子宮頸がん 初期症状 ブログ。 子宮体がん(子宮がん)とは|症状や検査、治療、ステージなど【がん治療.com】

更年期になりやすい子宮体がんに注意!初期症状と予防方法

子宮頸がん 初期症状 ブログ

- 目次 -• いっしょにあるこう。 -子宮体がん・闘病記- 子宮内膜異型増殖症(子宮体がん0期とも言います)から子宮体がんに移行した方のブログです。 子宮内膜異型増殖症とは、子宮内膜が異常に厚くなり、更に通常の子宮内膜とは異なる形の細胞が混ざっている病気です。 この病気はホルモン治療で治癒する可能性が80%と高いですが、残り20%の方は細胞の異型化が進み、最終的に子宮体がんになります。 この方は残念ながらホルモン療法の効かない20%でした。 古いブログですが、症状だけでなく心情なども詳細に記されており、がんを告知されて不安に思っている方に寄り添ってくれる感じを受けます。 治療後、5年以上経過しても再発は発見されていないので特に1期までで治療をされた方は勇気をもらえるブログです。 国際結婚をして奥さんの住む国に移住した方ですので日本の医療事情とは違いますが、旦那様と一緒に読み、旦那様にも病気について知ってもらう為にも良いブログだと思います。 前触れも何もなく、突然奥様が末期の子宮体がんだということが発覚し、共に前向きに治療に励んでいらっしゃいます。 2013年から始まり、現在も頻繁に更新されています。 がんとの闘いは辛く厳しいところがクローズアップされますが、末期がんであっても日々の小さな楽しみがあったり旅行に行ったりと悲観的になることなく闘病している姿には希望を見出すことが出来ます。 末期ということで、手術で病巣を除いた後、化学療法中の方にはとても参考になると思います。 また、 男性目線のブログですので検査の数値や容体が客観的に書かれています。 検査結果の数値が気になる方にもお勧めです。 子宮体がん闘病記 珍しい患者と旦那様の共同執筆ブログです。 ご家族や旦那様と一緒に読み、家族の寄り添い方の一例として参考にすることをお勧めします。 淡々と書いてあるので読みやすいです。 検査の方法、結果は勿論のこと、ステージ別5年生存率、手術時に必要なもの、費用の目安まで書いてあるのでとても参考になると思います。 また化学療法についても段階に沿って書いてあるので、化学療法を受ける方には大変心強いと思います。 特筆すべきは執筆期間の長さです。 現時点で経過観察6年半まであります。 がん治療が終わり、現在経過観察中の方にもお勧めします。 いままでありがとね 奥さんを子宮体がんで亡くされた旦那様によるブログです。 涙なしには読めませんが、自分が不調を感じて病院に通っても全く改善しない場合は転院することも必要だと思わされるブログです。 奥さんは婦人科系の不調で何年か病院に通っていたにも関わらず、治療が効かず、かといって異常も発見できず、突然別の病院への紹介状を渡され、そこで診察した結果が「子宮体がん」。 既に3期でした。 闘病むなしく奥様は亡くなってしまいますが、 長年不調の原因を詳しく調べるでもなく放置した病院への対応が書かれています。 また、生理の調子がおかしいなどの不具合があっても忙しさを理由になかなか病院に行けない女性たちへの愛ある警告と、子宮体がんや子宮頸がんに関するセミナーの話が載っているので情報の一つとして冷静に読んでほしいと思うブログです。 カテゴリから探す•

次の

更年期になりやすい子宮体がんに注意!初期症状と予防方法

子宮頸がん 初期症状 ブログ

子宮頸がんの症状は、初期には、ほとんど症状がないというのが怖いですよね。 症状が出始めたときに、病院に行ったら、既にガンが進行していますと言われたらショックです。 ホントこういうのが一番怖いです。 痛いとか、苦しいとか、何かしらの症状があれば、不安になって病院に行くのですが、症状がない場合は、病院に行くきっかけがありません。 私の友人は、子宮頸がんで35歳で亡くなりました。 とても元気で活動的な女性だったので、友人のお母様から訃報が届いた時には、信じられませんでした。 このブログをご覧になってる方の中にも、何か気になる症状があって、ご自身の症状が子宮頸がんかもしれないと不安に思ってる方もいるかもしれません。 子宮頸がんの症状は、初期にはほとんど症状がないそうですが、それじゃ、どの位、進行すると、どんな症状が出てくるのでしょうか。 私も、いつ子宮頸がんになるか分からないので、どんな症状が出るのか調べておこうと思いました。 まれに、接触出血がみられます。 この時に、生理不順だと思い込んで、見過ごすことが多いそうです。 おりものには、血が混じるため、ピンク色や褐色のおりものがみられるようになります。 おりものは、ガンの進行にしたがって、肉汁や膿のようになって、量も多くなります。 さらに進行すると、子宮ガン特有の強い悪臭を放つようになります。 痛みは、ガンがある程度大きくなってから初めて現れます。 またガンが尿管を圧迫して尿が出なくなったり、ガンがリンパの流れをさまたげて、足がパンパンにむくんだりすることもあります。 また膀胱や直腸の壁に穴があき、尿や便が膣に流れ出てくることもあります。 初期の子宮頸がんの症状 自覚症状がない まれに接触出血 進行した子宮頸がんの症状 接触出血・不正出血(生理日以外の出血)・おりものの異常(茶褐色のおりもの・量が増える)・腰痛・下腹部痛・足のむくみ スポンサーリンク 子宮頸がんの早期発見・早期治療は、定期検診が決め手! 子宮頸がんの初期には、自覚症状がほとんどないので、無症状で病院に行く人はいないですから、症状だけを手がかりに、子宮頸がんの早期発見をするのは難しいです。 やはり、 子宮頸がんの早期発見は、検診で見つけるしかないです。 子宮頸がんの検診は、2年に一度受ければ、早期発見ができて100%完治します。 2014年度からは、20歳になったときに、子宮頸がん検診の 無料クーポンも発行されます。 以前は、20歳・25歳・30歳・35歳・40歳と、5歳間隔で無料クーポンがもらえたのですが、2014年からは、20歳になったときだけになってしまいました。 でも、 20歳以降は、偶数歳には自治体のほうから、子宮頸がん検診の費用の一部を補助してもらえるので、安く検診が受けられます。 ただし、男性経験がまだない場合には、20歳になっても子宮頸がん検診は受けなくていいそうです。 子宮頸がんは、若い世代から発症しやすいですから、面倒でも、忙しくても、恥ずかしくても、2年に一度、子宮頸がん検診を受けるようにしましょう。

次の

子宮体がんが見つかったとき、参考になるブログ

子宮頸がん 初期症状 ブログ

- 目次 -• いっしょにあるこう。 -子宮体がん・闘病記- 子宮内膜異型増殖症(子宮体がん0期とも言います)から子宮体がんに移行した方のブログです。 子宮内膜異型増殖症とは、子宮内膜が異常に厚くなり、更に通常の子宮内膜とは異なる形の細胞が混ざっている病気です。 この病気はホルモン治療で治癒する可能性が80%と高いですが、残り20%の方は細胞の異型化が進み、最終的に子宮体がんになります。 この方は残念ながらホルモン療法の効かない20%でした。 古いブログですが、症状だけでなく心情なども詳細に記されており、がんを告知されて不安に思っている方に寄り添ってくれる感じを受けます。 治療後、5年以上経過しても再発は発見されていないので特に1期までで治療をされた方は勇気をもらえるブログです。 国際結婚をして奥さんの住む国に移住した方ですので日本の医療事情とは違いますが、旦那様と一緒に読み、旦那様にも病気について知ってもらう為にも良いブログだと思います。 前触れも何もなく、突然奥様が末期の子宮体がんだということが発覚し、共に前向きに治療に励んでいらっしゃいます。 2013年から始まり、現在も頻繁に更新されています。 がんとの闘いは辛く厳しいところがクローズアップされますが、末期がんであっても日々の小さな楽しみがあったり旅行に行ったりと悲観的になることなく闘病している姿には希望を見出すことが出来ます。 末期ということで、手術で病巣を除いた後、化学療法中の方にはとても参考になると思います。 また、 男性目線のブログですので検査の数値や容体が客観的に書かれています。 検査結果の数値が気になる方にもお勧めです。 子宮体がん闘病記 珍しい患者と旦那様の共同執筆ブログです。 ご家族や旦那様と一緒に読み、家族の寄り添い方の一例として参考にすることをお勧めします。 淡々と書いてあるので読みやすいです。 検査の方法、結果は勿論のこと、ステージ別5年生存率、手術時に必要なもの、費用の目安まで書いてあるのでとても参考になると思います。 また化学療法についても段階に沿って書いてあるので、化学療法を受ける方には大変心強いと思います。 特筆すべきは執筆期間の長さです。 現時点で経過観察6年半まであります。 がん治療が終わり、現在経過観察中の方にもお勧めします。 いままでありがとね 奥さんを子宮体がんで亡くされた旦那様によるブログです。 涙なしには読めませんが、自分が不調を感じて病院に通っても全く改善しない場合は転院することも必要だと思わされるブログです。 奥さんは婦人科系の不調で何年か病院に通っていたにも関わらず、治療が効かず、かといって異常も発見できず、突然別の病院への紹介状を渡され、そこで診察した結果が「子宮体がん」。 既に3期でした。 闘病むなしく奥様は亡くなってしまいますが、 長年不調の原因を詳しく調べるでもなく放置した病院への対応が書かれています。 また、生理の調子がおかしいなどの不具合があっても忙しさを理由になかなか病院に行けない女性たちへの愛ある警告と、子宮体がんや子宮頸がんに関するセミナーの話が載っているので情報の一つとして冷静に読んでほしいと思うブログです。 カテゴリから探す•

次の