青 しそ ジュース レシピ。 濃縮青しそジュースの作り方。夏バテ予防にも体臭改善にもおすすめ!

青じそジュースのレシピ・作り方

青 しそ ジュース レシピ

薬局やスーパーなどでひと瓶数百円で売られています。 クエン酸の何がいいって 『香りがないので、青じその香りを強く感じるジュースになってくれる』ということ。 酸味もすっきりとして飲みやすいと思います。 でもクエン酸がないと作れないのかというと、そんなことはありません。 お酢を加えても作れます。 クエン酸とはまた違う風味にはなりますが、リンゴの香りがしその香りを多少マスキングするので、しそが苦手な人でも飲みやすいジュースになると思います。 青じそジュースのレシピ/作り方 青じそはため水の中でよく水洗いします(ジュースにするなら色や形の悪いもので十分です)。 そして、鍋に1リットルのお湯を沸騰させ、青じそを入れて 3〜4分ほどじっくり煮出します。 青じそが煮出せたら、青じそだけを取り出し、しっかり煮汁をしぼり出します。 それから分量の砂糖を加えてよく溶かします。 そのまま粗熱を取って、粗熱が取れたらクエン酸(またはリンゴ酢)を加えて混ぜ合わせます。 そしたら一度味見をしましょう!甘みや酸味が足りなければ足し入れます。 それから、冷蔵庫に入れるための保存瓶などに入れる際に、一度茶こしなどで細かいごみなどをこすとよいと思います。 冷蔵庫でよく冷やして、薄めずにストレートでいただきます。

次の

青じそジュースのレシピ・作り方

青 しそ ジュース レシピ

青しその効果 青しそにはいろんな効果があります。 ・殺菌、防腐効果 しその香りの成分ペリルアルデヒドには、 殺菌・防腐効果があります。 スーパーやお店などで見るお刺身に添えられているのは この殺菌・防腐効果の為です。 ・貧血予防 青しそには、鉄分とその吸収を助けてくれる、 ビタミンCが豊富に含まれている為、貧血予防に効果的です。 古くは薬用植物 しそは中国原産の「えごま」の変種です。 日本に伝わった当時は薬用植物として扱われていました。 しそには葉が緑色の〈青しそ〉、葉が紅紫色の〈赤じそ〉、 葉の表面が緑で裏が紫の〈片面じそ〉、葉が縮れている〈縮緬じそ〉などがあります。 葉以外にも食べられる部分が多く、双葉の時は芽じそ(青芽) (赤じその場合はむら芽)が、刺身のつまなどに、 葉が育った後は、花穂や穂じそ(しその実)が実って薬味などに利用できます。 日本はいずれもフレッシュが手に入ります。 栄養の青じそ 青じそはビタミンA、C、鉄が多い健康野菜! ペリアルデヒドは抗菌性に優れていて、防腐性があるため、 しょう油の防腐に利用されています。 そのほか血圧を下げる、血栓を解消して血流を良くする効果もあり、 高血圧にも効果的です。 アレルギーの予防効果もあってアトピーにも有効ですよ! 青しそ茶 青しそ茶の作り方をご紹介しますね。 2.刻んだ青じそを、ティーパックにつめます。 3.やかん(鍋)に水を入れ、青じそも入れます。 4.火にかけ、約10分~15分くらい煮出したら出来上がり! 青じその量や、煮出し時間は、お好みで調節してね。 スポンサードリンク ティーパックが無い場合は、青しそをそのまま入れ、 こしてから飲んでくださいね。 2.ティーポット等に、青じそを入れ、熱湯を注ぎます。 3.2~3分蒸らしたら、出来上がり。 しそ茶はスッキリしていてとても飲みやすいお茶です。 しそ茶の効果は? しそ茶には、花粉症、アトピーなどアレルギー症状を和らげる効果があります。 そしてそして、しその香りにはリラックス効果が! 疲労回復やストレス解消にも良いと言われているんですよ。 「胃の調子が悪い・・・」 「食欲がない・・・」 なんて時には、しそ茶はおすすめです。 あと、冷え性の改善や、喉の痛みの緩和など、さまざまな効果もありますよ。 青しそジュース 美味しく飲めて、健康にいい「青しそジュース!」 【材料】 青しそ:30枚程度 水:1リットル 砂糖:150グラム クエン酸:小さじ1杯 【作り方】 1.青しそを水でよく洗います。 2.沸騰したお湯で青しそを5分煮たら、火を止めて青しそを取り出してください。 3.次に砂糖を加えます。 しばらく放置して粗熱を取り、クエン酸を加えます。 (お好みで、クエン酸、砂糖の量を調整してください) 4.容器に移し、冷蔵庫に入れて保存して完成!! 冷たくして飲むと、美味しいですよ。 夏バテにはシソを食べてビタミンを補給しましょう。 育ち盛りの子供が食べると、健脳の効果があると言われていますよ。 まとめ しそ茶や青しそジュースの作り方、効果・効能について紹介しました。 しそ茶は、香りが良くて、すっきりとした味で、飲みやすいですし、 青しそジュースも美味しいですよ!.

次の

青じそジュースの材料を教えてください。

青 しそ ジュース レシピ

しそは美容や健康にも良く、食べ方がいろいろある万能食材なんです。 夏に向けて旬を迎える大葉「青じそ」。 さらに6~7月以外はほとんど出回らない「赤じそ」を使った 簡単お手軽レシピの他に、しその香りを極上にする! ワンランク上のテクニック法をご紹介します。 教えていただくのは、料理研究家で栄養士でもある若宮寿子さんです。 20枚 しょうゆ... 大さじ3 ・トーバンジャン... 水分が多少残っていてもOK! 容器は、密封容器に!葉より少し大きめで、しそ全体に調味料が浸るサイズを準備してください。 容器の深さは3~5cmがベスト!密封袋でも大丈夫です。 30枚 ・松の実... 30g ・オリーブ油... 50g ・パルメザンチーズ... 20g ・塩、こしょう... 先ほどご紹介した ピリ辛オイル漬けより、多く油を使うソースなので、冷凍ができ3か月間は保存可能です。 さらにオリーブ油にはビタミンEが含まれているので、美容と健康にも良いですよ。 160g ・しそベーゼ... 大さじ2 ・塩、こしょう... 各少々 ・温泉たまご... 2個 ・パルメザンチーズ... 10枚 ・バナナ... 1本 ・ヨーグルト(加糖)... 目に良いと言われており、アンチエイジングに期待できるんだそう。 赤じその良い香りが鼻に抜け、サッパリした味わいで夏バテ解消に効果が期待される「しそジュース」です。 2L ・赤じそ 葉... 200g ・グラニュー糖... 600g ・レモン汁... 小さじ1/2 ・水... 200ml ・レモン汁... 小さじ1 ・ハチミツ...

次の