カカシ が リン を 殺し たわけ。 なぜカカシはリンを殺したのでしょうか?なにか理由があるのだ...

なぜカカシはリンを殺したのですか? (ナルト) / エンターテイメント

カカシ が リン を 殺し たわけ

Contents• 【ナルト】カカシとリンの関係は? カカシとリンの関係は四代目火影の教え子でオビトを含むスリーマンセルの仲間です。 カカシは幼いうちに父を失うなどでナルト本編では想像できないほど周りと距離をおいており、常に孤独でいました。 しかし、リンはカカシに対し恋心を抱いており、上忍祝いに忍界大戦という戦時中に個人用の特別医療バッグを渡すなど献身的な態度を見せていました。 そんなリンとカカシをライバル視し、常に絡んでくるオビトのおかげでカカシは少しずつ心を開いていきます。 つまり、カカシにとってリンは心の支えであり、何より大切なものだったのです。 【ナルト】カカシは、なぜリンを殺したのか?その原因は? カカシがリンを殺したのはカカシが上忍としてオビト、リンと共に岩隠れの補給線を断つ任務の最中にリンが霧隠れの忍に拉致されたのが直接的な原因となります。 カカシはリンを一度見捨てようと考えますが、オビトの叱責によりリンを奪還。 この時に写輪眼に開眼したオビトとカカシは見事な連携を見せますが、オビトは岩の下敷きになってしまい、カカシはリンの力を借りて写輪眼を移植します。 オビトを失ったカカシとリンは悲しむ余裕もなくさらなる悲劇に追い立てられます。 リンは拉致された際、三尾の尾獣の人柱力にされてしまい、霧隠れはリンの中の三尾を無理やり暴走させることで木の葉を壊滅においやろうと画策していました。 それを知ったリンはカカシに自分を殺すようにいいますが、オビトを失ったばかりのカカシにその決断はできません。 そして、リンの中の三尾を暴走させる為に現れた霧隠れの追手がカカシ達を襲い、 カカシは得意技の千鳥で撃退しようとしますが、リンは自ら千鳥を食らうようにカカシと追手の間に入り、死亡してしまいます。 【ナルト】カカシがリンを殺したその後はどうなったのか? カカシがリンを千鳥で貫く瞬間を実は生きていたオビトは目撃してしまいます。 また、万華鏡写輪眼の開眼条件、『親しい誰かと死に別れる程に強い精神的ストレスを受け、深い負の感情 所謂悲しみや怒り を抱く』をカカシとオビトは同時に達成してしまいます。 その後、カカシは原作でもわかる通り、 ナルトと出会うまで多くの忍者アカデミー生に仲間の大切さを問いながらも理解されず、落とし続け、 オビト、リンへの懺悔の為、いつも集合時間に遅れてしまうという少し困った人物となります。 しかし、性格は以前のような孤独主義から一転、温和でのんびりとしたカカシ先生へと変わっていき、アスマや紅などとも親しげに会話などしています。 一方、オビトは木の葉の里では死んだ事になっており、最愛のリンを失った事から岩の下敷き助けてくれた人物、うちはマダラとゼツとの関係を深めていきます。 そして忍の世界に絶望したオビトはうちはマダラ考案の月の眼計画に賛同し、 長門を上手く使い暁を犯罪集団にし、九尾襲撃事件やイタチによるうちは一族皆殺し事件など多くの殺戮に協力し、 世界中に悪意を振りまきます。 また、サソリ死亡後はトビと名乗り自らも暁に積極的に出入りし、ナルト達を何度も苦しめました。 まとめ カカシが穏やかになったきっかけを作った人物もリンですが、オビトを闇落ちさせてしまったのもまた、リンの死と考えるといかにリンが重要なキーパーソンだったのかがよくわかります。 また、リンが借りに生き残っていた場合、高度な医療忍術を使う三尾の人柱力のリン。 若くして上忍にまで上り詰め多くの戦果を残したカカシ、 そしておそらくうちはマダラによって生かされたオビトも再び写輪眼を使いこなし、 木の葉に帰属していた事が予想できますので、自来也、大蛇丸、綱手の後継者、三忍と呼ばれていたのではないかと思います。

次の

【ナルト】オビトとカカシの関係性はリンの死の原因や真相はどうなの?

カカシ が リン を 殺し たわけ

Contents• 【ナルト】オビトとカカシの関係性はいつから? オビトとカカシはいつも喧嘩ばかりで互いの意見の違いやオビトの遅刻癖がひどく、その理由からカカシは指摘しますが一向に治る気配がありませんでした。 ただリンだけはちゃんとオビトを見ており、遅刻の理由や誰かをいつも助けているのは知っていたので彼をそこまで責め立てたりしません。 ミナトも同様に優しく見守るような雰囲気でカカシとオビトをなだめるし、たとえオビトが遅刻しても決して怒ったりしません。 さすがミナトですね。 カカシとオビトの関係性はナルトとサスケと同じような関係性を持っており、二人の対照的な部分からお互い持っていないところを持っていて、少し羨ましいと思っているような姿も見ます。 喧嘩する程中がいいとは言いますが、オビトはリンが大好きでいてそのリンはカカシに惚れていることを知っていたし、その少しの嫉妬がカカシへ喧嘩っぽい態度をとってしまいます。 オビトは気づいていませんが、リンはオビトのまっすぐなところや優しいところは誰よりも一番見ているし、 オビトが怪我した時に隠そうとしていた彼を怒って手当てしている場面はまるで母のような存在であると同時に、 二人の関係性はオビトを男としてみていないことがわかってしまいます。 【ナルト】リンが死ななければならなかった死の原因と真相 リンは明るい女の子でオビトやカカシとの距離間をうまく縮められる二人にはなくてはならない存在です。 ミナト班としてカカシ、オビト、リンのフォーマンセルで組んでいますが、のちの事件により、リンは死ななければならない事態に発展します。 リンの死の真相はオビトやカカシにとって辛く思い過去であり、またこの出来事によって二人の関係は悪化します。 リンはなぜ死んでしまったのか、オビトにとってはカカシが殺したようにも見えるため、カカシに強い殺意や敵意をむけ、 木の葉に対してもの憤りを感じのちの暁メンバーに加わります。 さて、事件の原因についてですが、ミナトは別行動をとっておりカカシ隊長率いるオビト、リンの三人で任務となります。 その時にリンが雲隠れの里の忍びに捕虜されてしまい、オビトカカシはリンを救出を果たしますが追っての攻撃よりカカシは左目を負傷し、岩の破片が落下してきたカカシをかばいオビトが下敷きになってしまします。 左目を負傷したカカシにオビトは上忍祝いの自身の目を渡し、リンを守るとの約束します。 リンの死の原因と真相は拉致されてた際に、人柱力にされてしまい木の葉隠れの里に戻った時に尾獣に封印を解き、 木の葉滅亡への策略をリン自身が気づいてましたから、そうならないために自らカカシの放った術に攻撃を受け自害しています。 オビトはリンの死の原因を目撃しており、カカシとの約束でリンを守ると約束していたはずなのにリンを殺したことに殺意がわきます。 死の真相はリン自身の意思での出来事なので誤解をしてしまったオビトは人が変わったように復讐のために生きて、のちに第四次認界大戦が勃発します。 まとめ オビトとカカシの関係性はまるでナルトとサスケのような関係性であるし、二人の関係は切っても切れない関係です。 たとえオビトはが敵としてカカシの目の前に現れてたとしても二人の縁は切れずその原因はリンの死の真相から繋がっています。 オビトが人助けをし自分が火影になると言ったことにリンは暖かく受け入れ、応援してくれている姿が天使のようでずっと終わらない恋をしているのでしょう。

次の

【ナルト】カカシが火影になった経緯や退任した理由

カカシ が リン を 殺し たわけ

「イタチじゃないの?一族皆殺しにさせられて里を抜けた犯罪者にならざるを得なかったんだから」 ってみんな思うでしょう? でも、僕はカカシが最も悲しいキャターだと思います。 まずはイタチとカカシを比較してみると ・イタチ 元暗部メンバー。 一族皆殺し。 里とうちはの二重スパイ。 ・カカシ 元暗部メンバー。 スリーマンセルの仲間(リン)殺し。 父親が自殺。 こうなります。 この二人の共通点は「仲間を手にかけた。 仕方のない状況で」だと思いますが、決定的に違う点があります。 それは、イタチにはサスケがいたこと。 イタチは一族を手にかけたといってもサスケだけは殺せませんでした。 そしていつの日か、サスケに殺されるために生きていました。 ある意味、イタチには未来があったのです。 成長したサスケと闘い、サスケを呪印から解放し殺されるという未来が。 たとえその未来の先に自らの死が待っていたとしても。 イタチは殺した一族や父母、シスイより、生きて成長して自分の元へいつの日かやってくるサスケを見て惨劇の夜の後を生きていたでしょう。 しかし、カカシにはもう誰もいません。 父親を自殺で失くし、忍界大戦でオビトを失い、里を守るためリンを殺し、師であったミナト先生は九尾のために死ぬ。 時系列ではおそらくこの順だと思います。 つまり、ナルトが生まれた日カカシは総てを失ったのです。 だからカカシには未来が無い。 永遠に過去を向いて生き続ける人です。 覚えてますか?カカシが初めて第七班のスリーマンセルにやってきた日、全く覇気がなかったというか、やる気ゼロだったのを。 カカシは最後の大切な人、ミナトを失ってからナルトが第七班にやってくるまでの十二年間を死んだように生きていたのではないでしょうか。 ちなみにカカシがナルト達以前の下忍を全員不合格にし続けた理由ですが、彼本人は「仲間を大切にしない奴はルールを守らない以上のクズだから。 」と言っていますが、僕はそれだけではないと思います。 自分のように大切な人を失くす子をこれ以上増やしたくないというカカシ自身の願いでもあったと思います。 かつ、カカシがいつも遅刻してくるのはオビトの記念碑に立ち寄っているから。 これを踏まえてオビトに言われた「仲間を大切にしない奴は」のセリフ、「バカだった自分を戒めたくなる」を考えてみるとやはりカカシの心は過去にあると思います。 しかし、実はカカシもナルトに助けられている一人ではないでしょうか。 大切な人をすべて失い一人になっても似た境遇のナルトがいる。 ナルトは常に前を向き続ける人です。 カカシはそこに未来を見出したのではないでしょうか。 たとえそれがかつての父やスリーマンセルと過ごした幸せな過去にはおよばなくとも。 だからサスケの里抜けの前、サスケの復讐を止めたのではないでしょうか。 サスケはナルトのライバルであり、だからこそ心の支えだから。 どうみてもカカシのガラではないでしょ?人のことに首突っ込むなんて。 でも、カカシとサスケもまた決定的に違うんですよね。 イタチにはサスケがいた様に、サスケにもイタチがいる。 復讐相手がまだ生きている。 イタチを殺すために生きるというのがサスケの希望だったでしょう。 一方カカシは、仲間が死んだのは忍界大戦のため、九尾のせい。 復讐相手がいないのです。 戦争という概念に復讐はできない。 戦争相手だって仲間を失い苦しんでいることはカカシも良く分かっている。 九尾はナルトの中にいるのでやっぱり報復はできない。 明確な相手がいないからカカシは復讐には走れず、やりきれない思いを抱え続けるしかない訳です。 イタチが最も幸せだったころはおそらく、子供時代、アカデミーから帰ってきてサスケと遊んでいたころだったでしょう。 イタチはその幸せは失くしますが、生き残ったサスケに殺されるという未来があった。 彼にとっては希望です。 では、カカシが最も幸せだったころはいつか。 父親サクモさんが生きていたころ。 オビト、リン、ミナトでスリーマンセルを組んでいたころ。 それをすべて失い、カカシには希望がない。 かつ、カカシはまだ生きている。 未来への希望が無い点においてはネジも一緒です。 同期が結婚し、子どもを育て、年を取っていってもネジは永遠に17歳のまま。 でも、ネジやイタチはもう死んでいるので希望が無くとも本人には関係ありません。 カカシが悲しいのは昔の幸せは二度と取り戻せない、これからの未来で得るかもしれない幸せも過去の幸せには及ばないとわかっている。 分かっているのに生きていかねばならないからです。 一度、カカシが死の世界に足を踏み入れたことがありましたよね。 神威の使い過ぎでチャクラ切れを起こし、命に係わった時です。 死の直前の回想で思い出したのは誰か。 オビトです。 死の世界の入り口でカカシを待っていたのは誰だったか。 サクモさんです。 サクモさんの発言からカカシの母はもう亡くなっていることも分かりました。 死の瞬間というのは一番その人の本質が出る場面だと思いますが、そこでカカシが思い出したのはすでに過去の人ばかり。 そして死んだとばかり思っていたオビトとの再会。 本来なら失くした幸せが思いがけず帰ってきた、カカシにとっては救いになるはずでした。 しかしそのオビトを殺さなければならない。 過去のオビトを守るため、里の未来のために。 いや、里のためというよりはナルトとその仲間たちのためでしょう。 まさしくアスマの言う「玉」を守るためです。 たとえそれがカカシ自身の幸せではないとしても。 また、クライマックスでの無読。 カカシはこれにかかりませんでしたが、かかっていたら間違いなくサクモさんやスリーマンセルで過ごした幸せな過去を夢見ていたでしょう。 もしかしたら、カカシは無読にかかることで戦意を喪失していたかもしれません。 僕は、カカシは無読の中で生きていった方が幸せだったと思います。 それを選択せず、戦い続けたカカシは間違いなく強い人です。 強いからこそ危ない。 一度死のうと決めてしまったら、彼は迷わず死ぬでしょう。 強いから迷わないのです。 ためらわないのです。 つまり、カカシはもう過去と同等、それ以上の幸せは望めない、幸せの絶頂期は過ぎてしまった。 それなのに生きていかねばならない。 ある意味死ぬより苦しいです。 これが僕がカカシがで最も悲しいキャターだと思う理由です。 このことを踏まえるとで出てくるカカシの姿にも納得がいきます。 世代が結婚し、子どもを作っても、同期のアスマが紅と結婚しても、カカシは結婚しません。 なぜか?幸せだった過去に囚われているから。 結婚して子供をつくるというのは未来への希望を持っていない人間にはできません。 子ども=玉は未来そのものだからです。 おそらくカカシはこれからも結婚しないでしょう。 それはそれでいいとして、僕が恐れているのはカカシが自殺するのではないかということ。 自殺というよりはわざと危険な任務につくのでは、ということ。 カカシが今日まで生きてきたのはオビトの目となって里の未来を見据えるため、そしてナルトに希望を見出し、守りたかったから。 今、ナルトは火影となりもう守られる必要はなくなりました。 オビトを倒し、写輪眼を返した以上、もうオビトの目になる必要もないのです。 カカシは里の平和と引き換えに人生の目的を失いました。 そして自分にとって大切な人たちはみなもう死んでいる。 どういうことだってばよ? つまりカカシはもう生きている理由がない。 カカシにとっては、です。 誤解を恐れずに言うと、カカシにとっての最高の幸せは失くした過去である以上、死んだ方が幸せであるということです。 はある意味KAKASHIであったと思います。 無読というクライマックスでかつての仲間と対峙するカカシ。 のもう一人の主人公はカカシであったといえます。 そしての終わりはナルトにとっての始まりでカカシにとっての終わりです。 ナルトは見事戦争を終わらせ火影となり、これから里を守っていく。 始まりです。 一方、カカシは戦争が終わり、かつての仲間オビトを葬った。 終わりです。 ナルトが火影としてスタートを切った時、カカシの役目は終わったのです。 もうカカシに心残りはありません。 でも、願わくばカカシ、余生をゆっくり過ごしてほしい。 過去に囚われたままでもいいから、新しい木ノ葉の里を見守って平穏に生きてほしい。 やっと平和が来たのだから。 カカシはわずか12歳で上忍になるほどでしたから写輪眼がなくてもかなり有能でしょう。 ナルトの世界で有能な人はたいてい幸せに生きていません。 イタチしかり、ネジしかり。 でもサイだけちょっと例外です。 これは単なる僕の考察ですが、カカシの救われた姿がサイなのではないでしょうか。 サイは暗部養成部門「根」のシステムの中で育ち、危うく兄のシンと殺し合いをさせられそうになりました。 本当に殺し合いをしたのか、あるいはサイの言う通りシンは病死したのかはわかりませんが暗い世界で育ち、感情を失くしたのは確かでしょう。 しかし、サイはナルト達と出会い、過ごしていく中で人間らしさを取り戻し、では結婚までしています。 サイとカカシの違いは何なのか。 二人は同じ元暗部ですが、サイはナルトに出会うことができました。 カカシにはナルトのように辛い過去に寄り添ってくれる人はいませんでした。 カカシの仲間は皆死んでしまいましたから。 そして何より、サイは根を「抜ける」ことで苦しい過去を置いてきたと解釈することもできます。 この点はイタチも里を「抜ける」ことで暁という新しい居場所を見つけたともいえます。 しかし、カカシの苦しみはこの世界そのもので起きたこと(忍界大戦、父の自殺、九尾襲来)なので「抜ける」ことはできません。 この世界から抜けるには死ぬしかないですから。 この決定的な違いが、サイは過去を振り切り新しい希望、玉=いのじんを得て、カカシが過去に囚われたままである理由だと思います。 以上、長々とカカシの考察でした。 でカカシがどう活躍するのか、しないのかじっくり見ていきたいと思います。 しなくてもいいよ、カカシ。 kyo-heix.

次の