大相撲 5 月 場所。 大相撲7月場所2020の日程はいつからいつまで?チケットの購入方法は?

2020年5月場所予想番付

大相撲 5 月 場所

年号がに変わって初めての本場所である。 優勝争い [ ] 先場所全勝優勝を飾った横綱・が千秋楽の横綱・戦で右上腕二頭筋を断裂し、調整の遅れもあって全休 、鶴竜の一人横綱となった。 前半戦は鶴竜と、大関復帰を目指す関脇・が共に7連勝するが、中日に鶴竜は優勝のに押し出されて令和初の金星を配給。 栃ノ心もに不覚を取り、この時点で全勝がいなくなる。 鶴竜・栃ノ心とも10日目まで1敗を守り、優勝争いは1敗の鶴竜・栃ノ心と平幕のが並び、2敗で平幕の、3敗で大関のと、平幕のが追う展開となった。 11日目に鶴竜・栃ノ心が共に敗れて朝乃山が単独トップに立つも、12日目は栃ノ心と朝乃山が敗れて鶴竜と朝乃山が2敗で並ぶ。 13日目は栃ノ心と朝乃山の直接対決が組まれ、物言いのつく微妙な一番を朝乃山が制して2敗を守った一方、鶴竜は高安に敗れて3敗目を喫する。 迎えた14日目、朝乃山は大関・豪栄道との一番が組まれ、さらに結びで鶴竜と栃ノ心の直接対決が組まれた。 朝乃山は豪栄道を寄り切って下し2敗を守った一方、結びの一番ははたき込みで栃ノ心が10勝目を挙げ、「大関陥落翌場所の10勝」により大関復帰を決める とともに、千秋楽を待たずして朝乃山の初優勝が決まった。 三賞は優勝した朝乃山が殊勲賞・敢闘賞のダブル受賞。 前頭で10勝を挙げた力士が朝乃山以外に6人いるという大混戦の中、終盤5日間で4勝1敗としたと千秋楽までを6連勝で締めくくったが敢闘賞を、やはり終盤5日間で4勝1敗とし千秋楽でも勝利したが技能賞を獲得した。 なお、新大関のは右膝の負傷により5日目から途中休場、無理を押して8日目に復帰するもに敗れて再び休場となり、次のは角番として迎えることになった。 番付・星取表 [ ] 成績 東 番付 西 成績 0勝0敗15休 横綱 11勝4敗 9勝6敗 大関 9勝6敗 3勝4敗8休 大関 5勝7敗3休 関脇 10勝5敗 6勝9敗 小結 9勝6敗 7勝8敗 前頭1 6勝9敗 7勝8敗 前頭2 7勝8敗 6勝9敗 前頭3 10勝5敗 5勝10敗 前頭4 10勝5敗 6勝9敗 前頭5 10勝5敗 8勝7敗 前頭6 4勝11敗 10勝5敗 前頭7 10勝5敗 3勝5敗7休 前頭8 12勝3敗 5勝10敗 前頭9 8勝7敗 5勝10敗 前頭10 8勝7敗 8勝7敗 前頭11 6勝9敗 10勝5敗 前頭12 6勝9敗 7勝8敗 前頭13 7勝8敗 4勝11敗 前頭14 7勝8敗 6勝9敗 前頭15 8勝7敗 9勝6敗 前頭16 5勝10敗 5勝10敗 前頭17 アメリカ合衆国大統領観戦と、これに伴う警備強化 [ ] 千秋楽の、として来日中の第45代及びが、第98代・と共に観戦に訪れた。 今回の場所において、「米国大統領杯」が新設され、幕内最高優勝者でもあるが初代受賞者に選出され、トロフィー(総重量およそ30kg )がトランプ大統領直々に手渡された。 これに伴い、及びの主導の下、会場内外共に大幅に警備が強化され、・・・休憩室等の使用禁止措置や、国技館ちゃんこの販売禁止や紙パック入りを除く飲料の没収、の設置や手荷物検査の実施、力士帰宅時の通路の一時閉鎖などの対策が取られた。 また国技館周辺を、に基づくの飛行禁止区域に指定した。 脚注 [ ]• 朝日新聞. 2019年5月9日. 2019年9月23日閲覧。 産経新聞. 2019年5月19日. 2019年9月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月19日. 2019年9月23日閲覧。 サンケイスポーツ. 2019年5月22日. 2019年5月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月23日. 2019年9月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月24日. 2019年9月23日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月25日. 2019年9月23日閲覧。 日本経済新聞. 2019年5月25日. 2019年9月23日閲覧。 スポーツニッポン. 2019年5月26日. 2019年9月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月20日. 2019年9月23日閲覧。 - 産経新聞 2019年5月25日• - 夕刊フジ 2019年5月27日• - インターネット版官報 2019年5月22日.

次の

大相撲 5月場所の日程やチケットの買い方!夏場所の見どころや番付も紹介!

大相撲 5 月 場所

番付予想をするにあたって、いくつかのポイントは次の通りです。 関脇・朝乃山は直近3場所通算32勝ですが、千秋楽での対・貴景勝戦での勝ちが大きく、また、過去6場所中、5場所が2桁白星ということを鑑み、大関に昇進するものと予想します。 関脇が一つ空くため、東前頭筆頭で勝ち越しを決めた大栄翔を関脇と予想します。 小結が二つ空くところには、御嶽海と隠岐の海の返り三役と予想します。 十両陥落は、東前頭15・剣翔(1勝4敗10休)、東前頭16・東龍(5勝10敗)、西前頭17・大奄美(5勝10敗)、東前頭17・明生(7勝8敗)と予想します。 入幕十両関取は、当確が東十両筆頭・琴勇輝(8勝7敗)、東十両6・琴勝峰(12勝3敗で優勝)、東十両5・琴恵光(11勝4敗)の3関取。 残る1枠は、上から順当に、西十両2・若隆景(10勝5敗)と予想します。 3月場所の簡単な振り返り なるほどと痛感した一番は… なんといっても無観客です。 「観客がいることで、力士たちだけでなく、テレビを見ている私達も力づけられる」ということを再認識しました。 一方、最大の心配は… 千代丸関が発熱で休場したときです。 マジヤバイ!!!と思いました。 千代丸関が検査の結果、新コロナウイルスではないというニュースに接し、ホッとしたことを憶えています。 場所の内容としては… 先場所の徳勝龍同様、平幕下位である碧山の活躍に救われたのではないでしょうか。 碧山が白星を重ねることで、それが横綱たち上位陣にも良い影響を与えたと感じています。 そんなこんなを経て… 千秋楽、久しぶりの相星での横綱決戦。 良かったですね〜。 ところで… 個人的には、サイト管理人「たもつ」は白鵬ファン。 ですから、白鵬の44回の幕内優勝がとても嬉しかったです。 その他… 御嶽海、阿武咲、豊山たちの復活も嬉しい限りです。 また、来場所は2大関になると予想していますが、とりあえずは大関の枠が埋まってヤレヤレです。 <スポンサーリンク> 5月場所への期待 今年に活躍しれくれそうな若手が幕内上位にあがってきました。 大相撲は、いよいよ新しい時代を迎えようとしています。 大関・朝乃山の誕生と横綱への挑戦 「直近3場所33勝」は達成できなかったものの、恐らく大関昇進するであろう朝乃山。 ここ1年(6場所)は61勝29敗、加えて5場所が2桁白星と、とても安定しています。 朝乃山の右は素晴らしいです。 何を言いたいか… 要するに、朝乃山は大関で留まる関取ではないということです。 2020年中に横綱昇進を果たしてくれるものと信じています。 逆にいうと… 朝乃山が年内中に横綱昇進しないと、横綱が空位になる恐れもあります。 ですから、まずは、来場所2回目の幕内優勝を果たしてもらいたいですね。 心配なカド番・貴景勝… 3月場所の貴景勝は、明らかに体調が悪い状態でした。 立ち会いの爆発的な当りの力が減退。 立ち会いに続く突き押しにも威力がなかった…。 来場所はカド番。 貴景勝はズルズルと堕ちてしまう関取ではありません。 巡業が行われないことを良い方向に活かして、まずは来場所、順当に勝ち越しを果たしてください。 その上で、7月場所以降に2回目の優勝を実現してもらいたいです。 そして、来年初場所に、朝乃山と貴景勝の両横綱が実現したら…そう考えるとワクワクします。 2020年、上位で活躍しそうな若手が出てきた 楽しみな若手が3月場所に具体的に見えてきました。 アトランダムに書きます。 幕尻で新入幕を果たした琴ノ若。 勝ち越しを果たし、千秋楽で9勝まで伸ばしたことは大きいです。 経験不足な分、伸びしろが大きく、つまりは、稽古、稽古で大きく伸びるということ。 今年中の新三役もあるのではないかと見ています。 来場所の新入幕確実な琴勝峰。 若干20歳で十両優勝は凄い。 190cm、159kg、ガタイは横綱級。 三役まで爆走するかもしれません。 個人的には、将来の横綱を狙える逸材ではないかと感じています。 部屋に関取が大勢いることも、良い環境であり、これから稽古でどんどん強くなるでしょう。 さらに、個人的に注目している関取たち。 モンゴル出身の霧馬山。 怪我を治して貴景勝と稽古を重ねて(?)12勝をあげた隆の勝、体調が良くなってきた阿武咲、朝乃山を追撃したい豊山、ギヤを入れ直した(?)御嶽海や輝。 ラスト、埼玉栄高校出身の大栄翔。 実は、若手で一番活躍を期待しています。 まとめ 千秋楽で大相撲が終わりました。 優勝インタビューもなく、いつもと違う儀式なども見れて、「違い」が良くも悪くも、面白く感じました。 そうそう、ラストに。 応援している西三段目30・宇良が2場所連続の全勝優勝を果たしました!!!.

次の

大相撲平成24年5月場所

大相撲 5 月 場所

年号がに変わって初めての本場所である。 優勝争い [ ] 先場所全勝優勝を飾った横綱・が千秋楽の横綱・戦で右上腕二頭筋を断裂し、調整の遅れもあって全休 、鶴竜の一人横綱となった。 前半戦は鶴竜と、大関復帰を目指す関脇・が共に7連勝するが、中日に鶴竜は優勝のに押し出されて令和初の金星を配給。 栃ノ心もに不覚を取り、この時点で全勝がいなくなる。 鶴竜・栃ノ心とも10日目まで1敗を守り、優勝争いは1敗の鶴竜・栃ノ心と平幕のが並び、2敗で平幕の、3敗で大関のと、平幕のが追う展開となった。 11日目に鶴竜・栃ノ心が共に敗れて朝乃山が単独トップに立つも、12日目は栃ノ心と朝乃山が敗れて鶴竜と朝乃山が2敗で並ぶ。 13日目は栃ノ心と朝乃山の直接対決が組まれ、物言いのつく微妙な一番を朝乃山が制して2敗を守った一方、鶴竜は高安に敗れて3敗目を喫する。 迎えた14日目、朝乃山は大関・豪栄道との一番が組まれ、さらに結びで鶴竜と栃ノ心の直接対決が組まれた。 朝乃山は豪栄道を寄り切って下し2敗を守った一方、結びの一番ははたき込みで栃ノ心が10勝目を挙げ、「大関陥落翌場所の10勝」により大関復帰を決める とともに、千秋楽を待たずして朝乃山の初優勝が決まった。 三賞は優勝した朝乃山が殊勲賞・敢闘賞のダブル受賞。 前頭で10勝を挙げた力士が朝乃山以外に6人いるという大混戦の中、終盤5日間で4勝1敗としたと千秋楽までを6連勝で締めくくったが敢闘賞を、やはり終盤5日間で4勝1敗とし千秋楽でも勝利したが技能賞を獲得した。 なお、新大関のは右膝の負傷により5日目から途中休場、無理を押して8日目に復帰するもに敗れて再び休場となり、次のは角番として迎えることになった。 番付・星取表 [ ] 成績 東 番付 西 成績 0勝0敗15休 横綱 11勝4敗 9勝6敗 大関 9勝6敗 3勝4敗8休 大関 5勝7敗3休 関脇 10勝5敗 6勝9敗 小結 9勝6敗 7勝8敗 前頭1 6勝9敗 7勝8敗 前頭2 7勝8敗 6勝9敗 前頭3 10勝5敗 5勝10敗 前頭4 10勝5敗 6勝9敗 前頭5 10勝5敗 8勝7敗 前頭6 4勝11敗 10勝5敗 前頭7 10勝5敗 3勝5敗7休 前頭8 12勝3敗 5勝10敗 前頭9 8勝7敗 5勝10敗 前頭10 8勝7敗 8勝7敗 前頭11 6勝9敗 10勝5敗 前頭12 6勝9敗 7勝8敗 前頭13 7勝8敗 4勝11敗 前頭14 7勝8敗 6勝9敗 前頭15 8勝7敗 9勝6敗 前頭16 5勝10敗 5勝10敗 前頭17 アメリカ合衆国大統領観戦と、これに伴う警備強化 [ ] 千秋楽の、として来日中の第45代及びが、第98代・と共に観戦に訪れた。 今回の場所において、「米国大統領杯」が新設され、幕内最高優勝者でもあるが初代受賞者に選出され、トロフィー(総重量およそ30kg )がトランプ大統領直々に手渡された。 これに伴い、及びの主導の下、会場内外共に大幅に警備が強化され、・・・休憩室等の使用禁止措置や、国技館ちゃんこの販売禁止や紙パック入りを除く飲料の没収、の設置や手荷物検査の実施、力士帰宅時の通路の一時閉鎖などの対策が取られた。 また国技館周辺を、に基づくの飛行禁止区域に指定した。 脚注 [ ]• 朝日新聞. 2019年5月9日. 2019年9月23日閲覧。 産経新聞. 2019年5月19日. 2019年9月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月19日. 2019年9月23日閲覧。 サンケイスポーツ. 2019年5月22日. 2019年5月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月23日. 2019年9月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月24日. 2019年9月23日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月25日. 2019年9月23日閲覧。 日本経済新聞. 2019年5月25日. 2019年9月23日閲覧。 スポーツニッポン. 2019年5月26日. 2019年9月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月20日. 2019年9月23日閲覧。 - 産経新聞 2019年5月25日• - 夕刊フジ 2019年5月27日• - インターネット版官報 2019年5月22日.

次の