おろそか という 意味 の 言葉。 「追撃」とはどういう意味?使い方や例文・類義語・対義語を解説

「おざなり」と「なおざり」の意味と使い方の違い

おろそか という 意味 の 言葉

みなさん、こんにちは。 人生をないがしろにしていますか? 筆者は当然、毎日をおざなりにしていますよ。 やらなければいけないことがたくさんありますが、どれもなおざりです。 読んでいる人は何を言ってるんだと思っているでしょうが、書いてる筆者自身も何を言ってるのかさっぱりわかりません。 みなさんは、 なおざり、おざなり、ないがしろの違いってご存じでしょうか。 あまり気にしないでもいいんですが、気にしだすと徹底的に気になる性分なので、調べてみました。 結果、意外にも3つには強弱があり、使い分けることができるみたいなので、今回はそれぞれの違いについてお伝えしていきたいと思います。 ・それぞれの意味 元々、3つの言葉にはどんな意味があるのか、辞書で調べてみました。 【なおざり】 あまり注意を向けず、いい加減にするさま。 おろそか。 【おざなり】 その場かぎりの間に合わせ。 いい加減。 【ないがしろ】 人に対して、さも無いかのように軽んずること。 まいったね。 何がまいったって、おろそかって言葉が新たに出てきたことにまいりましたよ。 仕方ないから、おろそかも調べましょう。 おろそかをおろそかにするわけにはいきません。 【おろそか】 いい加減に済ませてしまい、軽くあつかうこと。 なおざり。 つまり 「おろそか=なおざり」ということですね。 ということにしましょう。 ・どれが一番悪い? 3つの中で1つだけ、使う箇所が限定される場合があるのは「ないがしろ」です。 主に人に対してのみ使われることが多いので、他の2つは別扱いでもいいと思います。 次に、おざなりですが、これは漢字で「御座なり」と書きます。 御座なりとは、幇間 ほうかん 、別名で太鼓持ちのことです。 江戸時代に多く存在し、宴会などの酒席で、芸者をサポートして、客を盛り上げた人たちのことを言います。 彼らが客のレベル、お金持ちかどうかに合わせて芸の内容を調整していました。 一般客なら適当に済ませていたのです。 この行為が当時は「御座なりにする」と呼ばれていました。 つまりおざなりとは、 やるにはやるけど、適当に済ませるということですね。 最後に、なおざりです。 なおざりは漢字で「等閑 とうかん 」を当てています。 等閑とは、いい加減に見過ごすという意味を持っていますので、簡単に説明するならば、 まったく手を付けず放っておくということです。 結果、 なおざりが一番悪いということですね。 なおざりのほうがなお悪いと覚えましょう。 最後に、それぞれ簡単に使い方をまとめてみました。 ないがしろ 「岡田はないがしろにされた」 おざなり 「岡田に対してはおざなりな対応をとる」 なおざり 「岡田をなおざりにする」 いかがでしたでしょうか。 皆さんもぜひ、明日から岡田をないがしろにしてみて下さい。

次の

「理科」と「科学」の違いとは?分かりやすく解釈

おろそか という 意味 の 言葉

1つの文字に複数の読み方がある漢字。 そんな漢字の読み方の中には、漢字1文字1文字からは想像できないような読み方が当てはまることもあります。 そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。 「等閑に」の読み方、知っていますか? 「等閑に」という漢字を見て、思わず「とうかんに」と読んだ人も多いのではないでしょうか。 「等閑」だけであれば「とうかん」という読み方もあります。 ですが、送り仮名「に」がつくときに「とうかん」と読むのは間違いです。 ただ「等閑」を「とうかん」と読むときと、クイズの答えである読み方「〇〇〇〇」と読むときの意味はほとんど同じです。 「等閑(とうかん)」の意味は、 物事を軽くみて、いいかげんに扱うこと。 〇〇〇〇。 いいかげんにして、放っておくこと。 また、そのさま。 あっさりしていること。 また、そのさま。 引用元: です。 正解はこちら! 「なおざりに」です。 「とうかん」と「なおざり」で意味がほとんど同じ理由は、 「気にもとめない」「本気でない」「おろそかにする」の意味を表す「なおざり」という言葉と、漢語「等閑」が同じ意味を表していたからです。 「等閑」が「なおざり」と読めるのではなく、同じ意味の漢字を当てた言葉だったんですね! また似ている言葉に 「おざなり」があります。 「おざなり」と「なおざり」はいい加減な言動を表す言葉ではありますが、以下で示すように絶妙に違いがあります。 おざなり 自分で意識的いい加減な言動をして、その場逃れをしようとする• なおざり 注意深くないことを指す。 そのため、自分では意識せずにおろそかな結果になったときの言動として使う。 参考文献•

次の

「おざなり」「なおざり」は意味がまったく違う!例文で意味を解説

おろそか という 意味 の 言葉

「なおざり」とは? 「なおざり」の意味と語源・由来について紹介します。 意味 「なおざり」の意味は 「いい加減にしておくさまのこと」です。 人やものごとに対して、何もせずにそのままほったらかしてくことを言います。 尚、 「なおざり」に似た言葉に 「おざなり」ありますが、こちらは 「その場限りの間に合わせでいい加減にすること」という意味です。 語源・由来 「なおざり」は漢字で書くと 「猶去」になり、それぞれの意味が由来になります。 「猶 なお 」は 「現在も猶」などに使われ、 「以前の状態意を維持していること」という意味です。 「去 さり 」は 「何も対応せずに放置しておくこと」という意味です。 これらの言葉が組み合わさり 「何の対応もせずに放置し続けていることという意味で使われています。 「おろそか」とは? 「おろそか」の意味と語源・由来について紹介します。 意味 「おろそか」の意味は 「いい加減に済ませてしまい、まじめに対応しない様子」という意味です。 何かに忙しかったり、興味がないなどの理由で、軽く扱ってしまったりきちんと取り組まないことを言います。 語源・由来 「おろそか」は漢字では 「疎か」と書きますが、語源は 「粗 おろ 」で、 「不完全・不十分」という意味であり、これに 「状態を表す」接尾辞 「そか」がついた言葉です。 ここから 「いい加減」という意味で使われる様になりました。 「なおざり」と「おろそか」の違い! 「なおざり」は、 「何もせずに放ったらかしにする」という意味です。 「おろそか」は、 「やるけれども真面目に取り組まない」という意味です。 「少しでもやるかやらないか」という違いがあります。 まとめ 「なおざり」と 「おろそか」は似ている様で、微妙に意味が違います。 「何もしないか、少しでもするか」の違いを覚えておきましょう。

次の