面接 お礼 メール 新卒。 面接のお礼メールは必要か? すぐに使える例文付|パソナキャリア

就活や転職面接のお礼メール【件名、例文】(テンプレつき)

面接 お礼 メール 新卒

一次面接の後、または通過後にお礼状・お礼メールを送ると印象はアップします。 採用されるには、面接でいかに好印象を与えるかが重要になりますが、お礼メールや対応などのマナーの面も評価のポイントとなっているケースが多いです。 面接後のお礼状・お礼メールに対する考え方は企業によって異なりますが、送らなかったからといって特に評価が落ちるわけではありません。 基本的には、お礼状・お礼メールを送ってマイナスの評価とはならないので大丈夫です。 中小企業を受けた場合はお礼状・お礼メールを送ると好印象 一次面接後のお礼状・お礼メールは中小企業を受験した後に送ると、印象が良くなる確率が高いです。 中小企業だと採用担当者の個別の名前がわかり、やりとりする機会も少なくありません。 人数が少ないところほど内面を見てもらいやすいので、ぜひお礼状・お礼メールを送るといいでしょう。 一方、大企業の一次面接においてはあまりおすすめしません。 これは人事担当者によって大きく考えがわかれます。 ただ、大企業の場合は一次面接は受験者が多いので、多くのメールが届くと迷惑になる可能性が高いです。 したがって、一次面接や担当者の様子をみて判断しましょう。 お礼メール・お礼状はなるべく早く送る 一次面接が終わった後もしくは通過した後のお礼状・お礼メールは、なるべく早く送りましょう。 メールなら、面接を受けた日中に送るのがベストです。 遠方の会社を受けている場合もあると思いますが、その日中に書いて早めに送った方がなるべく良いでしょう。 先伸ばしにしておくと、一次面接の熱が冷める場合があるのですぐに対応するのが大事です。 お礼状・お礼メールは面接ごとに書くのが普通です。 一次面接の後だけでなく、二次面接や三次面接、最終面接の後にもお礼状・お礼メールを送りましょう。 まずお礼状の書き方、ポイントからです。 お礼状を送る時は、手書きで書くのが基本です。 黒のボールペンで書いたものを送るように心がけましょう。 手書きのコピーや、Wordで作成して印刷したお礼状を送るのは避けた方が無難です。 他社にもまったく同じものを送っていると思われ、逆に印象を悪くする可能性があります。 お礼状は縦書きで白い封筒を選ぶ 手書きのお礼状は手間がかかりますが、気持ちが伝わりやすいというメリットがあります。 なるべく、手書きのお礼状を送りましょう。 一次面接のお礼状を書く人は郵送する場、白い封筒を選びます。 そして、手書きの場合は縦書きでなければいけません。 遠方で面接を受ける際は、面接後に書けるようにメモを残しておいたり、封筒や紙を持参して空き時間に仕上げるのがおすすめです。 一次面接のお礼メールを送る場合、文面よりもまず件名に悩む人が多いです。 長い件名をつけるのは避け、わかりやすくかつ簡潔に書きましょう。 ですます調の件名をつける必要もありません。 お礼メールでは、以下のような件名が望ましいです。 あくまでも面接のお礼を伝えるのが大事です。 そして、お礼メールの宛名ですが、担当者がわからない時は、宛名を「人事ご担当者様」「採用ご担当者様」と書いても問題ありません。 では、次にお礼状・お礼メールでマイナス評価となる内容について見ていきましょう。 マイナス評価になるお礼状・お礼メールとは 一次面接後にお礼状・お礼メールを送っても、基本的にはマイナス評価にはなりません。 しかし、例外として、マイナス評価になるお礼状・お礼メールがあります。 お礼状・お礼メールでは長々とした文章を書く必要はありません。 採用担当者は忙しい中、一次面接をするだけでなく、お礼状・お礼メールにまで目を通しています。 長々とした、読むのに時間がかかるお礼状やお礼メールを送るのは失礼にあたるのです。 一次面接で思ったように自分をアピールできなかったという人に多いのですが、失敗を挽回するため、一次面接後に送るお礼状・お礼メールで感謝の気持ちを述べるだけでなく、自分をアピールする文章を書く人がいます。 一次面接後に送るお礼状・お礼メールは、あくまでも感謝の気持ちを伝えるものであり、自己PRをする場ではありません。 このような自己PRは評価されませんし、マイナス評価は確実です。 一次面接の後に送るお礼状・お礼メール例文 最後に一次面接の後に送るお礼状・お礼メールの例文を紹介します。 繰り返しになりますが、お礼状・お礼メールとはあくまでも感謝の気持ちを伝えるものです。 関係のないことは書かないように注意しましょう。 「ちょっとそっけないかな」と思うくらいがちょうどいいのです。 本日はご多忙の中、一次面接のお時間を頂きまして、誠にありがとうございました。 貴社についての貴重なお話を聞くこともできましたので、 より入社したいという意欲が高まりました。 次の機会がございましたら、何卒よろしくお願い申し上げます。 本日は本当にありがとうございました。 送っても送らなくてもても評価に影響はしませんが、送るに越したことはありません。 お礼以外について書かなければ、マイナス評価にはならないので、面接ごとに送ってみてください。 二次面接以降からお礼状・お礼メールを送る人が増えるようなので、ライバルにわずかでも差をつけるためにも、一次面接の後には送るといいでしょう。 送る際にはマナーに十分注意しましょう。 不安がある方は、キャリアパーク編集部が監修したを参考にしてメールを作成すると良いでしょう。

次の

面接後のお礼メールは必要なの?お礼メールの基本マナーから例文まで解説

面接 お礼 メール 新卒

面接のお礼メールは必要?いらない? 就職活動や転職活動を行う中で面接は避けて通れません。 内定獲得のためには面接や筆記試験を通じて少しでも人事担当者に良い印象を与えたいものです。 その一環として、面接後にお礼メールを送るというものがあります。 面接のお礼メールは必要かどうかは議論の分かれるテーマです。 面接のお礼メールを送った方がいい派、送らなくてもいい派の両者の意見をみてみましょう。 必要派の意見 必要派の主な意見としては、 何に対しても丁寧にするに越したことはない、というものがあります。 確かに、丁寧なメールが面接後に届いたことに気を良くすることはあっても、気を悪くする人事担当者はいないのかもしれません。 いらない派の意見 しかしながら、一方でお礼メールは不要であるとする不要派もいます。 不要派の主な意見としては、 お礼メールをいちいち送ることで担当者に媚びているような印象を与える、といったものや、面接終了段階でその人を採用するか否かはほぼ決まっているため、お礼メールを送るだけ無駄である、といったものがあります。 確かに面接後に合否が決まっているのであれば、お礼メールを送るかどうかで合否が左右されることはないのかもしれません。 しかし、近年ではお礼メールは決して特殊な行為ではないので、どうしても人事担当者に感謝の気持ちを伝えたいというのであれば、その旨をメールに書いたとしても決して媚びた印象を与えるとは限りません。 面接のお礼メールを出すときのポイント では、実際にお礼メールを送る場合には、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。 面接の翌日までにはメールを送る まず、第一に気をつけなければいけないのは、遅くとも面接の翌日までにはお礼メールを送るということです。 お礼を伝えたいという思いが本物であれば、行動は素早くなるはずです。 とりあえず形だけお礼メールをあとで送っておこう、という姿勢で面接から何日も経ってからお礼メールを送るのは避けましょう。 件名の書き方のポイントは「わかりやすく」 採用活動中の企業の人事担当者は大きな負担を抱えています。 面接や試験を行うと同時に、求職者から送られてくる連絡への対応に追われているからです。 特に企業の規模が大きく、応募者数が膨大になればなるほどその傾向は強くなります。 つまり、こちらから善意で送るお礼メールであってもポイントを抑えて作成しなければ、企業の担当者の手をわずらわせるだけになりかねません。 そのために、 気をつけなければいけないのは、お礼メールの件名は分かりやすいものを心がけるということです。 一般に、求職者から送られてくるメールはお礼メールの他に、選考途中辞退の連絡や、選考にまつわる問い合わせなどがあります。 それらに比べれば、お礼メールは人事担当者にとって重要度、優先度の低いメールであるといえます。 そのため、件名の欄にこのメールが「お礼メール」であるということを明記することが重要です。 面接の感想を盛り込み、臨機応変な文章に お礼メールが単なる形式的なものに終わるくらいであれば、送らないほうが良い場合もあるということは先ほど述べたとおりですが、送るお礼メールが単なる形式的なものでないということをアピールするためにはどういったメールを作成すればよいのでしょうか。 ひとつには、面接の中で感じたことを感想という形でメールの中に盛り込むという方法があります。 例えば、面接の中で質問の機会が与えられたのであれば、「面接の中で質問にお答え頂き、貴社に対する理解がより深まったと感じております」などと書くこともできます。 統一フォーマットの文章を形式的に送りつけるのではなく、臨機応変に最適な文章を考えることが重要です。 転職面接のお礼メールの例文 それでは、以上の点を踏まえたお礼メールの例文をご紹介します。 この度は貴重なお時間を割いて頂き、面接の機会を頂戴しまして誠にありがとうございました。 面接の中では、私の質問についても丁寧なお答えを頂き、貴社への理解がますます深まったと考えております。 ぜひ、ご検討いただき、次回の面接の機会を賜ることができましたら幸いです。 末筆ながら、今回の面接のお礼を申し上げますとともに、貴社のさらなるご発展と社員皆様のご多幸をお祈りいたします。 氏名 電話番号 メールアドレス 住所 相手に感謝の気持ちを伝える、という意味では丁寧なメールを送るに越したことはありません。 その面接の中で感じたことを盛り込んだオリジナリティーのある文章で感謝の念を伝えましょう。 就職活動・転職活動中はメールで何かと企業と連絡を取り合う機会があります。 ビジネスメールの基本をしっかいおさえ、好感の持てるメールを送りましょう。

次の

面接後のお礼メールは必要なの?お礼メールの基本マナーから例文まで解説

面接 お礼 メール 新卒

2018-06-04 更新 面接をしてくれた企業へのお礼メールを出したいけれど、何を書けばよいか悩んでいませんか?そもそも面接後のお礼メールは必要なのでしょうか?今回は面接のお礼メールの必要性や送るメリット、送るタイミング、文章作成の際に気をつけるべきことなどを、テンプレートとして使える例文とともにお教えします。 就活で、そもそも面接のお礼メールはマナーとして必要? 【面接のお礼メールは送らなくてもマナー違反にはならない】 今こちらを読んでいる方の中には「そもそも、面接のお礼メールって送るべきものなの?」と疑問に思っている方も多いことでしょう。 結論を言うと、 面接のお礼メールは送ってもいいですが、送らなくても失礼には当たりません。 それに実際のところ、送らない就活生のほうが多いようです。 また、特に採用人数の多い大企業の場合だと採用担当者も忙しいので、わざわざお礼メールを送っても読んでもらえない可能性もあります。 それでもお礼メールを送るには理由があるのです。 【面接のお礼メールを送ることで周囲よりリードできる可能性も】 送らなくても失礼には当たらないお礼メールをあえて送るメリットはただ1つ。 「選考時に周囲より一歩リードできる可能性が生まれる」という点です。 たとえば面接官が、あなたと、あなたと同レベルの就活生のどちらを次の面接に呼ぶか迷っているとします。 そこにあなたから丁寧なお礼メールが届いたら、もしかしたらその熱心さを買われてあなたが選ばれるかもしれませんよね。 ですので、特に第1志望の会社の面接後にはお礼メールを送ることをおすすめします。 なにより、やれることは全てやっておいたほうが後に悔いが残りません。 基本は、面接が終わったらなるべく早く、と覚えておいてください。 できるだけ面接当日に送るようにしましょう。 会社によっては、面接が終わってすぐに合否を決めることもあるので、結果が確定する前に送りたいところです。 遅くても翌日には送ること。 そして、1次、2次、最終などと複数回ある面接のうちどこで送るかについてですが、基本的にはどの面接の後にも送っておきたいところです。 しかし毎回送るとうるさく思われそうな場合は、ここぞというときだけ送るのもいいでしょう。 【面接で伝えきれなかった、誤解を招いたことはお礼メールでリベンジ】 面接で言いたいことをうまく伝えられなかった、または言ったことを誤解されたと思われる場合は、お礼メールで補足することでリベンジすることができます。 このとき、面接終了後できるだけすぐに会社への熱意を伝える内容のメールを送り、リベンジをはかりましょう。 また、面接での感触がよかった場合も、メールで最後のひと押しをすると効果的です。 特に社員数などがそう多くない中小企業などの場合は、1つのアクションが会社全体に伝わりやすいので、効率よく自分を印象づけることができます。 面接のお礼メールの例文を見てみよう それでは、面接のお礼メールの例文をご紹介します。 +++++++++++++ 件名 本日(〇月〇日)の面接のお礼 〇〇大学 集括一郎 株式会社〇〇御中 〇〇部〇〇様 いつも大変お世話になっております。 本日はお忙しい中、貴重なお時間を割いて面接をしていただき、 誠にありがとうございました。 〇〇様から〇〇について分かりやすくご説明を伺うことができ、 〇〇であることについての理解を深められたように思います。 以前から貴社を第一志望としておりましたが、 本日の面接を経て、貴社で活躍したいという気持ちがますます強くなりました。 念願叶って貴社の一員となれた際には、 より一層の努力を重ね、自己を高めてゆく所存です。 大変略儀ではございますが、まずはメールにてお礼申し上げます。 ============ 集括 一郎(しゅうかつ いちろう) 〇〇大学〇〇学部〇〇学科3年 メールアドレス:〇〇〇 〇〇. 〇〇 住所:〒〇〇〇-〇〇 〇〇県〇〇市〇〇〇〇 電話番号: 〇〇-〇〇〇-〇〇〇 ============ 【お礼メールでおさえておくべきポイント】 具体的にはどのように変更したらいいか、以下にお礼メール作成のポイントをご紹介します。 ・件名 件名はできるだけ簡潔に、忙しい面接官がパッと見てすぐ内容が把握できるものにしましょう。 また、件名は必ず記入すること。 件名が空欄のメールは中に何が書いてあるのか分からないため不気味な印象を与えやすく、ウイルスメールのようにも見えるため、スルーされる確率が高くなってしまいます。 ・宛先名 会社名や部署名は、ホームページや先方から受けたメールなどで必ず正式名称を確認し、誤字脱字など決してないよう細心の注意を払って記入しましょう。 ・本文 まずは面接の機会を設けてくれたお礼を述べ、面接で印象に残った話や感想などを簡潔に伝えます。 面接中に盛り上がった話などがあれば添えると、「ああ、あの人か」と思い出してもらいやすいでしょう。 そして会社への熱意と志望度をアピールする文面を添えます。 たとえ面接ですでに伝えた言葉の繰り返しになったとしても、面接官の心により強く印象づけるために積極的に盛り込みましょう。 最後に文章全体を冒頭から通して読み、誤字脱字がないか、分かりやすい表現で意味が伝わりやすく、読みやすいかをチェックします。 また、終始丁寧な言葉づかいを心がけることも大切です。 たとえ面接官とすでにくだけた間柄である、または終始笑いが絶えないようなフランクな印象の面接であった場合でも、お礼メールではけじめをつけること。 顔文字や絵文字、(笑)などを使わないのは言うまでもありません。 ・署名 メールアドレスや電話番号は、携帯電話の番号などできるだけ連絡のつきやすいものを記載しましょう。 【お礼メールはスマホではなく、できるだけパソコンで作成しよう】 スマートフォンや携帯電話から送られたメールをパソコンで開いたとき、文章の改行や画面の空白に違和感を覚えたことはありませんか? 面接官はパソコンでメールチェックすることが多いと思われるので、こちらからのメールもパソコンで作成するほうが無難です。 こんなときはどうすれば?面接のお礼メールで困りやすいこと さて、会社へのお礼メールを作成していると、こんな困りごとに直面することもあるでしょう。 たとえば、面接官の名前を聞いたのにハッキリ思い出せない場合、宛先名はどう記入すべきでしょうか。 ここで一番してはいけないのは、相手の名前をおぼろげな記憶を頼りに記入することです。 その記憶がもし間違っていたらどうするのでしょうか。 面接官が自分の名前を間違って記入されたお礼メールを読んで、好印象を抱くことはまずありません。 こんなときは、 「採用ご担当者様」と記入するべきでしょう。 こうした困りごとを防ぐためには、面接官から名前を聞いたらできるだけ早く紙に書き留めるなど、 記憶が新しいうちにメモを残すこと。 「これくらい覚えられるだろう」と自分の記憶力を過信してはいけません。 面接の後に不意の事件に遭遇し、記憶が飛んでしまうことだってありえるからです。 またお礼メールを送信するとき、送信先にどのメールアドレスを設定したらいいか分からなくなることもよくあることです。 これまでに面接官とメールのやりとりをしたことがあるなら、 最後の署名部分のアドレスがベストでしょう。 または会社のホームページに採用担当の連絡先として記載されているアドレスを設定しましょう。 また、面接官へのお礼をメールではなく、ハガキで出す人もいますが、これにはメリットとデメリットがあります。 メリットは、「印象に残る」ことです。 メールでお礼を済ませる学生が多い中、便箋・封筒ではなくあえてハガキで出せば、先方には物珍しさから印象に残るでしょう。 一方、ハガキは同じ郵便物でも便箋・封筒に比べてカジュアルな印象を持たれるものです。 特にビジネスマナーに厳しい面接官の場合、お礼状をよりカジュアルなハガキで出すことに対し、ネガティブな評価を下されることもあります。 このようなリスクを考えれば、メール、もしくは封書でお礼を述べるのが無難だといえます。 お礼メールをするなら、面接に臨む前に準備しよう 面接のお礼メールをするつもりであれば、面接に出向く前にあらかじめメールソフトで宛名や文章などを下書きし、保存しておきましょう。 面接のお礼メールはスピードが命。 読みやすく、かつ志望度の高さが伺える熱意のこもったメールをいち早く面接官に送信し、周囲から一歩抜きんでたいところですね。 関連リンク.

次の