ネガティブ キャンペーン。 ネガティブキャンペーンへの5つの対策法

ネット上のネガティブキャンペーンに要注意!正しい対応方法を知ろう|Web集客、ブランディングのお役立ちコラム

ネガティブ キャンペーン

ネガティブキャンペーンに対する5つの対策法 アメリカでは大統領の選挙にこの ネガティブキャンペーンが大々的に行なわれています。 候補者がお互いのイメージを貶めるような情報を正々堂々と流し合って選挙を競うようですが、国民はどう感じているのでしょうか。 また、ネガティブキャンペーンに対する対策法にはどのようなことがあるのでしょうか。 相手の目的を知る ネガティブキャンペーンは、相手を誹謗中傷することによって自分に対する評価を上げようという運動です。 では、ネガティブキャンペーンを受けた側はどう対処すれば良いのでしょうか。 まずは、相手のどんな目的で自分を貶めようとしているのかを確認することが大切です。 相手の真意が分からないままだと、ネガティブキャンペーンへの対処法が定まりません。 相手がどうして自分にそのようなことをするのか、目的を見極めましょう。 相手にしないことも大切 ネガティブキャンペーンをされたからといって、必ずしも同様にネガティブキャンペーンをすることが良いとは言い切れません。 スターバックスがマクドナルドにネガティブキャンペーンを受けたとき、相手にしなかったというエピソードがあります。 スターバックスは何も完全に無視をしたわけではありません。 むしろ腹を立てて怒っていました。 なのに、なぜ同様のことをしなかったのでしょう? スターバックスはネガティブキャンペーンのやり返しには何の意味も持たないことを知っていたからです。 このように、相手にしないことも大切なのです。 独自路線を貫く ネガティブキャンペーンを受けた時の対策として、相手にせずに独自路線を貫くということも必要です。 非難を受けたからと、周囲の目を気にして事実でもないのに自分を曲げるようなことをしていては真実がネガティブキャンペーンとすり替わってしまい、相手の思うツボです。 ネガティブキャンペーンを受けたときは、慌てず独自路線を貫くことで自然と周囲もどちらが正しいのかを見極めてくれることでしょう。 闘争心は忘れない ネガティブキャンペーンへの対策法は、受けた側は闘争心を忘れてはいけないということです。 誹謗中傷などを言われたり、ネットで書き込まれたりしたら全てピックアップしておき、ひとつひとつ、事実と違うという認識を周囲に与えるように、切り返しのトークを準備しておきましょう。 どんなネガティブキャンペーンにも屈しないという闘争心を絶やさないようにしましょう。 努力を怠らない 誹謗中傷に対して自らが行なえることは、ネガティブキャンペーンなど周囲が気にしないぐらい自分達の評価を上げることです。 自分達の評価を上げるということは、努力を怠らないことが一番でしょう。 相手がネガティブキャンペーンをしてきたからといって、周囲が信じなければ何の効果もありません。 誰に何を言われようと、自分達が日々努力をしていることは周囲の人もちゃんと見ているものなのです。 まとめ いかがでしょうか。 ネガティブキャンペーンへの対策法をいくつかご紹介しました。 ネガティブキャンペーンを受けたことにより、精神的苦痛を感じる人も多くいることでしょう。 しかし、だからといって何もしないよりは自分なりの努力を怠らないことで周囲の理解を得ることを優先させることが大切なのです。 ネガティブキャンペーンに対する5つの対策法• 相手の目的を知る• 相手にしないことも大切• 独自路線を貫く• 闘争心は忘れない• 努力を怠らない Filed Under: Tagged With:.

次の

ネガティブ・キャンペーン

ネガティブ キャンペーン

例えば、日本ではあまり見かけませんが、海外の一部で展開されている企業の「比較広告」は他社を比較対象として問題点を挙げている場合はネガティブキャンペーンの一種であると言えます。 ネガティブキャンペーンと誹謗中傷はどう違う? ネガティブキャンペーンは、単に誹謗中傷と同じような意味合いで理解される事がしばしばありますが、実際には正しい意味の「ネガティブキャンペーン」には2点の特徴があります。 まず1点目は 「批判内容が論理的で、裏付けがとれていること」です。 ネガティブキャンペーンで相手を批判する場合、感情的に相手を貶めるのではなく、基本的にはその バッシング内容に値する根拠などが必要です。 2点目は、 「発言者を明確にすること」です。 元々ネガティブキャンペーンは選挙用語であると説明しましたが、 ネガティブキャンペーンを行うのも、批判の対象も公人でした。 企業の行う比較広告においても、広告を発信した企業は明白です。 ネガティブキャンペーンは「相手の批判をする」という意味では単なる誹謗中傷のように取れます。 しかし、選挙手法である本来の意味合いでの「ネガティブキャンペーン」と「誹謗中傷」を比べると、発言に責任を持つ事が前提ではない誹謗中傷に対して、 ネガティブキャンペーンは相手を批判するに値する根拠が必要であり、万が一でたらめな情報を発信してしまえば自分が民衆からの信頼を大きく失うというリスクを伴うという相違点があると言えます。 ネガティブキャンペーンとヘイトスピーチの違い また、ネガティブキャンペーンと混同されがちな「誹謗中傷」に 「ヘイトスピーチ」というものがあります。 ヘイトスピーチとは、人種や民族、宗教、性別、外見、社会的地位などといった属性・特徴に基づく不当な誹謗中傷や差別、扇動、脅迫行為のことを指します。 英語の「Hate(=憎悪・嫌悪)」と「Speech(=発言)」をかけ合わせた語句からも想像できるとおり、ヘイトスピーチは 主観的・一方的な憎悪や敵意が含まれている発言や、 関係のない第三者に対して、ヘイトの対象への憎悪・差別意識を煽る発言がほとんどであることから、近年大きく問題視されています。 日本では 2016年5月24日「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(平成28年法律第68号)」いわゆる「ヘイトスピーチ解消法」が成立するなど、この問題を解決しようという動きも進んでいます。 「ネガティブキャンペーン」は名誉毀損になるのか? 上記を踏まえて考えてみたとしても、「公の場で相手の悪口を言う(またはインターネット上に書き込む)ならネガティブキャンペーンは名誉毀損ではないか?」と思う方はいるでしょう。 ここでは名誉毀損罪の内容と「なぜ選挙における(本来の意味での)ネガティブキャンペーンが名誉毀損にならないのか」について解説していきます。 名誉毀損罪とは 名誉毀損罪について、刑法にはどのように言及されているか確認してみましょう。 第二百三十条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。 引用: 「公然」というのは、不特定または多数の人々が知ることのできる状態を指します。 また、「その事実の有無にかかわらず」という言葉は、「悪口の内容が嘘か本当かとは関係なく」という意味です。 したがって、名誉毀損の条件を簡単な言葉にすると、 「誰でも知り得る事のできる場所で、人の悪口(例え本当の事であっても)を言ってその人の名誉を傷つける」行為という事になります。 名誉毀損罪が免責される場合について 選挙におけるネガティブキャンペーンは「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損」に当てはまるように見えますが、「名誉毀損」にならない場合が存在します。 (公共の利害に関する場合の特例) 第二百三十条の二 前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 2 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。 3 前条第一項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。 引用: この「刑法第二百三十条の二」には、名誉毀損が成立しない特例についての条件が記載されています。 第1項を簡単にまとめると、 「公共の利益に関する内容であること」「目的が公益のためであること」「批判の内容が真実であると証明すること」の3つの条件が全て揃っていれば、名誉毀損にはしないという意味の内容であると言えます。 また、第2項は、 「公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす」と書かれているので、まだ起訴されていない状態であっても「犯罪行為に関する事実を公の場に拡散する」行為は、第1項の「公共の利益に関する内容であること」という要件を満たすと判断する事ができます。 さらに、第3項は「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した」の 毀損された当人が公務員や公選による公務員の候補者に関する真実(=本当だと証明されたこと)の場合は「名誉毀損罪」として罰しないとしています。 これは、報道の自由や知る権利を守るための例外と言えます。 選挙におけるネガティブキャンペーンが名誉毀損罪に当たらない場合が存在するのはこのためです。 しかし、もちろん「相手が公務員だから真実なら何を言っても良い」という訳ではありません。 公務員としての適性に関係のない事象で名誉を毀損した場合は、公務員や公選による公務員の候補者に関する真実であっても名誉毀損が認められた判例があります。 (参考: 事件番号: 昭和27 あ 3760 相手方の氏名を明示しない公務員に関する新聞記事が名誉毀損罪を構成する事例) 現代における「ネガティブキャンペーン」 現在、広義で使われている「ネガティブキャンペーン」は、本来の意味と変わっている場合があります。 例えば、 職場で根拠のない同僚の悪い噂を広めたり、インターネットの掲示板に匿名で誰かの悪口を書いたりする場合でも「ネガティブキャンペーン」という言葉が用いられる事があります。 とりわけ、インターネット上では匿名性を盾にした上記の意味でのネガティブキャンペーンが起こりやすいと言えます。 インターネット上のネガティブキャンペーンは選挙のような個人対個人の構造ではなく、一般人対企業・商品・著名人や有名人となる事もありますし、明確な根拠が提示されない場合が多くあります。 こういった ネガティブキャンペーンを謳った「誹謗中傷」は、その内容によっては違法となる場合もあります。 ネガティブキャンペーンの対策 それでは、実際にネガティブキャンペーンの被害に遭った場合はどんな対策方法を実行すれば良いのか解説していきます。 大きく分類すると、匿名性の低い職場や学校などオフラインのコミュニティ内と、匿名性の高いインターネット上とで対応方法が分かれます。 匿名性の低いコミュニティ内で被害に遭った場合はまず「無視」をする! 自分の悪い噂を職場などのコミュニティー内で広められるのは、その内容が本当でも嘘でも辛い事ですよね。 しかし、 個人間のネガティブキャンペーンに関しては、基本的には無視することが一番の対応策と言えます。 ネガティブキャンペーンを行っている相手は悪い噂を流すことで相手にダメージを負わせる事を目的としているため、 対抗して悪口を言うなど感情的に反論しては逆効果です。 さらに、被害に遭っているからと言って自分まで悪口を広めては、それが原因で元々悪い噂を信じていなかった人からの評価まで落としてしまう危険性もあります。 どうしても辛い場合は、まず上司や気の置けない同僚など 確実に味方になってくれる人に本当の事を話し、協力を仰ぐのが良いでしょう。 匿名性の高いインターネットでの被害は冷静に対処を! インターネットが普及し、誰もが個人のSNSで簡単に自分の意見を発信できるようになったことに加え、一般人だけではなく企業や有名人もSNSを使って自分の言葉を発信する機会が増えました。 企業や芸能人は、同じSNSを使う事で「距離の近さ」を演出でき応援して欲しいユーザーからの共感を得やすいのが利点ですが、その一方で同じ「距離の近さ」から簡単に誹謗中傷の的にされてしまうトラブルも多発しています。 基本的に、インターネット上でおこるネガティブキャンペーンも一方的な憎悪や嫉妬などからくる誹謗中傷です。 しかし、インターネットでの発言は匿名性の高さも相まって 誹謗中傷の被害が大きくなりやすい傾向にあります。 例えば、普段なら使わないような酷い言葉を使われてしまう事もありますし、職場や学校など現実のコミュニティと違ってインターネットに個人情報を投稿されてしまった場合は、その情報が世界のどこからでも閲覧可能な状態となってしまいます。 さらに、 インターネット上に投稿された情報は簡単にコピーやスクリーンショットをする事が可能であるという点や、Twitterなど一部のSNSの拡散性の高さなども忘れてはいけません。 こういった危険性の高いインターネットでの誹謗中傷は、可能な限り早期に発見して対処しましょう。 インターネットの誹謗中傷を削除したい場合 インターネットの誹謗中傷は、 拡散される前に発見し、削除申請をするのがスマートです。 削除可能な投稿の基準に関してはそれぞれの掲示板やブログ・SNS等の利用規約をよく読んで確認する必要がありますが、多くの場合は 「プライバシーの侵害にあたる個人情報」「リベンジポルノにあたる画像や動画」「名誉毀損罪や侮辱罪に当たる発言内容」などが違法投稿として削除可能な傾向にあります。 投稿の削除申請を行う場合は、被害に遭っている本人が申請の手続きを行う必要があります。 その際、どの書き込みがどうして違法なのか、書き込みによってどういった被害を受けているのかなどを法律の観点からわかりやすく説明する必要がありますので、もしも 法律の知識に自信がない場合は事前に弁護士に相談すると安心です。 また、弁護士は被害者の依頼で削除の代理をすることも可能なので、どうしても自分で対処する事が難しい場合や削除できる確率を上げたい場合はインターネットのトラブルに詳しい弁護士を探して全てお任せしてしまうのもひとつの手です。 法律的に削除するのが不可能だった場合は 誹謗中傷対策を行っている会社に相談し、情報の拡散防止に務めるのが良いでしょう。 インターネットの誹謗中傷対策を行っている会社は多数あり、それぞれに対策方法が異なる場合があります。 依頼をする前にしっかり目的や予算を伝えて対策方法などをヒアリングし、自分が信頼できると判断した会社に依頼するようにしましょう。 まとめ|ネガティブキャンペーンを謳う誹謗中傷に注意!インターネットの場合は特に冷静な対応を! ネガティブキャンペーンとは、本来は相手の欠点を指摘する事によってその信頼を貶め、結果的に自分が利益を得るという選挙手法の事を言いました。 根拠や発言者が明確であったはずの「ネガティブキャンペーン」ですが、現代では匿名の誹謗中傷でもこの言葉が用いられる場合があります。 学校や職場などのコミュニティ内におけるネガティブキャンペーンは、基本的に無視をする事が望ましく、反論したり対抗して悪口を言ったりする事は避けましょう。 信頼のおける人に相談して協力してもらうのも良いでしょう。 近年問題視されている インターネット上での匿名で行われるネガティブキャンペーン(=誹謗中傷)の被害に遭った場合は、情報が拡散されて多くの人の目に触れる前に冷静に対処を行いましょう。 これらの書き込みは、違法である場合は削除できるケースも多くあります。 実際に削除申請を行う場合、不安であればインターネットのトラブルに強い弁護士に相談すると安心です。 万が一、法律で対処できない書き込みであった場合には、風評対策を専門にしている会社に相談してみましょう。

次の

ネガキャンとはどんな意味?選挙?車?ゲーム?自分にも?対義語は?ネガキャンについて徹底解説!

ネガティブ キャンペーン

競合の「貶め工作」(ネガティブキャンペーン)に対抗する方法 強い敵(競合)と戦うのは避けたい。 ですが、競合が向こうから近寄ってくるケースはあるものです。 ネガティブキャンペーンを仕掛けられるパターンですね。 文章では明確に店舗名をださずとも、「分かる人には分かる」程度に 悪いイメージを流し込んできます。 それに対抗するすべは基本的にはありません。 強者は弱者の行動に行動に合わせればいいだけですから。 ですが、競合の攻撃を逆手にとって対抗する方法もあると言えばあります。 なにより、受注率を高める方法でもあるのでネガティブキャンペーンを 競合から仕掛けられていなくとも使えます。 では、具体的にどうすればよいのか? ねちっこい競合からの ネガティブキャンペーンの対策を、 以下に説明します。 注意:今回は個人でも無料でできる範囲、かつ、ネット上における 対策だけ紹介しております。 あらかじめその点をご了承ください。 潜在顧客の不安を先回りして払拭する ネガティブ情報はできるだけはやく払拭するのが一番です。 黙りこくってはいけません。 反論してください。 なぜなら、こちらから伝えないと閲覧者(見込み客候補)はわかってくれません。 「そこまで言わなくてもわかってくれるだろう」 という感覚では失敗します。 消費者はそこまで賢明ではないのです。 あなたほど業界に詳しいわけでもありません。 ネガティブキャンペーンは言ったもの勝ちの世界です。 日本人は「黙っていてもわかってくれる」とおもいがちですが、 それは罠です。 反論しないのであれば、それは負けです。 また、一度だけ説明してもお客さんは理解できません。 重要なことはこれでもかと何度でも、ことあるごとに説明すべきです。 セールスコピー・ライティングにおいては成約率・購入率が 高まるテクニックとして、「お客様の不安を先回りして解消する」と いうのがあります。 安心感を与えられる看板や、法人でもない。 信頼性が低いとみなされやすい小規模な個人事業主(自営業)は ことさらこのテクニックは重宝します。 他社・競合からのネガティブキャンペーンに対抗し、 さらに売り上げも伸びるかもしれない施策です。 ネガティブキャンペーンの対策としても大いに効果が期待で済ます。 そのためには、ネガティブキャンペーンを仕掛けられそうな事柄を 先回りして、お客さんに伝えればいいわけです。 競合から突っ込まれそうな箇所に対する文章を、 ウェブサイト(ホームページ)に掲載するだけです。 自営業の便利屋に、見込み客が抱く不安 あなたのウェブサイトに訪れた閲覧者(潜在顧客)は 不安を抱き、あなたに依頼をしようかどうか迷うはず。 その不安をひとつひとつ潰していけば受注率が高まるってわけです。 しかし、閲覧者はわざわざ「〇〇が不安なんです~」とは言ってくれません。 不安や疑問を解決する情報がないとすぐに、競合のウェブサイトに流れていきます。 「じゃぁ、どうすればいいんだ!」 ご安心ください。 開業したての便利屋に、閲覧者が抱く不安は大体固まっています。 なぜ、料金が安いのか?(料金面) 開業初期の方は相場よりも安く料金を設定しがちです。 リピーターが乏しいので、間口を大きくするため。 また、駆け出しなので、とにかくはやく実績が欲しいなどの 理由があげられます。 ただ、「料金が安いですよ~」と喧伝しているだけだと 閲覧者は不信感を抱きます。 そこで、閲覧者が納得する理由が必要なんです。 ここで注意するのは「本音ではなくも良い」 「実態と違っていても良い」ということ。 正直に答えようとしなくても別に問題ありません。 「僕は先月便利屋の看板をあげたばかりです。 できるだけはやく実績が欲しいので相場崩壊をおこすほど 低価格でサービスを提供しています!」 このような文章をウェブサイトに掲載したら 閲覧者は去っていくでしょう。 なかには、「その気概買ったぁ!」と、気に入り。 顧客になってくれる人もいないとは申せませんが。 必要なのは不安を払しょくすること。 よくありがちなのは、自営業の身軽さを強調する説明です。 「安い業者はサービスの質も低くなりがちです」 また、以下のような切り口で決めつけてくる競合もあらわれても おかしくはありません。 「安いのにはそれなりのわけがあります。 必要な備品を粗悪にして 経費の節約をしているから料金を安くできるのです」 競合が仕掛けてきやすい、よくある嫌味(ネガキャン) 競合が仕掛けてきやすい標的には傾向があります。 それは 料金や設備、運営体制に関わるものです。 ・小規模事業者または非法人であること ・フリーダイヤルを設置していないこと たとえば、競合が フリーダイヤルを設置していて、あなたの店舗では 設置していないとします。 すると競合はそこをイヤミったらしく突いてきます。 (例) 「当店は個人店舗です。 そのため、身軽でありますので 公序良俗に反する依頼でない限りは承っております。 どんなお悩みであっても無下にすることはございません。 当店にお任せいただきたく願います」 以上です。 立場が変わった場合はどうする? あなたが競合から、自営業である点や、 フリーダイヤルも設置していない事実を 競合からネチネチ責められたとします。 「このやろー」と思いながらも必死に働き、 売り上げを伸ばし、株式会社を設立しました。 そして、フリーダイヤルを設置したとします。 自営業からの脱却です。 そしたらどうするのか? 今度はあなが弱者を叩く番です。 「自営業だからこその強みがある」 こう、アピールしていた便利屋が 法人になった途端、 「自営業(個人業者)は信用ならないですよ」 と、消費者にうったえていたりしますからね。 本当によくみかけます。 自分がその市場で一定の立場を築くと、 過去の自分とほぼ同じ状況の人をこれでもかと叩くんです。 攻撃します。 けれど、商売上であれば悪くはない手です。 重要なのは「黙っていてもわかってくれる」と思わないこと。 消費者・閲覧者・見込み客などはこちらがちゃんと説明しないと 理解してくれません。 ネガティブキャンペーンを仕掛けられた場合は ちゃんと言い返さないと誤解をされたままになってしまいます。 関連ページ•

次の