納骨 は いつ。 納骨の時期、納骨式の流れ、納骨に関するお墓・法要のマナー [葬儀・葬式] All About

納骨の時期はいつが一般的?納骨までの流れを解説します

納骨 は いつ

遺骨を埋葬する墓地は勝手につくることができません。 「墓地、埋葬等に関する法律」(通称「墓埋法」)で、都道府県知事の許可を受けた区域に墓地がつくられています。 墓地を運営する団体により、公営墓地、寺院墓地、民営墓地の3種類があります。 公営墓地は市町村などの地方自治体が設けるもので、使用者を公募で募集します。 応募のとき「その市町村に住んでいること」や「遺骨がすでにあること」などの条件がつく場合が多いです。 寺院墓地は、寺院が檀家のために寺院の敷地内に設けるものですから、その寺院の檀家になることが前提となります。 民営墓地は、宗教法人や財団法人が運営するもので、多くの場合、広い敷地が公園のように整備されています。 運営主体が宗教法人であっても、宗旨宗派を問わないところがほとんどです。 「墓地を買う」とよく言いますが、墓地の購入は、一般の土地購入とは異なり、墓地を永久に使用する「永代使用権(えいたいしようけん)」の取得を意味します。 永代使用権とは、子孫がその墓地を継承する限り、使用権が連続するというもので、継承者がいなくなった墓地は、法律に定められた手続きによって墓地の運営者に戻されます。 永代使用権を得るには、永代使用料を払います。 ほかに、墓地内の通路や水道などの共用部分の維持管理のため、管理料を支払い続けなくてはなりません。 最近では、有効期限付きの墓地もできています。 契約の期限が過ぎたり、最後に行った納骨から一定の期限が過ぎたら無縁化しないように、納骨堂や永代供養墓に合祀されることになっています。 墓地の場所は、距離や交通の便を考えて、お墓参りのしやすい所を優先して選んだ方がよいでしょう。 永代供養 年忌法要の時、施主や参列者がお墓に卒塔婆 そとうば を立てることがあります。 これを「塔婆供養」と言います。 卒塔婆は梵語 ぼんご で塔を意味します。 弟子がお釈迦さまの遺骨を分骨して、塔を建てて供養したと伝えられ、それがのちに五輪塔になり、5つの刻みを入れた卒塔婆になったとされています。 五輪とは、仏教の宇宙観の五大要素「空風火水地」を示しており、塔婆供養を行うことは、故人が自然界の宇宙と同化し、仏に成ることを意味しています。 故人の追善供養のための白木板の塔婆は、住職にお経をあげていただき、お墓の後ろの塔婆立てに建てます。 塔婆には、故人の戒名や供養の年月日、施主の名前などを書きますので、あらかじめ住職に依頼しておくことが必要です。 お礼は「御塔婆料」といって、お寺によって金額が決まっている場合が多いので、直接たずねるとよいでしょう。 浄土真宗では塔婆はもちいません。

次の

お墓に納骨する時のお布施の相場と渡すタイミングを解説

納骨 は いつ

葬儀を終えた後は、遺骨をお墓に納める納骨式を行います。 先祖からのお墓があったり、故人が生前墓を準備していたりする場合は、四十九日法要に合わせて行われることが多いようです。 しかし、お墓がない場合や遺族の気持ちの整理がついていない場合など、すぐに納骨をすることが難しいこともあります。 また、お墓を建てるまでには霊園を探したり墓石の様式を決めたりするために、ある程度の期間が必要です。 ここでは、納骨にはどんな意味があるのか、納骨には期限があるのか、霊園・墓石の準備は急いだほうがよいのかについて説明します。 お墓ができるまでにかかる期間や、お寺や石材店への依頼をはじめ、納骨式の手続きはどのように進めるのかなども紹介します。 四十九日は、故人が亡くなった日を1日目として、その日から数えて49日目のことです。 四十九日までを忌中(きちゅう)または喪中(もちゅう)といいます。 すでに納骨できるお墓がある場合には、一般的に四十九日の法要に合わせて納骨式を行うことが多いようです。 四十九日は親族や知人が集まり、お寺に依頼して僧侶に読経してもらうなど、供養の法要を行うため、その際に併せて納骨式を行うことが可能です。 反対に、 仏教的な意味合いを重視すると、納骨は四十九日を過ぎた後がよいという考え方もあります。 この考えは仏教の中陰説がもとになっており、中陰とは魂が次の転生先に移るまでの期間のことをいい、中陰の間は魂がこの世をさまよっているとされています。 中陰の最長期間が49日といわれており、仏教の観点からすると四十九日の法要後に納骨するのが、ひとつの目安といえるでしょう。

次の

Q.納骨はいつまでに済ませるべきでしょうか

納骨 は いつ

関連記事: 納骨の時期について 墓地埋葬法という法律では、墓地以外の区域に埋葬してはならないと記されていますが、期限については特に記されていません。 一般的な仏式の場合、火葬にした遺骨は自宅やお寺にいったん持ち帰り、四十九日の忌明けまで供養します。 このため、すでにお墓がある場合や、新しくお墓を建てた場合は、供養を終えたという意味も含め、 四十九日の法要に合わせて納骨式を行うことが多いようです。 地域によっては、亡くなってから3か月をまたぐのを嫌って、四十九日よりも前に納骨を行うという地域もあります。 宗派や地域によっては、火葬されてからすぐに納骨することもあるようです。 お墓の準備が四十九日に間に合わないという場合は、一周忌や三回忌、お彼岸やお盆など、法事の節目に合わせて納骨を行おうと考える人もいます。 また、お墓や墓地がなかなか見つからない、場所が決まらない場合など、数年にわたり自宅に置いておいたり、お寺に預けている人もいて、 納骨の時期はそれぞれの事情によって変わってきます。 納骨の仕方 仏式の場合 仏式の納骨式では、納骨法要を行います。 納骨式は、四十九日の忌明け法要といっしょに行うのが一般的です。 納骨法要では、納骨をはじめる前と納骨を行ったあとに、僧侶が墓前で読経を行います。 なお、宗派によって読経のやり方は異なります。 遺骨を納めたあとは、墓前で遺族や親せき、知人など、故人に近い順番に焼香します。 キリスト教の場合 キリスト教の場合も、火葬してからすぐに納骨することはありません。 カトリックの場合は、亡くなってから30日の「追悼ミサ」のとき、プロテスタントの場合は1か月目の「召天記念日」のときに納骨式を行います。 納骨までは自宅の祭壇などに安置してお祈りを捧げます。 カトリックの場合は神父、プロテスタントの場合は牧師が立ち合い、聖書を読み、祈りを捧げます。 参列者は讃美歌を歌ってから、祈りとともに、墓前に献花します。 仏式と同様、お墓の準備ができていない場合は、後日執り行うこともあります。 神道の場合 神道では火葬してからすぐに埋葬する場合と、仏式のように 仏教の四十九日にあたる五十日祭に「埋葬祭」という儀式を行います。 神道ではお寺のように敷地内にお墓を建てることはないので、一般的な霊園に埋葬して納骨式を行います。 神道の場合は神職(神主)が立ち会って納骨式を行います。 神主はお祓いをしたあと、祭詞(さいし)をあげ、玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行います。 これは仏式の焼香にあたるもので、神主だけでなく、参列者も行います。 無宗教の場合 無宗教の場合、納骨も宗教の形にとらわれることはありません。 日取りの決め方も、納骨のしかたもすべて自由といえます。 ただし、すべて自由ではどのように納骨を行っていいのか迷ってしまう人もいるでしょう。 その場合、 仏式にならい、四十九日のあたりに納骨を行うといいでしょう。 無宗教なので、僧侶の読経は行わず、遺族の立ち合いのもと、墓石のふたの開け閉めだけは石材店にお願いするようにしましょう。 無宗教とはいえ、納骨式の形に整えたいにしたいのなら、 焼香や献花などを行えばよいと思います。 故人や遺族の意向があるとはいえ、親戚など、他の人を招くのであれば、参列者への配慮も忘れずに行うべきでしょう。 納骨の費用 納骨にかかる一般的な費用は以下の通りです。 作業代 墓石の地下にあるカロート(遺骨を納める納骨室)の開閉を行ったり、墓に祭壇を設けるための費用です。 作業は、石材店などにお願いします。 作業代は、だいたい1万5千円から3万円程度です。 彫刻料 墓石に、亡くなった人の没年と戒名を彫ります。 納骨する前に石材店に依頼して彫刻しておきます。 墓石のそばに「墓誌」がある場合は、故人の戒名や法名を彫刻します。 彫刻料は3万円から5万円程度です。 お布施・謝礼 僧侶を呼んで読経をあげていただく場合は、お布施をお渡しします。 四十九日法要や回帰法要と一緒に行うのであれば、その分も含めて金銭を包みます。 納骨式の お布施は、3万円から5万円程度が相場です。 法要場所の費用 納骨式に霊園などの法要室を利用した場合は、費用がかかります。 お寺を利用する場合は、無料だったり使用料を取ったりなど、お寺によって異なります。 霊園の法要室の使用料は、1万円から3万円程度です。 その他の費用 塔婆を建てる場合は、塔婆料が必要です。 相場としては、 1本あたり2千円から5千円程度です。 納骨の際のお供え物や花を用意します。 ろうそくや線香なども忘れないようにしましょう。 納骨の際の服装 納骨のときの服装は、納骨の時期によって異なります。 忌明けとなる四十九日までの法要の服装は、 遺族や親族であれば喪服を着用します。 一般の参列者は喪服または、略式喪服でよいでしょう。 四十九日法要のあとに納骨する場合は、例えば一周忌以降であれば、遺族や親族は略式喪服、一般の参列者は、略式喪服、または平服でも黒やグレーなど地味なものならよいでしょう。 喪服の場合 喪服の場合は、男性なら黒いスーツに白いシャツに、黒のネクタイ、黒の靴下と靴。 女性なら黒のスーツまたはワンピース、黒のストッキングを着用します。 バックなどの小物は光沢のないものを選びましょう。 その他のアクセサリーもなるべく光沢のあるもの(腕時計や指輪)は避けます。 女性の場合、結婚指輪やパールの小物は許されます。 喪服はなるべく肌の露出を控えるようにするのがマナーとされています。 男性の場合は夏場でも上着を着るようにします。 女性のワンピースの場合は、五分袖以上であれば問題ないでしょう。 略式喪服の場合 略式喪服は、男性の場合は黒、紺またはグレーのダークスーツに白いシャツ。 ネクタイと靴下は黒を着用します。 女性の場合は、黒・紺・茶のスーツ、またはワンピースを着用します。 略式の場合でも、肌の露出はなるべく避けるようにします。 納骨の際の服装 時期・対象者 服装 男性 女性 ・四十九日までの遺族・親族・一般参列者 喪服 ・黒いスーツ ・白いシャツ ・黒のネクタイ ・黒の靴下 ・黒のスーツまたはワンピース ・肌の露出を避ける ・黒のストッキング ・バッグやアクセサリーは光沢のないもの ・四十九日までの一般参列者 ・四十九日の後に納骨をする場合の遺族・親族・一般参列者 略式喪服 ・黒・紺・グレーのスーツ ・白いシャツ ・黒のネクタイ ・黒の靴下 ・黒・紺・茶のスーツまたはワンピース ・肌の露出を避ける 納骨堂とは 納骨堂は、遺骨を骨壺から出した状態で埋葬する合同墓とは異なり、 骨壺に入れた遺骨を安置しておく場所です。 寺院が管理するものや、公営・民営の納骨堂があります。 納骨の方式としては、ロッカー式、棚式、仏壇式、お墓式などがあります。 仏教だけではなく、神道、キリスト教にも同様の施設があり、宗派によっては中央に本尊を安置する場合もあります。 屋内霊園と呼ばれるマンション形式で多数の納骨壇を設けた施設も増えています。 納骨壇は一時的に預かる「期限付き納骨」の形式も多く、この場合は、墓を建てるまでの間、遺骨を預かってもらいます。 また永年納骨では、格納がいっぱいにはった場合、墓地に埋葬したり、別の地区に移されることもあります。

次の