コロナは風邪 東京都知事。 【東京都知事選挙2020】コロナはただの風邪!平塚正幸の公約政策と経歴まとめ

後藤輝樹氏はコスプレ、コロナは風邪、スーパークレイジー君... 都知事選、ポスターも「激戦」に: J

コロナは風邪 東京都知事

2020年7月5日に東京都知事選が行われます。 コロナウイルスへの対応もあり、十分な選挙活動が出来る状況ではないため小池ゆりこ氏が優勢となっていますが、都知事選は今後4年間の都政の方向性を見ていくことになり、仮に落選したとしてもその候補者の評価された政策は当選者によって自身の政策に取り入れる可能性がありますので丁寧に政策の評価はしていきたいと思います。 ここでは私の専門である「医療」の分野を比較していきます。 今回の選挙では22人が立候補しています。 そのうち医療政策を出しているのは16人です。 さらに検討に値するだけの医療政策を出しているのは5人でした。 1人ずつ見ていきます。 すでにPCR検査は十分に行えている体制はあり、ホテルの協力などもあり隔離や入院体制はかなりバッファを持つことができている。 独立行政法人を中止にすることだけで感染爆発に備えることは不十分。 むしろ独立行政法人化した後にも助成することで効果的な対策を打てることも多いだろう。 総論としてcovid-19対策には場当たり的でマネジメントする意思が薄い。 またcovid-19以外にも重要な医療政策に触れられていない。 現都知事であり今まさに取り組んでいることも多いだろう。 ただし、現在やっていることが問題を解決できているかは別。 例えばがん対策のがん検診なども推進しているものの半数も受診できていない。 目玉対策の一つの東京版CDC(Centers for Disease Control and Prevention:米国の感染症対策の総合研究所)を設立するというのもあるが、新型コロナウイルスや新興感染症対策に対して行政機関に干渉されず一貫とした姿勢で調査・提言出来る機関が必要ではあるものの、その理解や実行性はこの4年の都政を見るとやや懐疑的。 yuriko. またがん対策も自身の肺腺癌を発見・治療した経験から早期発見の意義を理解し、力強く進めていく意思を感じる。 この問題に(身の危険があるにもかかわらず)自分の名前を出して取り組もうとしている姿勢は評価出来る。 現状の対策で効果は出てきている。 新興感染症やがんなどの重大疾患へのマネジメントの視点が欠けている。 感染症対策を適切に対応できる体制を構築した後にこういったことに取り組むことは歓迎だが、当選したとしても本人たちの意思ではなく実行性も薄いだろう。 主要な5人の医療政策の比較でした。 以下は検討するに値しないと評価した政策です。 必要なことではあるがピントがずれている。 関口安弘 【政策】屋外の運動を推奨せよ 【評価】X:covid-19に対して無策。 ごとうてるき 【政策】社会保障は全部無料・全国共通ネットカルテ 【評価】X:真面目に考える気がない。 また共通で見られるカルテは必要だが都だけの話でない。 沢しおん 【政策】適切に指標の再設定や適切な運用 【評価】X:何か言っているようで何も言っていない。 石井均 【政策】診療報酬の総額を引き下げ、精神病院の入院日数を1カ月以内、処方薬を減らす方法を検討、ジェネリック医薬品の使用率を100%にする規制、公的医療保険を全て廃止・医療目的税を新たに設定、財源は企業の内部留保と個人金融資産、一律3割負担、尿素薬で新型コロナウイルス の治療と予防ができる。 【評価】X:お金のマネジメント一辺倒で疾患をマネジメントすることができていない。 コロナウイルスの薬に関しては普通に嘘をついている。 長澤育弘 【政策】リフィル処方箋、零売できる医薬品の増加、コロナウイルスや新型インフルエンザウイルス検査のドラッグストアでの検査OK、アフターピル販売OK 【評価】X:薬局or自分のビジネスのことしか書かれていない。 牛尾和恵 【政策】オンライン診療、病院の混雑状況、ルート、配車(病人専用タクシー)、物資の状況、名誉欲のある人の受賞、感謝の声、口座番号(ネットで宣伝、ニュースでも上映) 【評価】X:支離滅裂 平塚正幸 【政策】コロナはただの風邪 【評価】X:無策。 日本の対策と世界の状況が俯瞰できていない。 もし「コロナ」が新型コロナウイルス のcovid-19ではなく普通の風邪のコロナウイルスだとしたら正しい見解だが、都知事選で主張することでもない。

次の

東京都知事選挙2020 立候補者 平塚正幸 経歴・政策【コロナはただの風邪】

コロナは風邪 東京都知事

実は、新聞やテレビが「主要5候補」としか報じない裏では、史上最多となる22人が名乗りをあげている。 (文中敬称略) 令和2年の都知事選には、過去最多となる22人が立候補している。 現職の小池に、野党3党の支援を受ける元日弁連会長・宇都宮健児(73)、れいわ新撰組代表の山本太郎(45)、元熊本県副知事の小野泰輔(46)に、ホリエモン新党公認でNHKから国民を守る党党首の立花孝志(52)を加えた5人が大手メディアが「主要候補」とする候補者だ。 候補者の中でも、とりわけシュールな選挙戦を展開するのが、自身が立ち上げた国民主権党党首にしてユーチューバーの平塚正幸(38)だ。 選挙戦最初の土曜日、人出が増えた新宿南口に平塚の選挙カーは現れた。 事前に録音した「新型コロナウイルスはただの風邪です」という主張を、到着からおよそ1時間弱、延々と流し続けた。 平塚の陣営が誰もマスクをせず、「ただの風邪」と言い切っていることに、「そんなわけないだろう」と反発する聴衆もいた。 そして、わざわざ車の前に来て両手を広げ、首を横に振る外国人の姿も。 カオスに陥った新宿駅南口を、当の本人は2階テラスから見下ろし、撮影した動画をさっそくツイッターにアップロードしていた。 いつまで経っても演説が始まらないため、じれた私は車内に戻った平塚を直撃した。 「(新型コロナは)季節性のインフルエンザと比べても感染者数は少ない。 嘘を流すメディアこそ病原体です。 新型コロナウイルスで死んだ人は知り合いにいないし、亡くなった方の平均は75歳ですよね。 申し訳ないけど、もともと死に近かった人しか亡くなっていない」 平塚の最後の言葉に、背筋がゾッとした。 「この様子をYouTubeで流していいですか?」と逆質問をしてきた。 選挙活動につながるなら何でもありである。 コロナ問題で中国からの入国規制など水際対策の遅れの責任を巡って、「小池百合子はまず都民に謝罪すべき。 安倍晋三にも同じことが言いたい」と主張する。 「武漢肺炎対策」として街頭演説を一切中止。 ウェブ上の演説で「公平に取り上げない既存メディアに期待はしない」などの主張を続ける。 【都知事選の候補者一覧(届け出順。

次の

都知事選候補たち コロナに対する「ただの風邪」等主張の真意

コロナは風邪 東京都知事

それ以外に掲げる公約や政策はあるのでしょうか? 平塚正幸氏の公約 選挙公報などを見ましたが、 公約と思われる個所は見当たりませんでした。 「コロナはただの風邪」の主張が強すぎて、他の情報が届かないのはマイナスではないでしょうか。 読み取るなら「自粛は解除」「新しい生活様式は行わせない」といった辺りが公約となりそうです。 他にやることがあるだろ?と突っ込まれるのも無理はないなあ 平塚正幸氏の政策 選挙公報、選挙ポスター、選挙カー、あらゆるところに「コロナはただの風邪」と大きく記載しているだけの平塚氏。 一点集中型の訴えを展開していますが、他を疎かにしているわけではないようです。 自身のYouTubeチャンネルで主張している 新型コロナ関連以外の政策は以下の通りです。 ・外国人参政権反対(完全排除ではない) ・武力は必要、専守防衛はあり ・消費税ゼロ(消費税は罰金。 購買意欲を妨げ、景気を後退させる元凶) ・最低賃金は物価に連動した変動制 ・5Gには反対 ・オリンピックは有観客試合で開催(自粛ムード払拭、地方復興を兼ねて) ・土着文化やお祭りの復興。 地方創生(文化の継承) 2014年から社会活動家YouTuberとして発信しているだけに、練り込まれた自論を展開しています。 詳しくはこちらから 泡沫候補の中では、珍しく出馬会見を行った平塚氏。 新型コロナはインフルエンザよりも毒性が低く、ゆえに自粛は免疫力を下げる行為であり、逆に病気になると訴えています。 景気対策やオリンピック問題には全く触れられていません。 主張はひとつ、コロナはただの風邪。 ここでも主張は、コロナはただの風邪。 メディアの偏向報道を指摘し、コロナ騒動は作られた騒動であると訴えています。 平塚正幸氏の政見放送(NHK版) 【PROFILE】 名前:平塚正幸(ひらつか まさゆき) 生年月日:1982年1月1日(38歳) 出身地:千葉県船橋市 学歴:明治大学法学部中退 職歴:社会活動家YouTuber(2014年1月~)、国民主権党党首 友達と密になって遊ぼうの会会長(経歴放送より) 出馬歴:2019年参院選選挙 千葉選挙区より立候補 医療分野を学んだ経歴でもなく、医療関係の仕事に従事していたわけでもない様子。 「コロナはただの風邪」のソースがどこにあるのか、知りたいところです。 ちなみに2019年の参院選(千葉選挙区)では 定数3に6名が立候補、5位で落選しています。 スポンサーリンク 平塚正幸氏と国民主権党の公式アカウント 街宣カー1号車🚗は、国立感染症研究所に到着しました。 平塚氏個人と国民主権党、それぞれで TwitterとYouTubeチャンネルが確認されています。 平塚正幸氏の公式アカウント こちらはご自身の思想、候補者としての活動内容が投稿されています。 (さゆふらっとまうんど) 国民主権党の公式アカウント こちら選挙活動の告知や報告がメインです。 今後の選挙ボランティアをお考えの方はチェックしてみましょう。 スポンサーリンク まとめ きたきたー!!!!😆 小児科医、ウィルス研究者が、 「コロナはインフルエンザ同様の対策で充分」と。 全部納得!完璧です! — ぺと mamanamon コロナはただの風邪。 この主張を軸とした選挙戦を戦っている平塚氏。 「逆張り」「根拠がない」「外国の惨状を見ろ」などの批判も多く見られますが、軸は全くぶれていない様子。 その真摯な訴えに、支持者が増えてきているとの声も。 平塚氏の得票数が「コロナはただの風邪」に賛同した有権者の数とするならば……。 審判の日は7月5日(日)です。

次の