ある く と t ポイント。 一番お得なTカードの作り方|お得なTカードの比較マニュアル

Tポイントの残高を確認する方法を解説!Tポイントの使い忘れを防ごう!|一番お得なTカードの作り方|お得なTカードの比較マニュアル

ある く と t ポイント

Tポイントは色々な方法で貯めることができます。 お店で貯める Tポイント提携店でTカードを提示すると、Tポイントが貯まります。 店頭にあるTポイントマークが目印です。 Tポイント提携先はからご確認ください。 インターネットのお店で貯める Tポイントはインターネットショッピングサイトやさまざまなインターネットサービスでも貯まります。 インターネットの提携先、Tポイントの貯め方はからご確認ください また、Tポイントの提携先以外でもTモールを経由するとTポイントが貯まります。 Tモール経由でお買い物できるサイトはからご確認ください。 ポイントを申請して貯める 商品を購入すると、Tポイントが貯まります。 Tポイントマークのシールがついている商品が対象です。 Tポイントが貯まる商品の一覧、申請ページはからご確認ください。 他社のポイントをTポイントに交換する 他の企業で貯めたポイントをTポイントに交換することができます。 カード決済で貯める クレジットやプリペイドカードなど、決済機能がついたTカードでお買い物をすると、決済金額に対してさらにポイントが貯まります。 決済機能付きTカードはからご確認ください。 また、上記以外にも、やなどでもお得にTポイントが貯められます。

次の

1枚あるとやっぱり便利!?今さら聞けないTポイントカードの作り方|@DIME アットダイム

ある く と t ポイント

2003年からサービスを開始した「Tカード」、通称「Tポイントカード」は、今では多くの企業から発行されているポイントカードサービスのパイオニアだ。 しかし、使える店舗の増加とともにその種類も増え、複雑化して「わかりにくくなった」との声もある。 とはいえ、1枚あれば様々な店舗/サイトでポイントを貯めることが可能で、使えるサービスの多さと使い勝手の良さは何よりの魅力。 この記事では、そんなTカードの作り方にスポットを当て、解説していこう。 Tポイントカード(Tカード)の作り方は? まずは基本を確認しておこう! Tカードには数多くの種類があるが、作り方に違いはあるのか? 申し込み方とカードの種類から、違いを見ていこう。 【参考】 Tポイントカード(Tカード)の作り方によって違う「必要なもの」とは? Tカードの作り方は、申し込む店舗とカードの種類によって違ってくる。 店頭で、ポイント機能だけを持ったカードを作るなら必要なものは何もない。 身分証明に類するものは提示の必要がなく、発行後すぐにポイントが貯まり、ポイントを使える(一部のカードはWeb上での情報登録が必要)。 発行手数料も年会費も必要ない。 また、種類よってはインターネットで発行できるTカードもある。 【参考】 インターネットからもできる! Tポイントカード(Tカード)の作り方 前述したように、種類よってはインターネットで発行できるTカードもある。 また、クレジット機能を持ったカードは審査が必要となる。 その場合、所定の書式に記入して郵送するか、ネットで必要情報を記入して申し込みをするかのどちらかになる。 なお、審査が必要ないデビットカードなどの発行も、同様にネットから申し込める。 Tポイントカード(Tカード)は年会費が必要? ポイント機能だけなら、Tカードに年会費や発行手数料はかからない。 しかし、クレジット機能がついたカードの中には年会費が必要になる場合がある。 こういった維持にお金が必要なカードは、ポイント機能やクレジット機能のほかに特別な価値がついている場合が多いので、申込時によく確認しておこう。 Tポイントカード(Tカード)なのに無料じゃない? 「レンタル利用登録」とは Tカードは、「レンタル機能」をつけることができる。 レンタル機能とはその名の通り、TSUTAYAでレンタルサービスを利用することができる機能だ。 この場合、発行には免許証、学生証、社員証などの身分証明書と、レンタルを利用するための年会費が数百円ほど必要になる(店舗によって異なる)。 つまり、用途と作り方(作る店舗)によって、必要なものが変わってくるのだ。 未成年でも作れる? Tポイントカードの作り方 未成年の場合も、ポイント機能だけを持ったカードを作るなら何も必要ない。 TSUTAYAでレンタル機能をつける場合も、成年の作り方と同じだ。 ただし、中・高校生、中学生未満の学生は、ほかの書類が必要になる。 【参考】 中・高校生のレンタル機能つきTカードの作り方 学生証でも、レンタル利用登録は可能。 登録に必要な本人確認書類は、以下の条件を満たしていることが条件だ。 [1]氏名・生年月日が印字されている。 [2]住所が記載されている。 [3]公的機関、もしくは学校や会社が発行している。 【参考】 中学生未満はどうする? レンタル機能つきTカードの作り方 中学生未満、つまり12歳以下の小学生の場合は、本人確認ができる書類と親権者の同意書が必要になる。 申込時に親権者の同行があれば、同意書がなくてもOKだ。 2018年には45種類! 種類豊富なデザインTポイントカード Tポイントカードには、様々なデザインカード、コラボカードがある。 Tポイントカードの公式サイト「Tサイト」には、それらのカードの一部が紹介されており、気に入ったものがあれば、ワンクリックでそのカードが発行できるサイトに移動できる。 【参考】 なくしたらどうしよう!? Tポイントカード(Tカード)の再発行 財布に入れて持ち歩くことも多いTカード。 落としたり紛失したりすることもあるだろう。 こうした時に、再発行するにはどうすれば良いのだろうか? Tポイントカード(Tカード)の再発行に手数料はかかる? 結論から言うと、再発行時の手数料の有無はTカードの種類によって変わってくる。 たとえばTSUTAYAで発行したTカードであれば、所定の再発行手数料を払えばポイントを引き継いで再発行が可能だ。 ただし、発行時に持参した証明書類が必要になる。 クレジット機能付きのTカードは、発行したクレジットカード会社の規定による。 Tポイントカード(Tカード)が磁気不良だった場合の再発行は? 磁気不良や破損でTカードが読み取れなくなってしまった場合は、再発行が可能。 ただし、手続き上「新規登録」扱いになってしまうので、会員番号は引き継げない。 貯まったTポイントに関しては、TSUTAYAで発行したTカードの場合はポイントを引き継いだ上での再発行が可能で、そのほかの提携先で発行したTカードも、Webから手続きを行えばポイントを引き継ぐことができる。 クレジット/デビット/プリペイド/ローン機能付きTカードの場合は、発行会社によって規定が異なる。 【参考】 Tポイントカード(Tカード)を紛失した場合の対処法 ポイント機能だけのカードとクレジット機能付きカードでは、紛失した時の連絡先が変わる。 共通してやるべきことは、警察に届を出すことだ。 Tポイントカード(カード)を紛失したら、悪用されないように「停止手続き」を! 紛失や盗難に遭った場合、心配になるのはクレジット機能やポイントを悪用されることだろう。 まずは、Tカードが悪用されないよう真っ先に停止手続きを。 Tカードの停止手続きは24時間受け付けている。 クレジット機能付きの場合は、発行元の会社のルールに則って手続きを行おう。 また、特にクレジット機能付きの場合は、紛失届や盗難届を警察に届け出ることも大切だ。 【参考】 クレジット機能付きTポイントカード(Tカード)を紛失したら、発行会社の電話番号に連絡を 警察に届け出たら、カードの発行会社に紛失や盗難の事実を連絡しよう。 紛失や盗難時の連絡先は、カードの裏面に記載してあったり、公式サイトに載っている。 万が一に備えて、あらかじめどこかに控えておくといい。 再発行後、紛失したTポイントカード(Tカード)が出てきたら? ポイント機能のみ、クレジット機能付きともに、新しいカードが発行されたら古いカードは使えない。 もし見つかった場合には、ハサミで切断し処分しよう。 本家本元! TSUTAYAのTポイントカード(Tカード)はどう違う? Tポイントの運用は、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が100%株主となっているTSUTAYAから始まった。 TSUTAYAのTカードは、他社とどこが違うのだろうか? TSUTAYAカードとほかのTポイントカード(Tカード)に違いはほぼない!? 運用開始当初のTポイントは、TSUTAYAのレンタルショップで使えるポイントだった。 現在では各店舗で相互運用が可能になり、他社発行のTカードとTSUTAYAのTカードに違いはない。 ただ、TSUTAYAでTカードを発行すると、「レンタル利用登録」をTカード発行と同時に行うことができるので、レンタルサービスを利用したい人にとっては手間が少ない。 再発行時のポイント引き継ぎなども他社発行のTカードよりラクだ。 TSUTAYAのTポイントカード(Tカード)には年会費がかかることも! 前述したように、TSUTAYA発行のTカードにレンタル機能を持たせると、発行時や1年ごとに数百円の費用が発生する。 クレジットカード機能もつけているとその年会費と勘違いしそうだが、TSUTAYAのレンタルサービスを利用するための年会費とクレジットカードの年会費は別だ。 当然ながらこの費用は、レンタルの利用登録をしなければ発生しない。 ファミマTカードの店頭発行が終了! クレジット機能つきTポイントカードはまだ作れる TSUTAYAと並んで、Tポイントを積極的に導入していたファミリーマートだが、2019年5月をもって店頭でのポイントカードとしての「ファミマTカード」の店頭発行が終了。 「VISAデビット付きキャッシュカード」の新規申し込みも終了している。 しかし、2019年6月現在、お手持ちのファミマTカード(ポイントカード)は引き続き利用できるので安心してほしい。 また、クレジットカード機能付きの「ファミマTカード」も新規発行が可能だ(2019年6月現在)。 Tポイントカードから、クレジット機能付きのファミマTカードへの切り替えは? 満18歳以上(高校生を除く)で提携クレジット会社の審査を通過すれば、カードの切り替えは簡単にできる。 公式サイトの「クレジットカードへの切替」から申し込める。

次の

Tポイント・Tカード初めてガイド|Tサイト[Tポイント/Tカード]

ある く と t ポイント

世の中は色々なポイントサービスであふれているが、中でもTポイントは様々な店舗で貯めて使えるとても便利でお得なサービスだ。 そんなTポイントを利用できるTカード(通称・Tポイントカード)には有効期限があるのをご存じだろうか。 今回は、知らないと損をするTカードの更新について解説していこう。 【関連記事】 Tカード(Tポイントカード)の更新忘れに注意しよう Tカードにはポイントカードとしての「Tポイント機能」と、TSUTAYAのレンタルサービスが利用できる「レンタル機能」があり(利用登録が必要)、それぞれに有効期限が発生する。 Tポイントは貯める・使う・交換するといった利用の最終日から1年間が有効期限。 TSUTAYAのレンタルは、利用登録日より1年間が有効期限となる。 【参考】 Tポイントカードを更新してないとTポイントはどうなる? Tポイントは有効期限を過ぎると消滅してしまう。 たくさん貯めていても容赦なく消滅する。 ただ、特別な更新手続きは必要なく利用すれば自動的に更新される。 なので、こまめに貯めたり使ったりしていれば、Tポイントが消滅することはない。 【参考】 Tカードを更新してないとTSUTAYAでレンタルできなくなる!? TSUTAYAのレンタル利用機能は、有効期限を過ぎるとレンタルできなくなってしまう。 Tポイントが有効であっても、それとは利用登録日から1年を過ぎるとTSUTAYAのレンタルが利用できなくなるので注意しよう。 Tカードの有効期限をチェック! TSUTAYAのレンタル機能は自動的に更新されない TSUTAYAのレンタル利用登録は、更新手続きが必要だ。 Tポイントのようにこまめに利用していても、レンタルのほうが自動的に更新されることはない。 TカードのTSUTAYAレンタル機能の更新に必要なものは? TSUTAYAのレンタル利用登録を更新するなら、更新料が必要だ。 更新料とはレンタル利用登録料や年会費等のことで、店舗によって異なる。 所定の用紙に記入のうえ、更新ハガキや本人確認書類を提示して更新料を支払えば、更新手続きは完了だ。 更新でTカードのデザインを変える時の注意 Tカード(Tポイントカード)のデザイン変更は、追加の手数料など必要なく、Tポイントなども移行できる。 しかしレンタル利用登録だけは、移行ができず新しいカードのほうで新たに登録する必要がある。 このとき登録料が別途必要になる点も、覚えておこう。 Tポイントカードの更新はセルフレジでもできる 最近急増しているセルフレジ。 TSUTAYA店舗に導入されているセルフレジでも、更新手続きができる。 画面の指示に従って手続きしてみよう。 Tカード(Tポイントカード)の更新はネットでもできる 実は、レンタル機能はネットでも更新できる。 TSUTAYAアプリを利用していてモバイルTカードを登録していると、アプリでの更新手続きが可能。 モバイルTカード画面右下の「レンタル登録状況」アイコンをタップして手続きを行い、店舗でTカードを提示して費用等を支払えば完了だ。 登録情報に変更がある場合は、店舗にて本人確認書類の提示が必要となるが、簡単に手続きできるのでぜひ利用してみよう。 【参考】 クレジット機能つきのTカードも更新が必要? クレジット機能つきのTカード(Tポイントカード)「Tカードプラス」は、レンタル更新手続きが不要。 もちろん更新料も不要なので「Tカードプラス」を発行するのもおすすめだ。 ちなみに「Tカードプラス」は、他のクレジットカードと同様に有効期限がある。 これはクレジットカードの有効期限なので、期限までに新しいカードが送られてくる。 特に更新手続きは必要ない。 TカードのTSUTAYAレンタル機能の更新料は? 先ほども述べた通り、TSUTAYAのレンタル利用登録を更新するなら更新料が必要だ。 ここでは、この更新料について詳しく見ていこう。 Tカード(Tポイントカード)を違う店舗で更新したい! TSUTAYAのレンタル利用登録の更新は、現在登録している店舗とは違う店舗で更新できる。 ただし違う店舗で更新を行う場合、登録料が別途必要となる場合も(店舗によって異なる)。 また、更新ハガキを提示したうえで現在登録している店舗で更新を行うと、「レンタル1本無料」などのお得な特典がつくことが多い。 Tカードの更新料金は店舗で異なる 更新料金は店舗によって異なるが、相場はおおむね300円程度だ。 詳細は利用したい店舗に確認しよう。 Tポイントカードの更新料は無料にできる? レンタル利用登録の更新には更新料が必要だが、上で紹介したようにTカードプラスに切り替えるとレンタル利用登録の更新料を無料にできる。 更新手続きも不要になるのでおすすめだ。 ファミマTカードも更新が必要? クレジット機能のないタイプのファミマTカードは、ほかのTカードと同じでカード自体の更新は必要ない。 クレジット機能つきのファミマTカードは、クレジットカードとしての有効期限は存在するが、期限が近づくと新しいカードが送られてくる。 ただし、ファミマTカードは現在のところ新規の発行が終了している。 ファミマTカードの更新でTポイントはどうなる? クレジット機能つきのファミマTカードは、新しいカードに切り替わっても、Tポイントは問題なく引き継がれる。 Tポイントの有効期限についてはほかのTカードと同じ扱いなので、こまめに貯めたり使ったりしていればTポイントが消滅することはない。 ファミマTカードのTSUTAYAレンタル利用登録の更新料は? ファミマTカードでもTSUTAYAのレンタル利用登録は可能だが、クレジット機能なしのファミマTカードは、ほかのTカードと同様の更新料が必要だ。 一方でクレジット機能つきのファミマTカードは更新料や更新手続きは不要だ。 クレジット機能つきのファミマTカードの更新には審査がある クレジット機能つきのファミマTカードが更新される時期になっても、ごくまれに新しいカードが送られてこないことがある。 この場合は更新時にクレジットカードの審査に落ちたことが考えられる。 ファミマTカードの更新でデザインはどうなる? クレジット機能付きのファミマTカードが更新されると、発行時は限定デザインのカードだった場合でも通常デザインのカードが届くようだ。 機能ごとの有効期限をチェックしてTカードをお得に活用しよう Tポイントには1年間という有効期限があるが、こまめに貯めたり使ったりしている限り消滅しない。 TSUTAYAのレンタル利用登録は1年ごとも更新料や更新手続きが必要となるが、Tカードプラスやクレジット機能つきのファミマTカードなら、これらは不要だ。 「更新」について理解を深めて、Tカード(Tポイントカード)をさらにお得に活用してほしい。 文/ねこリセット.

次の