いちご 飴 の 作り方 失敗 しない。 いちご飴作りました。

いちご飴が固まらない原因は?作り方や水飴の温度、屋台のカロリーは?

いちご 飴 の 作り方 失敗 しない

お祭りなどの屋台で多く売られているフルーツ飴。 ちょっと前まではりんご飴が定番でしたが、最近はいちご・みかん・ぶどうなど、様々な種類の飴が出てきて専門店まで出来るという人気ぶり! 私もフルーツ飴は何度か挑戦しましたが、最初の方は失敗続きでした。 一番多い失敗が、 飴が固まらず、ベトベトの状態になること。 この状態からいくら待っても冷やしても、残念ながら固まることはありませんでした・・・。 ・固まらない原因やコツ ・どのくらい日持ちするのか?などご説明していきます。 お子さんがいるご家庭は絶対に喜ぶと思うので、是非この記事を参考に挑戦してみてくださいね。 皆さんの失敗談を見てみても、「固まらなかった」「ベトベトの状態になった」という声が多く聞かれます。 なぜ、「固まらない」のか? 原因として考えられる項目をいくつか挙げてみました。 レシピによっては水の量が多く失敗しやすいものがあります。 一番作りやすい割合は、砂糖4:水1です。 砂糖400gに対して水100g。 この分量がおすすめです。 あまり少量すぎても失敗しやすいので、ある程度の量を作りましょう。 弱火にかけたら、絶対混ぜないこと。 混ぜてしまうとツヤのある飴ができません。 フツフツと煮詰まってくるのですが、この泡の加減で火からおろすタイミングを見ます。 タイミングが早すぎると固まりませんのでここが難しいですよね~。 温度計を持っている方は是非使ってください。 持っていない方は、スプーンに少し付けて水に浸けてみてください。 すぐに固まれば火からおろして大丈夫ですよ。 大体10分を目安にしてみてください。 いちごの水分はしっかり拭き取ってくださいね。 キッチンペーパーなどで1個1個おさえ拭きしましょう。 いちごにかけている端から固まっていくと思うので、手早く行いましょう。 スポンサーリンク 一度固まったいちご飴が溶けてきた!どうしたらいい? せっかく固まったいちご飴・・・すぐに食べなかったら溶けていた、なんてことも。 屋台で買ったフルーツ飴を持って帰って食べようとしたら、ドロドロになっていたって経験ないですか? 上手に作っていても時間が経つと溶けてしまうということなのですね。 溶けてしまった原因は、いちごから滲み出た水分、または空気中の湿気などです。 作るときにしっかり水分を飛ばしても、これは仕方のないことですね! 食べることには問題ないですが、食感は残念なことになっています(泣) いちご飴の保存方法は?冷凍庫に入れていいの? 飴は常温保存が適しています。 でも中には生のいちごが入っているので、夏場などは特に気になりますよね。 冷蔵庫や冷凍庫で保存することもできますが、飴が時間とともに溶けていくのは変わりません。 なので、冷蔵・冷凍したからといって長持ちするわけではないのです。 因みに冷凍すると、砂糖が多く含まれる飴は凍らずに、中のいちごだけが凍った状態になります。 フルーツは解凍すると水分が抜けてべちゃっとした感じになってしまいますので、冷凍した場合は解凍せずそのまま食べた方が美味しいですよ。 スポンサーリンク いちご飴はどれくらい日持ちする? 飴自体は日持ちしますが肝心なのは中のいちごです。 しかも一度熱い飴をかけているので少なからず傷んでいますよね。 美味しく食べるにはもちろん、作ってすぐ~数時間程度でしょう。 当日食べきれなくても、 生のフルーツは傷みやすいので、冷蔵庫に入れて次の日には食べきるようにしましょうね。 冷凍した場合でも1~2週間を目途に食べきるようにしましょう。

次の

【レンジで専門店の味!?】休校中に作りたい!憧れの「いちご飴」の失敗しない作り方

いちご 飴 の 作り方 失敗 しない

屋台で売られているいちご飴のレシピ 屋台で売られているイチゴ飴(りんご飴等)のレシピを教えてください 調理はIHでやってるんですが、煮詰めにホーロー鍋でやると白い固まりだけで何度も失敗し煮詰めません。 もちろん「かきまぜない」を守っています。 そこでIHと兼用のフライパンでやると、なんとか煮詰まっては来るんですが水あめ状で何度も失敗し加減がわかりません。 (逆に煮詰めていくと水分だけが蒸発して赤くざらざらだけ。 また、からめるといちごの水分がでるのか水っぽくなってしまい失敗してしまいます。 昔、ガス火のときに、べっこう飴を作ったときは失敗なんてないのにIHじゃ無理なんでしょうか?オール電化なのでIHに頼るしかありません。 ^^; 温度は160度で煮詰めています。 グラニュー糖に氷みつのいちごを少々で水は入れていません。 食紅も試しましたが全くで屋台のように風味・香りがなかったので氷みつにしています。 どうしてもお祭りで売っているいるようなパリパリの飴が出来ませんか? IH&氷みつを使ってのレシビがどこにもないので、どなたかわかる方、支援をしてください。 うちもIHですが、ちゃんと「べっこう飴」になりますよ。 竹串にさしたいちごをこの「べっこう飴」にサッとくぐらせると、屋台で売られている「いちご飴」になりました。 (他にもドライフルーツを竹串に刺していろんなフルーツ飴を楽しみました。 ) (氷みつを使ったものは「べっこう飴」の応用編といったところでしょう?) 失敗の原因は「かき混ぜない」ではありませんか? ぐつぐつ泡が出ている状態をキープしつつ、ひたすらスプーン(木べら)で混ぜて水分を飛ばして煮詰め方を均一にしないと、うまくできないと思います。 かき混ぜて感触を確かめるって意味もありますよ。 今度チャレンジする時は、「かき混ぜて」ください。 わかりやすい作り方を載せている方がいましたので、参考まで!(この方もIHです).

次の

失敗しないフルーツ飴の簡単な作り方を教えます♡ #おうち時間

いちご 飴 の 作り方 失敗 しない

お祭りなどの屋台で多く売られているフルーツ飴。 ちょっと前まではりんご飴が定番でしたが、最近はいちご・みかん・ぶどうなど、様々な種類の飴が出てきて専門店まで出来るという人気ぶり! 私もフルーツ飴は何度か挑戦しましたが、最初の方は失敗続きでした。 一番多い失敗が、 飴が固まらず、ベトベトの状態になること。 この状態からいくら待っても冷やしても、残念ながら固まることはありませんでした・・・。 ・固まらない原因やコツ ・どのくらい日持ちするのか?などご説明していきます。 お子さんがいるご家庭は絶対に喜ぶと思うので、是非この記事を参考に挑戦してみてくださいね。 皆さんの失敗談を見てみても、「固まらなかった」「ベトベトの状態になった」という声が多く聞かれます。 なぜ、「固まらない」のか? 原因として考えられる項目をいくつか挙げてみました。 レシピによっては水の量が多く失敗しやすいものがあります。 一番作りやすい割合は、砂糖4:水1です。 砂糖400gに対して水100g。 この分量がおすすめです。 あまり少量すぎても失敗しやすいので、ある程度の量を作りましょう。 弱火にかけたら、絶対混ぜないこと。 混ぜてしまうとツヤのある飴ができません。 フツフツと煮詰まってくるのですが、この泡の加減で火からおろすタイミングを見ます。 タイミングが早すぎると固まりませんのでここが難しいですよね~。 温度計を持っている方は是非使ってください。 持っていない方は、スプーンに少し付けて水に浸けてみてください。 すぐに固まれば火からおろして大丈夫ですよ。 大体10分を目安にしてみてください。 いちごの水分はしっかり拭き取ってくださいね。 キッチンペーパーなどで1個1個おさえ拭きしましょう。 いちごにかけている端から固まっていくと思うので、手早く行いましょう。 スポンサーリンク 一度固まったいちご飴が溶けてきた!どうしたらいい? せっかく固まったいちご飴・・・すぐに食べなかったら溶けていた、なんてことも。 屋台で買ったフルーツ飴を持って帰って食べようとしたら、ドロドロになっていたって経験ないですか? 上手に作っていても時間が経つと溶けてしまうということなのですね。 溶けてしまった原因は、いちごから滲み出た水分、または空気中の湿気などです。 作るときにしっかり水分を飛ばしても、これは仕方のないことですね! 食べることには問題ないですが、食感は残念なことになっています(泣) いちご飴の保存方法は?冷凍庫に入れていいの? 飴は常温保存が適しています。 でも中には生のいちごが入っているので、夏場などは特に気になりますよね。 冷蔵庫や冷凍庫で保存することもできますが、飴が時間とともに溶けていくのは変わりません。 なので、冷蔵・冷凍したからといって長持ちするわけではないのです。 因みに冷凍すると、砂糖が多く含まれる飴は凍らずに、中のいちごだけが凍った状態になります。 フルーツは解凍すると水分が抜けてべちゃっとした感じになってしまいますので、冷凍した場合は解凍せずそのまま食べた方が美味しいですよ。 スポンサーリンク いちご飴はどれくらい日持ちする? 飴自体は日持ちしますが肝心なのは中のいちごです。 しかも一度熱い飴をかけているので少なからず傷んでいますよね。 美味しく食べるにはもちろん、作ってすぐ~数時間程度でしょう。 当日食べきれなくても、 生のフルーツは傷みやすいので、冷蔵庫に入れて次の日には食べきるようにしましょうね。 冷凍した場合でも1~2週間を目途に食べきるようにしましょう。

次の