簡易郵便局 口座開設。 口座開設アプリのご案内

郵送で口座開設する|但馬銀行

簡易郵便局 口座開設

簡易郵便局と一般の郵便局の違いと見分け方とは? 簡易郵便局と一般の郵便局の違い 簡易郵便局は、日本郵便株式会社と個人または法人が契約をして運営されています。 個人が契約している簡易郵便局は個人受託局、法人が契約している簡易郵便局は法人受託局と呼びます。 個人受託の局長は、局長の肩書を持っていても日本郵便の職員ではなく、個人事業主です。 一般的には局長と呼ばれますが、関係者間では受託者とも呼ばれます。 それに対して、法人受託局の契約者は個人ではなく、地方自治体や農協などの法人、団体です。 法人受託局の局長には、受託している法人などから雇用された職員がなります。 対外的には局長と呼ばれますが、関係者間では事務取扱者とも呼ばれます。 一般の郵便局には、日本郵便株式会社の職員と、ゆうメイトと呼ばれる非常勤職員が勤務しています。 一般的に知られている郵便局は、数が多いこちらの郵便局です。 ただし、一般の郵便局にも規模の違いがあり、取り扱える業務についても違いがありますから注意しましょう。 簡易郵便局と一般の郵便局の見分け方 実は、外観を少し見ただけでは違いが分かりません。 規模が小さい一般の郵便局と簡易郵便局とでは、建物を見ても区別することができないでしょう。 一番確実な見分け方は、看板や入り口に記載してある局名を見ることです。 自宅と局舎が併設されているのは、簡易郵便局と言えるでしょう。 簡易郵便局と一般の郵便局とではサービス内容に違いがあるのか? 用事があって郵便局を利用する時に、どちらの郵便局を利用すべきか迷うことがありますね。 郵便局はユニバーサルサービスの提供を義務付けられていますから、取り扱う基本的な業務内容に違いが無いことになっています。 基本的な業務内容とは、郵便、貯金、為替、振替、保険です。 ですが、業務内容を細かく見ていくと、違いが出てきます。 簡易郵便局で取り扱えるものとそうでないものを見ていきましょう。 郵便 国際郵便を取り扱えない簡易郵便局が多いです。 また、特別割引を適用される郵便物は扱えないものがあります。 切手などの販売は一般の郵便局と同じく販売しています。 郵便物を局留めにすることも可能ですが、保冷サービスの取り扱いが無いため、ゆうパックの局留めには事前に確認が必要です。 貯金、為替、振替 一般の郵便局と同じ取り扱いですが、一部取り扱えない業務があります。 ATMを設置していない簡易郵便局が多く、窓口では他金融機関への口座送金ができません。 保険 保険料の受け入れ、保険金の請求に関する手続きができます。 かんぽ生命保険の募集ができる局と、紹介のみの局がありますので、加入を検討したい場合には確認しましょう。 税金などの取り扱い 「国庫金」と記載のある税金で取り扱えるものは、国民年金保険料のみです。 その他は交通反則金の受け入れができます。 営業時間 次に気になるのが、簡易郵便局の営業時間です。 一般の郵便局は郵便業務が17時まで、貯金、為替、振替、保険業務は16時までです。 大規模局は、郵便業務に関してはゆうゆう窓口を開設していますので、よく利用する郵便局の営業時間を覚えておくと便利です。 簡易郵便局では、貯金などの営業時間は同じですが、郵便業務に関してだけは注意が必要です。 16時までの局と17時までの局がありますから、入り口に掲示してある営業時間を確認するか、窓口で質問してみると良いでしょう。 まとめ まとめると以下のようになります。 簡易郵便局は、個人か日本郵便株式会社以外の法人などの経営。 局長は日本郵便株式会社の社員ではない。 一般の郵便局との見分けは局名で。 基本的な取り扱い内容に違いは無いものの、細かく見るとできないものがある。 貯金などの営業時間は同じでも、郵便業務に関しては調べた方が良い。 簡易郵便局と一般の郵便局の違いを理解して、待ち時間の短縮や、相談しやすい局を探して生活に役立ててみてください。 あまり忙しくない局なら、アットホームな雰囲気で利用しやすいかもしれません。

次の

【口座開設】 口座開設手続き後、どのくらいで利用できるようになりますか?

簡易郵便局 口座開設

「簡易郵便局」を受託しませんか 簡易郵便局とは 現在、郵便局は全国に約24,000局あります。 そのうち約4,000局が、地域の方々に業務を行っていただいている簡易郵便局。 日本郵便株式会社と契約を交わしていただき、手紙を送る、お金を引き出す、保険に加入する( 1)、といったサービスを全国あまねく受けられるように運営していただいています。 1 保険の募集および紹介は、株式会社かんぽ生命保険の委託により行う業務です。 簡易郵便局・開局のしくみ 簡易郵便局は、委託手数料を収益としながら受託者が事業主として郵便局の運営を行っていただくものです。 取扱業務の主な内容 郵便局の窓口業務のうち基本的な業務(郵便、貯金、為替、振替、保険)を行っていただきます。 切手、印紙、はがき等の販売• 郵便物のお引き受け(配達はしません)• ゆうパックのお引き受け(配達はしません) 貯金(銀行代理業)• 通常貯金や定額貯金のお預かりまたは払戻し• 口座振替の対応• 普通為替や定額小為替の発行(販売) 保険• 保険料の受け入れ• 保険金の請求に関する手続き• 1 保険の募集および紹介は、株式会社かんぽ生命保険の委託により行う業務です。 年齢が契約締結時点で20歳以上、申込時点で65歳以下• 簡易郵便局施設・設備を自ら用意できる方• 十分な社会的信用を有し、簡易郵便局委託業務を適正に行うために必要な能力を有する方• 破産者でない などです。 2 個人の場合、連帯保証人1名(純資産300万円以上)が必要。 収入について 日本郵便株式会社から受託者の方へ、「基本額」「取扱料」および「加算額」の合計額で構成される委託手数料を毎月お支払いします。 <基本額> 業務の取扱量にかかわらず、毎月一定の額をお支払いします。 なお、基本額は、受託する業務範囲により異なり、月額50,058円から281,949円です。 <取扱料> 取扱件数に応じてお支払いします。 例えば、ゆうパックの引受け、定額貯金の預け入れなどの取扱件数に応じてお支払いします。 <加算額> 取扱金額等に応じてお支払いします。 例えば、定額貯金の預け入れを受け付けた場合、その預入金額に対して定められた割合でお支払いします。 詳しくは下記より、お電話にてお問い合わせください。

次の

口座を開く-ゆうちょ銀行

簡易郵便局 口座開設

もくじ• 新規口座開設するには何が必要? 新規口座開設に必要なものは ・印鑑 ・本人確認書類 ・マイナンバーの確認できるもの マイナンバーカードではなくても、マイナンバー通知カードやマイナンバーの記載のある住民票等でもOKです。 (コピーや書き写すのを拒否すると、もちろん通帳は作れません。 ) 以上3つです。 ただ、外国への送金や投資信託の購入など必須な取引があることと、今後、通常貯金とマイナンバーの紐付けが必要になった場合に改めて窓口へいったり郵送でのやり取りが必要になることが考えられるため 開設時に登録してしまった方が余計な手間が後々かからないと考えて必要書類に追加しています。 ただし、本人確認書類によって、1種類の本人確認書類で口座開設できる場合と、2種類の本人確認書類が必要になる場合があります。 どの本人確認書類があてはまるのか、1つずつ確認していきましょう! 顔写真入りの本人確認書類を持っている 顔写真入りの証明書類を持っている場合は、1種類の本人確認書類で通帳を作ることができます! 具体的にはどんなものがあるかというと・・・ ・運転免許証 ・運転経歴証明証 ・パスポート ・マイナンバーカード ・在留カード などがあります。 この場合は、窓口で通帳を受け取ることが出来ます。 本人確認書類になるものは、国の機関や地方自治体などが発行するものになります。 例え顔写真が入っていたとしても… ・社員証 ・タスポ ・私立学校の学生証 ・会員証 などは、本人確認書類とはなりませんのでご注意ください。 顔写真の無い証明書類を2種類以上持っている場合 顔写真の無い証明書類しか持っていない場合は、2種類の本人確認書類があると、通帳を作ることができます! 具体的にはどんなものがあるかというと・・・ ・健康保険証 ・後期高齢者医療被保険者証 ・年金手帳 ・母子健康手帳 ・住民票 などです。 2種類の証明書類を提示できる場合も、窓口で通帳を受け取ることが出来ます。 こちらもやはり、国の機関や地方公共団体などが発行する書類になります。 注意点としては、2種類の証明書類の氏名が同じであることが必要ですので、ご結婚などで苗字が変わっているときなどは、それぞれの証明書類の氏名にも注意をしてください。 住所に関しては、どちらかの証明書類が現住所であれば問題ないです。 スポンサーリンク 顔写真の無い証明書類を1種類しか持っていない場合 この場合は、必ず郵送で本人確認が必要となります。 以下のどちらかを窓口で選んでください。 ・預り証という書類を受け取り、通帳が郵送されるのを待つ方法。 ・通帳をその場で受け取って、案内状を受け取る方法。 (郵送された案内状を受け取れないと、通帳が使えなくなるので、必ず期限内に簡易書留を受け取ってください。 ) 通帳等は、簡易書留で配達されますので、翌日以降にお手元に届くことになります。 申し込み用紙等の記入 証明書類がOKであれば、記入する用紙を渡されますので必要事項を記入していきましょう。 <お取引目的の確認> ・この口座はどんな目的に使うのか? ・あなたの職業は? ・あなたの納税国は日本ですか? と、いった内容を用紙に記入していきます。 <新規預入申込書> まず、裏面を読んで反社会的勢力では無いことの確認と押印をします。 反社会的勢力の方は通帳は作れません。 (後日判明した場合は通帳は使えなくなってしまいます。 ) ここを読んでくれているあなたには、関係ない内容だと思いますけど 笑 <その他必要事項> ・住所・氏名・電話番号・生年月日・預入金額(0円以上) ・カードの利用方法 などを記入していきます。 記入が終わったら、いよいよ暗証番号の設定です。 暗証番号の設定、どんな番号にすればいい? 手続きの途中で、暗証番号を入力することになりますので、「4ケタの忘れない番号」を考えながら、呼ばれるのをお待ちください。 「1111」「9999」みたいなカンタンな番号や、申し込み書に記入されてる生年月日・電話番号・住所にちなんだ番号など、推測されやすい番号はNGですよ!! 自分のラッキーナンバーや、生まれた時の体重、時間、ジムの会員番号や上司の電話番号!なんて変わった人もいます。 とにかく第三者に推測されにくい番号にしましょう! そうはいっても、あまり複雑にしすぎると、自分が忘れてしまうのでほどほどに…。 口座開設手続き完了! 通帳が完成したら、窓口で通帳を受け取って手続き終了です。 キャッシュカードはいつ受け取れるの? キャッシュカードは、一週間程度でご自宅に簡易書留で郵送されます。 万が一、カードを受け取れなかった場合、口座が使えなくなるので、必ず期限内に簡易書留を受け取ってください。 もし、期限内に受け取れず、口座の使用が止められた場合は、再度窓口で本人確認の手続きと、カードを再送してもらう手続きが必要になります。 <暗証番号の決め方> ・第三者に推測されにくく、忘れにくい4桁の番号 <キャッシュカードの受け取り方> ・本人確認書類に記載の住所に簡易書留で送られる どうして2冊目が作れないのか納得いかないかたへ 通帳の冊数の制限についてざっくりまとめましたので 気になる方はこちらの記事もご覧下さい。

次の