学資保険 契約者変更。 学資保険の契約者変更ってどうすればいいの?詳しい方法・必要なもの・注意点を分かりやすく解説!

学資保険は契約者が死亡したらどうなる?亡くなった場合の2つの保障と注意点

学資保険 契約者変更

スポンサーリンク 学資保険は財産分与の対象になる? 夫婦に子供が生まれたら、その子が大きくなった時の大学などの進学資金の準備として、学資保険を掛けることが多くあります。 学資保険は貯蓄性が高く、解約返戻金があることが一般的な特徴です。 その学資保険は子供の為に掛けられている為、子供の固有財産だと思い、財産分与の対象とならない、と考えている夫婦は多いようです。 しかし学資保険は保険を掛けられている人、つまり被保険者は子供ですが、保険契約者と受取人は掛け金を払っている親となります。 夫(妻)からの給与等から掛け金を支払ってきたすれば、夫婦が婚姻中に築いた財産を使って保険料を支払っていることになります。 よって夫婦の共有財産となり、財産分与の対象となります。 夫婦どちらの契約名義であろうが関係ありません。 ただし学資保険の掛け金を、自分の親が全額支払った場合等は、夫婦の協力とは関係ない為、対象とはならないと考えられます。 学資保険の財産分与の方法 財産分与の方法とすれば、学資保険を解約して返戻金を受け取り、それを夫婦で分配することが考えられます。 ただ積立型の学資保険は長期運用が前提にあります。 よって契約から短期間で解約すると、今まで掛けてきた保険金に比べ、解約返戻金は大幅に減額となることに注意が必要です。 基本的には子供の為の学資保険なので、継続させることが一番多いでしょう。 その場合、離婚時点で解約返戻金の照会だけを保険会社にしてもらい、その額を財産分与とする方法となります。 当然ながら、実際に解約するわけではありません。 よって契約を引き継ぐ側は、自分で解約返戻金の分与割合に合わせた現金を準備しなければなりません。 一般的には、預貯金など他の自分の財産分与と、相手の解約返戻金分を相殺する方法がとられます。 学資保険を養育費とすることができる? 養育費を支払う側とすれば、学資保険の支払いを養育費に変えることを希望する場合もあるでしょう。 結論としては、そのことを相手が合意するなら可能です。 しかし相手が合意しない場合は、その方法を採るのは困難です。 なぜなら、学資保険の主な目的は、大学などの進学準備金である為、それまでの養育には直接役に立つわけではないからです。 そして法的には、学資保険は養育費の問題と区別され、本来は財産分与の範疇の問題として扱うものです。 よって学資保険の問題を、養育費の問題と一緒にして扱うことはできません。 契約者を引き続き非親権者にしておくリスク 学資保険の契約者は父親だとします。 そして子供の親権者を母親にして離婚することになりました。 夫婦で合意ができれば、子供の親権者は母親であっても、契約者は引き続きそのまま父親にして、学資保険を継続させることも可能です。 そして満期金・入学祝金がおりた時に、子供の学費に充ててもらうのです。 この場合の一番の問題点は、保険金を子供の親権者である母親に渡してくれるかは、父親次第であるという点です。 父親の気が変わり、保険金を渡してくれない可能性もあります。 また解約に関しても、契約者である父親の自由ですので、勝手に解約されても対処することは出来ません。 たとえこれらを公正証書で取り決めしても、そのこと自体の意義は大きいですが、不払い等の時は父親に支払いを強制させることは出来ないのです。 ですので、よほどの信頼関係がなければ、この様な形態をとるのはお勧めは出来ません。 契約者と親権者を同じにするのが一番安心 やはり一番安心なのは、契約者と受取人を、実際に子供の監護する親権者に変更することです。 先ほどお伝えした例だと、契約者と受取人を父親から母親に変更することで、父親は保険契約から外れるので勝手に解約出来ません。 加えて、満期金・入学祝金等が下りた時のお金も、受取人である母親に支払いされるので、確実に受け取ることができます。 学資保険の名義変更手続き 学資保険の契約者を変更するには、保険を契約者から引き継ぎ者に譲渡して、名義変更しなければなりません。 学資保険の譲渡は、離婚後でなければ出来ない保険会社が多いです。 加えて、保険会社に離婚の事実を知らせただけで、自動的に名義変更とはならない点に注意が必要。 一般的には次の様な書類を用意し、それらを提出しなければならず、何かと手間が掛かります。 保険証券• 契約者の身分証明• 新契約者の身分証明• 戸籍謄本• 保険契約者継承請求書• 新契約者の口座振替依頼書• 印鑑 これらはあくまで一般的なものであり、保険会社によって必要となる書類などは変わってきます。 加えて保険会社によって、譲渡変更の手続き自体も変わってくるので、必ず事前に確認をする必要があります。 契約者変更を相手に協力させるには 実際、学資保険の契約者変更をすることを取り決めても、実際の手続に契約者が協力的でないこともあります。 この事態を予防するには、離婚公正証書に契約者変更にする旨と、変更手続きに協力することの約束を記載することです。 たとえば、次の様な内容の文章を公正証書に載せます。 そうすることで、契約者が手続に協力しないリスクを減らせます。 反対に契約者を変更する側としては、学資保険を引き継ぐ新契約者に対して、次のような不信感が出てくるかもしれません。 「受取人である新契約者が、満期保険金や入学祝金を自身の為に使用してしまうのではないか?」 このような考えを持つと、名義変更をしてくれない可能性が出てきますので、この不信感を事前に払拭する必要があります。 方法としては、離婚公正証書に「受け取った満期保険金は子供の為に使用する」の様な文言を記載することで、受取人の個人的な使用をしないことを約束します。 こうすることで、元の契約者にも安心してもらうことが可能です。 まとめ 今回は離婚と学資保険について取り上げました。 離婚時の取り決めで盲点となりやすい学資保険ですが、離婚後のトラブル防止の為にも、きっちりとした取り決めが必要です。 それをするに当たり、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。 それでは長くなりましたが、最後までご覧頂きありがとうございました。 まいみらいがお伝えしました。 ------------------------------------------ 私は夫の不倫が原因で離婚し、今は離婚を専門に扱う法務事務所に勤めながら、子供と一緒に平穏無事に幸せな毎日を過ごしています。 離婚する前は本当に精神的に辛く大変でした。 私は婚姻中パートしかしておらず、社会経験があまり無かったので、離婚後の生活に対して不安だらけでしたし、もちろん離婚の知識なんて全くありませんでした。 そんな私でも、経済的には決して裕福ではありませんが、充実した日々を送っています。 今に至る経緯を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。

次の

契約者の変更

学資保険 契約者変更

離婚による学資保険の契約者変更 お子様の将来のために多くの方が加入する学資保険ですが、離婚により契約者変更 名義変更 を行わなければならない場合があります。 一般的には、一家の大黒柱である夫が契約者となり、保険料を負担しているケースが多いですが、離婚によりどちらが子供を引き取って育てていくかによって、加入している学資保険をどうするのかをしっかりと考えなければなりません。 離婚による学資保険に関するトラブルが意外と多く、場合によっては、学資資金を受け取ることすらできなくなってしまうこともあり得ます。 また、学資保険にまつわる税金の仕組みをしっかりと理解していなかったばかりに、「贈与税」の支払いを課せられたケースも多いです。 今回は、離婚によって加入している学資保険の名義変更を行う際の注意点について触れたいと思います。 離婚後の学資保険の流れ 離婚した場合に考えなければならない学資保険は、まずは「続ける」 継続 のか「辞める」 解約 のかを決めなければなりません。 一般的に、離婚が成立した場合には、夫婦の共有財産を清算する 財産分与という手続きを行うことになります。 もちろん学資保険も共有財産であり、その時点での解約返戻金も財産分与されることになります。 もし「辞める」のであれば、その時点での解約返戻金を折半することになり、学資保険も終了です。 「続ける」場合には、学資保険を継続される契約者が、相手方に解約返戻金の半分の金額を支払うことで財産分与となり、引き続き学資保険を継続していくことになります。 契約者に注意 今までの契約者が夫で子供は妻が引き取る場合、契約者をそのまま「夫」のままにしておくことは、非常にトラブルが多発しかねません。 実際に、契約者をそのまま夫のままにしておき、満期保険金が支払われたらその金額を妻へ学資資金として支払う、といった約束をしていたにもかかわらず、夫が勝手に保険を解約してしまって解約返戻金を受け取ってしまったりとか、受取人である夫が満期保険金を妻へ渡さなかった、といったトラブルがあったようです。 学資保険の権利は「契約者」が有しているため、契約者が自由に学資保険の権利を行使することができます。 契約者ではない外部の人間は、学資保険に対して何も権利を行使することができないのです。 そのため、学資保険の契約者 受取人 は、子供を引き取って育てていく側にしておいたほうが、余計なトラブルを招かなくて済むでしょう。 学資保険の契約者変更で贈与税が発生するケース 例えば、今までの保険料を負担してきた契約者である夫から妻へ契約者変更し、以降は妻が保険料を支払っていくだけでは贈与税はかかりません。 贈与税がかかってくるのは、契約者変更をした後に、解約して解約返戻金を妻が受け取った場合、そして学資資金として満期保険金を受け取った場合に、贈与税の話が関係してきます。 加入している学資保険に対して、誰がどの程度の費用負担を行い、その恩恵をどの程度受けたのか、という部分に贈与税が関わってきます。 例えば、保険期間は18歳払済、月々の保険料が10,000円で、満期保険金300万円の学資保険に「夫」が契約者(保険料負担者)で加入し、その満期保険金の受け取りも「夫」として、加入していたとします。 学資保険加入から13年後に離婚し、契約者を「妻」に代えて以降は「妻」が契約者として保険料を支払っていくケースを想定します。 離婚した場合の学資保険で贈与税の発生ケース 妻は、子供が18歳時点で満期保険金300万円を受け取ることになるわけですが、この300万円を受け取るまでに、「夫」がどれだけの保険料を負担していたのかによって、贈与税の判定がなされます。 6万円となります。 負担としてはかなり大きな金額といえます。 保険料の実態は税務署に把握されている 従来までは、生命保険会社から税務署に提出される「支払調書」は、保険金が支払われるタイミングで行われており、契約途中の契約者変更時には「支払調書」は提出されませんでした。 しかし、平成27年度の税制改正において、契約者変更があった場合でも、払込保険料の記載が「支払調書」への記載が義務付けられたため、誰がどの程度の保険料を支払っているか、を税務署が完全に把握できる体制となってしまいました。 そのため、今までの「ばれないだろう」「わからないだろう」が通用しなくなってしまい、正しい税務行為が求められています。 税金問題は、「知らなかった」では済まされず、納税義務を怠った場合には、追徴課税を課せられることになります。 そのため、保険加入時にはしっかりと税制面を自身で理解するか、信用できる担当者から加入することが大切でしょう。 離婚による学資保険の契約者変更は贈与税も考慮に、のまとめ 離婚による学資保険の契約者変更は、今まで「誰が」「どの程度の費用」を負担し、「誰が満期保険金を受け取る」かによって、贈与税が影響してきます。 学資保険と贈与税の問題は、「今まで保険料を負担してきた人間」から「保険料を負担してこなかった人間」への契約者変更で関係してきます。 一般的には、学資保険の契約者が「夫」となっているケースが多く、そして離婚後は「妻」が子供を引き取り、契約者変更するケースが多いです。 この場合では、贈与税が発生するかどうかの正しい判断が大切になってきますので、ご注意ください。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の

学資保険の受取人は契約者本人・子供誰がいい?学資保険の受取人の選び方

学資保険 契約者変更

子供の教育資金として 学資保険を活用されている方は多いと思います。 文部科学省の統計によると、子どもが大学卒業までにかかる費用は国公立の場合 約1,000 万円、全て私立の場合 約2,300 万円となっています()。 とても大きな額ですので、計画的に貯めていきたいものですよね。 一方で、学資保険の長い支払期間の間には、色々なことが起こります。 例えば 離婚など、保険加入時には考えてもいなかったような場面に直面して「そういえば、学資保険の契約者ってこのままでいいの?」と、ふと思いいたる方も多くいらっしゃるのが現実です。 この記事のポイントは• 学資保険の契約者変更(名義変更)の手続き・必要書類• 学資保険の契約者変更 名義変更 の際の注意点• 学資保険の受取人変更の方法• 学資保険の保険料、夫婦どちらが契約者になった方が安いか• 贈与税がかかる場合とかからない場合 保険会社によって詳細は異なりますが、一般的には次のような手順となります。 保険証券などを参照し、契約者変更をおこなう学資保険の証券番号を確認する• 保険会社の窓口もしくはコールセンターに連絡する• 保険会社から必要書類などが案内されるため、それらを提出する• 手続きが完了し、新しい保険証券が保険会社から郵送される 電話もしくは窓口へ直接の連絡を前提として説明しましたが、最近では インターネット上で契約者変更の書類郵送を受け付けていることもあります。 手続きについて不安なことや相談したいことがある方は電話や窓口の利用が無難でしょう。 保険契約はひとりひとり条件が異なり、 契約内容によっては名義変更ができないケースなどもありますので、保険会社の担当者と話をして、問題がないことを確認できると安心です。 手続きに不安がない方や、日中は仕事などで忙しく営業時間内に連絡することが難しい方は、24時間365日連絡可能なインターネットを利用できると便利ですね。 こちらも保険会社によって多少の違いはありますが、基本的なものとしては• 保険証券• 契約者の身分証明書• 新契約者の身分証明書• 戸籍謄本• 保険契約者継承請求書• 新契約者の口座振替依頼書 などとなります。 「意外と多い…」と思われるかもしれませんね。 なお、 戸籍謄本は戸籍を置く市区町村から取り寄せる必要があります。 遠方であれば郵送にも時間がかかりますので、それを含めて契約者変更のスケジュールを考えておきましょう。 身分証明書についても、 新旧両方の契約者のものが求められるため離婚した相手からもらわなければならなかったり、写真付きのものと条件があったり、また証明書によっては2種類用意しなければならなかったりします。 ひとつずつ、間違いのないように用意しましょう。 契約者変更に関連して、学資保険の 受取人変更についても触れておきたいと思います。 これは離婚時のみでなく、万が一の 契約者死亡時にも必要となる手続きです。 基本的に、保険金の受取人は契約者と同一人物となります。 保険証券などを参照し、受取人変更をおこなう学資保険の証券番号を確認する• 保険会社の窓口もしくはコールセンターに連絡する• 保険会社から必要書類などが案内されるため、それらを提出する• 手続きが完了し、契約内容の変更明細書が保険会社から郵送される 行うべきことは、契約者変更の場合とほぼ同じとお考えください。 受取人変更の際も、手続きを行えるのは契約者となります。 注意したいのは、 受取人変更には被保険者(学資保険であれば、子ども)の同意が必要となる点です。 子どもが未成年の場合には親権者が法定代理人となり、離婚が未成立のタイミングであれば両方の親が同意しなければなりません。 学資保険は、契約者と受取人が異なる場合、満期の保険金に税金がかかることもあります。 契約者から受取人に保険金を贈ったとみなされるため、 贈与税の対象となるのです。 贈与税には、1人あたり年間110万円の控除枠がありますが、学資保険の満期金は一般的に200万円、300万円といった額になりますので、ほぼ確実に超えてしまうと考えた方が良いでしょう。 そして贈与税は所得税(一時所得)に比べて 税率が高いので、注意が必要です。 これまで見てきたとおり、学資保険の契約者と受取人は同一が基本ですが、もしも離婚などした場合の契約者変更手続きはなかなか面倒なものです。 「最初から子どもを受取人にしておけば良いのでは…」と思われるかもしれませんが、この贈与税のことを考えると、やはり契約者を受取人としておくべきと言えるのです。 学資保険の契約者変更についてご紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回の記事のポイントは• 学資保険の加入中に離婚をした場合、契約者変更の手続きをする必要がある• 学資保険の契約者変更・解約は契約者の権限でできるので注意が必要• 契約者を変更する際、手続き自体は保険会社の案内に沿って進めれば問題ないのですが、用意すべき書類が色々とあります。 特に身分証明書は新旧両方の契約者のものが求められます。 「離婚後、音信不通で書類がそろえられない…」ということにならないためにも、離婚を考える時には、学資保険をどうするかを忘れずに話し合いましょう。 夫婦で学資保険を検討する際に、離婚について考えることはあまりなく、また口に出すのも良くないように思われるかもしれませんが、今や 3組に1組が離婚するともいわれる時代です。 「子どもの教育資金は何よりも大事だから、保険に入る時には、みんなこういうことを決めておくらしいよ」などと、あらかじめ話し合っておけたら理想的ですね。 保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

次の