マイクラ統合版アイアンゴーレムトラップ。 【マイクラ】高効率!アイアンゴーレムトラップの作り方

マイクラのアイアンゴーレムトラップについて質問です。統合版 マイクラPEのサバ...

マイクラ統合版アイアンゴーレムトラップ

Contents• アイアンゴーレムトラップには反応距離が存在する マイクラゲーム内には『シミュレーション距離』が存在していることはご存知の方も多いでしょう。 シミュレーション距離とは、プレイヤーから一定距離内の時間が流れている範囲のことであり、この距離以上に離れると時間が流れなくなります。 そして、 アイアンゴーレムトラップには シミュレーション距離とは違う 『反応距離』が存在していることが今回わかりました。 注)「反応距離」は私の造語です。 アイアンゴーレムトラップの反応距離とは アイアンゴーレムトラップは、プレイヤーがある程度の範囲内に居ないと稼働しません。 言い換えると、 一定距離以上プレイヤーが離れてしまうと猫やゴーレムが湧きません。 これを勝手に 『反応距離』と呼んでいます。 実はずっと「シミュレーション距離と一緒だろう」と思っていたんですが、調べてみたら全然違う結果になったんですよね。 図解!アイアンゴーレムトラップ反応距離 検証の結果、アイアンゴーレムトラップの反応距離は• シミュレーション距離の設定によって大きさが変わる。 シミュレーション距離と同じ大きさではない。 という衝撃の結果が出ています。 さっそく図で見ていきましょう。 各図の真ん中がゴーレムトラップで、ピンクの図形範囲にプレイヤーが入るとゴーレムの湧き計算がされているイメージ。 反応距離4~12と記載していますが、この数字はシミュレーション距離の設定値を指します。 シミュレーション距離を4に設定したときの反応距離が「反応距離4」という建付けです。 一覧表にすると以下。 シミュレーション距離 4 6 8 10 12 反応距離(X,Z) 63 79 95 111 127 反応距離(Y) 45 61 75 91 107 反応距離は村の中心(村長のベッド)からの距離を指します。 (出発点=村長のベッドは含まず) 図でわかる通り範囲は正方形で、シミュレーション距離の設定と連動して変わるけどシミュレーション距離と同じではない。 さらに高さにも制限がある。 こんな特殊な仕様が隠れていました。 驚きですねw ちなみに 村の統合範囲は中心からX,Z方向に95ブロック、Y方向に75ブロックでシミュレーション距離にかかわらず一定です。 反応距離を利用すれば複数のゴーレムトラップを稼働させることが出来る アイアンゴーレムトラップの反応距離がわかり、且つシミュレーション距離とも村の統合範囲とも違う数字であることがわかりました。 ここまでわかれば、村が統合されない=アイアンゴーレムトラップが独立稼働する距離を保ちつつ最大何個まで稼働させられるかがわかります。 図解すると以下。 左はシミュ距離4の場合。 図の中の十字の印がゴーレムトラップの中心だと思ってください。 4つを統合されない距離を保って配置し、プレイヤーが中心に立った図ですが、すべてのゴーレムトラップが反応範囲にはありますがシミュレーション距離の外にあります。 という事は稼働は無理という事なので、プレイヤーを4つの中心ではなく2つの中心に立たせて平面2基稼働が上限だとわかりますね。 さらに高さを利用した場合上下で2段の配置が可能なので、シミュレーション距離4ではアイアンゴーレムトラップは同時に4基まで稼働させることが可能という事になります。 右はシミュ距離8の場合。 平面配置で4基が反応距離内且つシミュ距離内に配置できるため、さらに上下2段配置を活用して最大同時8基までの稼働が可能になります。 真ん中はシミュ距離6の場合。 ちょっとギリギリすぎて8基イケるかどうか微妙なところです。 ベッドの配置を工夫すればイケるかも知れませんが、4基同時稼働で運用する方が余裕を持った設計が出来そうですね。 実例:アイアンゴーレムトラップ15基同時稼働 さらに同じ理屈で、シミュレーション距離を10or12まで広げれば反応距離が統合距離を超えるため、もっと多くのアイアンゴーレムトラップを稼働させることが可能になります。 以下は実際に15基同時稼働を実現した動画です。

次の

1.16から10倍湧いちゃう統合版のアイアンゴーレムトラップ2層式と交易所

マイクラ統合版アイアンゴーレムトラップ

制作の目安 今回紹介するアイアンゴーレムトラップは仕組み自体は単純です。 建材ブロックの必要量こそ多いですが、確保が難しい程ではないです。 ただ村人を確保するのが最大の障壁である為、制作難度は4としました。 サバイバルを進める上で必要量も多い鉄。 鉄の確保の為に時間を割く必要がなくなるので優先順位は5としました。 クリエイティブでブロックを無限に使えるのであればもっと効率の良いアイアンゴーレムトラップを作る事はできますが、サバイバルでの実用性・安定性を考慮すると十分に効率的な機構の為効率は4としました。 アイアンゴーレムトラップ設置場所の確保 アイアンゴーレムトラップは意図的に村を作る事で限定的な範囲にアイアンゴーレムを沸かす必要があります。 その為、周囲に村を構成する要素になる「村」「村人」「ベッド」「職業ブロック」があると上手く動作してくれなくなります。 具体的にはこの機構から見て横方向に95ブロック、縦方向に75ブロック以内にこれらの要素があると壊れてしまう事になるので機構を作り始める前にまずはこれらの要素がない場所を確保するようにしましょう。 間違ってベッドも一緒に破壊しないようにな ここからは水流を処理層まで流す為のブロックを設置していきます。 処理層は湧き層の中央にあるのでその処理層を基準に、画像のように建材ブロックを設置します。 建材ブロックの設置ができたら、水バケツを使って水流を流していきます。 水流を流す位置は画像の白いウールの部分です。 流す部分を間違えなければこのような形で水流が流れます。 5匹のネコがホッパーの上に溜まっているのを確認したら、自分が落ちないように気をつけながら処理層のボタンの上にマグマを流していきます。 わざわざネコを確保するのにも理由はあって、どうやらネコとアイアンゴーレムはスポーンするためのチェックを同時に行っており、ネコが湧く条件を満たしてしまうとアイアンゴーレムが湧かないという場合が起こりえるからです。

次の

PS4・BE版 村・村人のアップデートに対応した『アイアンゴーレムトラップ』の作り方

マイクラ統合版アイアンゴーレムトラップ

Contents• 村=村人のベッド マイクラ統合版における村とは、村人が紐づいたベッドのことを指します。 1人の村人と村人が紐づくベッドがあればOK。 この1人が初代村長となり、村長が紐づくベッドの枕部分が村の中心になります。 当然村の中にベッドが無くなれば村は壊滅。 村の中心は猫やゴーレムの湧き範囲の中心でもあるので、「中心がどこにあるのか」を意識しておくことが村関連の施設を作るときにはかなり重要な情報になります。 村長も村長のベッドも入れ替わることがある 最初の村人が村長であり、村長が紐づいたベッドが村の中心になります。 が、村長も村長のベッドもちょっとしたことで入れ替わってしまうため 実は村の中心もコロコロ変わっているんです。 ベッドの変更 村人は夜になって眠ろうとしたときに自分のベッドに向かいますが、自分のベッドにうまく辿り着けない時には自ら紐づけを切って別のベッドを探そうとします。 そしてこの行動を村長がとったとしたら、村長が紐づくベッドが変わる=村の中心が変わるという事になります。 村長交代 最初の村人は必ず村長になりますが、その後は• 新しい村人が増えたとき。 セーブ&ロードで世界を読み込み直したとき。 の2つのタイミングで村長交代が起こる可能性があります。 なお、新しい村人が増えた時の村長交代はおそらく一定確率で起こり、セーブ&ロードでの村長交代は一度だけ起こります。 そのため、村人を必要数揃えた後に一度セーブ&ロードをすればその後は村長交代は起きない、ということも言えます。 わかりやすく言えば• 村の広さは中心を0とした場合、XZ方向(東西南北)に各95ブロックの正方形。 村の高さは中心を0とした場合、Y方向(上下)に各75ブロック。 この中に別の村を作ろうとしても統合されてひとつの村になってしまいます。 ベッドも職業ブロックも見つからなければ影響はない 統合範囲内のベッドや職業ブロックは村に統合されてしまうと書きましたが、ではゴーレムトラップなどの村人施設を作成した場合にはプレイヤーのベッドすら周囲においてはいけないのか。 というとそんなことはありません。 村人がベッドや職業ブロックを見つける検索範囲は• 村人から北西方向に16ブロック、南東方向に15ブロックの正方形範囲。 よく迷うので「約」としています。 となっていますので、村に統合されたくないベッドや職業ブロックには必ず村人が近寄らないように対策して下さい。 村人はテレパシーで交信している 嘘のような本当の話。 1人の村人がベッドや職業ブロックを見つけた場合、その情報はすべての村人に共有されています。 そのため「見つけ役」が一人いれば、その他の村人はどんなに距離が離れていようとも見つかったベッドや職業ブロックと紐づくことが出来ます。 これが原因でゴーレムトラップ周辺の村施設がぐっちゃぐちゃに混線して中心がずれ、ゴーレムが湧かなくなったりもしますので要注意。 村の拡張と偏心 村の範囲は先ほど述べた通りですが、一定条件がそろった時に村の範囲が拡張され、中心がずれることがあります。 村の拡張 村には統合範囲のほかに実効範囲があり、村人は基本的に実効範囲の中で活動をしようとします。 この実効範囲は村の中心からXZ方向に各32ブロック、Y方向に各12ブロック。 そして、この実効範囲の外に村人が認識するベッドや職業ブロックがある場合に村の範囲が拡張されます。 拡張幅は拡張の原因となるベッドや職業ブロックが実効範囲から何ブロック離れているかによって決まります。 例えば・・・ 村の中心から東方向へ58ブロック離れた位置に村人が認識する職業ブロックがある場合。 この職業ブロックは実効範囲からは26ブロック離れていることになるため、村の統合範囲は東方向へ26ブロック拡張されることになります。 そして、万が一拡張された26ブロック内に他のベッドや職業ブロックがある場合はそれらが原因となってさらに村の統合範囲が拡張され・・・ いつの間にか大きな一つの村に統合されてしまっていた、なんてことも起き得ますね。 村の偏心 村の統合範囲の拡張だけでも厄介なんですが、実はこれに付随して、村の中心がずれる「偏心」が起きてしまいます。 例えば先ほどの例では村の統合範囲が東方向に26ブロック拡張されていましたが、この時同時に、村の中心が村長のベッドから東に13ブロックずれているんです。 要するに、拡張分も含めた村の統合範囲の中心が村の中心になるという事ですね。 中心がずれるという事は猫やゴーレムの湧き範囲も同じだけずれているという事ですので「ゴーレムトラップを作ったのに猫すら湧かない」という方は一度この現象を疑ってみてください。 アイアンゴーレムの湧き範囲 アイアンゴーレムは村の中心から湧くことはここまで述べてきたとおりです。 で、この湧き範囲の大きさは以下のようになっています。 幅は村の中心からXZ方向へ各8~9ブロック程度の正方形。 高さは村の中心から上方向へ1ブロック、下方向へ4ブロックの範囲内にある不透過ブロックが湧きの対象となる。 さらに言えば猫の湧き範囲もこの範囲と同じなので、猫が湧く範囲=条件を満たせばゴーレムが湧く範囲という事になります。 よく「トラップの下にゴーレムが湧いてしまいます」というコメントをいただきますが、原因はベッドから下方向の湧き範囲内に不要な不透過ブロックを置いてしまっていることでしょう。 なお猫とゴーレムの違いはスポーンに必要な高さで、猫は1ブロックの高さがあればスポーンできますがゴーレムは高さ4ブロックの空間が無いとスポーンできません。 なお、この場合の4ブロックはフルブロック間の空間であり、ハーフブロックなどの特殊形状のブロックではこの空間は阻害されません。 アイアンゴーレムの湧き条件 最後にアイアンゴーレムの湧き条件。 これも何度も質問コメントをいただきますが、簡単なのでちゃんと覚えておきましょう。 ベッド21台以上。 (21台以上は増やしても効果なし)• 村人10人以上。 村人を増やせば多少は効率が上がりますが、処理負荷も大きくなるので20~30人以上はあまりおすすめしません。 統合版1. 15のお話。 ベータ版で検証する限りではゴーレムのスポーン条件に変更があります。 詳細な条件はすでに検証で判明していますが、正式実装時に多少の変更調整が入る可能性があるため動画化、記事化は正式アップデート後の予定です。 気になる方はチャンネル登録してお待ちください。

次の