挟んでみてください。 3V変換の分圧抵抗をもっと小さな値にしたほうが良いかもしれません。 ・Windows7のタスクバーの新機能に対応 XP2Write Ver. 52以降 緑色のバーで進捗、赤のバーでエラーを表示 サムネイルボタンから操作可能 ・非公式・代替ドライバの使用 XP2Write Ver. 53以降 USB-Blasterの純正ドライバは、Alteraの開発環境QuartuusIIをインストールしなければ使えません。 LatticeXP2を使いたいだけなのにAlteraの開発環境をインストールするのは億劫だと思います。 ライセンスの問題もあると思います。 Ver. 53から、PICのUSB開発ツールのドライバをカスタマイズしたものを同梱し、XP2Writeで使用できるようにしました。 Lattice XP2のみで使用する場合は、純正ドライバは不要となりました。 もちろんこの非公式ドライバを適用した場合は、QuartusIIからは認識されません。 そのため、純正ドライバを当てたUSB-BlasterをAltera用に、非公式ドライバを当てたUSB-BlasterをLattice用に、と使い分けることが可能です。 純正ドライバと非公式ドライバで、速度差はありませんでした。 ・処理時間 計測環境はWindows XP SP3、ICH7、Core2Duo 800MHz動作でUSB2. 0HUBを経由しています。 Lattice LFXP2-5E もどきVer0. 5 SPI Ver0. 5 PIO USB-Blaster Erase only 1. 7秒 1. 7秒 1. 9秒 Program Erace,Write,Verify 5. 7秒 7. 8秒 11. 4秒 トランジスタ技術2010年02月号によると、FT2232HのJTAG機能をUSB2. 0 HighSpeedで使っても15秒掛かるそうです。 ご覧のようにUSB-Blaster 本物 でも使えますが、 とてつもなく遅いのでお勧めしません改善しました 従来63秒。 原因は書き込み完了フラグのチェックがUSB-Blaster 本物 だととても時間が掛かるためです。 本物はハードウェア処理なので大量のデータの連続書き込みは速いのですが、小さなデータの往復は遅いようです。 ざまあ。 ・ソースコードについて 基本的には自由にお使いいただいてかまいませんが、商用利用は禁止させていただきます。 利用された場合は、リンクや事後報告をしていただけるとうれしいです。 USB-Blasterを使ったJTAG通信部分のみ別ファイル jtag. h に分けてあります。 自作ソフトからUBS-BlasterをJTAGインタフェースとして利用するためのライブラリとして使うことが可能です。 コードを差し替えることで、違うJTAGインターフェースを利用してLFXP2-5Eに書き込むことも可能です。 戯言 一応プログラムが書けてから、QuartusIIに認識してもらえず、3日くらい開発が止まっていました。 DLLフックしてどこで跳ねられているのか検証してみると、デバイス名の取得で跳ねられていたようです。 デバイス名を「USB-Blaster」としなければいけないところを「USB-Blaster 」としていたらしいです。 まさに見えない敵と戦っていたわけです。 4ではSPIモジュール利用のためデフォルトのピン配置が変更になっています。 PIOモードに切り替えれば従来のピン配置にも変更できます。 詳細は配布アーカイブのreadme. txtをご覧ください。 4でコンパイルが通らないので2. 1を同梱しました。 前バージョン比:高速化、安定化 前バージョン比:IOタイミングの微調整、MCHPFSUSBブートローダとHIDブートローダを使った書き込みに対応 前バージョン比:MCHPFSUSB2. 5使用。 Windows7でHUB経由時に動作しない問題を解決。 Win7のタスクバー拡張に対応、コマンドライン対応、ランタイムをスタティックリンクにしました。 USB-Blaster純正ドライバなし でも使えるように非公式・代替ドライバのサポートを追加。 書き込み後にロジックが動作するように修正。 ウィンドウへのドラッグに対応。 Copyright C 2006-2012 Satoshi OJIKA , All Rights Reserved.

次の

MODOKI菜食レシピ

が ん もどき

肉まんなのにお肉じゃない?! うな重なのにうなぎじゃない?! 本物を超える新しいおいしさ!! 肉・魚・卵・乳製品などの動物性たんぱく質、白砂糖、食品添加物などを一切使わず、 本物にそっくりな見た目とおいしさにこだわったメニューの数々を紹介! 手に入れやすい材料で、和・洋・中のこってりレシピがヘルシーに大変身。 硬めに木綿豆腐を水を切って、すり鉢でスリスリしました。 出来あがって食べてみて、みんなが「すごい!」「え?!ん?カキじゃん!?えー??なにこれ」「美味しいねー!」と大絶賛でした! 食べてみてすごくびっくりしました。 触感も似ていますし、クリーミーな感じもカキそのもので カキのワタの苦味のある部分が無くなったクリーミーなところだけを使ったカキフライのようでした。 青のりがほんのりと磯の香を出してくれて、マイタケの風味と触感が混ざってカキを食べてるかのように感じるんですね。 これならお子さんがいる家庭でもお子さん大好きになるんじゃないかなと思います。 タルタルソースも参考に、無かった材料ははぶいて 余ってる材料で絹豆腐と塩、レモン、オイル、新玉ねぎコショウのみでシンプルに作ってみたところ とてもあっさりで美味しかったですよ マヨネーズだともたれますが、これならさっぱり食べれて良いです。 ソースもふくめて全体的にそんなに油っぽくならないので、良いですね。 とにかく家族に大好評で、旦那も父母もみんなカキが好きなのですが、本物のカキじゃなくてもまた食べたくなります。 みんな喜んでくれたので、また作りたくなりますね。 とても幸せな時間が過ごせました、この一品だけでも私にはとても大満足の一冊でした。 他にもクスクスのハンバーグやお豆腐で再現するオムライスなど、美味しそうで、作ってみたいものが沢山あるのでこれからも楽しみです。 買ってよかったです。 ・和洋折衷の料理のMODOKIレシピが載っており、料理を作ってみようというチャレンジ精神が出ます。 以下、更なる改善が必要と思った点 1.栄養素表記がない。 Vegan料理ではタンパク質をどれくらい摂取できるのかが気になるところだと思います。 参考値が欲しい 2.料理に要する目安時間の表記がない。 一般的な料理ではないため、慣れていない事もあるので、より簡単なレシピを求めてしまいます。 その参考として、調理目安時間があると、良いと思います。 3.レシピ通りに作ったつもりだが、明らかに量が多すぎる。 (私の作り方が良くないのかもですが。 ) 注意すべき点や、食べたときの感想的なメッセージもつけて欲しいと思います。 ハンバーグMODOKIは、一般的なハンバーグとは異なり、クスクスを使用しており、つなぎ的な食材が無い事から、成型するのが難しく、崩れやすいのと、焼いた時も食べる時も、同様にパラパラと崩れやすい。 所謂、ハンバーグの特長である、肉汁感を感じる事は出来ないが、トマトソースと組み合わせることでコクのある味わいになる。 ハンバーグだけで、相当お腹にたまります。 低カロリーな一品。 ただ、タンパク質をどれくらい摂取出来ているかが気になる。 レシピ通り作ると、2人分表記で大体一般成人男性4人分くらいの分量が出来てしまいますので、要注意。 レシピに載せてる分量で作った結果を写真で載せて欲しいです。 2人分表記でも1人分の写真が載っています。 分量が合っているのかが分かりません。 4.レシピに載せている各種食材は、一般的ではない?(例. アーモンドプードルや、全粒クスクスなど)食材が多いため、どれを購入すれば良いのかが分かりません。 使用食材のメーカーを例で示して欲しいと思います。 図書館の最新本として並んでいたのを手に取ったのがきっかけでしたが、改めて購入するとまでは決めかねていました。 購入に踏み切った一番の目当ては、基本のソース 中濃ソース、ケチャップ、オイスターソースetc でした。 サラダのドレッシングやマヨネーズの作り方は他のレシピ本にもよく見かけますが、オイスターソースを植物系素材で作るなんて、今まで見たことなかったですから。 それと、私がこの本を「ただ者ではない」とシンパシーを感じたのは、 クスクス使用のMODOKIハンバーグ、でした。 クスクスの焦げた所とか想像しただけで、もう絶対ハンバーグになるよ、コレ!みたいな確信がありました。 …で、作ってみました 笑 マクロビ食に対する先入観から、手間がかかるだろうな…と気負っていたのですが、ハンバーグに関しては従来の作り方とさほど違わないくらいで、ホッとしたくらいです。 違うところは、クスクスを熱湯でふやかしたものをベースにタネを作るので、炊きたてご飯でおむすびを握るように丸めなければならないところでしょうか。 冷ましてからでもいいのかもしれないけど。 あと、独断で偶然あったとろろをつなぎに入れてみたら、焼くときポロポロ崩れにくくなりました。 山芋のクセが気になるかもしれないので、今度は片栗粉をちょっとだけ足してみようかと計画中です。 食べた感想は…ハンバーグになってました! 確かに肉ではないのだけれど、よくある「豆腐ハンバーグ」よりは格段に肉のハンバーグに近い食感 柔らかめでしたが になって、「おからハンバーグ」のようなおから独特のクセがない分、クスクスハンバーグを本来のハンバーグと見なしやすかったです。 錯覚? 味もニンニクとしめじがイイ感じになっていて、ソースなしでも私は美味しくいただけました。 なので、購入を決めたのです。 この本の写真からもうかがえるのですが、ホームパーティーを設定としたメニューのレシピが多く、作品としてのご馳走とそのレシピもさることながら、もてなす側の 「ゲストに楽しんでもらいたい、ビックリさせたい!」 というサービス精神に溢れています。 現在の深刻なニセモノグルメ 原材料・生産地偽造や魚卵などのイミテーション食品 が横行する中、敢えてMODOKIと銘打っているなんて、若い感性の瑞々しさ、好感を持てました。 アートの表現方法としての「調理」 この本はアート作品集としても楽しめる、かなり美味しい しかもサプライズ付き 芸術レシピ本です。

次の