電気料金 比較。 四国で電気料金が一番安い電力会社はどこだ!?料金を一挙比較

電力会社.net※電力自由化対応の電気料金比較ランキング

電気料金 比較

「あしたでんき」は電力自由化がはじまってしばらく経ったタイミングで登場した新電力なんじゃ。 標準プランは今まで当たり前じゃった 基本料金が0円のプランで、電気を使っただけ請求される「従量料金」も一律単価じゃから、電気料金がわかりやすいと思うぞ。 基本料金0円&従量料金一律単価、っていうプランが増えてきましたよね。 そうじゃのう。 一般的な人にもわかりやすくて、さらにお得感が感じられるからのう。 あしたでんきには電気使用量が多い家庭向けの「たっぷりプラン」もあるんじゃ。 こっちのプランは 基本料金が3,000円と高めの設定になっているんじゃが、従量料金がかなり安い設定なんじゃ。 自分の電気使用状況に合わせて選べるのはいいですね!セット割や特典はないけど、シンプルに電気料金で得したいって人にはすごく合っていますね! 「Looopでんき(ループでんき)」は電力自由化スタートにいち早く参入した新電力のひとつじゃ。 「 基本料金0円」という斬新なプランは、当初かなり話題になって加入者も急増したんじゃよ。 これまで当たり前に請求されてきていた基本料金が0円になったんですもんね。 そりゃ話題になって当然かもしれないですね! これまで電気使用量に応じて段階的に単価が決まっていた 「従量料金」も、一律単価になっているからわかりやすいのう。 別のサービスとのセット割などはなく純粋に電気料金が安くなる点も料金が比較しやすくて良いと思うぞ。 太陽光・風力・水力といった自然エネルギーの活用に力を入れている点も評価できるんじゃ。 Looopでんきって電力自由化スタートから 2年半ほどで、150,000件以上の契約があったんですよね!それだけ支持されているんだからすごいですね!電気料金がどれくらいお得になるか、さっそくシミュレーションしてみよう! 「エルピオでんき」は、もともとプロパンガス事業を展開していたエルピオの電力供給サービスじゃ。 エルピオでんき最大のメリットは、電気料金が各エリアで最低水準という点なんじゃよ! 電気料金が安いのはいいですねぇ。 だけどガスとセットで契約しないと、得できないとか…そういう縛りはないんですか? ガス契約をしていない人でも電気の契約ができるんじゃ!電気だけの契約でも電気料金は変わらんから、とにかく 電気料金の安さで電気だけ契約するって人が多いんじゃ。 シミュレーションしてみたら、どれだけお得になるかわかるぞ!やってみるといい。 自分のライフスタイルや電気の使用量に合わせて、いろいろなプランから選べるっていいですね!そもそも電気料金が最低水準なら、検討してみるべきですよね! 「親指でんき」は電力自由化開始からしばらくして登場した新電力なんじゃが、一般的な家庭向けプランは 「基本料金0円」「従量料金一律」という非常にわかりやすいプランで、後発ながらかなりの加入者を集めているんじゃ。 基本料金がタダって嬉しいなぁ。 従来の電力会社のプランだと、電気使用量に応じて請求される「従量料金」は使用量が増えるほど段階的に単価が上がっていたんですよね?それがけっこう面倒なんですよね、計算するの…。 まぁ電気料金を細かく計算しているって人は少ないからのう。 段階的に単価が変わるプランだと計算が面倒に感じるかもしれんの。 親指でんきは基本プランの他にも「わんにゃんプラン(ペットを飼っている家庭)」「夜更かしプラン」「ゲームプラン」といった バラエティ豊かなプランが揃うぞ。 自分のライフスタイルに合わせて、一番最適なプランを選べるのはうれしいですね。 こりゃ人気なのも納得だ! 関東エリアで都市ガスを提供している「東京ガス」も電力供給をしているんじゃが、ガスを契約している人の多くが電気を東京ガスに切り替えたもんで、加入者は一度に膨らんだんじゃよ。 光熱費の請求がまとまるのは、家計管理をしている人にとって便利じゃから、切り替えが起きるのもうなずけるのう。 そうですよね。 支払い先がまとまるって、それだけで家計管理がしやすくなりますもんね。 東京ガスの電気は関東エリアのみとなっているんじゃが、 関東エリアではトップクラスの安さなんじゃ。 さらにガスと 電気のセット割引や、プロバイダーサービスとのセット割引があるから、マッチする人だとかなりお得を実感できると思うぞ。 セット割が充実しているんですね!電気料金自体も安いなら、これは検討する価値がありそうですね! 電力自由化スタート当初から非常に人気なのが「ENEOSでんき(エネオスでんき)」じゃ。 テレビCMなんかも放映しているから知名度も抜群じゃのう。 電気使用量が多い家庭ほど大幅に電気料金が安くなるプランで、さらに2年間の継続契約 「にねんとく2割」を選ぶと1kWhあたり0. 2円の割引がつくんじゃ。 しかも3年目以降は1kWhあたり0. 3円の割引になるぞ。 長く契約するほどお得になるのか!それは契約者にとって嬉しいですよね!ENEOSでんきに申し込むなら、絶対に「にねんとく2割」を検討すべきですね! 電気料金自体も非常に割安なんじゃが、他にもメリットがあるんじゃ。 ENEOSのガソリンスタンドで使用できる ENEOSカードの種類に応じて、給油の割引や電気料金の割引特典があるから、日常的にENEOSを利用している人におすすめじゃ!車に乗らないという人は Tポイントもしくは提携カードのポイント還元を受けることができるんじゃ。 電気料金が安いだけじゃなく、さらに特典(付帯サービス)があるなんてメリット大ですね!ENEOSでんきは都市ガス供給もしているから、セット契約してもいいかも。 供給エリアが関東と関西に限られるけど、対象エリアに住んでいる人は検討したいですね。 「自然電力のでんき」は、サービス名からも連想できるが、 環境に配慮した自然に優しい電気を供給しているんじゃよ。 100%自然エネルギーでまかなうプランもあるから、電力会社を切り替える際、どうせなら環境に優しい電力会社を選びたいと思う人におすすめじゃ。 100%自然エネルギーでまかなうプランですか。 興味あるなぁ。 プランは2つ。 100%自然エネルギーを利用するプランと、 自然エネルギーを30%利用した料金が割安なプランじゃ。 環境も料金も…という人なら後者のプランがいいじゃろ。 ちなみに自然電力は電気を仕入れる際の卸価格に連動して、料金の一部が変動するんじゃ。 とはいえ、現状ではそれほど極端に変わるものとは言えんがのう。 へー料金が変動するのかぁ。 面白い料金設定ですね。 環境にも配慮したいし、電気料金も安くしたいって人は、自然電力のでんき、検討してみるといいですね。 昭和シェル石油が提供する家庭向けプランは、一般的な家庭向けの「Sプラン」と、オール電化住宅に住む人向けの「オール電化プラン」の2つがあるんじゃ。 どちらのプランにも「カーオプション」があって、 昭和シェルのガソリンスタンドで給油をすると給油代が割引になるセット割引がついているんじゃ。 じゃあ車をよく使う人はありがたいですね!さすがガソリンスタンドを展開する会社のサービスだ! 電気使用量が少なすぎるとお得感は小さいとかもしれんが、 オール電化住宅なら損することはなさそうじゃ。 オール電化向けのプランはお得感が少ないものが多いんじゃが、昭和シェル石油ならさらにガソリン代の割引なんかの特典があるからのう。 気になる人は一度シミュレーションでチェックしてみるといいね! ソフトバンクの「おうちでんき」も人気じゃの。 ソフトバンクやワイモバイルのユーザーなら、 スマホやネット1回線につき毎月100円の割引になる特典があるんじゃよ(3年目以降は割引率が変わります)。 最大10回線まで割引対応じゃから、家族にソフトバンクもしくはワイモバイルユーザーが多いほど得じゃ。 電気料金自体はどうなんですかね?安いんですか? 電気使用量に応じて請求される 従量料金の部分が、毎月ずっと1%割引になるから、従来の電力会社と比較してしっかり安くなるぞ。 スマホ代やネット代と電気代の請求がまとまるというのも便利じゃの。 確かに家計を管理する人にとって、 支払い先がまとまるって嬉しいですよね。 管理する手間が減るんですからねー。 ソフトバンクやワイモバイルのユーザーなら、おうちでんきを検討してみよう! ケーブルテレビのサービスを提供するJ:COMが、契約者を対象に提供しているのが「J:COM電力」なんじゃ。 基本的に テレビやインターネット、電話といった既存のJ:COMのサービスとセット契約になるんじゃが、J:COMと契約している人は検討するといいぞ。 J:COM電力かぁ。 電気料金は安いんですかね? 基本料金は従来と同じなんじゃが、従量料金の部分が「0~120kWh:0. 5%割引」、「121~300kWh:1%割引」そして「301kWh~:10%割引」になるんじゃ。 電気使用量が多い人ほどお得度が大きくなるわけじゃな。 さらに電気と既存サービスのセット「電力セット」契約になるから、 J:COMの利用料金が最大総額12,000円割引になるんじゃよ。 J:COMの利用者は、J:COM電力のシミュレーションしてみるといいかもね! エリアを絞り込む• なんたって電力会社を切り替えるだけで、毎月の出費が減るんじゃからのう。 毎月1,000円の電気代カットだって、年間で考えたら12,000円。 これってなかなか大きいよね! 電力会社をさまざまな角度から比較 ここからは、おすすめの電力会社を特徴別に紹介していくよ!自分にぴったり合うのはどんな電力会社かな? シミュレーションして電気料金が安くなるなら試しに切り替えてみるといい。 また元の電力会社に戻したり他の電力会社に戻すことも可能じゃから、まずは気軽に切り替えてみるべきじゃよ。 シンプルに電気代を安く!基本料0円で使った分だけお支払い 特にセット割や付帯サービスは用意されていないんじゃが、シンプルに電気料金が安くなったと実感できるのが 「基本料金0円」を打ち出している電力会社かもしれんのう。 確かに!今まで支払っていた基本料金がまるっとなくなるわけですから、お得感が大きいですよね。 電気を使った分だけ支払うってすごく画期的! 基本料金0円のプランのほとんどが電気使用量によって変わる 「従量料金」が一律単価じゃから、電気料金がわかりやすいというメリットもあるぞ。 東京ガスの電気• ENEOSでんき• 昭和シェル石油• おうちでんき• J:COM電力 結局、一番おすすめの電力会社は? 部長ぉぉ…解約違約金も発生いろいろなおすすめ電力会社を見てきたんですけどね…電力会社の数ってすごく多いじゃないですか?そうなると結局どの電力会社にしたらいいか迷っちゃって決めきれないって人、けっこう多いと思うんですよねぇ。 まぁ、確かにそうじゃろうな。 で…結局のところどの電力会社がいいんですかね?もちろん電気使用量や電気を使う時間帯なんかによってベストな電力会社が違ってくるのは理解しているですけど、誰が契約しても基本的に損しなくてお得を実感できる電力会社ってどこなんですか? だったら 「Looopでんき」じゃないか?基本料金が0円というのは非常にメリット大じゃし、従量料金も一律単価じゃから電気料金の仕組みがわかっていない人も計算しやすいと思うぞ。 それに 何より加入者数が業界トップクラスの多さじゃから、安心感も持てるじゃろ。 ピッカリーーーーーーン!!!!!じゃあ迷っている人はLooopでんきのシミュレーションをしてみて、電気料金が安くなるなら決めちゃってもいいってことですね! そうじゃそうじゃ!シミュレーションで節約ができるという結果が出たのならLooopでんきに切り替えてもいいじゃろ。 契約手数料も解約違約金も発生しないから、嫌ならまた切り替えればすむ話。 そんなに小難しく考えずに、ひとまず切り替えてみるといいぞ! 電力会社の選び方・比較ポイント 電力会社にもいろいろなタイプの会社があって、当然、料金プランもさまざまじゃからそう簡単に選べないこともあるじゃろ。 ここからはわしが電力会社を選ぶ際に着目すべきポイントについて具体的に解説するぞ。 項目別に見ていけば自分にぴったりな電力会社がわかってくるはずじゃから最後まで読んでみるといい。 電気料金 一番わかりやすくて一番気になるのが電気料金じゃ。 選ぶ電力会社によって年間10,000円以上の差がつくこともあるから、シミュレーションで確認するんじゃよ。 ほとんどの電力会社の公式サイトにはシミュレーターがありますもんね。 電気料金をチェックする際は、 自分が毎月どれくらい電気を使用しているか知っておくことが大切じゃ。 電気料金の明細を見てみるのが手っ取り早いかのう。 電気を多く使う人向けのプランや、電気の使用量が少なくてもあるていど得できるプランがあるから、賢く選ぶといい。 セット割・特典 電力会社の中には、 既存のサービスとセット契約することで得できるプランを出しているところもたくさんあるんじゃ。 通信、ガス、ガソリン(給油)などなど、普段から利用頻度の高いサービスを選ぶことで、毎月数百円~数千円得できるぞ。 「セット割」ってやつですね! 割引以外に ポイント付与の特典を用意している会社もあるのう。 もし電力会社選びに困ったら、自分が利用しているサービスとのセット割や特典を基準に選んでみてもいいじゃろう。 ただし大事なのはトータルでどれだけお得になるかじゃ。 特典があっても肝心の電気料金があまり安くならなければ意味はないからのう。 違約金・解約金 これはとても重要なことじゃ。 いくら電気料金が安くても、違約金や解約金が高い場合は決してお得とは言えん。 ほとんどの電力会社は契約期間を設けていて、それ以前に途中解約すると違約金がかかってくるんじゃ。 じゃから、 あらかじめ違約金・解約金の有無や金額、契約期間についてはよく確認するんじゃよ。 解約金・違約金に注意しなきゃ! プランによっては、 セット契約している電気以外のサービスの解約で違約金・解約金を請求される場合もあるから、その点も注意するんじゃよ。 時間帯別・季節別電気料金 特定の時間の電気使用量が多い家庭、また豪雪地域のように季節によって電気使用量が大幅アップするような家庭は、 時間帯別に料金が設定されているプランや季節別に料金が設定されているプランを選ぶのが得策じゃ。 時間帯や季節によって電気料金が変わるプランかぁ。 現在、すでにお得な料金プランで契約している人は 軽はずみに電力会社やプランを変更して損をすることもあるから、十分に気を付けておくんじゃよ。 オール電化向けプラン 東京電力や関西電力といった地域の電力会社(一般電気事業者)のプランには、オール電化向けのお得な料金プランがあるんじゃが、新電力のうち オール電化向けのプランを設定している会社はあまり多くないんじゃ。 オール電化向けのプラン…ですかぁ。 既にオール電化向けプランで電気料金を抑えている家庭の場合、安易に新電力に切り替えてしまうと電気料金がかなり割高になって大損をする可能性大。 このままのプランが最適というケースが多いんじゃ。 もし電力会社選びをするというときも慎重にプランを比較・検討するんじゃよ。 電源構成の開示 供給する電気でがどんな発電方法で作られたのかを比率で表したものを「電源構成」や「エネルギーミックス」と言うんじゃ。 電源構成の開示は推奨されているものの、義務化されていないんじゃよ。 したがって 電力会社の中には電源構成を公開しているところもあれば非公開にしているところもあるのが実情じゃ。 電源構成は公開してほしいですねぇ。 いくらホームページで「環境改善に積極的に取り組んでいる」と書いてあっても、電源構成が開示されていなければ信憑性に欠けるわけじゃ。 電源構成を開示しているという情報についての透明性は信頼感に繋がるわけじゃから、そういった視点で電力会社を選んでもいいと思うぞ。 環境配慮 電力会社によって発電方法が異なるというのはわかっておるな? それくらいは理解してますよぉ。 もし環境負荷が気になるのであれば、水力発電や風力発電、太陽光発電、バイオマス発電といった 再生可能エネルギーを積極的に取り入れている電力会社を選ぶというのもいい。 また 二酸化炭素排出量が少ないLNG(天然ガス)を活用した発電に取り組む電力会社もあるので、チェックしてみるといいぞ。 発電量 自社発電所やグループ会社の発電所で作られた電力を供給する電力会社もたくさんあるんじゃが、気になるのは発電量じゃ。 いくら環境に配慮した発電方法を取り入れていると言っても、 発電量自体が少なければ需要を満たすことはできん。 需要を満たすことができない!? そうなれば既存の電力会社の電力に頼ることになるから、 再生可能エネルギーなど環境を配慮した電気を十分活用しているとは言えなくなってしまうんじゃ。 発電方法をチェックするだけでなく発電量をチェックすることも大切なことじゃよ。 停電や倒産 契約している電力会社によって停電のしやすさに違いはないし、例え倒産したとしてもフォロー体制が整っているから停電することなく各家庭に電気が供給されるようになっておる。 しかし電力会社が倒産した場合、一般電気事業者(東京電力や関西電力など)の経過措置プラン(従来通りのプラン)に自動的に引き継がれるが、期間内に 新たな電力会社を探して契約をし直す必要があるんじゃ。 へーちょっとそれは面倒ですね。 電気が停電することはなくても、また比較検討して契約をし直すというのは手間も時間もかかるのう。 激安プランを目当てに契約するのも間違いではないが、倒産の心配をしたくないという人は 実績・知名度・信頼性・安心感という面で電力会社を決めるのが良いと思うぞ。 顧客対応の良さ 基本的に電力会社というのは長く付き合っていくものじゃから、何度電話をしても繋がらない、問い合わせメールの返信がなかなか来ない、というような あまりにも顧客対応が悪い電力会社は避けておいたほうがいいと思うぞ。 た、確かに困ったときになかなか連絡がつかないような会社は不安ですね。 自分に合った電力会社を見つけよう! おすすめの電力会社を紹介してきたけど、どうだった?みんなはどんな電力会社が気になったかな? 僕はやっぱり部長がイチオシの「Looopでんき」が良いかなぁ…なんて思っているよ! どの電力会社に切り替えるかは自由だけど、一番良くないのは「電力会社を変えると節約できるんだろうなぁ…」「切り替えた方がいいんだろうなぁ…」って思っていながら何も行動しないこと! やってみたら 思った以上に簡単に切り替えができると思うから、みんなもぜひぜひ積極的に電力会社の切り替えを検討してみて!早く切り替えたもん勝ち!きっと節約効果が実感できると思うよ。

次の

電気料金の比較・シュミレーション

電気料金 比較

一人暮らしで安い電力会社はどこだろう?と探していますよね。 一人暮らしの電気代は4,000円前後が相場。 そんな電気をあまり使わない一人暮らしでは、おすすめ電力会社を選ぶために各社の料金・割引内容などを細かく比較する必要があります。 結論を言うと、一人暮らしにおすすめな電力会社は「 Looopでんき」「 シン・エナジー」「 CDエナジー」「 東京ガス」「 関西電力」の5社になります。 この記事では一人暮らしの方におすすめな電力会社をランキング形式で紹介し、お得な選び方や乗り換えの疑問点なども分かりやすく解説します。 一人暮らしで電気の乗り換えを検討しているみなさんのお役に立てる内容になっているので、ぜひ参考にしてくださいね。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・家にあまりいない人 ・30A以上で契約している人 ・解約金や違約金を支払いたくない人 一人暮らしの方に今もっとも安くておすすめなのがLooopでんき。 Looopでんき最大の特徴は「基本料金が0円」ということ。 一人暮らしでは電気をあまり使わないため、電気代に占める基本料金の割合が大きくなりがちです。 しかしLooopでんきでは、 今まで毎月かかっていた基本料金をまるまる節約することができるのです! 余計な固定費がなくなり電気代は使った分だけ支払えばいいので、まさに一人暮らしにピッタリの電力会社と言えるでしょう。 特に30アンペアや40アンペアなど、基本料金が一定程度かかっている方では月に数百円の節約も可能です。 また、Looopでんきは初期費用や解約金などがありません。 もしかしたら将来引っ越すかもしれないという一人暮らしの方でも、気軽に申し込むことができますよ。 なお、東京の方はガスもセットで契約が可能。 電気とガスをまとめてお得にしたいという方にもピッタリの新電力です。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・関西、中国、四国、沖縄在住の人 ・日中にほとんど家にいない人 シン・エナジーはすべてのエリアに共通して、電気をあまり使わない方がお得になるような料金プランが特徴。 特に 関西、中国、四国、沖縄エリアでお得に利用できるのがポイント。 上記のエリアでは従来の電力会社が既に十分安いため、他の新電力ではほとんど安くできないか、むしろ割高になってしまうことが多いのです。 これらのエリア在住の一人暮らしの方は、 シン・エナジー一択と言っていいでしょう。 また、通常のプランと別に夜間(22時~8時)の電気代が安くなる「生活フィットプラン」も用意。 平日は仕事で日中ほとんど家を空け、電気は主に夜間に使うという生活の方にピッタリです。 寝てる間はエアコンをかけっぱなしという方にも最適なプランです。 関西、中国、四国、沖縄エリアに限らず他のエリアに住んでいる方でも、夜に電気を使う割合が高いという方はお得に利用できますよ。 シン・エナジーでは現在、Amazonギフト券やWAONポイントなどと交換できる 「EJOICAセレクトギフト」3,000円分プレゼントキャンペーンを実施中です。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・電気とガスをまとめたい CDエナジーには一人暮らしの方向けの「シングルでんき」が用意されていて、電気の使用量に関わらず毎月100円を安くすることができます。 また、首都圏ではガスの供給も行っていているため、電気とガスをセットで契約できるのも魅力。 CDエナジーでは 電気だけでなくガスもあわせて光熱費全体を節約することができるのです。 また、Amazonプライムの年会費を負担してくれる「エンタメでんき」というプランも選べたり、電気代100円につき1ポイントが毎月付与されるなど特典が豊富なのも魅力。 ポイントはTポイントやdポイントなどの提携ポイントと交換でき、電気代の支払いに充てることもできます。 CDエナジーに新規申し込みで 最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。 これから夏は電気代が高くなる季節なので、検討中の方はこのタイミングでの申し込みがおすすめです。 こんな人におすすめ! ・電気とガスをまとめたい方 ・電気代の支払いでポイントを貯めたい方 深キョンのCMでおなじみの東京ガスの電気には、一人暮らしなど電気をあまり使わない人向けの「ずっとも電気1Sプラン」があります。 電気を使っても使わなくても、必ず東京電力より安くなるように設定されています。 さらに、毎月の電気代の支払いで パッチョポイントが貯まり、貯まったポイントはdポイントやPontaポイント、Tポイント、WAONポイントなどと交換ができます。 ポイント還元率 電気代1,000円=15ポイント ガス代1,000円=5ポイント また、レシピ動画サービス『クラシル』の有料機能の一部が使えたり、電気トラブルに24時間無料で対応してもらえるなどのサポートが充実しているのも魅力です。 ガス料金は変わりませんが、 電気とガスを東京ガスにまとめたい、様々なサービスやサポートもあわせて利用したいと言う方におすすめです。 こんな人におすすめ! ・関西エリアに在住 ・電気をあまり使わない ・電気とガスをまとめたい 関西エリアにお住まいの一人暮らしの方は、関西電力に電気とガスをまとめるというのもお得です。 関西電力では電気とガスのセットプラン「なっトクパック」を用意していて、 電気とガスをまとめると電気代、ガス代ともに今の関西電力・大阪ガスの料金より必ず安くなります。 「なっトクパック」に申し込むことで、電気は関西電力の従量電灯A(従来のプラン)から「なっトクでんき」に、ガスは大阪ガスの一般料金(従来のプラン)から「なっトクプラン」に切り替わります。 また、なっトクパックにすることで、電気代・ガス代の支払いで「はぴeポイント」という独自のポイントが貯まります。 ポイントはdポイントや楽天ポイント、ANAマイルなどの提携ポイントに交換することもできます。 ポイント還元率 電気代1,000円=8ポイント ガス代1,000円=5ポイント ポイントを貯めたいという人にもおすすめです。 一人暮らしにおすすめの電力会社の選び方 おすすめの電力会社を選ぶためには、選び方のコツを知っておくことも大切です。 一人暮らしで安い電力会社を選ぶポイントをまとめたのでご覧ください。 月々の電気使用量・アンペアを把握する まずは自分の現在の 電気使用量と 契約アンペアを確認することが大切です。 電気使用量はどれくらい? 電気使用量はkwhという単位で表されます。 一人暮らしの電気使用量は70~200kwhまでが相場。 130kwh前後が平均的で、それ以下なら少なめ、それ以上なら多めと判断するといいでしょう。 電力会社の中には80kwhなどあまり電気を使わない場合でお得になるところもあれば、200kwhなど電気をある程度使った方がお得になるところもあります。 検針票や請求書を見れば載っているので、まずは自分が電気をどれくらい使っているのかを知っておきましょう。 契約アンペアはどれくらい? 電気の使用量だけでなく、現在契約しているアンペア数も把握しておきましょう。 契約アンペアとは、電気を一度に流せる容量のこと。 アンペアが大きいほど一度に流せる電気も多くなりますが、その分基本料金が高くなってしまいます。 契約アンペアによってお得な電力会社も変わってくるので、電力会社を選ぶ際には自分の契約種別をしっかり確認しておきましょう(検針票に書いてあります)。 なお、契約アンペアや使用量ごとに安い電力会社は後半の『』で紹介します。 基本料金が無料または安い電力会社を選ぶ 一人暮らしの方は複数人世帯と比べて使用量が少ないので、その分基本料金が占める割合も大きいです。 基本料金は契約しているアンペアに比例して高くなるので、30Aや40Aで契約している人ほどメリットが大きいでしょう。 また、長期の出張や旅行などでよく家を不在にするという方も基本料金が0円または安い電力会社はお得です。 ただし、もともと基本料金がない関西、中国、四国、沖縄地方ではお得にならないので注意が必要です。 そこで一人暮らしの方は電気だけでなくガスとセットで光熱費全体を節約するという視点も大切になります。 現在のガス会社に特にこだわりがない方は、ガスも検討してみてください。 一人暮らしの方は引っ越しなどで電気を解約する機会も多くなりがちなので、解約金・違約金のかからない電力会社を選びましょう。 以下の電力会社では発生するので注意してください。 ・auでんき:1年未満の解約で2,000円 ・ソフトバンクでんき:いつ解約しても500円 ・J:COM電力:最大20,000円 一人暮らしで安い電気料金を比較 一人暮らしにおすすめな電力会社5社の電気料金はどこが安いのか?一目でわかるように比較しました。 東京電力エリア、関西電力エリアの2つのエリアに分けて、それぞれ3つの アンペア・使用量のパターンでシミュレーションしています。 電気代が3,000円程度になる方はシン・エナジーを、それ以上またはそれ以下になる方はLooopでんきを選ぶと良いでしょう。 関西電力エリアの一人暮らしで電気代を安くしたい場合はシン・エナジーを選びましょう。 なお、基本料金0円のLooopでんきはこれくらいの使用量まではあまりお得とは言えませんが、月5,000円を超えるような使用量の多い一人暮らしの方ではお得に利用することもできます。 一人暮らしで電力会社を乗り換える際の疑問解消 最後に、一人暮らしで電力会社を切り替える際によく聞かれる質問をまとめました。 一人暮らしでも必ず電気代が安くなるの? 電気の使用量や契約アンペアによっては 変わらないかむしろ割高になってしまう可能性があります。 電気使用量が極端に少ないと安くならない 電気の使用量が極端に少ない場合、電力会社を乗り換えても安くならない場合もあります。 そもそも新電力の多くは、使用量=電気料金が増えるにしたがって節約できる幅も大きくなるように金額を設定しています。 もちろん一人暮らしでも平均的な使用量の方であれば安くなりますが、月に2,000円未満というような極少使用量の方では残念ながらほとんど安くできないのです。 アンペア数によっては割高になる 電力会社の中にはあるアンペアまで基本料金が同額というところもあります。 例えば丸紅新電力では、10A~30A契約ではすべて基本料金が803円です(東京電力エリアの場合)。 東京電力の20Aの基本料金は572円ですから、現在20Aで契約している方が丸紅新電力に切り替えると月に231円の値上がりになってしまうのです。 20A以下で契約している方は乗り換え検討先の電力会社の基本料金を確認しておくことをおすすめします。 一人暮らしの平均的な電気代はどれくらい? 一人暮らしの方の電気代の平均は月に約4,000円程度。 ただし、エリアや年代、季節によって以下のような傾向にあります。 平均より安め 平均より高め 関西、中国、四国エリア その他のエリア 勤労世代 高齢世代 春・秋 夏・冬 平均はあくまで一つの指標ですが、平均より電気代が高い人は電力会社を切り替えることで安くできるでしょう。 賃貸マンション・アパートでも契約できるの? 賃貸のマンションやアパート、集合住宅でも、電力会社の切り替えは可能です。 ただし、建物で高圧一括受電をしている場合には申し込みができません。 検針票に「高圧」の記載があるか、契約アンペアが7kVA以上、建物に大きなキュービクルが設置されている場合は一括契約です。 分からない方は大家さんに確認してみましょう。 引っ越しと同時に申し込みできるの? 電力会社によって、 引っ越しと同時に利用できるかどうかは変わります。 この記事で紹介してきた電力会社で、引っ越しと同時に利用できるのはこちら。 引っ越しと同時に利用できない電力会社では、まずエリアごとの電力会社 東京電力や関西電力など に申し込んで1か月利用してから、希望の電力会社に申し込むことができるようになります。 今の電力会社へ解約連絡をすべき? 新電力への乗り換え時には、基本的にそれまで利用していた電力会社への解約連絡は必要ありません。 乗り換え先の電力会社が代わりに解約手続きをしてくれます。 初期費用・工事費はかかる? 電気の切り替えは基本的にはすべて無料です。 契約する電力会社によっては契約手数料がかかることもありますが、ほとんどの新電力では初期費用は無料です。 また、スマートメーターが未設置の方は簡単な取替作業が行われますが、工事費も一切発生しません。 切り替え完了までにはどれくらいかかるの? 基本的に次回の検針日から切り替わります。 申し込みのタイミングにもよりますが、およそ 2週間~1ヶ月程度かかるという認識でいましょう。 夏や冬など電気使用量が増える時期は申し込みが混み合い、次々回の検針日切り替えとなる可能性もあるので、なるべくゆとりをもって申し込むことをおすすめします。 他に電気代を安くする方法は? 電力会社を切り替えられない方、あるいは切り替えた上でさらに電気代を安くしたい方は以下の方法を実践すると良いでしょう。 契約アンペアを下げる 現在30Aや40Aで契約している方は、アンペアを20Aに下げることで月に200円~500円の節約になります。 それだけ電気を一度に使える量は減ってしまいますが、エアコン、ドライヤー、洗濯機、電子レンジなどを3つ同時に使わないなどの工夫をすれば問題ありません。 なお、10Aや15Aはさすがに低すぎて不自由になるので推奨しません。 エアコンの使い方を見直す エアコンは特に電気代が高くなる原因になるため、使い方を工夫することで使用電力を減らせます。 設定温度を調整する 冷房は28度、暖房は20度を目安にすることで電気代を抑えられます。 扇風機と併用する 扇風機を併用することで、部屋の空気を循環できエアコンの設定温度を下げずにすみます。 こまめに消さない エアコンは起動時が最も電気を使います。 1時間以内の外出ならつけっぱなしの方が消費電力を抑えられます。 まとめ 新電力への切り替えは、基本的に「電気をたくさん使う人ほどお得になる」と言われています。 しかし、 電気をあまり使わない家庭でもちゃんとお得になるということがこの記事でわかっていただけたかと思います。 ガスもまとめることでよりお得にすることができるので、ぜひあわせて検討してみてくださいね。 , ,•

次の

沖縄でおすすめの電力会社は?電気料金の比較表

電気料金 比較

東京電力と東京ガスの違い 東京電力と東京ガスは名前が似ているため、「同じ会社なの?」と思う方も多いですが、まったくの別会社です。 2016年4月の電力自由化、2017年4月のガス自由化により、東京電力と東京ガスの両社で電気とガスの契約ができるようになりました。 両社ともに電気とガスをセットで契約することで電気料金がお得になるセット割のサービスがあるので、しっかりと比較してお得な方を選びましょう。 東京電力と東京ガスの料金比較 まずは皆さんが一番気になっているであろう東京電力と東京ガスの料金比較です。 東京電力は従来から契約している一般的なプラン、東京ガスの電気には使用量に応じた2種類のプランがあるので、3つのプランでシミュレーションしています。 ・東京電力 スタンダードS(従来の従量電灯B相当のプラン) ・東京ガス ずっとも電気1S(電気使用量が少なめの方向けのプラン) ・東京ガス ずっとも電気1(電気使用量が多めの方向けのプラン) セット割なしだと東京ガスが安い 東京電力 東京ガス ずっとも1S 東京ガス ずっとも1 30A 120kWh 3,184円 3,181円 3,631円 40A 300kWh 8,142円 7,942円 8,128円 50A 500kWh 14,426円 13,621円 13,471円 全てのケースで東京ガスの方が安いという結果になりました。 東京ガスのずっとも電気1S(使用量が少なめの方向けのプラン)は基本料金・従量料金ともに東京電力よりも安く設定されているので、必ず東京電力よりも安くなります。 一方、ずっとも電気1(使用量が多めの方向けのプラン)は使用量が少ないケースだと東京電力よりも割高になりますが、使用量が多ければ多いほどお得になるという特徴があります。 セット割ありだと使用量によって変わる 東京電力 東京ガス ずっとも1S 東京ガス ずっとも1 30A 120kWh 3,084円 (-100円) 3,166円 (-15円) 3,361円 (-270円) 40A 300kWh 8,042円 (-100円) 7,903円 (-39円) 7,858円 (-270円) 50A 500kWh 14,326円 (-100円) 13,553円 (-68円) 13,201円 (-270円) カッコ内の数字はセット割なしのケースとの差額です。 セット割なしの場合と比べて、最安のケースに大きな変化が出ましたね。 これはセット割の金額の大きさが影響しています。 それぞれの割引額は以下の通り。 電気使用量が多くても数十円しか割引にならないので、ずっとも電気1Sを検討している方はセット割はあってないものと思っていいでしょう。 一人暮らしで電気をあまり使わないという場合、セット割なしの電気料金は東京ガスの方が安いですが、電気とガスをまとめる場合は東京電力の方が安くなります。 一方、 電気をたくさん使うという方には東京ガスのずっとも電気1がお得になりますよ。 東京電力と東京ガスのサービス内容比較 続いて、料金以外のサービス面でどのような違いがあるかも見ていきましょう。 解約金・違約金はどちらも不要 東京電力・東京ガスともに 解約金は0円です。 いつでも無料で解約できるので、気軽に契約できるというメリットがあります。 かけつけサービスは東京ガスが豊富 生活トラブル時に駆け付けてくれるサービスの内容・料金を比較しました。 東京電力のかけつけサービス 東京電力には「生活かけつけサービス」というサービスがあります。 水回りや鍵、窓ガラス、電気設備に関するトラブルに無料で対応してくれます。 月額300円がかかりますが、出張費、90分(電気設備は60分)までの作業費、応急処置に必要な部品代(20,000円まで)が無料になります。 有料のサービスではありますが、突然の生活トラブルに不安がある方にはおすすめです。 東京ガスのかけつけサービス 東京ガスには2種類のサポートサービスがあります。 申し込み不要で利用できるので、いざという時に頼れるのが嬉しいですね。 電気トラブルサポート 停電、分電盤やブレーカーの不具合、電気がうまくつかないなどの電気のトラブルに無料で訪問してくれるサービスです。 一次対応における出張費と60分以内の作業費が無料になりますが、無料の範囲を超える作業の場合は費用の負担が必要になります。 生活まわり駆けつけサービス こちらはガスと電気(ずっとも電気1Sは対象外)をセットで契約している方が利用できるサービスです。 水回り、玄関の鍵、窓ガラスなど、電気以外のトラブルに月会費無料で訪問してくれます。 一次対応における出張費と30分以内の作業費が無料になりますが、無料の範囲を超える作業の場合は別途費用負担が発生するので注意しましょう。 東京電力と東京ガスのキャンペーン比較 東京電力と東京ガス、それぞれのキャンペーン情報をまとめました。 東京電力のキャンペーン 東京電力ではWEBからの申し込み限定で、電力自由化以降に登場した電気の新プランの加入で1,000ポイント、ガスのプラン加入で1,000ポイントプレゼントキャンペーンを実施しています。 くらしTEPCOには独自のポイントサービスがあり、毎月の電気料金に応じてポイントを貯めることができてポンタポイントやTポイントに交換できたり電気代に充てることができます。 このキャンペーンは東京電力へWEBから申し込むことで、くらしTEPCOポイントを最大2,000ポイントもらえるキャンペーンです。 申し込んだ住所に会員IDとパスワードが届くので、くらしTEPCOにログインして会員登録しておきましょう。 東京ガスのキャンペーン 東京ガスの電気では基本料金が3ヵ月無料になるキャンペーンを実施しています。 電気とガスをまとめるメリット・デメリット ここで改めて、電気とガスをまとめることにどのようなメリット・デメリットがあるかを見ていきましょう。 東京電力と東京ガス別々に契約するよりも安くなる 東京電力の都市ガスは東京ガスよりも安く、東京ガスの電気は東京電力よりも安いです。 つまり、どちらかにまとめることで東京電力と東京ガスを別々に契約するよりも安くなるというのがメリットですね。 支払いが一つにまとまる 東京電力や東京ガスに契約をまとめることで、支払いも一本化されます。 家計の管理がしやすくなるので、この点をメリットと感じる方は多いかもしれませんね。 東京電力・東京ガスにまとめるのが一番安いというわけではない 確かに東京電力または東京ガスのどちらかに契約をまとめることでお得にはなりますが、 それが最安の組み合わせというわけではないんです。 東京ガスより安い電力会社もありますし、東京電力より安いガス会社もあります。 せっかく電気もガスも自由化しているので、従来のインフラ会社にまとめるよりも、それぞれ安いところを別々に契約した方がお得になる場合が多いです。 東京電力の特徴 まず一番のメリットとしては、ガス料金が東京ガスよりも安くなるという点が挙げられます。 逆に電気代は高いので、家族が多く電気をたくさん使うという家庭には不向きです。 東京ガスの特徴 東京電力と比較して電気料金が安くなるというのが東京ガスに契約をまとめる最大のメリット。 電気をたくさん使う方向けの「ずっとも電気1」であれば電気料金はなかなか安くなりますし、セット割の金額も270円と比較的大きい方です。 毎月の電気料金が8,000円を超えるという方は東京電力よりも東京ガスにまとめた方がお得になります。 キャンペーンも実施中なのでこのタイミングでお得に申し込みましょう。

次の