アメリカ 大統領 選挙 仕組み。 アメリカ大統領選挙の仕組みとは?問題点やなぜ?を簡単に解説!【図解】

大統領選挙って投票に登録いるの?アメリカの選挙投票日と手続き方法

アメリカ 大統領 選挙 仕組み

今回は、大統領選挙の仕組みについて見ていこうと思います。 まず、大統領選挙は4年に一度行われ、選挙戦は1年をかけて進められます。 アメリカの大統領の任期は、最大で2期(8年間)まで認められています。 大統領選挙は、予備選挙、そして本選挙と呼ばれる2つの選挙戦が行われます。 予備選挙とは、民主党、共和党の2大政党が、党の代表者を決める選挙です。 予備選挙で勝利するには、各党の過半数を獲得する必要があり、初戦アイオワ州から始まり、続いてニューハンプシャー州と順を追って各州で行われます。 そして、14の州で一斉に投票が行われるスーパーチューズデーが3月に行われます。 このスーパーチューズデーに選挙が最も集中するため、大変注目される日であり、この結果から撤退する候補が多く出てきます。 つまり、ここで事実上の絞り込みが行われるわけです。 そして、7月に全国党大会が行われ、各党の候補者が決定します。 全国党大会とは、共和党全国大会、民主党全国大会と各党で最終候補者を決定することを指します。 そして最後は、11月3日に大統領選の一般投票(本選挙)が行われ、アメリカ全土で選挙人の過半数を獲得した方が勝利します。 順に見ていきましょう。 まず、選挙人とは、大統領を選ぶ権利のある人の事を指し、州ごとに人口に応じて人数が違います。 勝者総取り方式とは、その州で1票でも多く票を得た候補者が、選挙人を全員獲得できるというものです。 つまり、選挙人の数が多い州で多く勝てば、選挙人の少ない州で負け続けたとしても、選挙人の総獲得数で上回ることができ勝利が可能になるということです。 簡潔に言いますと、人口の多い重要な州をより多く獲得した者が有利ということになります。 jp 上の図のように、S州ではA氏が勝利したので、A氏が獲得した選挙人は計7人ということになります。 2016年の大統領選挙の際、一般の総獲得票数では勝っていたヒラリー・クリントン氏は、選挙人が多い州で勝利したトランプ氏(今のトランプ大統領)に、最後、選挙人の総獲得数で負けてしまいました。 さて、話をトランプ大統領に移しますが、過去のデータから大統領選挙戦は現職が非常に有利だと言われています。 まず、一つ目の理由は知名度です。 アメリカの大統領ということで、トランプ大統領は圧倒的に知名度があります。 次に、予備選挙を勝ち抜いてようやく党候補になった候補者と比べて、早い段階から選挙の準備に入ることが可能です。 資金集め、支持固め、戦略と準備を進める期間が早いのは、当然有利です。 過去、再選に臨んだ大統領10人のうち、敗れたのは3人だけです。 つまり、再選確率は70%ということになります。 このうち、敗れた3人には共通点があり、それは景気後退です。 トランプ大統領が躍起になって経済の立て直しを急いでいるのも、このような過去のデータもあるからかもしれません。 現在はバイデン氏が優勢と言われていますが、トランプ大統領は新型コロナウイルスが中国武漢から流出した決定的な証拠を手に入れたと発表しています。 ポンペイオ国務長官もこの問題について「武漢の研究所から新型コロナウイルスが発生したことを示す根拠はいくつかある」と発表しています。 この発表がどう選挙選に影響するのか、何か新しいことを始めるのか、筆者にはわかりませんが、トランプ大統領の必死さは伝わってきます。 この決定的な証拠を得たというアメリカ側の発言に対して、WHO(世界保健機関)は、そんな証拠はどこにもないと反発しています。 中国とWHOとの関係も、何かと噂されていますが本当のところはわかりません。 また、アメリカ側の主張、新型コロナウイルスは中国武漢から流出したという発表に対して、中国政府が強く反発しており、「責任を押し付けるな」「米大統領選挙に干渉する気はない」などと発表し、米中関係は最悪です。 一方、トランプ大統領は「今年末までに、ワクチンが完成すると確信している」と言った、希望のセンテンスを発言しています。 経済の再開についても、早期再開を望んでいると発言しており、学校についても9月には再開させたいとの意向を示しています。 More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の

アメリカの大統領はこうして選ばれる

アメリカ 大統領 選挙 仕組み

アメリカ合衆国大統領選挙は4年に1度のビッグイベントです。 アメリカの大統領は世界に大きな影響力があるため、毎回世界中が注目しますよね! 日本の場合は頼りない人ばかり、総理大臣に選ばれてしまいます。 その時に議席数の多い党から、その党の都合で選ばれてしまいます。 アメリカみたいに自分の国のリーダーは、自分達の投票で決めたいよな~って思うのは、私だけじゃないかもしれませんね。 そんなわけで、大統領選挙になるといつも注目するわけですが、ニュースで見ていても、大統領選挙の仕組みはよく分からない事ばかりです。 なんだかアメリカ中の州で何回も何回も選挙をやっていて、いったいいつ候補者が決まって、どうやって大統領が選出されるのか分からないことばかりですよね。 」なんてニュースでよく聞きますが、いったいそれがどんな影響があるって言うんでしょうか? そこで、今回はアメリカ合衆国大統領選挙の仕組みについて調べてみました。 やっぱりややこしかったので、分かり易く解説していきます! 【アメリカ大統領選挙の流れ】 アメリカの大統領になるには、共和党か民主党のどちらかの党から候補者に指名され、党の代表となる必要があります。 その党の代表候補を決めるための選挙が予備選挙です。 この予備選挙は大統領選挙のある年の 2月~6月にかけて行われます。 」というのは、実はこの予備選挙のことなんですね。 大統領候補達は、予備選挙前の準備期間も含めれば、本選挙まで1年以上も選挙活動を行います。 その間アメリカ中を飛び回って支持を訴えるわけです。 タフじゃないと大統領なんて務まりませんね。 サラリーマン生活ですら、続けられなかった貧弱な私には、絶対に無理ですね…。 こうして、各党の候補者が選出されると、それぞれの党の候補者が大統領の座をかけて一騎打ちの選挙を行います。 これを本選挙といいます。 本選挙は 7月~11月にかけて行われます。 というわけで、次は、予備選挙と本選挙のそれぞれを説明していきます。 スポンサーリンク 予備選挙 大統領選挙の候補者になるためには、まず、民主党か共和党の公認を受けなければいけません。 つまり、本番の大統領選挙の前にそれぞれの党の中で公認を受けるための予選を勝ち抜かなければならないわけです。 これが 予備選挙です。 2080年の民主党の予備選挙では、ヒラリー・クリントン氏とバラク・オバマ氏が熾烈な争いをして、連日ニュースを賑わせました。 そのため、共和党の予備選挙のことはおまけ程度しか報道されず、あたかも二人の争いが本選挙かのような錯覚を覚えるくらいの勢いでしたね~。 大統領選挙を争ってるのは、この2人だと思った人も多いのではないでしょうか?少なくとも私はそうでしたよ…。 予備選挙の仕組み 予備選挙は各党の党員が中心となる有権者が投票して候補者を選ぶわけですが、有権者が直接候補者を選べるわけではなく、 各党の代議員と呼ばれる人の投票によって候補者を決める 間接選挙の方式をとっています。 党の代表となるのは一番多い代議員の票を得た候補者です。 【代議員とは?】 共和党、民主党、それぞれの大統領候補者は、両党ともに7月~8月に行われる全国党大会での選挙により選出される。 代議員とはその選挙の投票権を持つ人の事を指す。 この代議員の数は、各州の人口に応じて配分されている。 各州での予備選挙では、あらかじめ自分が投票する大統領候補を公表している代議員候補がおり、投票結果の各大統領候補の得票数の比率によって、その候補に投票することを約束している代議員が選出される。 代議員の選出方法は基本的には、どの州もこのような比例配分で選出されるが、共和党の場合は、最も得票数の多かった候補が、代議員を総取りする州もある。 また、民主党の場合は、全国党大会で自分の意思で投票先の候補を決められる特別代議員も存在している。 日本の総理大臣も国政選挙で選ばれた国会議員が、投票して選ばれるので、それと同じと考えるとイメージしやすのではないでしょうか。 この代議員の選出方法は、予備選挙以外に党員集会というものがあります。 【党員集会とは】 党員集会では共和党、民主党のそれぞれの党員が、集会を行い、党員同士の議論や投票によって、代議員を選出する。 開催されている場所も様々で、学校や個人の家などで開催される場合もあり、党員全ての意見を反映させることを目的にしている。 党員集会にはレベルがあり、投票区、郡、連邦下院選挙区、州があり、それぞれの党員集会に参加できる代議員というのが存在している。 投票区毎の党員集会で選ばれた代議員は、郡レベルの党員集会に参加して、連邦下院選挙区レベルの党員集会に参加する代議員を選出し、同じように連邦下院選挙区レベルでは州レベルの党員集会に、州レベルでは全国党大会に参加する代議員を選出する。 このように各党員の意見を反映させながら、何段階にも分けて代議員を選出するため、その州の代議員が確定するまでには、数カ月もの時間を要する。 こうして予備選挙や党員集会で選出される代議員は、最初から投票予定の候補を決めているので、有権者が、自分の希望する候補に投票すると、各候補者はその得票数に応じて、自分に投票してくれる代議員を獲得することになります。 この予備選挙と党員大会を全ての州で実施し、最終的に最も多くの代議員を獲得した候補が、7月に実施される党大会で、その党の 公認候補に選出されるのです。 党の公認候補になると 晴れて党から公認を受けることができれば、民主党、共和党、それぞれの党公認の大統領候補として、本選挙に立候補できます。 そこで、疑問なのが民主党か共和党のどちらかに所属してないと大統領に立候補できないのかということですが、それについては後述します。 【選挙人とは】 選挙人とは、大統領選挙の本選挙で、大統領と副大統領のペアを選出するための選挙人集会に参加する人のこと。 選挙人は各州に割り当てられていて、その数は上院議員と下院議員の数と同数で、その数は535人である。 また、首都ワシントンD. には上下両院議員は存在しないが、選挙人だけは3人が割り当てられている。 そのため、全国の選挙人の合計は538人となる。 選挙人はあらかじめ、自分が指名する予定の候補を誓約しており、各州の大統領選挙の結果、最も多く得票した候補者が決まると、その候補者を指名予定の選挙人が選出される。 このように1票でも多く得票した候補者が、その州の全ての選挙人の枠を総取りできる仕組みになっている。 ただし、メイン州とネブラスカ州では、全選挙人の中の2人は最も多く得票した候補に割り振り、残りを下院選挙区毎に最も多く得票した候補に1人ずつ割り振る方式にしている。 選出された選挙人は、選挙人集会に参加し、自分が指名することを約束している候補者を大統領に指名し、過半数の指名を獲得した候補者が、大統領に選出される。 いずれの候補も過半数に達しなかった場合は、指名上位の候補の中から。 連邦議会議員の投票によって、大統領が選出される。 しかし、大統領選挙になるためには事実上、共和党か民主党の公認候補になるしか道が無いため、大統領選挙の立候補者が3人以上になること自体が稀である。 大統領選挙では過半数の代議員を獲得した候補が勝利するため、 270人以上の選挙人を獲得すれば、アメリカ合衆国大統領になることができるのです。 よく 「アメリカは直接リーダーを選ぶことができる」と言っているのを耳にしますが、厳密には直接選べるわけではないのです。 こういった選挙方式のため、獲得した票数が少ないのに、選挙人の数は多いので、大統領になれちゃうといったケースもあり、実際に2016年の大統領選挙では、ヒラリー・クリントン候補の方が得票数が多かったものの、獲得した選挙人の数ではドナルド・トランプ候補の方が多かったため大統領に選出されました。 ちなみに、 選挙人は約束通りの候補に投票する義務はありません 州によっては法律で義務付けている場合もあります。 過去にも約束とは違う候補者に投票したケースもありますが、それによって選挙結果に影響が出たことはまだありません。 私なんかは、率直に疑問に思うんですが、代議員って結局、何のためにいるんですかね~。 直接、得票数で決めれば分かりやすいのに…。 スポンサーリンク 二大政党以外の人は大統領になれないの? ここまでの説明を読むと、民主党と共和党の党員じゃない人は、大統領になれないように思えますよね? もちろん、そんなことありませんよ。 民主党や共和党の候補でなくとも、大統領になることは可能ですが、そのハードルはとても高いです。 二大政党以外から立候補するためには、 各州で一定数以上の署名を集めなければなりません。 署名が集められなければ、 その州では立候補できないため、最初からその州では選挙人を獲得することができない状態になり、大きなハンデを抱えた状態で戦わなければならず、事実上、二大政党以外から大統領になるのは不可能といわれています。 民主主義の代表みたいな国なのに、なんか理不尽な仕組みですね。 二大政党以外からも大統領が出た方が、良いことだってあると思うんですけどね~。 日本人にはなかなか理解しにくい仕組みですね。 まとめ というわけで、アメリカのだ投了選挙の仕組みを記事にまとめてみました。 テレビのニュースなどを見ていると、各党の候補が色んな州で選挙を繰り返していますが、実はあれは予備選挙です。 そうやって候補者は、ほぼ1年間ずっと選挙を戦い抜くのです。 アメリカの大統領選挙は、実にタフな戦いです。 これほどまでに大変な選挙を勝ち抜いてるだけでも、かなり鍛えられます。 だからこそ世界に強い影響力を発揮できるのかもしれませんね。 アメリカの大統領になろうと考えるだけでも本当に尊敬します。 私なんかには到底、務まらないですね…。

次の

【アメリカ大統領選挙】仕組み・候補者をわかりやすく解説!

アメリカ 大統領 選挙 仕組み

2016年11月9日 日本時間 、「アメリカ大統領選」の選挙人選出投票が行われ、第45代アメリカ大統領として共和党のドナルド・トランプ氏が次期大統領になりました。 名実ともに世界一の大国であるアメリカのトップを選ぶこの選挙は、日本国内でも ある意味自国の選挙報道より 大きな注目を集めました。 そして2018年11月6日の今日、上下両院をはじめとするアメリカのさまざまな公職の選挙が行われ、これらをひっくるめて俗に「中間選挙」と呼ばれています。 今回の選挙は直接的に米大統領の選出に関わるものではありませんが、実態として「大統領、ひいては共和党に対する信任を問う選挙」であるといわれています。 さて、2年前の大統領選や今回の中間選挙に関する報道を機に「アメリカの大統領選挙ってそもそもどういうしくみだっけ?」と、興味をもった人もいることでしょう。 そこで、アメリカの大統領制度について、簡単に見てみましょう。 大統領選挙の流れとしくみ 大統領選のタイムライン アメリカ大統領選では、まず国民が「選挙人」と呼ばれる人を選び、そこで選ばれた選挙人が大統領を選ぶという二段構えの間接選挙制を採用しています。 また、大統領候補として出馬する側は、その前に各党内での指名を勝ち取る予備選挙に勝たなければなりません。 日本国内では予備選挙の結果とTV討論会の様子、選挙人選出投票くらいしか報道されませんが、実際には下図のようなプロセスがあり、およそ2年かけて進行します。 アメリカ大統領選の流れ 『早わかりアメリカ』池田智/松本利秋著、p. 161より、一部編集 大統領選は、まず出馬表明から始まります。 そして、敗れたヒラリー・クリントン氏は2015年4月に、今回当選したトランプ氏は2015年6月に出馬表明を行いました。 その後、二人は民主党・共和党の各党内で支持基盤を固め、予備選挙を経て大統領候補としての党指名を獲得。 数度のTV討論などを経て、今回の投票 上図の緑色の部分 に臨んだ、という流れになります。 今回の投票結果を受け、次に行われるのが「大統領選挙人による投票」 今回は12月19日に実施 です。 形式的な手続きではあるのですが、本来はこちらが正式な「大統領選出投票」になり、投票結果は封印を施されたうえで保管されます。 そして、来年1月の連邦上下院合同会議の場で開票、その結果をもって大統領が正式に決定する、という流れになります。 早わかりアメリカ 日本にとって最もなじみのある国、アメリカ。 だが、その本当の姿は意外と知られていない。

次の